DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 鉄道イベントなお出かけ »2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州23 大分府内城・その3

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州23 大分府内城・その3  

大分府内城巡り。

今度は多聞櫓門を出て三の丸や腰曲輪跡など外郭部を見てきます。

20110814_oita_castle-34.jpg
20110814_oita_castle-02.jpg

宗門櫓。
写真中央左寄りにある平櫓がそれである。

20110814_oita_castle-35.jpg

多聞櫓門東方にある平櫓の着到櫓。

20110814_oita_castle-36.jpg

中堀跡。
大分府内城の中堀東面は一部埋め立てられていて、写真の公園の東端に縁に沿うようにある腰曲輪跡辺りまでは中堀が有ったとされています。

20110814_oita_castle-37.jpg

公園脇の小川に沿って残されている腰曲輪跡。

写真の歩道と小川に挟まれているのがそれなのですが、かつて大分府内城は海城であったことを名残だそうで、この腰曲輪は主郭部が直接海に接しないよう事実上防波堤の役割を兼ねていたようで、守備上の理由もさることながら浸水による被害を防ぐためと言う説が強いようです。

20110814_oita_castle-39.jpg
20110814_oita_castle-40.jpg

写真の小川から城趾外側がかつて海だったところです。

20110814_oita_castle-41.jpg
20110814_oita_castle-42.jpg

腰曲輪跡。
左側が中堀、右側がかつての海。

20110814_oita_castle-43.jpg

東の丸北東隅にある二重櫓。
名称は不明です。

20110814_oita_castle-38.jpg
20110814_oita_castle-44.jpg

腰曲輪北面から見る東の丸と本丸の石垣と櫓。

20110814_oita_castle-45.jpg

腰曲輪北面。
左側が海があった場所。

20110814_oita_castle-46.jpg

反対側。
帯曲輪はここから左斜めに進み、武家屋敷がある中嶋に繋がっていた。
ちょうど写真左奥のビル辺りがそれに当たる。

20110814_oita_castle-47.jpg

帯曲輪から見る人質櫓。

20110814_oita_castle-48.jpg

同じく山里丸側から見る。

20110814_oita_castle-49.jpg

山里口から見る西の丸への入口。
本来はこの場所に門が無いことから後に整備されたもの。

20110814_oita_castle-50.jpg

多聞櫓門前の交差点を挟んで南側にある三の丸下台所跡。
現在は公園となっている。

20110814_oita_castle-51.jpg

これで大分府内城巡りは終り。
次の目的地へ行くため大分駅へ移動します。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: 日本の城郭  日本100名城  大分府内城 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/2654-c4552295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop