DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 甲信越地方遠征 »2011年1月9日 信越の城を巡る旅5 信濃飯田城・その3

2011年1月9日 信越の城を巡る旅5 信濃飯田城・その3  

飯田城址めぐり3回目。

続いて二の丸跡。
廃城後の飯田城は櫓や御殿は破壊に留まらず、堀は埋立てられ、城内にあった巨木も切り倒され、道具類・古文書等も廃棄されるなど、他の城郭に比べてかなり徹底的に破壊され、現在は下の写真のように市の主要施設や宅地化されて遺構は極僅かしか残されていません。

20110109_iida_castle-03.jpg

二の丸跡は北側が宅地化され、南側が飯田市立美術館が建てられています。

美術館の駐車場。

20110109_iida_castle-28.jpg

美術館正面。
二の丸大通り跡でその奥にある住宅地前に二の丸御門(八間門)跡がありました。
二の丸御門は廃城後に飯田市内の民家に移築され、現在も松尾久井の場所に残されています。

20110109_iida_castle-34.jpg

この付近には白線が描かれていますが、これは水路跡を示すもの。

20110109_iida_castle-29.jpg
20110109_iida_castle-30.jpg
20110109_iida_castle-31.jpg

それ以外は水路を模したものが造られています。

20110109_iida_castle-32.jpg
20110109_iida_castle-33.jpg
20110109_iida_castle-35.jpg
20110109_iida_castle-36.jpg
20110109_iida_castle-37.jpg

美術館前にある井戸跡。
5か所あった二の丸内の井戸の一つ。

20110109_iida_castle-38.jpg
20110109_iida_castle-39.jpg

出丸と二の丸の間にあった水の手御門跡。

20110109_iida_castle-40.jpg

桜丸にあった赤門。
移築したものですが、門自体は現存の城門です。

20110109_iida_castle-02.jpg

赤門がある桜丸跡は飯田市立図書館や飯田合同庁舎が建てられています。

20110109_iida_castle-41.jpg

さて、飯田城がこれほどまで破壊されたのは、11代藩主堀親義が徳川慶喜の側近であったことも含めて幕府側に建つ人物であったことと、明治時代に入ってから起きた飯田事件も含めて明治新政府から危険視されたことから、遺構も歴史も抹殺されたからと言われています。

この後は飯田城の前身となる信濃飯坂城(信濃愛宕城)跡を見てきます。

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 甲信越地方遠征

tag: 日本の城郭  信濃飯田城 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/2425-d0a11264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop