DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム » 学研都市線ホーム延伸工事の話題 »2009年12月13日 学研都市線ホーム延伸工事4-1

2009年12月13日 学研都市線ホーム延伸工事4-1  

学研都市線全列車7両編成化に向けてホーム延伸工事が行われているのですが、それに連動して祝園駅では構内改良工事が行われています。

今回、その改良工事の進捗に伴い2009年11月21日始発から上り(木津方面行き)ホームが切り替わったことを知り、12月13日に現地へ出向いてきました。

20091213_hosono-03.jpg

これまで使用停止されて一部撤去されていた中線側に軌道が新設される形となっています。
切替によりこれまでの上り線の軌道は既に撤去されています

20091213_hosono-01.jpg

木津方は上り出発信号機が切替えられていますが、分岐器などの交換は実施されておらず、既存の物を上手く活用している感じとなっています。

20091213_hosono-04.jpg

下り(京橋方面行き)ホームから撮影したもの。
今回の切替で上り列車の停車位置が新設ホームが設けられた京橋方に3両分(60m)後退しています。

20091213_hosono-02.jpg

新設されたホームは事実上ホーム延伸箇所に該当するのですが、旧上り線と新上り線の間に押し込まれる形で設けられているので窮屈な印象を受けます。

現状は木津方1両分が既存ホームとの接続のため仮設ホームが継ぎ足されていることと、実際の幅員はある程度確保されているようなので、木津方3両分がこちら側に拡張されるまでは何とかしのげるようです。
ちなみに夜間は保安のための要員が配置されているようです。

20091213_hosono-05.jpg

一方の下りホームは延伸箇所の基礎工事が終わり、土木工事が進められています。

20091213_hosono-06.jpg

今回の切替で変ったのは京橋方の配線で、これまではY字分岐だったのが片開きに変更されています。
新たに使用された分岐器は下り線側が直線となっています。

また、上り場内信号機が駅構内北側すぐにある祝園北一番踏切の京橋側付近から、数100mほど下狛駅寄り移設されています。
これに合わせて本線の軌道も西側に寄った形で設けられていますが、写真で見る限りでは場内信号機がある辺りまで複線化される可能性がありそうです。
今回の切替でそれが出来たのは、複線化のための用地が確保されているからとも言えます。

20091213_hosono-07.jpg

今後は停車位置が変更された上りホームのホーム拡張工事が進められることになり、今回の時点ではそのための準備が進められています。

20091213_hosono-08.jpg

本項の最後に提示しているのは祝園駅の配線略図です。
中段にものが先月切替えられて現在の配線で、点線が囲っている箇所が今後拡張されるホームです。
下段の完成予想図は確定出来ない様子があるため、あくまで参考程度に留めておいてください。

20091213_hosono.jpg

→次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: 輸送力増強工事  JR西日本  学研都市線 
tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/tb.php/2009-e330cdc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ここは酷いグレ電置き換えですね

大学んとこの地下鉄駅で初期型のグレ電がDMC-8Aに置き換えられてた まあグレ電の機能なんてもう使われることはないんだろうけど 別段ただの公衆電話として使うには問題はないはずだ わざわざ老朽置き換えなんかする必要あんのかな まあ15年近くたってるからそんなもん...

障害報告@webry | 2009/12/17 00:21

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop