DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 北陸地方遠征 »2013年8月18日 加賀・能登の史跡を巡る旅20 金沢城・その9

2013年8月18日 加賀・能登の史跡を巡る旅20 金沢城・その9  

三十間長屋がある本丸附段の鉄門跡から本丸へ入ります。

鉄門は1631年に起きた火災以降、二の丸から本丸へ入る正門に位置づけられていました。
門自体は大きな渡櫓が乗った重厚な門だったそうです。

20130818_kanazawa_castle-120.jpg

本丸跡はご覧の通り、森と遊歩道が整備された本丸園地となっています。

20130818_kanazawa_castle-121.jpg

本丸北西側にある戍亥櫓跡。

20130818_kanazawa_castle-122.jpg
20130818_kanazawa_castle-123.jpg

廃城後は陸軍の敷地であった名残なのか煉瓦造りのトンネルが残されています。

20130818_kanazawa_castle-124.jpg

戍亥櫓跡から見る風景。
位置関係で言うと橋爪門二の門や二の丸、本丸附きの段など城全体を俯瞰出来る場所にあります。

20130818_kanazawa_castle-125.jpg
20130818_kanazawa_castle-126.jpg

東側へ移動。

20130818_kanazawa_castle-127.jpg

東の丸南東側にある辰巳櫓跡。

20130818_kanazawa_castle-128.jpg

金沢城東側は最も防備が弱い場所で、辰巳櫓は東側の小立野台地(兼六園方面)に睨みを効かせる役目を持っていました。

20130818_kanazawa_castle-129.jpg

眼下に見える水堀はいもり堀で当時は最も広い場所で幅40mを誇る大規模なものでしたが、廃城後の改変により埋め建てられてしまいました。
現在の城址公園整備に伴う復元工事により一部分だけ復元されています。

いもり堀の手前側に盛り上がった場所がありますが、その場所は鯉喉櫓台があった場所です。

20130818_kanazawa_castle-130.jpg

東の丸北東側にある丑寅櫓跡。

20130818_kanazawa_castle-131.jpg
20130818_kanazawa_castle-132.jpg

辰巳櫓とその中間にある中櫓と共に防備が弱い東側の小立野台地(兼六園方面)に睨みを効かせる役目を持っていました。

20130818_kanazawa_castle-133.jpg
20130818_kanazawa_castle-134.jpg

金沢城址公園の遺構巡りはここまで。

20130818_kanazawa_castle-135.jpg

城址公園を出てすぐ昼食タイムとしました。

20130818_kanazawa_castle-136.jpg
20130818_kanazawa_castle-137.jpg
20130818_kanazawa_castle-138.jpg

このあとは日本三名園の一つである兼六園に入ります。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 北陸地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  加賀金沢城 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3277-3c6991a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop