DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 北陸地方遠征 »2007年7月8日 越美北線プチ遠征2  目的の路線へ・・・

2007年7月8日 越美北線プチ遠征2  目的の路線へ・・・  

福井からは目的の越美北線に乗り換え九頭竜湖駅まで乗り通します。

越美北線のりばは基本的に切り欠けホームの2番のりばから出発します。
福井に降り立ったときは入線しておらず

20070708_fukui-02.jpg

20070708_fukui-03.jpg

この待ち時間の間に419系を見かけました。

北陸本線の敦賀以南の直流電化による521系の投入で、敦賀以北に追いやられているものの、なお現役で活躍していました。

20070708_fukui-01.jpg

419系を撮影して戻ってくると九頭竜湖から戻ってきた列車が入線してきたところ。

20070708_jrwest_dc_120_200-01.jpg

前面には「明日へ走れ 越美北線」というヘッドマークが。

20070708_etsubi_kita_line-01.jpg

早速乗り込むと既に満席、さらに立ち客が・・・。

福井を出発し引き上げ線を横目に橋梁をわたると高架から地上へ。両側に貨物駅とJR西日本の車両基地である福井地域鉄道部福井運転センターを過ぎたところで北陸本線と別れると越前花堂へ。
サンダーバードの車中から見たときは行き違い出来るようにも見えるのですが、実際は1面1線で隣には福井運転センターの引き上げ線。

越前花堂から水田のど真ん中を進みます。
比較的直線が多く軽快に飛ばしてますが、100pと地方では混んでいるレベルである車中にいる大半は越前大野や九頭竜湖への行楽客。

越前東郷は復旧前の代行バスの発着駅。
駅前はバス発着できる程度の広さがあります。

一乗谷までは通常通り運行されている福井方の区間で、その一乗谷は1面1線の無人駅で戸建てが数戸隣接しています。
本来はここから代行バスが出ると思われるのですが、一乗谷の近くには乗り入れることが出来ないらしく越前東郷からとなったそうです。

この先、美山までがこれまで不通となっていた区間です。
一乗谷を出ると山に挟まれた場所を九頭竜川水系の足羽川に沿ってクネクネと進みます。
越美北線自体初めてなので元の状態が把握してませんが、法面などのはあまり被害がなかったようですが、新しい出来た橋梁が越前高田まででの間でいくつか見られたところが橋梁が流失したと判別できます。
(この区間は足羽川橋梁が第1~7の7つあり、このうち流失したのは第1・3・5・7・5の5つ)

美山は交換可能な駅で島式1面2線。
ここで20人ほど降車、5人ほどが乗車してきます。

花山峠を越えて牛ヶ原を出ると大野盆地を進み、しばらくすると大野市の市街地に入ります。
大野市の中心駅である越前大野は越美北線の拠点である越前大野鉄道部が置かれています。
ここでは半数ほどが降車し20人ほどが乗車してきます。

下唯野から上り勾配となり、柿ヶ島から九頭竜川に沿って進みます。
勝原からは1970年代に建設されたことか2つの長大トンネルで一気に九頭竜湖を目指します。
トンネルに挟まれた越前下山は九頭竜温泉の最寄り駅。
下山トンネルを抜けると九頭竜湖駅に到着です。

20070708_kuzuryuko-03.jpg

20070708_kuzuryuko-01.jpg

九頭竜湖駅は越美北線の終点ですが、建設当時はここから今の長良川鉄道(越美南線)の美濃白鳥までを結ぶ計画で東側には延伸を想定した引き上げ線を有しています。

かつてはJR東海バスがここ九頭竜湖駅と美濃白鳥を結んでいたのですが、2002年に廃止されてしまってます。

20070708_kuzuryuko-02.jpg

大野市の和泉地区の中心地であることから和泉ふれあい会館と道の駅九頭竜が併設されています。

20070708_kuzuryuko-05.jpg

20070708_kuzuryuko-04.jpg

さて、駅舎の反対側は公道であるのですが、遮るものがないためここで編成写真をゲットしてしまいます。

20070708_jrwest_dc_120_200-02.jpg

撮影後急ぎ折り返し列車に乗り混み福井へと戻りました。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 北陸地方遠征

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/957-41c6677d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

九頭竜湖九頭竜湖(くずりゅうこ)は、福井県大野市にある湖|人造湖である。1968年 九頭竜川が、九頭竜ダムによってせき止められ出来た。最大時の面積は890ha。湖の東部にある箱ヶ瀬橋(全長266m)は、瀬戸大橋のテストケースとして建設され優れた眺望で知られ「夢のかけは

湖の森 | 2007/08/04 11:39

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop