DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2016年05月
2016年05月の記事一覧

週末日記 2016年5月29日  

2016年5月29日(

29日は山陽電鉄の6000系を追いかけに出向きました。
今回追いかけるターゲットである6000系は40年ほど経過した3000系を置換えるために導入された新型車両で、今春から3両編成2本が営業運転に入っています。

この日はそのうちの1本が網干線のワンマン運用、もう1本が本線の運用に入っているとのことで、まずは捉えやすい網干線にいる方を狙いに飾磨へ。
そうすると首尾良く6000系に遭遇、しかもトップナンバーの6000編成。

20160529_sanyo_6000-01.jpg

一先ず乗車。
先に編成写真を撮影するため、平松で下車。

20160529_hiramatsu-01.jpg
20160529_hiramatsu-02.jpg

雨が降る中、山陽網干から折り返してきたところを狙い撃ち。

20160529_sanyo_6000-02.jpg

編成写真を撮影後、山陽網干へ移動。

20160529_sanyo_aboshi-01.jpg

ここで飾磨からやってくる6000編成の車内写真を捉えます。

20160529_sanyo_6000-03.jpg

山陽電鉄では初めて装備された補助送風機はドア付近のみ設けられているようです。

20160529_sanyo_6000-in01.jpg
20160529_sanyo_6000-in02.jpg
20160529_sanyo_6000-in03.jpg
20160529_sanyo_6000-in04.jpg

大塩へ。

20160529_oshio-01.jpg

特徴のある駅構内と客扱いを利用して本線に入っている6001編成を捉えます。

20160529_sanyo_6000-05.jpg
20160529_sanyo_6000-06.jpg

締めは、たまたま大阪駅へ戻ったら遭遇した207系1000番台T5編成。
同グループの4連口では初めて体質改善工事が施工された編成だそうです。

20160529_jrwest_ec_207_1000n-01.jpg

29日のダイジェストはここまでです。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 山陽電気鉄道  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年5月28日  

2016年5月28日(

28日は午後から外出。
まずは改良工事が進められている阪神甲子園駅から。

20160528_koshien-01.jpg

大屋根に覆われた部分の上屋が撤去され、スッキリ。

20160528_koshien-02.jpg

大屋根からはみ出ている部分については、神戸方は8割方完了、梅田方は武庫川までの高架工事が進められているため、当面は仮設のままのようです。

20160528_koshien-03.jpg
20160528_koshien-04.jpg
20160528_koshien-05.jpg
20160528_koshien-06.jpg

神戸電鉄へ。
目的は鈴蘭台駅の工事と新たに投入された6500系を追うため。

20160528_shintetsu_6000-01.jpg

まずは鈴蘭台駅の工事から。

20160528_suzurandai-01.jpg

駅の橋上駅舎化に伴い待合所が三田・粟生方に移転しました。

20160528_suzurandai-02.jpg
20160528_suzurandai-03.jpg

また、橋上駅舎化とセットで駅前の再開発事業も同時進行していますが、再開発ビルと橋上駅舎の完成予定は2018年度とのこと。

20160528_suzurandai-04.jpg
20160528_suzurandai-05.jpg
20160528_suzurandai-06.jpg
20160528_suzurandai-07.jpg

このあと6500系を追うため三田方面へ移動しましたが、結局捕まらずタイムアップのため帰宅しました。

20160528_woody_town_chuo-01.jpg

category: 日記

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪神甲子園駅  神戸電鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年5月15日  

2016年5月15日(

GW中盤から10日ほど空白になっていましたが、実はGW後半から風邪を引いて寝込んでしまいました。
中一日挟んで沿線に連投で、且つ遠征の目的の性質上、現地では公共交通機関で移動している時を除き、昼夜の寒暖差が激しい中を一日十数キロを延々と歩き続け、フラフラになってホテルへ戻ることを繰り返してきたというのもあります。

20代~30代なら回復出来る自身はありましたが、今年で41歳を迎える身には少々堪えたようです。
今回は体力が落ちたところに一撃を食らったため、体力だけでも回復するのに6日間で、しかも今週は2日間だけ出社出来ただけで、あとは寝床で横になるという酷い有様で・・・。

では本題へ。
ようやく体力が戻った今週末は15日だけ工事見聞のため外出してきました。

まずは鴫野駅へ。
ここへ来たのは改修工事中の島式ホームに仮設ホームが増設されたと言うことを知った来訪した次第。

20160515_shigino-01.jpg

現地で確認したところ、上り線側へ拡張する形で仮設工事が進められていました。

20160515_shigino-02.jpg
20160515_shigino-03.jpg

まだ階段やエレベータなどの整備まだなので実際に使用されるのは、今夏からなのではないかと思われるのですが、阪和線の前面3ドア化対応状況の確認の途上、6月11日に京橋~放出において線路切替による夜間運休が実施されるとのこと。
おそらく、寝屋川橋梁の前後にある分岐器の挿入と以前確認した蒲生踏切内の軌道整備が完了とするタイミングを受けてのことによると考えられます。

続いて14日に下り線が高架に切り替えられた南海本線の高石市内区間の連立事業の見聞。
まずは羽衣駅から。

20160515_hagoromo-01.jpg

羽衣駅は、中2階に改札階が設けられた構造ですが、駅事務室などは仮設のようで、本設の駅事務室は上り線側に設けられる模様です。

20160515_hagoromo-03.jpg
20160515_hagoromo-05.jpg

高石駅。

20160515_takaishi-01.jpg

こちらは地上時代と同じく待避出来る配線で島式ホーム1面2線(最終的に2面4線)となっており、改札階は羽衣駅と異なり、地上階に本設で設けられています。

20160515_takaishi-02.jpg
20160515_takaishi-06.jpg
20160515_takaishi-07.jpg
20160515_takaishi-08.jpg

泉大津から和泉府中へバスで移動。
ここからは225系5100番台の導入により全列車3ドア化されることになった阪和線・鳳以北の快速停車駅以外における乗車位置案内の対応状況を確認。

20160515_hanwa_line-01.jpg

5月15日時点で乗車位置表示の整備が済んでいるのは、津久野と上野芝の2駅のみ。
整備のための目印が書き込みが確認出来た駅は百舌鳥、浅香、杉本町、鶴ヶ丘の4駅。
我孫子町、長居、南田辺、美章園の4駅は未着手となっています。

20160515_tsukuno-01.jpg
20160515_uenoshiba-01.jpg
20160515_mozu-01.jpg
20160515_asaka-01.jpg
20160515_sugimotocho-01.jpg
20160515_tsurugaoka-01.jpg

これらは後日、詳細レポで別途報告します。

category: 日記

tag: 南海電気鉄道  連続立体交差事業  南海本線  JR西日本  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2016年5月5日  

2016年5月5日(

GW中3日遠征最終日である5日は小田栄駅への来訪からスタート。

20160505_odasakae-01.jpg

今改正から南武線の浜川崎支線に開業した新駅で対向式ホームの2面2線となっていますが、上下各ホームは同位置ではなく踏切を挟んで配置されています。

20160505_odasakae-02.jpg
20160505_odasakae-03.jpg
20160505_odasakae-04.jpg
20160505_odasakae-05.jpg
20160505_odasakae-06.jpg
20160505_odasakae-07.jpg

続いて東急東横線の改良工事。
今回は可動式ホーム柵の設置工事と神奈川東部方面線整備に関連した改良工事がメイン。

まずは日吉駅へ。

20160505_hiyoshi-01.jpg

こちらは神奈川東部方面線整備に関連した工事が進められており、渋谷方には以前あった電気室を本線高架下に移転させて上で本設ホームが上下線とも姿を現わしています。
これにより横浜方に2両分延伸させていた仮設ホームが撤去されるものと思われます。

20160505_hiyoshi-02.jpg
20160505_hiyoshi-03.jpg

また、網島側は東部方面線の乗入れに合わせてトンネル入り側の構築と目黒線用の引き上げ線を新たに整備するため、目黒線のホーム寄りに両渡りが整備され、引き上げ線が目黒寄りにセットバックさせることにより工事用のスペースを確保するようです。

20160505_hiyoshi-04.jpg
20160505_hiyoshi-05.jpg

大倉山と菊名は可動式ホーム柵の整備が進められ、大倉山駅は上下ホームとも近日中には稼働開始となりますが、菊名駅は下りホームのみが既に稼働開始されています。

20160505_ohkurayama-01.jpg
20160505_ohkurayama-02.jpg

20160505_kikuna-01.jpg
20160505_kikuna-02.jpg
20160505_kikuna-03.jpg
20160505_kikuna-04.jpg

その菊名駅では乗換通路のバリアフリー化に伴いJR横浜線の橋上駅舎化されることから、横浜線ホームの真上が凄いことになっていました。

・横浜市道路局企画課の公式サイトより
http://www.city.yokohama.lg.jp/doro/plan/kairyo/
http://www.city.yokohama.lg.jp/doro/press/h22/download/20100331-pln.pdf

これに伴い東急の橋上駅舎もコンコースの改良工事が行われるようです。

20160505_kikuna-05.jpg
20160505_kikuna-06.jpg
20160505_kikuna-07.jpg
20160505_kikuna-08.jpg

小田急へ。
ここでは新松田折返しの優等列車を狙って車内写真の撮影へ。

20160505_shin-matsuda-01.jpg

結果としては8000形の更新車と1000形の未更新車。
前者は前期と後期で車内の仕様に差異があるためその辺りも押さえました。

20160505_odakyu_1000-in01.jpg
20160505_odakyu_8000-in01.jpg
20160505_odakyu_8000-in02.jpg

また、新松田での撮影ではバスの方も撮っておきました。

20160505_hakone_tozan_bus-01.jpg
20160505_fujiq_shounan_bus-01.jpg
20160505_fujiq_shounan_bus-02.jpg

締めはバスタ新宿。

20160505_bsta_shinjuku-01.jpg

前回は時間が無かったため4階ののりばのみでしたが、今回は3階のおりば・タクシーのりばも撮っておきました。

20160505_bsta_shinjuku-02.jpg
20160505_bsta_shinjuku-03.jpg

これでGW中3日間の遠征は終了。
のぞみ419号に乗って帰阪しました。

20160505_tokyo-01.jpg
20160505_jrcentral_tec_n700_1000-01.jpg

category: 日記

tag: JR東日本  新駅設置工事  東京急行電鉄  駅改良工事  小田急電鉄  バスタ新宿 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2016年5月4日  

2016年5月4日(

GW中日遠征2日目である4日は常磐線へ。
目的は常磐線へ乗り入れた小田急車狙い。

20160504_jreast_ec_233_2000-01.jpg

ここでは我孫子での撮影でしたが、なかなかやって来ず来るのはJR車とメトロ車ばかり。
加えて言うと、16000系の1次車が2本立て続けにやって来て、それが第1編成と第2編成だったという・・・。

20160504_tokyo_metro_16000-01.jpg
20160504_tokyo_metro_16000-cab01.jpg
20160504_tokyo_metro_16000-02.jpg

2時間近く粘ってようやく小田急車がやって来ました。
小田急の複々線化工事完了後はもう少し増えるのかな・・・。

20160504_odakyu_4000_2g-01.jpg
20160504_abiko-01.jpg
20160504_odakyu_4000_2g-in01.jpg

柏へ移動して東武野田線へ。

20160504_kashiwa-01.jpg

目的な事案に掛かる前に60000系の車内写真撮影。

20160504_tobu_60000-01.jpg

初期車が出てしばらくしてからLED式の車内照明が調光し直されたため、初期車に見られた赤っぽかった発色が、若干青白く発色されるようになりました。
撮影はそのための撮り直し。

20160504_tobu_60000-in01.jpg

今春の改正から登場した急行と現在進行形で進む改良工事などを見てきました。

20160504_kashiwa-02.jpg
20160504_tobu_8000-01.jpg

東武では運行本数が限界に達している野田線の改良工事が進められており、柏~船橋の全面複線化工事が進められているほか、梅郷~清水公園の連立事業が進められており、今回は後者の方を見てきました。

20160504_umesato-01.jpg
20160504_umesato-02.jpg

連立事業が完了すれば、高架駅となる野田市駅と愛宕駅では高架工事のための基礎工事や仮線への切換工事が着手されていました。

20160504_nodashi-01.jpg
20160504_nodashi-02.jpg
20160504_nodashi-03.jpg
20160504_tobu_noda_line-01.jpg

連立事業による高架化の対象外ではあるものの、工事起点側にある清水公園駅では改修工事が進められ現在は島式ホームの1面2線のみに縮小され、改札口の地下へ移転していました。

20160504_shimizu_koen-01.jpg
20160504_shimizu_koen-02.jpg
20160504_shimizu_koen-03.jpg
20160504_shimizu_koen-04.jpg

清水公園から大宮までは急行に乗車。
通過運転が実施される春日部~大宮は途中追い抜きの無いダイヤ構成であることから、全般的にゆったりと走る印象。

大宮から川越線に乗り換え。
乗り換えのタイミングが合わなかったためしばらくのあいだ大宮の地下ホームを一回りしてきました。

20160504_omiya-01.jpg

東北上越新幹線建設に対する沿線住民への見返りとして通勤新線として併設される路線だった埼京線は元々高崎線からの乗り入れの構想があったため赤羽までの各駅は15両編成対応出来る構造となっていたそうですが、高崎線沿線に予定されていた車両基地建設に関わる反対運動などの諸問題があったことから、急遽川越線側に車両基地を設けることになり同線の電化とセットで開業する運びとなり現在に至ります。

20160504_omiya-02.jpg
20160504_omiya-03.jpg
20160504_omiya-04.jpg

高崎線の新宿直通は貨物線経由と言う形で実現され、その後湘南新宿ラインとへと結実されたため、それらが生かされることなく幻となった。
といっても赤羽線区間の2駅が両端に踏み切りあるため、現状の10両でもぎりぎり対応している現状では相当困難になっていただろうと言えます。

東武東上線に乗って森林公園駅へ。

20160504_shinrin_koen-01.jpg

ここでは先に車内写真の撮影。

20160504_tobu_50090-01.jpg
20160504_tobu_50090-in01.jpg
20160504_tobu_50070-01.jpg
20160504_tobu_50070-in01.jpg

そして森林公園での目的は今春のダイヤ改正から全区間優等のFライナーが誕生し、副都心線系統の東武東上線区間でも通過運転が行われるようになったことから狙おうと考えていたのですが、東上線内発のFライナーの最終が出た約40分後に出る快速急行元町・中華街行きが気になったので調べたところ、「東上線急行~副都心線急行~東横線特急」とこちらの方がFライナーよりも早いことから、こちらの方を狙うことにしました。

20160504_shinrin_koen-02.jpg

Fライナーをお見送りして・・・。

20160504_tokyo_metro_10000-01.jpg

やって来たのがまさかのヒカリエ号とは・・・。

20160504_tokyu_4000-01.jpg
20160504_tokyu_4000-in01.jpg

森林公園から約104分で元町・中華街駅に到着。
Fライナーの110分よりも早かったと言うことで・・・。

20160504_tokyu_4000-02.jpg

この車中、副都心線内で追い抜いた車両に気になる車両を目撃したので待ち構えているとやって来ました・・・。
10000系のフルカラーLED編成。

車内照明もLED化されたそうなので、先に車内写真を撮影。

20160504_tokyo_metro_10000-in02.jpg
20160504_tokyo_metro_10000-in03.jpg
20160504_tokyo_metro_10000-in01.jpg

で、先頭を撮ろうとしたのですが、渋谷方かたがギリギリだったのを忘れ、ミスりました・・・。

20160504_tokyo_metro_10000-02.jpg

やむを得ず池袋で撮影。

20160504_tokyo_metro_10000-03.jpg

ようやく捉えた後はE235系を捉えるべく山手線へ。
Twitterと時刻表を追いかけながら捉えたものの、イマイチ・・・。

20160504_jreast_ec_e231_500-01.jpg
20160504_jreast_ec_e235_0-01.jpg

そこで大崎へ先回りして迎え撃つことに。
被られる心配が無いことが分かったので安心して捉えました。

20160504_jreast_ec_e231_500-02.jpg
20160504_jreast_ec_e235_0-02.jpg
20160504_jreast_ec_e235_0-03.jpg

この日はここで終了。
ホテルへ戻って明日の遠征最終日を迎えることにします。

category: 日記

tag: JR東日本  東京メトロ  小田急電鉄  東武鉄道  東京急行電鉄  輸送力増強工事  駅改良工事  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2016年5月3日  

2016年5月3日(

夜勤を1日挟んだGW中盤は5月3日から5日までの三連休。
この中3日の遠征は静岡、2日目以降は東京近郊を軸に色々と巡ってきます。

初日である3日は夜勤明けのため、8時前に自宅出発。
新大阪からのぞみ4号とこだま642号を乗り継いで静岡入り。

20160503_shin_osaka-01.jpg
20160503_nagoya-01.jpg

現地入りをすると早速、静鉄の新型車両を追いかけます。
新静岡駅と新清水駅では新型車両の運行時刻が掲示されていました。

20160503_shin_shimizu-01.jpg
20160503_shin_shimizu-02.jpg

それを参考に撮影することに、まずは草薙駅で。
新型車両のA3000形は1本だけであるため、基本的には1000系が圧倒的に存在感がありますが、今後数年掛けて置き換えられる計画とのことで、現行はブルーのみで、今後7本目までは編成ごとに配色を変えて8本目以降は全面広告対応で無塗装になるそうです。

20160503_shizutetsu_a3000-01.jpg
20160503_shizutetsu_a3000-02.jpg
20160503_shizutetsu_a3000-in01.jpg
20160503_shizutetsu_a3000-03.jpg

無事に撮影を終えて、東京への移動時間までの間に新静岡と静岡の両ターミナルでのバス車両撮影。

20160503_shin_shizuoka_bt-01.jpg

比較的新しい車両が多く占めていますが、最新のフルカラーLEDの行先表示器を装備した車両や現在はあまり見られない前後折り戸の古い車両が来るなど、バスの世界の入口に立つ者としては割と新鮮な体験となりました。

20160503_shizutetu_justline-01.jpg
20160503_shizutetu_justline-02.jpg
20160503_shizutetu_justline-03.jpg
20160503_shizutetu_justline-04.jpg
20160503_shizutetu_justline-05.jpg
20160503_shizutetu_justline-06.jpg
20160503_shizutetu_justline-07.jpg
20160503_shizutetu_justline-08.jpg
20160503_shizutetu_justline-09.jpg
20160503_shizutetu_justline-10.jpg
20160503_shizutetu_justline-11.jpg
20160503_shizutetu_justline-12.jpg
20160503_shizutetu_justline-13.jpg
20160503_shizutetu_justline-14.jpg
20160503_shizutetu_justline-15.jpg
20160503_shizutetu_justline-16.jpg
20160503_shizutetu_justline-17.jpg
20160503_shizutetu_justline-18.jpg
20160503_shizutetu_justline-19.jpg
20160503_shizutetu_justline-20.jpg
20160503_shizutetu_justline-21.jpg
20160503_shizutetu_justline-22.jpg

静岡での活動はここまで。
こだま668号に乗って東京入りして遠征初日は終了となりました。

20160503_shizuoka-01.jpg
20160503_jrcentral_tec_n700a-01.jpg
20160503_kodama_668-01.jpg

category: 日記

tag: 静岡鉄道    しずてつジャストライン 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2016年5月1日  

2016年5月1日(

GW前半遠征最終日は湯築城の再登城から。

20160501_yuzuki_castle-01.jpg

湯築城は一度登城しているのですが、当時は松山城を登城してからの来訪だったため、時間切れで資料館には入れず、今回再度登城した次第です。

20160501_yuzuki_castle-02.jpg
20160501_yuzuki_castle-03.jpg
20160501_yuzuki_castle-04.jpg
20160501_yuzuki_castle-05.jpg
20160501_yuzuki_castle-06.jpg
20160501_yuzuki_castle-07.jpg

湯築城を再登城した後は道後温泉本館へ。

20160501_dogo_sap-01.jpg

相変わらず人が多いので入りませんが、裏側を見てきました。

20160501_dogo_sap-02.jpg

昼からは郡中港へ。
9年ぶりに乗車した伊予鉄の郊外電車は京王から譲渡された3000系がお出迎え。

20160501_iyotetsu_3000-01.jpg
20160501_gunchu_port-01.jpg

郡中港に隣接して整備された五色浜公園にある旧郡中港灯台(萬安港灯台)へ。
もとは近くの場所に木造で建設されたのですが、後に防波堤の改修により石造りに改築され、1912年に現在の場所に移されたそうです。

20160501_gunchu_port-02.jpg
20160501_gunchu_port-03.jpg

松山市内へ戻り、郊外電車の編成写真の撮影。
まずは余戸で撮影を始めたのですが、やってくる列車は3000系が圧倒し、600系は数えるだけと言う・・・。

20160501_yougo-01.jpg
20160501_iyotetsu_3000-02.jpg
20160501_iyotetsu_600-01.jpg

市内電車と交差する古町へ。

20160501_komachi-01.jpg

ここでも3000系が圧倒していましたが、比較的新しい610系を2本とも捉えることができました。

20160501_iyotetsu_3000-03.jpg
20160501_iyotetsu_3000-04.jpg
20160501_iyotetsu_3000-05.jpg
20160501_iyotetsu_610-01.jpg
20160501_iyotetsu_610-02.jpg
20160501_iyotetsu_3000-06.jpg

駅に隣接する古町車庫にはオレンジ一色に塗装された700系がいたのですが、時間切れで捉えることができず撤収となりました。

松山駅で鞄を回収して、しおかぜ30号に乗って岡山へ。

20160501_matsuyama-01.jpg

こちらも所定は8600系のはずだったのですが、繁忙期の輸送力確保のために8000系に差し替えられていました。
結局、今遠征で8600系に乗れたのは高松~多度津のいしづち23号だけに終わりました。

20160501_jrshikoku_8000-01.jpg

岡山からさくら752号に乗り換えて帰阪。

20160501_okayama-01.jpg

たった一日夜勤をするという現実に引き戻されに帰宅しました。

category: 日記

tag: 日本の城郭  日本100名城  伊予湯築城  伊予鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop