DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » その他の鉄道工事レポ »2014年12月14日 JR六甲道駅昇降式ホーム柵稼働開始

2014年12月14日 JR六甲道駅昇降式ホーム柵稼働開始   

JR六甲道駅のロープ昇降式ホーム柵が試験運用を開始したとのことで、早速現地へ赴きました。

20141214_rokkomichi-01.jpg

今回設置されたのは上り内側線の3番のりば。

20141214_rokkomichi-02.jpg

基本的な仕様はJR桜島駅と同じですが、より厳しい条件および未確認事項の検証も含めて六甲道駅での試験運用となっていますが、設置されたもう一つの理由は同駅が設置工事が比較的容易であるのではないかと思われます。

20141214_rokkomichi-03.jpg

実際の稼働状態。
まずは4ドア。

20141214_rokkomichi-04.jpg

続いて3ドア。

20141214_rokkomichi-05.jpg

6両・7両・8両の停車位置に設置された駅名標。
赤・青・黄の縦ラインが停車位置の共用範囲を示しています。
六甲道駅では2ヶ所設置され、もう一つは写真にはない10両・12両用のものが大阪寄りの端部に設置されています。

20141214_rokkomichi-06.jpg

停車位置前方に設置されている表示器類。
左が運転士開閉表示灯でホーム柵の開閉状態、右が範囲内表示灯でホーム柵の範囲内の停車しているかをそれぞれ示すものです。

下の写真では左は「×」右は「青」が表示されています。
左の「×」はホーム柵が上がっている状態(開状態)、右の「青」表示は範囲内に停車出来ていることを知らせており、客扱い中の時に表示されています。

20141214_rokkomichi-07.jpg

到着直後および閉戸後の表示。
ホーム柵が閉ざされた状態(ロープが下がる)になると左の表示が「○」に切り替わります。

20141214_rokkomichi-08.jpg

出発直後の表示。
列車が動き出すと範囲内から外れるため右側の表示が消灯します。
そして列車の後端がホームから離れると全ての表示が消灯します。

20141214_rokkomichi-09.jpg

大阪方ホーム端部にある表示灯類。
こちらは10両および12両用のもので、基本的に動作は先の触れたものと同じです。

20141214_rokkomichi-10.jpg

あの範囲内表示はどこで検出しているのかというと、各停止位置の線路側に距離センサが設けられています。

20141214_rokkomichi-11.jpg
20141214_rokkomichi-12.jpg

設置状態はそれぞれ異なりますが、センサは2つ一組で使用され、センサから前面との距離を測ることによってホーム柵の許容範囲内であるか否かを運転士に知られているという感じです。

20141214_rokkomichi-13.jpg

列車後端は車掌用のスイッチ類が設けられ六甲道駅では「6両」「7両・10両」「8両」「12両」の4ヶ所に設置されています。
列車の両数はホーム上の複数箇所に設置されたセンサーによって車両の無い箇所に位置するロープは上がらないようになっています。
20141214_rokkomichi-14.jpg

ホーム柵の開閉はセンサースイッチのなっていて、ラベルが貼られている場所に手をかざすとロープが昇降する仕組みとなっていますが、今回設置された六甲道駅のものは停車位置に近づいたら自動で開くように設定されています。

20141214_rokkomichi-15.jpg

ただしセンサースイッチが故障などで使用出来ない場合に備えてボタンスイッチが後方に配置されています。

20141214_rokkomichi-16.jpg

車掌用の監視モニタ。
モニタの右隣にあるものはホーム柵の開閉状態を表示するもので、開閉動作時はそれぞれの方向が表示され、ロープ上昇後は全点灯、ロープ下降後は全消灯となります。

20141214_rokkomichi-17.jpg

今回のJR六甲道駅のロープ昇降式ホーム柵レポは以上です。
関連記事
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3368-12ca3af7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop