DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 関東地方遠征 »2011年9月18日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅8 上信電鉄初乗車

2011年9月18日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅8 上信電鉄初乗車  

明けて遠征2日目を迎えました。

20110918_takasaki-01.jpg

2日目はこれまで未乗だった上信電鉄の初乗車と同鉄道のイベントを見て、午後からは榛名山麓に位置する箕輪城跡への登城という流れです。

まずは上信電鉄の乗りつぶしから。
上信電鉄は高崎を起点に宿場町で幕末の古戦場でもある下仁田とを結ぶ鉄道路線で、社名の由来である上毛と信濃を結ぶ構想こそありましたが、資金難などでそれも叶わず現在に至ります。

20110918_takasaki-02.jpg

高崎駅の上信電鉄のりばは旧1番のりば南側にある0番のりばから発着しています。

自由通路から階段で下りて旧1番ホームを南へ歩いて行きます。
柵で仕切られている側がJR線ですが、現在は上信電鉄のりばへの通路扱いとなっているため柵自体は事故防止という意味も兼ねている感じです。

20110918_takasaki-03.jpg

その先に上信電鉄の出改札口があります。
当日催されたイベントは高崎駅構内で行われるため、案内の立看板が立っています。

20110918_takasaki-04.jpg

券売機で往復乗車券を購入。

20110918_joshin-01.jpg

0番のりば。
2面1線の頭端式ホーム。

20110918_takasaki-05.jpg

ここから乗車するのは6000系。
近年は西武からの譲渡車で占めている上信電鉄では自社発注の車両。

20110918_joshin_6000-01.jpg

T字型のワンハンドルマスコン

20110918_joshin_6000-cab01.jpg

高崎を出発すると西側に車両基地を見つつ高崎市街地の郊外を進んでいきます。
この時点では100p程度というところ。

上信電鉄の沿線は前半は都市郊外の鉄道という感じで、富岡の市街地を過ぎた辺りから典型的な地方鉄道然という感じで、下仁田に到着する時点では30人ほど。

1時間ほどで下仁田に到着。

20110918_shimonita-05.jpg

ここまで乗ってきた6000系の車内。

20110918_joshin_6000-in01.jpg

単純に折り返すのも何なので、ここで下仁田駅周辺を散策してきます。

20110918_shimonita-01.jpg

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/2731-6f30cf17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop