DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 甲信越地方遠征 »2012年9月15日 木曽路の史跡を巡る旅3 山村代官屋敷

2012年9月15日 木曽路の史跡を巡る旅3 山村代官屋敷  

関所跡を出て山村代官屋敷へ向かいます。
木曽福島関所の関守や木曽代官を代々務めた山村氏の屋敷および庭園の一部を整備したもので、現在こそ屋敷自体は一軒家程度となっていますが、当時は隣接する福島小学校あたりまでが屋敷の敷地だったそうです。

下の写真周辺が東門跡となっています。

20120915_kiso_fukushima-27.jpg

現在の山村代官屋敷の入り口。
近年、リニューアル工事で綺麗に整備されたそうです。

20120915_kiso_fukushima-06.jpg

門を入ると正面に東屋がありますが、お休みのようです。

20120915_kiso_fukushima-28.jpg

奥へ進むと。

20120915_kiso_fukushima-29.jpg

屋敷の玄関に到着。

20120915_kiso_fukushima-07.jpg

それでは中へ。

20120915_kiso_fukushima-31.jpg

展示物自体はそれほど多くはありませんが、歴史系では珍しく当時を再現した料理サンプルが展示されていると言う点ではちょっと変わっています。

20120915_kiso_fukushima-32.jpg
20120915_kiso_fukushima-33.jpg

庭園。

20120915_kiso_fukushima-34.jpg

翠山桜。
山村蘇門の家臣で学友でもあった石作駒石の書斎で、当時は町内の寺の庭にあったったのですが、解体の危機に遭った際、現在の場所に移築されたのだそうです。

20120915_kiso_fukushima-35.jpg
20120915_kiso_fukushima-36.jpg
20120915_kiso_fukushima-37.jpg

時間が迫ってきたため、木曽福島駅へ戻ることにしました。

20120915_kiso_fukushima-38.jpg

15分ほどで木曽福島駅へ到着。
ここからは中山道34番目の宿場町で重要伝統的建造物群保存地区に指定されている奈良井宿へ向かいます。

→次に続く。
20120915_kiso_fukushima-39.jpg
関連記事
スポンサーサイト

category: 甲信越地方遠征

tag: 旧中山道  木曽福島宿  木曽福島関所 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/2957-3dda787b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop