DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » その他の鉄道工事レポ »2017年2月12日 名鉄瀬戸線連立事業見聞

2017年2月12日 名鉄瀬戸線連立事業見聞  

連立事業による高架化工事が着手された名鉄瀬戸線の工事を見てきました。

今回は喜多山駅周辺です。
喜多山駅は仮線への切替が順次進められており、来訪した時点では下り線の仮線への切替済みで、上り仮線の工事が進められています。

20170212_kitayama-01.jpg

尾張瀬戸方から。
見た感じだと仮線切替後の配線は島式ホームを2面挟んだ2面3線と思われます。
高架後の配線は2面4線になる計画のようです。

20170212_kitayama-02.jpg
20170212_kitayama-03.jpg

上り仮ホームの工事は基礎工事が終わって上物のホーム構築の段階まで進んでいます。

20170212_kitayama-04.jpg

仮駅舎への出入口がある栄町方。
フルカラーLED式の発車標はこの箇所のみ設置されています。

20170212_kitayama-05.jpg

スロープ。

20170212_kitayama-06.jpg
20170212_kitayama-07.jpg

下り待避線を横断する下りホームへの構内踏切。
現状においては通常使用されることがないため作動する姿は見られませんが、工事の進捗状況次第では見られるかも知れません。

20170212_kitayama-08.jpg

仮ホームが東側にある関係上、仮駅舎とは通路を介して繋がっています。

20170212_kitayama-09.jpg

上りホームへの構内踏切。
旧駅舎は現在残存する旧下りホームに隣接する形で、この画像を撮るために著者が立っている仮通路がある辺りまであり、その北側に駅前ビルである喜多山ビルが建っていました。
下り仮線に切替後、上りホームへ行くには構内踏切を2つ渡らないといけません。

20170212_kitayama-10.jpg

仮駅舎。

20170212_kitayama-11.jpg
20170212_kitayama-12.jpg

駅西側の踏切。
北側から撮影。

20170212_kitayama-13.jpg
20170212_kitayama-14.jpg

続いて南側から。
車両基地の線路があった場所は現在の橋まで踏切がセットバックされて舗装の再舗装されています。

20170212_kitayama-15.jpg
20170212_kitayama-16.jpg

今回のレポは以上です。
関連記事
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  名古屋鉄道  名鉄瀬戸線 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3689-80e5e9c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop