DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 日記 »週末日記 2013年7月21日~7月20日

週末日記 2013年7月21日~7月20日  

2013年7月20日(

20日は神戸へ出向いて阪神三宮駅で軽く撮影。
提示している画像は車止め側から正面撮影したものですが、何を撮影したかったかは某USTでのネタだしで明かします。

20130720_sannomiya-01.jpg

三宮での撮影中に青銅車最新鋭の5550系に遭遇。
大物まで先回りして編成写真を撮影しました。
この車両は登場間もない頃にアイコンショットとして撮影しましたが、編成写真で捉えたのは今回が初めてです。

20130720_hanshin_5550-01.jpg

現行の阪神電車は赤銅車が1000系、9300系、9300系、8000系の4形式、青銅車は5550系、5500系、5331形、5131形、5001形の5形式があり、さらに武庫川線専用車の7890形・7990形が在籍し大手私鉄としては短い路線である割には形式数が多くさらに製造年次やリニューアル施工年次によって仕様が異なるため全て捉えるには困難があります。



2013年7月21日(

21日はかつて篠山口~園部を結ぶ構想があったものの、結局篠山口~福住のみ開業し後に廃止、さらにバス転換されて後に2つの路線バスに分割継承された園篠線の来訪のために園部へ出向きました。

投票を済ませてから現地へ出向く途中、京都で281系の車内写真を。

20130721_jrwest_ec_281-01.jpg

登場して20年近く経過しているものの、実際に乗車したことがなく車内写真を撮ったことがなかったため、今回が初めて。

20130721_jrwest_ec_281-in01.jpg
20130721_jrwest_ec_281-in02.jpg

嵯峨野線で園部へ移動。

20130721_sonobe-01.jpg

ここからは園篠線に乗り変え。
現在は篠山市の福住で系統分割されているため、まずは京阪京都交通の44系統園篠線で福住へ。

20130721_keihan_kyoto_bus-01.jpg

園部駅を出ると丹南市の中心部である園部の市街地ぐるりと回った後、府道54号線を園部川に沿って南西へ進み天引(あまびき)の集落を抜けると国道372号線を西へ進みます。
県境の天引峠をトンネルで抜けて篠山市へ。
トンネルを抜けた先にある西野々から国道の旧道になる西京街道に入り集落の中を延々と進みますが、ここ一体は旧宿場町であった建物が残されており、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている場所で東西に長いエリアで指定されている場所は「篠山市福住伝統的建造物群保存地区」となっています。


より大きな地図で 園篠線 を表示

20130721_keihan_kyoto_bus-02.jpg

福住に到着。
ここは神姫グリーンバス篠山営業所の福住車庫が有り、園篠線はここで系統分割されています。

20130721_keihan_kyoto_bus-03.jpg

福住からは神姫グリーンバスに乗換えて篠山口駅を目指します。

20130721_shinki_bus-01.jpg

西京街道を再び西へ進み安田から再び国道へ入ります。
安田から小野新交差点までは国道173号線と重複区間となり分岐点となる小野新交差点から左手に入り国道372号線を西へ進みます。
八上下までは途中にある集落を経由するため国道から外れては戻りを繰り返し、八上下から県道77号線を道なりに進み、神姫グリーンバス篠山営業所を出ると篠山川を渡って篠山市の中心部を進みます。

河原町三差路から県道544号線を北へ進み、尊宝寺の前の交差点で西へ進むと以前篠山城来訪で乗車した区間に入ります。
篠山市の中心部を抜けて西へ進むみ福知山線と跨ぐと篠山口駅に到着します。

20130721_shinki_bus-03.jpg

19時前に到着。
あとは帰宅した今週末は終わりました。
関連記事
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 阪神電気鉄道  JR西日本  京阪京都交通  神姫グリーンバス 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3153-9f3fd2e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop