DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 中国地方遠征 »2011年4月30日 吉備国の城を巡る旅17 備中松山城・その4

2011年4月30日 吉備国の城を巡る旅17 備中松山城・その4  

備中松山城本丸に入ります。

20110430_bicchu_matsuyama_castle-12.jpg

これまで触れた通り臥牛山は猿の生息地なのですが、城の建造物などが破壊される被害があったことから、獣害対策として1997年に復元された土塀に電気柵を設けて本丸内へ進入を防いでいる。

20110430_bicchu_matsuyama_castle-71.jpg

本丸南門御門前の窓口で入城券を購入。

20110430_bicchu_matsuyama_castle-72.jpg

来場者に対し窓口の方の「よく参れた」と声をかけられるのはある意味新鮮です。
確かに標高430mの場所にありますからそうなるのかも知れませんが、多くは車で来訪されることが多いので「下から登ってきた」という私発言には流石に驚かれた様子でした。

20110430_bicchu_matsuyama_castle-73.jpg

本丸南御門から見る備中松山城本丸。
周囲の土塀は1997年の復元工事により復元されたもの。

20110430_bicchu_matsuyama_castle-74.jpg

五の平櫓。

20110430_bicchu_matsuyama_castle-75.jpg

六の平櫓。
五の平櫓と本丸南御門・路地門・土塀と共に1997年に復元されたもの。

20110430_bicchu_matsuyama_castle-76.jpg

七の平櫓跡。

20110430_bicchu_matsuyama_castle-77.jpg

こちらは復元されずそのままとなっている。

20110430_bicchu_matsuyama_castle-78.jpg

正面から見る備中松山城天守。

山頂の岩盤の上に天守台を置いてさらに二階二層の天守が立っていますが、現存天守の中では最も小さな天守であり、最も高い場所に建ている天守でもあります。

そのことが廃城後も解体を免れた理由でもあります。

20110430_bicchu_matsuyama_castle-13.jpg

このあとは天守の内部に入ります。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  備中松山城 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/2529-d9a01953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop