DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » おおさか東線工事の話題 »2015年5月24日 おおさか東線工事見聞

2015年5月24日 おおさか東線工事見聞  

5月24日におおさか東線第2期工事の進捗状況を確認してきました。

20150524_hanaten-01.jpg

第2期工事区間の各駅は島式ホームが主体の第1期と異なり相対式2面2線が基本で、工事の工程としては駅本屋が入る部分は盛土を単線分崩して高架橋とホームを構築し軌道を敷設、新軌道の切替。
その後、もう片側の盛土を撤去して高架橋とホームも構築および軌道の敷設が行われ、複線分の工事が完了という流れで現状は片側が完成しきりか絵が終わった、いわばその折返し地点にあたります。

駅本屋以外のホームは盛土の法面を強化してから構築されています。

まずは野江。

20150524_noe-01.jpg
20150524_noe-02.jpg

都島は信号所があった場所に構築されていますが、こちらも駅本屋がある部分は高架橋に作り替えています。

20150524_miyakojima-01.jpg

赤川鉄橋こと淀川橋梁へ。
淀川の堤防までの坂道は盛土の法面強化が施工されたのに合わせて真新しくなっています。

20150524_yodogawa_rev-01.jpg

一部区間を除いて立体交差化されるため、橋梁の手前にあった策はコンクリート製の高欄に作り替えられています。
また、撤去された歩道跡の軌道の敷設が完了し暫定の切替が実施されています。
つまり、新設された軌道が現在の本線になっています。

20150524_yodogawa_rev-02.jpg
20150524_yodogawa_rev-03.jpg
20150524_yodogawa_rev-04.jpg
20150524_yodogawa_rev-05.jpg

淀川橋梁の淡路側にある踏切は複線化されています。
この踏切の北側に立体交差出来るように車道と歩道を通す準備がなされているのですが、西側に尼崎市水道局の、東側に北越紀州製紙の取水場がある関係で当面は立体交差化されず踏切のままになりそうです。

20150524_yodogawa_rev-06.jpg
20150524_yodogawa_rev-07.jpg

淡路駅は久宝寺方面のホームと駅本屋部分の土木工事が完了。

20150524_awaji-01.jpg

新大阪方面の側はこれから工事に着手することから、仮設の自転車置場が移転することになっていました。

20150524_awaji-02.jpg
関連記事
スポンサーサイト

category: おおさか東線工事の話題

tag: 鉄道工事  JR西日本  おおさか東線 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3455-eeee5b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop