DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 東海地方遠征 »2013年8月15日 飛騨国を巡る旅36 高山陣屋・その4

2013年8月15日 飛騨国を巡る旅36 高山陣屋・その4  

高山陣屋観覧の続き。
続いては御蔵を見てきます。

現存する御蔵は高山陣屋の設置にあたって廃城となった高山城内の米蔵を移築させたもので、当時は西棟と東棟の2棟が当地に移築されたのですが、現存する西棟は江戸時代の米蔵としては国内最大級だそうです。

20130815_takayama_jinya-52.jpg

蔵自体は西棟が7つ、東棟が4つ区切られていて、現存する西棟が南側の一番蔵~四番蔵と北側の九番蔵~十二番蔵と言う順に番号が振られています。

20130815_takayama_jinya-53.jpg

御蔵は御役所に近い九番蔵から入って、四番→三番→十番→十一番→二番→一番→十二番と言う順で見てきます。
残念ながら内部は撮影禁止であるため画像はありませんが、米蔵の内部再現を始め、飛騨地方の歴史などが紹介されています。

20130815_takayama_jinya-55.jpg
20130815_takayama_jinya-54.jpg

東棟の遺構。
ここは五番蔵~八番蔵がありました。

20130815_takayama_jinya-56.jpg
20130815_takayama_jinya-57.jpg

吟味所の手前にあった仮牢跡(留置場)。
元は薪炭小屋であったのを天保年間に時に移築されていたそうで、本牢は陣屋の外にあるえび坂に設置されていたそうです。

20130815_takayama_jinya-58.jpg

続いては御役所・役宅周りにある遺構を見てきます。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 東海地方遠征

tag: 日本の史跡  高山陣屋 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3210-13259dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop