DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 東海地方遠征 »2013年8月14日 飛騨国を巡る旅15 世界遺産・白川郷への道のり

2013年8月14日 飛騨国を巡る旅15 世界遺産・白川郷への道のり  

遠征2日目を迎えました。

20130814_takayama-02.jpg

2日目は世界遺産・白川郷をメインに据えることにしました。
ここは一度行ってみたかった場所ですが、なかなか行くことが出来ず今頃になったわけです。

白川郷への公共交通機関のアクセスは北陸側・東海側ともバスとなり北陸側は富山県の高岡駅前から加越能バス「五箇山・白川郷線」、東海側は高山濃飛BCから濃飛バス「特急バス白川郷線」または「白川郷線」、そして高山濃飛BCと石川県金沢駅前を結ぶ北鉄バス「白川郷・金沢線」となります。

今回はメインとなる特急バス白川郷線を利用します。
高山濃飛バスセンターからは北鉄バス「白川郷・金沢線」も利用出来ますが、こちらは座席指定制であるため、今回は指定のない定員乗車制である「特急バス白川郷線」を利用することにしました。

20130814_nohi_bus-01.jpg

白川郷行きが入る4番のりばは出発時間が迫るにつれて待ち列が長くなり、バスが横付けされた時点で60人ほどとなりました。

20130814_nohi_bus-02.jpg

満席状態で高山濃飛バスセンターを出発。
高山市内を北上し高山本線を跨ぐと高山バイパスと高山国府バイパスを経て高山ICから中部縦貫道に入ります。

中部縦貫道を西へ進み、飛騨清見ICから東海北陸道に入り北上します。

20130814_nohi_bus-06.jpg
20130814_nohi_bus-03.jpg

飛騨河合PAから約11kmある飛騨トンネルを抜けると程なく白川郷ICから一般道へ下りて白川村の中心部に入ります。
一般道へ下りると南へ向きを変え、白川郷の合掌集落がある荻町の手前で荘川を渡って集落の対岸にある駐車場入口が白川郷の停留所となります。


より大きな地図で 濃飛自動車 特急バス白川郷線 を表示

白川郷に到着。

20130814_nohi_bus-04.jpg

ここから橋を渡って対岸にある合掌造り集落の荻町へ入ります。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 東海地方遠征

tag: 濃飛バス  世界遺産  白川郷の合掌造り集落 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3183-fa19685c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop