DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » その他の鉄道工事レポ »2013年5月25日 和泉府中駅改良工事見聞1

2013年5月25日 和泉府中駅改良工事見聞1  

和泉市による再開発事業に伴い、東西自由通路を設置を兼ねた駅改良工事が実施されていた和泉府中駅が2013年5月25日橋上駅舎へ移転されたのを受けて当日中に現地へ来訪しました。

20130525_izumu_fuchu-01.jpg

まずは和歌山方に設けられている階段。

20130525_izumu_fuchu-02.jpg

橋上駅舎の直下にあるエレベータ。

20130525_izumu_fuchu-03.jpg

天王寺方にあるエスカレータ。
速度可変形で人が居ないときは超低速で、センサーで人が乗り込んだのを感知すると通常の速度に上がるという仕組みで、上下各1基ずつ設けられています。

20130525_izumu_fuchu-04.jpg

エスカレータの向かい側にある階段はこれまで供用されていた地上駅舎への跨線橋で現在は閉鎖されています。
バリアフリー化だけならこのままでもエレベータを設けることによって対応出来るのですが、和泉府中駅の場合利用者数が多いことと、出入口が天王寺寄りあることよる混雑の偏り、同駅西側への利便性を向上させる目的から今回の橋上駅舎の建設に至ったと言う経緯があります。

20130525_izumu_fuchu-05.jpg

天王寺側から見るとかんな感じ。

20130525_izumu_fuchu-06.jpg

改札階へ。
幅もさることながら比較的奥行きを取った造りとなっています。
以前の地上駅舎は利用者の多さに割には手狭だった印象あったのでこのぐらいの広さがあれば余裕なのかと。

20130525_izumu_fuchu-07.jpg

節電や換気のためなのか?高く取られた天井は採光や換気口を兼ねた窓が設けられています。
デザイン的な要素が乏しいのですが、近年建設されたJR西日本の橋上駅舎と部材を共通化させている面が見られます。

20130525_izumu_fuchu-08.jpg

和歌山方面のりばの下り口。

20130525_izumu_fuchu-09.jpg
20130525_izumu_fuchu-10.jpg

天王寺方面のりばへの下り口。
各のりばへの案内表示板は電照式を採用しない方向で整備されています。
これは近鉄でも実施されている手法でターミナルクラスの駅以外は電照式を採用しない方針のようです。

20130525_izumu_fuchu-11.jpg
20130525_izumu_fuchu-12.jpg

改札階コンコースから見た和歌山方の様子。
このまど窓の前に物があまり置かれていませんが、そのうちパンフレットが入ったスタンドだらけになりそうな気配です。

20130525_izumu_fuchu-13.jpg

改札口。
5通路全てICカード対応型で、双方向が4通路(うち1通路がICカード専用)出口専用が1通路となっています。
和泉府中駅のような構外駅の場合だと入口専用の方が必要で、列車到着時に殺到されると乗れなくなるという事態がになりかねず、むしろ出口専用は必要ないのです。

20130525_izumu_fuchu-14.jpg

改札外へ。
まずはみどりの窓口周辺。

改札要員も兼ねているため改札口側に設けられていますが、窓口自体は簡素な造りになっています。

20130525_izumu_fuchu-15.jpg

券売機。
近距離用が4基(高額紙幣非対応2基、高額紙幣対応タッチパネル式1基、高額紙幣・ICカード対応タッチパネル式1基)とみどりの券売機(指定券券売機)1基が設置されています。

20130525_izumu_fuchu-16.jpg

続いて自由通路の方を見てきます。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3115-b025eab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop