DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 関東地方遠征 »2012年11月25日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅29 工事見聞前に車内写真撮影

2012年11月25日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅29 工事見聞前に車内写真撮影  

遠征最終日は西武池袋線の連立事業見聞からスタートしますが、現地へ赴く前に車内写真の撮影をすることにします。

まずは9000系。
101系の走行装置を流用して新2000系の車体を乗せた機器流用車でしたが、2004年度から制御装置の換装が施工されて抵抗制御からインバータ制御となっています。

20121125_seibu_9000-01.jpg

車内は新2000系をベースとしながら、竣工当時に量産されていた6000系に採用されていた仕様も取り入れられています。

20121125_seibu_9000-in01.jpg

座席周り。
袖仕切と表地の柄は新2000系に準じていますが、座席自体は6000系で採用されたバケットタイプとなっています。

20121125_seibu_9000-in02.jpg

3色LED式車内案内表示器。
こちらも6000系で採用された仕様と同じ。

20121125_seibu_9000-in03.jpg

運転室。
竣工時は101系の機器を流用していたため、やや古めかしい印象を受けます。

20121125_seibu_9000-cab01.jpg

種別・行先表示器。
こちらは3000系などで採用されたものと同じもので、幕自体は近年交換された新書体・英文併記タイプ。

20121125_seibu_9000-02.jpg

続いて6000系。
もとは有楽町線乗り入れを主眼に置いた車両で、近年は副都心線乗入れ対応の改造も実施されたため、前面がシルバーからホワイトに変更されています。

20121125_seibu_6000-01.jpg

車内は新2000系をベースに仕様を変更したものとなっています。

20121125_seibu_6000-in01.jpg

座席周り。
座席両側への肘置きの追加やバケットタイプの座席への変更が実施されています。

20121125_seibu_6000-in03.jpg

6000系ではドア鴨居部も設けられた車内案内表示器は3色LED式なのですが、中にはLCD式に交換された編成があります。
写真の6113編成は「西武スマイルビジョン」と称される三菱電機製トレインビジョンシステムの第1世代タイプが採用されています。
編成によっては副都心線乗入れ対応工事の施工と同時にLCD化されたものと、対応工事施工から間を置いてLCD化されたものがありますが、現状でも3色LED式が多数派であるため今後順次LCD式に更新される予定だそうです。

20121125_seibu_6000-in02.jpg

運転台。
副都心線乗入れ対応工事の施工後であるため、竣工時とは運転台周りが異なります。

20121125_seibu_6000-cab01.jpg

種別・行先表示。
竣工当時は字幕式でしたが、有楽町線・副都心線乗入れ編成はフルカラーLED式に更新されています。

20121125_seibu_6000-02.jpg

車内写真はここまでとして工事見聞へ出向きます。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 関東地方遠征

tag: 西武鉄道 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/3035-dc265e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop