DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 未分類 »2013年8月17日 加賀・能登の史跡を巡る旅9 413系

2013年8月17日 加賀・能登の史跡を巡る旅9 413系  

七尾から金沢へ戻ったのですが、ここでは七尾線用の415系800番台ではなく413系。
七尾駅では列車別改札であるため、改札開始直後に乗り込んだときには人気が無い状態だったことから、滅多に撮られない車内写真を撮ることが出来ました。

ここではその413系の車内写真を紹介していきます。
413系は1980年代にローカル輸送に転用されてきた475系を初めとする急行形交直流電車の車体更新に際して、地方都市近郊輸送に合わない現状の車体をそのまま修繕するよりも走行機器を流用してオープンデッキ構造の2ドア近郊形の新造車体に載せ替えると言う試みの基に仙台・九州地区にも導入された717系と共に造られたもので、1970年代後半に造られていた417系の車体がベースとなっています。

まずは車内全体。
ドア間は固定ボックスが主体で戸袋側のみロングシートとなっています。

20130817_jrwest_ec_413-in01.jpg

妻面側はロングシートが基本で、トイレの対面のみ視線対策としてクロスシートとなっています。

20130817_jrwest_ec_413-in02.jpg

和式のトイレは種車のものを流用したため写真右手に位置しています。

20130817_jrwest_ec_413-in03.jpg

天井周り。
こちらも種車の冷房装置を採用しているため、分散型の先頭車はダクトレスの丸天井と集中型の中間車は単一ダクトの平天井と天井の構造が異なります。

20130817_jrwest_ec_413-in04.jpg
20130817_jrwest_ec_413-in05.jpg

乗務員室後方。
後方にロングシートを有する構造で運賃収受形ワンマン運転に対応するには苦しい構造だったりする。

20130817_jrwest_ec_413-in06.jpg

金沢以東は北陸新幹線延伸開業後は第三セクター化されますが、413系の一部は継承される第三セクター会社にラッシュ輸送用として譲渡されることから、車体の修繕などが施工された編成が出場しているそうです。

車内撮影終了後は413系に揺られて金沢に到着。

20130817_jrwest_ec_413-01.jpg

ホテルに入る前に夕食を済ませて遠征5日目は終了。

20130817_diner-01.jpg

翌日は遠征最終日となります。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 未分類

tag: JR西日本 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3261-5cac0f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop