DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 北陸地方遠征 »2013年8月18日 加賀・能登の史跡を巡る旅11 主計町重要伝統的建造物群保存地区

2013年8月18日 加賀・能登の史跡を巡る旅11 主計町重要伝統的建造物群保存地区  

東山ひがしを出て浅野川を挟んだ対岸に位置する主計町の茶屋街へ向かいます。

20130818_kazuemachi-05.jpg

主計町は先のひがし茶屋街と同じく重要伝統的建造物群保存地区に指定されている町屋ですが、前者は江戸時代からあるのに対しこちらは明治初期頃からと少し後に栄えた場所で、加賀藩士である戸田主計の名が由来であるこの町は1970年代に町名自体が隣接する尾張町に吸収される形で一旦は消滅したものの、後の旧町名復活運動によって1999年に分離される形で復活した経緯があります。

20130818_kazuemachi-06.jpg

浅野川大橋の袂にある主計町の入口。
写真右にある今越清三郎翁出生の地の石碑で、人間国宝で滋賀県の金箔職人であった今越清三郎の出生が当地であることに由来しているそうです。

20130818_kazuemachi-07.jpg

では、町屋の方へ。
茶屋であった東山ひがしと違いいわゆる料亭街であったそうです。

20130818_kazuemachi-01.jpg

とにかく路地が狭いです・・・。

20130818_kazuemachi-02.jpg
20130818_kazuemachi-08.jpg
20130818_kazuemachi-09.jpg
20130818_kazuemachi-03.jpg
20130818_kazuemachi-04.jpg

主計町の最も奥にある金沢城惣構え跡。

20130818_kazuemachi-10.jpg

ここは西内惣構堀と緑水苑があり、当時は堀の幅は広く造られていましたが、明治以降に両岸が埋め立てられました。
後年、発掘調査が行われた時に当時の遺構などは確認されていますが、調査後は遺構保護のため堀自体は狭められた状態で復元されています。

20130818_kazuemachi-11.jpg
20130818_kazuemachi-12.jpg
20130818_kazuemachi-13.jpg

2つの茶屋街を見た後は金沢城へ向かいます。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 北陸地方遠征

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3266-1c56ace5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop