DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 北陸地方遠征 »2011年10月9日 若狭・越前の観光地を巡る旅16 一乗谷朝倉氏遺跡を巡る・その1

2011年10月9日 若狭・越前の観光地を巡る旅16 一乗谷朝倉氏遺跡を巡る・その1  

一乗谷に到着しました。

20111009_ichijodani-05.jpg
20111009_jrwest_dc_120_200-01.jpg

一乗谷駅は単式ホーム1面のみの無人駅で、ホーム上に小さな待合所があるのみで駅舎自体はありません。

20111009_ichijodani-06.jpg
20111009_ichijodani-08.jpg

この近くは一乗谷朝倉氏遺跡群の北端に位置している他、一乗谷朝倉氏遺跡資料館があります。
まずは、一乗谷朝倉氏遺跡資料館へ。

20111009_ichijodani-07.jpg
20111009_ichijodani-09.jpg

一乗谷朝倉氏遺跡資料館は史跡群の調査で発掘された史料などが展示されています。
内部は撮影出来ないため外観のみ撮っています。

20111009_ichijodani-01.jpg
20111009_ichijodani-10.jpg

一乗谷朝倉氏遺跡群は南北に長く点在しているため、自家用車以外でこれらを巡るには徒歩で強行するか、京福の路線バスを活用するかと言う選択肢になりそうだったのですが、資料館では台数こそ限られていますがレンタサイクルがあるとのことで、展示物を見終えてから借りることにしました。

これで各史跡群へ巡るのに負担が軽くなります。

20111009_ichijodani-02.jpg

各遺蹟群を示した簡単な地図と共に。

20111009_ichijodani-11.jpg

資料館をあとにして各遺蹟群を巡っていきます。
手始めに越美北線を越えて南側の史跡へ。

20111009_ichijodani-12.jpg

西山照光寺跡。

20111009_ichijodani_site-06.jpg

猪対策のため柵が設けられている他、出入口は写真のようなゲートが設けられています。

20111009_ichijodani_site-07.jpg

出入りするとき以外は閉めておくように指示されているため、通常は閉ざされた状態となっています。
ゲートを開閉するときは、左端にある鎖を外して手前へ引くようにとのことですが、ゲート自体の重量と幅があるため大きく引くことが通れるためのポイントです。

20111009_ichijodani_site-08.jpg

池の跡。

20111009_ichijodani_site-11.jpg
20111009_ichijodani_site-09.jpg

石積施設跡。

20111009_ichijodani_site-10.jpg

墓地跡。

20111009_ichijodani_site-12.jpg

修復工事中の井戸と建物跡。

20111009_ichijodani_site-13.jpg
20111009_ichijodani_site-14.jpg
20111009_ichijodani_site-15.jpg
20111009_ichijodani_site-16.jpg

では、次の遺蹟へ移動します。

20111009_ichijodani_site-17.jpg

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 北陸地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  一乗谷朝倉氏遺跡 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/2797-3461a773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop