DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 鉄道イベントなお出かけ »2011年9月18日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅10 上信電鉄のイベント会場へ

2011年9月18日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅10 上信電鉄のイベント会場へ  

高崎へ戻ってきました。
ここでは遠征の目的の一つである上信電鉄のイベントを見ることにしました。

会場の車両基地は高崎駅の隣接する場所にあり、当日は普段一般利用者が立ち入ることが出来ないホーム端部の乗務員用通路から会場入りすることが出来ます。

20110918_joshin_event-03.jpg

通路北面にある留置されている150形と200形。

20110918_joshin_event-04.jpg

保線用車両。
「土シーキモ57」と記されている。

20110918_joshin_event-05.jpg

上信電鉄では最新の車両となる500形。
200形の置換えようとして元西武101系を転用した車両で、導入に際しては譲渡元が同じ西武である150形と構造がほぼ同じで、自社発注車である6000系と1000系と台車などに互換性が有ることから同系が採用されたのだそうです。

20110918_joshin_500-01.jpg

500形の「銀河鉄道999号」ラッピング編成

20110918_joshin_500-02.jpg

500形には天井にLED式車内案内表示器が設けられています。

20110918_joshin_500-in01.jpg

運転台。

20110918_joshin_500-cab01.jpg

ED316形電気機関車。
元は旧国鉄のED31形で竣工当時はセンターキャブ形の凸型車体でしたが、上信電鉄へ譲渡されてから現在の箱形車体に改造されています。

20110918_joshin_ed_31-01.jpg

検修庫内に展示されていたデキ1形。
1924年にドイツのシーメンスシュケルト社(現:シーメンス)から購入した電気機関車で、小型の凸型機で機械部分の製造者はM.A.N(マン)が担っています。購入価格は当時の金額で36,990円だそうです。

20110918_joshin_deki_1-01.jpg

検修庫の奥で検査を受けている150形。
写真の編成は第1編成で、下仁田から乗った編成と違って種車が西武411系であることから前面形状が異なります。(第2編成以降の種車は西武701・801系)

20110918_joshin_150-02.jpg

検修庫前から車両基地全体を撮影。

20110918_joshin_event-02.jpg

敷地外からの会場出入口。

20110918_joshin_event-01.jpg

上信電鉄のイベントはここで見終えることにし、午後からは箕輪城へ向かうことにしました。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: 鉄道イベント  上信電鉄 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/2736-94a897e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop