DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 関東地方遠征 »2011年9月17日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅2 新田金山城への道

2011年9月17日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅2 新田金山城への道  

太田に到着しました。

太田はかつて新田氏により開発された荘園「新田荘(にったのしょう)」があった地域で、小田原の役の後で徳川家康が関東入国し、太閤検地により館林藩の領地となり荘園は廃止。
後に宿場町「太田宿」として整備され、1645年に日光例幣使街道7番目の宿場となり、1980年には幕府直轄の天領となりました。
現在は富士重工業の企業城下町として市内中心部の近くに同社の事業所が置かれています。

20110917_ota-01.jpg

さて、ここからは戦国時代に築城された新田金山城(にったかなやまじょう)へ登城します。
新田金山城は新田荘時代の末期に新田氏一族である岩松家純が金山の山頂付近に築城した山城で、後北条氏が城主だった1590年に小田原の役の一環として攻撃を受けて落城するまでは難攻不落の城と知られています。

20110917_kanayama_castle-09.jpg

駅高架下の観光案内所でパンフレットを頂き、まずは太田市立史跡金山城ガイダンス施設に向けて出発したのですが、北へ向かう道を一つ間違ってあわてて途中まで引き返すというハプニングがありましたが、なんとかルート状へ戻り事なきを得ます・・・。

20110917_kanayama_castle-01.jpg

富士重工業の工場の脇を抜けてさらに坂道を登って行くと・・・。

20110917_kanayama_castle-10.jpg

太田市立史跡金山城ガイダンス施設が見えてきます。

20110917_kanayama_castle-02.jpg

太田市立史跡金山城ガイダンス施設は同じく市立の金山地域交流センターとの併設で2009年に建てられたものだそうです。
ガイダンス施設には金山城の歴史や発掘で判明したことに関する史料などが保管展示されています。
また、当時の様子を推定再現した模型も展示されています。

20110917_kanayama_castle-03.jpg

ガイダンス施設を出て新田金山城の主郭部を目指します。
施設の裏手にある橋を渡り、直ぐ右手にある階段を上っていきます。

20110917_kanayama_castle-11.jpg
20110917_kanayama_castle-12.jpg

この登山道は主郭部の前には駐車場まで結ぶのですが、この道のりは結構厳しいものとなりました。

20110917_kanayama_castle-13.jpg
20110917_kanayama_castle-14.jpg

はっきり言って急な坂道です。

20110917_kanayama_castle-04.jpg

中間点にある休憩所からの眺め。

20110917_kanayama_castle-15.jpg

さらに登って・・・。

20110917_kanayama_castle-16.jpg
20110917_kanayama_castle-17.jpg

ようやく駐車場にたどり着きました。
ここは主郭部の西側にある西城跡があります。

20110917_kanayama_castle-18.jpg

夜勤明けで一睡もしてない上に急な坂道と登る暴挙の出たため、へばってしまいました。
10分ほどベンチでお休みをしてから西城と見附出丸を見てきます。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 関東地方遠征

tag: 日本100名城  新田金山城 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/2719-890b744e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop