DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 東海地方遠征 »2013年8月16日 飛騨国を巡る旅51 史跡江馬氏館跡公園・その2

2013年8月16日 飛騨国を巡る旅51 史跡江馬氏館跡公園・その2  

史跡江馬氏館跡の続き。
今回は史跡南側を見てきます。

20130816_takahara_suwa_castle-19.jpg

まずは南堀跡。

20130816_takahara_suwa_castle-20.jpg

工房区画。
発掘調査時にはガラス片や金属片が発見されていることから、武器などの修理を行っていた場所だと推定されています。

20130816_takahara_suwa_castle-21.jpg
20130816_takahara_suwa_castle-22.jpg

史跡公園南側入口から撮影。

20130816_takahara_suwa_castle-23.jpg
20130816_takahara_suwa_castle-24.jpg

南東側から史跡を撮影。

20130816_takahara_suwa_castle-25.jpg

史跡を見た後は近くにある道の駅で昼食を挟んでから河岸段丘の底にある旧神岡町の中心部へ向かいます。
戻りの時間帯に飛騨市の巡回バスがなく、飛騨古川駅を経由する一般路線バスも中心部へ行かないと乗れないためです。

20130816_hida_kamioka-05.jpg

高原川に架かる橋を渡って対岸の中心市街地に入ります。

20130816_hida_kamioka-06.jpg

この場所から神岡城も模擬天守が見えますが、後背地は険しいのは事実のようです。

20130816_kamioka_castle-30.jpg

目的地まではナビに頼ります。

20130816_hida_kamioka-07.jpg

ところ目的地である濃飛バス神岡営業所を目前に乗車予定だった高山行きと入れ違いになってしまいました。
ここから飛騨古川を経由して高山へ向かうバスは1時間おきにあるのですが、時間帯によって2時間以上空いてしまうことがあり、今回はここで逃して2時間半待ちという穴にはまってしまいました。

20130816_hida_kamioka-08.jpg

やむを得ないため、時間つぶしのため市街地を彷徨いていると「船津屋」と言う交流施設を発見。
ここには無料休憩所があるそうなので時間つぶし。

20130816_funatuza-01.jpg
20130816_soft_cream-01.jpg

そして逃げられたバスの2時間半後の高山BC行きに乗って飛騨古川へ。
巡回バスと違い、国道41号線を通って数河峠を越えて飛騨細江から高山本線に沿うルートで登坂車線などが整備されたところを通る感じです。

数河峠を越える辺りはスキー場などのリゾート施設があるのですが、このような場所へ行くには自家用車の方が楽であると言うのは否めません。

20130816_nouhi_bus-05.jpg

飛騨古川に到着。
神岡営業所からの運賃は1010円・・・。

20130816_nouhi_bus-06.jpg

ここからは鞄を回収して加賀国を目指すことにします。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 東海地方遠征

tag: 江馬氏城館公園 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3238-276061ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop