DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2017年03月14日
2017年03月の記事一覧

2017年3月12日 東花園駅前整備事業レポ  

東花園駅の駅前広場再整備事業のレポです。

近鉄奈良線の連続立体交差事業による工事で一部閉鎖されていた駅前広場をラグビーワールドカップの開催により会場として使用される東大阪花園ラグビー場(旧:近鉄花園ラグビー場)の玄関口として再整備されることになり、工事が進められています。

20170312_higashi_hanazono-01.jpg

前回のレポの時点で工事が進められていた幕屋根の整備と歩道の工事が一部を除いて完了していました。

20170312_higashi_hanazono-02.jpg
20170312_higashi_hanazono-03.jpg

歩道以外の部分は舗装などがまだ行われていない模様で、現状残されている旧駅前広場の撤去工事が進まないとどうにもならないようです。

20170312_higashi_hanazono-04.jpg

現在モニュメントなどが残されている辺りはバスやタクシーの待機所が整備されるとのことです。

20170312_higashi_hanazono-05.jpg
20170312_higashi_hanazono-06.jpg

幕屋根自体は駅前広場を取り囲むように設けられています。

20170312_higashi_hanazono-07.jpg
20170312_higashi_hanazono-08.jpg

照明はLEDが用いられ、薄屋根を反射させるように下から照射する形で取り付けられています。

20170312_higashi_hanazono-09.jpg

駅出入り口の正面に整備された駅周辺の案内図。

20170312_higashi_hanazono-11.jpg

歩道のガードレールは一部整備途上にものが見られます。

20170312_higashi_hanazono-12.jpg

東側に残されているトライ君は再整備後の駅前広場北側に再設置される模様。

20170312_higashi_hanazono-13.jpg

西側の時計台は故障しているようで、ここまま解体される可能性が高いらしい。

20170312_higashi_hanazono-14.jpg

なお、駅前広場は路線バスが乗り入れることが出来る前提で整備されるそうですが、仮にあるとすれば現状手狭で転回するための要因を終日配している瓢箪山駅前に乗り入れている路線バスをこちらへシフトすることも考えられるのですが、実際にどうするかは近鉄バスの判断次第となります・・・汗。

今回のレポは以上です。
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 近畿日本鉄道  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop