DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » その他の鉄道工事レポ »2012年11月23日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅2 京急蒲田駅付近連立事業見聞~梅屋敷駅

2012年11月23日 首都圏の鉄道工事と車両撮影の旅2 京急蒲田駅付近連立事業見聞~梅屋敷駅  

梅屋敷駅へ移動しました。

20121123_umeyashiki-03.jpg

梅屋敷駅は高架切り替え後も改札口は上下線で別となっています。

20121123_umeyashiki-02.jpg

また、梅屋敷駅には京急蒲田で切りかけホーム側に停車する列車の時刻が掲示されています。
何故これがあるかは京急蒲田駅のレポで触れます。

20121123_umeyashiki-04.jpg

横浜方。

20121123_umeyashiki-05.jpg

次の京急蒲田駅が重層高架であるため、梅屋敷を出てすぐの場所から下り線が上り勾配となっています。
京急蒲田では2階にホームがある上り線は同一のレベルを保っています。

20121123_umeyashiki-06.jpg

同じ場所からホーム中程。
かつては駅の両側が踏切であったためホームが4両編成までしか対応出来ず、6両編成の列車はホームからはみ出す2両分がドアカット扱いとなっていましたが、今回の高架切り替えによりそれが解消されています。

20121123_umeyashiki-01.jpg

ホーム中程にある待合所。

20121123_umeyashiki-07.jpg

品川方。

20121123_umeyashiki-08.jpg

同じ場所からホーム中程。
品川方から順にエレベータ、エスカレータ、待合所、階段が配置されています。
エレベータがこの位置のあるのは本設の改札口が最終的に品川方に向くためです。

20121123_umeyashiki-09.jpg

では改札階へ。

20121123_umeyashiki-10.jpg

高架切り替え直後の来訪時での通路の案内図。

20121123_umeyashiki-11.jpg

現状は改札階の途中でエスカレータが途切れているのですが、写真の踊り場は仮線撤去後に設けられる本設の連絡通路が設けられ、そこから改札口への階段とエスカレータが設けられることになります。

この点は先の大森町と同じ方式となります。

20121123_umeyashiki-12.jpg
20121123_umeyashiki-13.jpg

現状は東側にある仮通路を通って改札階へ。

20121123_umeyashiki-14.jpg

高架直下では仮線の撤去工事が・・・。

20121123_umeyashiki-15.jpg

改札階。
旧下りホームを活用したままとなっています。

20121123_umeyashiki-16.jpg

下り線の改札口。

20121123_umeyashiki-17.jpg

その反対側。
下りホームへのエレベータはこの奥にあります。

20121123_umeyashiki-18.jpg

次は京急蒲田駅へ移動します。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  京浜急行電鉄  京急本線  梅屋敷駅 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/2993-b5b2ba29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop