DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2016年04月
2016年04月の記事一覧

黄金週間日記 2016年4月30日  

2016年4月30日(

遠征2日目は数年ぶりに宇和島へ来訪しました。

その宇和島へ行く前に、伊予市駅前で撮影。

20160430_matsuyama-01.jpg

目的は市内電車とバス車両ですが、伊予鉄グループでは市内電車と路線バスのオレンジ一色塗装に変更されるとのことで、現行と新塗装の過渡期にあるこの時期は貴重と言えます。

20160430_iyotetsu_m50-01.jpg
20160430_iyotetsu_m50-02.jpg
20160430_iyotetsu_m50-03.jpg
20160430_iyotetsu_m2100-01.jpg
20160430_iyotetsu_m2100-02.jpg

伊予鉄の市内電車も古いですが、路線バスも負けておらず、結構古いメーカーのロゴを出した車両がリムジンバスに充てられていると思ったら割と新しい車両が入っていたりして退屈しませんでしたが、もう少し機材を整えてから撮りたいものです。

20160430_iyotetsu_bus-01.jpg
20160430_iyotetsu_bus-02.jpg
20160430_iyotetsu_bus-03.jpg
20160430_iyotetsu_bus-04.jpg
20160430_iyotetsu_bus-05.jpg
20160430_iyotetsu_bus-06.jpg
20160430_iyotetsu_bus-07.jpg

伊予市から宇和島自動車の宇和島・松山線に乗車。
城辺・宇和島~松山線は特急および急行の種別がある一般路線バスに分類されますが、伊予市~大洲市および西予市までは松山道を経由するため高速バス車両が充てられています。

20160430_uwajima_bus-01.jpg

圧倒的早さがあるJR特急に対し、松山市の中心部と大洲・卯之町・宇和島を格安で直接結ぶことをアピールしていることや、予讃線の末端部はローカル列車の本数が少ないこともあって利用は概ね良好と言ったところ。

20160430_uwajima_bus-02.jpg

1時間50分ほどで宇和島に到着。
前回来訪したときは曇っていましたが、今回は天候も良い感じ。

20160430_uwajima-01.jpg

昼食を挟んで午後からは宇和島城へ登城。

20160430_uwajima_castle-01.jpg
20160430_uwajima_castle-02.jpg
20160430_uwajima_castle-03.jpg
20160430_uwajima_castle-04.jpg
20160430_uwajima_castle-05.jpg

前回は予土線へ乗り継ぎ待ちの間に来訪したため天守のみでしたが、今回はじっくりと回れるので本丸および天守以外も巡ってきました。
一部の曲輪が修復工事のため入れないところがありましたが・・・。

20160430_uwajima_castle-06.jpg
20160430_uwajima_castle-07.jpg
20160430_uwajima_castle-08.jpg
20160430_uwajima_castle-09.jpg
20160430_uwajima_castle-10.jpg
20160430_uwajima_castle-11.jpg
20160430_uwajima_castle-12.jpg
20160430_uwajima_castle-13.jpg
20160430_uwajima_castle-14.jpg

宇和島市立伊達博物館へ。
こちらは江戸時代から宇和島藩を治めていた宇和島伊達家が所蔵していた史料や宇和島に関する文化遺産が展示されています。

20160430_uwajima_date_museum-01.jpg
20160430_uwajima_date_museum-02.jpg
20160430_uwajima_historic_museum-01.jpg

伊達博物館から1分ほど歩いて天赦園へ。
2代藩主の伊達宗利が海を埋め立てて造成した浜御殿の一部を7代目藩主の伊達宗紀が築庭したものです。

20160430_tenshaen-01.jpg
20160430_tenshaen-02.jpg
20160430_tenshaen-03.jpg
20160430_tenshaen-04.jpg
20160430_tenshaen-05.jpg

天赦園から市街地の反対側(北側)に位置する歴史資料館へ。
この洋風の建物はその昔、宇和島警察署として宇和島広小路に建設されたもので、戦災を免れた後、西海町役場として移築されました。
その後、新庁舎建設に際して現在の場所に再移築されて現在に至ります。

20160430_uwajima_kabasaki-01.jpg

歴史資料館の向かい側には樺崎砲台跡があり、黒船を迎え撃つために構築された砲台の一部が保存されています。

20160430_uwajima_kabasaki-02.jpg

宇和島での活動はここまでとし、帰りは宇和海22号を利用しましたが、それに充てられていたのは2000系の試作編成+量産車1両の4両編成だったことをここで記しておきます。

20160430_uwajima-02.jpg
20160430_jrshikoku_dc_2000-01.jpg

松山へ戻って遠征2日目は終了です。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 伊予鉄道  伊予鉄バス  宇和島自動車  日本の城郭  日本100名城  伊予宇和島城  JR四国 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2016年4月28日~4月29日  

2019年4月28日(木)

2016年のゴールデンウィークは事業者によっては10連休になるところもありますが、世の中そうでないところも当然あるわけで、私の場合は暦通りに基づいた職場カレンダーにより3-3-2の飛び石連休になってしまいました。

20160428_shin_osaka-01.jpg

2015年は5連休の中3日を使って人生初の沖縄遠征へ行ってきましたが、今年は日勤と夜勤が跨がることと宿泊先の確保と予算の関係から前半の3連休と中盤の3連休にそれぞれ遠征をすることにし、前半となる4月29日から5月1日は愛媛をメインに日程を組むことにしました。

四国遠征の時はGW初日の混雑を避けるため、前日入りをすることを前提としています。
今回は職場の予定の都合から前日となるこの日はのぞみ131号で岡山入りして一泊、翌朝に四国入りをすることにしました。

予定通りのぞみ131号に乗って岡山を目指すところでしたが、急病人発生によって姫路で思わぬ足止めを喰らことに・・・。
急病人の件は車掌と同乗していた医師による救護活動によって事なきを得たものの、これによって14分の遅れとなり、西明石で追い抜いたこだま773号に追いつかれるという珍事に見舞われてしまいます。

20160428_himeji-01.jpg

どうも今回は前途多難な遠征になりそうです。



2016年4月29日(

岡山で迎えた遠征当日は、マリンライナー11号で高松へ移動します。
この日は城廻と琴電をメインに据えて最終目的地を宿泊地である松山という予定にしたのと、8600系を狙うため高松で鞄を預けて軽装で現地を飛び回ることにしていたのです。

20160429_okayama-01.jpg
20160429_jrshikoku_ec_5000-01.jpg

ところが、到着した高松では当日からサミット開催によるセキュリティー強化のためコインロッカーが使えなくなると言う事態に遭い、ここから予定が狂ってしまいます。

20160429_takamatsu-01.jpg

この日の城廻に関しては川之江城のみでしたので琴電関連の予定を放棄すれば何とやりくりできますが、問題は鞄をどうするかです。
川之江城の最寄りの川之江駅自体が決して大きな駅ではなく、コインロッカーがなさそうな予感がしていたのと、大きな鞄を抱えながら徒歩で移動するのは過去の経験からあまりやりたくないため、川之江へ向かう途中に停車する列車が比較的多い駅でコインロッカーがありそうな坂出へ出向けば何とかなりそうと考えて引き返すことに・・・。

その前に高松駅での撮影。

20160429_jrshikoku_ec_121_0-01.jpg

ここで8600系の車内写真を撮影することに成功。
2両編成の方ですが・・・。

20160429_jrshikoku_ec_8600-01.jpg
20160429_jrshikoku_ec_8600-in01.jpg
20160429_jrshikoku_ec_8600-in02.jpg

引き返した先の坂出で鞄を預けてようやく身軽になったところでいざ川之江を目指します。

20160429_jrshikoku_ec_121_0-02.jpg
20160429_sakaide-01.jpg

途中の多度津で観音寺行きを待つ間に編成写真の撮影。

20160429_tadotsu-01.jpg

なかなか撮影できないJR四国の編成写真を撮りまくりました。

20160429_jrshikoku_dc_2000-01.jpg
20160429_tadotsu-02.jpg
20160429_jrshikoku_ec_8000-01.jpg
20160429_jrshikoku_ec_121_0-03.jpg

やって来た観音寺行きは本数が少ない6000系。

20160429_jrshikoku_ec_6000-01.jpg

観音寺に到着後は2時間後の岡山行きとして折り返すため降車扱い後、消灯して閉ざされてしまい、車内写真は撮れず編成写真は撮れたと言う結果に終わりました。

20160429_jrshikoku_ec_6000-02.jpg

観音寺乗り換えで川之江へ。

20160429_jrshikoku_ec_7000-01.jpg

川之江は隣の伊予三島と同じく製紙業の街であることから、特急の停車駅であるものの、駅舎はパン屋が同居した小さなもので、案の定コインロッカーはありませんでした・・・。

20160429_kawanoe-01.jpg

川之江駅から徒歩圏内にある川之江城は伊予・讃岐・土佐・阿波への交通の要衝で当地ある鷲尾山に築城されたお城で、江戸時代初期に廃城されています。

そのため、現在ある天守などは旧川之江市制30周年記念事業の一環として再建されたもので、史実に基づいたものではなく模擬天守なのだそうです。

20160429_kawanoe_castle-01.jpg
20160429_kawanoe_castle-02.jpg
20160429_kawanoe_castle-03.jpg
20160429_kawanoe_castle-04.jpg
20160429_kawanoe_castle-05.jpg
20160429_kawanoe_castle-06.jpg

川之江から多度津乗り換えで琴平へ。

20160429_jrshikoku_ec_7000-02.jpg

目的は121系未更新車の車内写真撮影でしたが、たまたま乗ったのが岡山の115で、しかも坂出へ戻って鞄を回収することも考えると30分ほどしか粘れずやむなく撤退・・・。

20160429_kotohira-01.jpg

鞄を回収して高松へ。
今日あちこちで改札を出たり短時間で再入場と忙しいのですが、それだけ今回は細部まで練り込んでなかったとも言えます・・・。

高松から多度津までは8600系で。
2両編成の最後尾が8号車だったのですが、ここで早く気づきべきでした。

20160429_jrshikoku_ec_8600-02.jpg
20160429_jrshikoku_ec_8600-in03.jpg

多度津に到着して乗り換えたしおかぜ23号は8600系7両編成ではなく8000系8両編成・・・。
後で調べると今回のGW期間中のしおかぜ23号は繁忙期の輸送力の関係で最大で7両編成である8600系ではなく8両編成の8000系を充てないとのことで、これは迂闊でした。

20160429_jrshikoku_ec_8000-in01.jpg
20160429_jrshikoku_ec_8000-02.jpg

定刻通り松山に到着し、遠征初日はここで終了。
松山から市電に乗り換えてホテルへ向かいました。

category: 日記

tag: JR西日本  JR四国  日本の城郭 
tb: 0   cm: 0

2016年4月24日 京都駅八条口駅前広場整備工事レポ  

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20160424_kyoto-01.jpg
20160424_kyoto-02.jpg
20160424_kyoto-03.jpg
20160424_kyoto-04.jpg
20160424_kyoto-05.jpg
20160424_kyoto-06.jpg
20160424_kyoto-07.jpg
20160424_kyoto-08.jpg
20160424_kyoto-09.jpg
20160424_kyoto-10.jpg
20160424_kyoto-11.jpg

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 京都駅  駅前広場  バス  京都市交通局  京阪バス  近鉄バス  大阪バス 
tb: 0   cm: 0

2016年4月24日 京都駅JR奈良線のりば改良工事レポ  

JR奈良線では複線区間の拡大工事に関連し、混雑状況が悪化している京都駅の改良工事も着手されています。

20160424_kyoto-31.jpg

橋上駅舎側はこれまで新幹線乗換え改札口側にある階段のみでしたが、今回の改良工事では橋上駅舎へ直接結ぶ階段が設置されます。
そのため、かつて階段脇にあった売店が撤去されて階段の設置工事が進められています。

20160424_kyoto-33.jpg
20160424_kyoto-34.jpg

手狭だった8番・9番のりばがホーム拡張され、それに伴い8番のりばが奈良よりにセットバックされています。
これは階段の設置工事に関連したもので、セットバックさせることによって設置スペースを確保することが出来ます。

20160424_kyoto-32.jpg
20160424_kyoto-35.jpg
20160424_kyoto-37.jpg

拡張されたホーム。
これまでの倍程度に拡張されたことから、ややゆったりとして感じになっています。
まだ仮設状態のままであるため、床面が仕上げられておらず、上屋も一部設置されていない状態となっています。

20160424_kyoto-36.jpg
20160424_kyoto-38.jpg
20160424_kyoto-39.jpg

奈良方は本設化が完了している状態。
ちなみに3線ともホーム有効長は6両対応のままです。

20160424_kyoto-40.jpg
20160424_kyoto-41.jpg
20160424_kyoto-43.jpg

奈良方のホーム端部側は資材置場のようです。

20160424_kyoto-42.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  駅改良工事  JR奈良線  京都駅  輸送力増強工事 
tb: 0   cm: 0

2016年4月24日 京阪神エリアの路線記号対応状況(京都駅)   

京都駅の路線記号対応状況レポです。

20160424_kyoto-30.jpg

中央出口は一部既存のままとなっていますが・・・。

20160424_kyoto-21.jpg

乗換通路と各のりばへの下り口は路線記号に対応した大型の案内板と発車標が整備されています。

20160424_kyoto-22.jpg
20160424_kyoto-23.jpg
20160424_kyoto-24.jpg
20160424_kyoto-25.jpg
20160424_kyoto-26.jpg
20160424_kyoto-27.jpg
20160424_kyoto-28.jpg
20160424_kyoto-29.jpg
20160424_jrwest_ec_221n-01.jpg

京都総合車両所の221系も種別幕の路線記号対応が済まされており、嵯峨野・山陰線では紫地に「E」の路線記号が配されています。

20160424_jrwest_ec_221n-02.jpg

今回のレポは以上です。

category: 関西地区の鉄道

tag: JR西日本  路線記号 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年4月24日  

2016年4月24日(

24日は始めにおおさか東線第2期工事の進捗状況から。
寝屋川橋梁の横取り工事のみで終わった切替工事で、今後学研都市線の上り線が新橋梁へ切替える条件となる蒲生踏切の状況を見てきました。

ようやく踏切道内の軌道敷設工事が行われたようです。
学研都市線上り線との合流部も分岐器の挿入工事が進められており、早い段階で切替工事が行われるのではと期待させられます。

20160424_gamo_level_crossing-01.jpg
20160424_gamo_level_crossing-02.jpg
20160424_gamo_level_crossing-03.jpg

京都駅へ。
路線記号対応も順次進められており、発車標や案内板が対応済みとなっています。

20160424_kyoto-30.jpg
20160424_kyoto-21.jpg
20160424_kyoto-24.jpg
20160424_kyoto-25.jpg
20160424_kyoto-27.jpg

また、京都総合車両所の221系も種別幕の路線記号の対応行われ、残るは網干総合車両所本所の221系・223系・225系のみとなるようです。
なお、京都総合在籍の旧国鉄形車両に関しては将来置換えられると思われ対象外のようです。

20160424_jrwest_ec_221n-01.jpg
20160424_jrwest_ec_221n-02.jpg

JR奈良線の複線区間拡大に関連した京都駅JR奈良線のりばの改良工事も見てきました。

20160424_kyoto-31.jpg

8番・9番のりばのホーム拡張されたのと同時に9番線の停車位置が奈良寄りにセットバックされています。

20160424_kyoto-35.jpg

既存のほぼ倍に拡張されたことから以前よりもゆっとりとした印象を受けます。

20160424_kyoto-36.jpg
20160424_kyoto-43.jpg

近江舞子駅へ。

20160424_omi_maiko-01.jpg

ここでは車内写真撮影と編成写真撮影がメイン。
車内写真の方は折返し時間が短くじっくり撮れず、本数の少ないので短時間で切り上げとなりました。

20160424_jrwest_ec_113_5700-in01.jpg
20160424_jrwest_ec_223_2000-01.jpg
20160424_jrwest_ec_117_300-01.jpg

草津へ。
ここでは草津線に入る221系の路線記号対応状況路確認してきましたが、結果は京都直通列車のみ撮れたと言う結果に・・・。

20160424_jrwest_ec_221n-03.jpg
20160424_jrwest_ec_221n-04.jpg

再び京都駅へ。
ここでようやく八条口駅前広場の整備状況を知ることになりました。

20160424_kyoto-01.jpg
20160424_kyoto-03.jpg
20160424_kyoto-06.jpg
20160424_kyoto-08.jpg
20160424_kyoto-11.jpg

これらは後日詳細レポを出す予定です。

20160424_kyoti_kanko_bus-01.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  おおさか東線  駅改良工事  輸送力増強工事  JR奈良線  路線記号 
tb: 0   cm: 0

2016年4月16日 南海本線連続立体交差事業レポ 浜寺公園駅  

高架工事が着手された南海本線浜寺公園駅へ来訪しました。
浜寺公園駅では西口が仮駅舎に切替が行われています。

20160416_hamadera_koen-01.jpg

仮西口のコンコース。

20160416_hamadera_koen-02.jpg
20160416_hamadera_koen-03.jpg

東西自由通路の入り口。

20160416_hamadera_koen-04.jpg

改札内から。

20160416_hamadera_koen-05.jpg
20160416_hamadera_koen-06.jpg
20160416_hamadera_koen-07.jpg

左側は今後仮設上りホームへ通じる予定で、スロープと階段が整備されているようです。

20160416_hamadera_koen-08.jpg

仮駅舎側に延伸された地下通路。
画像はいずれも上りホーム側から撮ったものです。

20160416_hamadera_koen-09.jpg
20160416_hamadera_koen-10.jpg
20160416_hamadera_koen-11.jpg

東出口側は今まで通りです。

20160416_hamadera_koen-12.jpg

上りホームへの階段は仮設工事のため一部工事用フェンスで仕切られています。

20160416_hamadera_koen-13.jpg

かつてあった有人改札口もフェンスで仕切られました。

20160416_hamadera_koen-14.jpg

難波方も仮設工事により西側がフェンスで仕切られています。

20160416_hamadera_koen-15.jpg

仮駅舎への切替で使用されなくなった旧駅舎。

20160416_hamadera_koen-16.jpg

この駅舎は駅前広場付近に移転されて保存する方針なので、当面の間は内部へは入れなくなりますが。

20160416_hamadera_koen-17.jpg
20160416_hamadera_koen-18.jpg

和歌山市方。
こちらは一部フェンスで仕切られています。

20160416_hamadera_koen-19.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 南海電気鉄道  連続立体交差事業  南海本線 
tb: 0   cm: 0

2016年4月16日 おおさか東線第二期工事と衣摺駅設置工事  

4月16日に見聞したおおさか東線の工事の詳細。
まずは新加美~JR長瀬の間に新設される(仮称)衣摺駅の工事から。

新駅の場所は東大阪市と大阪市平野区の境界地で近鉄バス加美線または大阪市バス30系統で加美北五丁目停留所で下車し北側にある加美北会館または「かまどや」加美北店が建つ交差点を東へ進んだ場所にあります。



新駅設置場所。

工事用フェンスで仕切られている側が東大阪市、おおさか東線と交差する道路を挟んで手前側が大阪市平野区となります。
以前あった工場や民家は立ち退かれた場所には駅前広場が整備されますが、現在は工事事務所と資材置場となっています。

20160416_kizuri-01.jpg

本線の高架橋の両側では既にホーム用の高架橋の構築が進められており、両市の境界を跨いで設置されることになります。
ホームは一期開業区間では新加美駅と同じく2面2線の配線になります。
駅事務室や改札口などは駅前広場が整備される東大阪市側に設けられるようです。

20160416_kizuri-02.jpg
20160416_kizuri-03.jpg

放出方の様子。

20160416_kizuri-04.jpg

続いて鴫野駅へ。
2号ホームの改修工事が進めれている鴫野駅では学研都市線上り線の車両限界に触れるためホーム縁が数十センチ切り取られました。
これによってレール方向に組み込まれていた鋼材も無くなってしまったため、強度確保のためセットバックさせたホーム縁の真下に鋼材が挿入し直されています。

20160416_shigino-01.jpg
20160416_shigino-02.jpg

木津方は階段が撤去されて、ホーム端部にセットバックした位置にエレベータが新設されましたが、ここに繋がるホーム本体の工事はまだ途中のようです。

20160416_shigino-03.jpg
20160416_shigino-04.jpg

今回のレポは以上です。

category: おおさか東線工事の話題

tag: JR西日本  おおさか東線  学研都市線  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年4月16日  

4月16日はおおさか東線の工事見聞。

2期工事とは別に駅新設工事が進められている(仮)衣摺駅の進捗状況。

20160416_kizuri-01.jpg
20160416_kizuri-04.jpg

鴫野駅へ。
改修工事が進められている島式ホームが学研都市線下り線の軌道敷に緩衝するため、ホーム縁が切り取られて若干ホーム幅が狭められました。

20160416_shigino-02.jpg

堺東駅へ。

20160416_sakai_higashi-01.jpg

ここへ来たのは南海バスにフルカラーLEDの行先表示が導入されたとのことで・・・。

20160416_nankai_bus-01.jpg

主に堺シャトルと鳳シャトルの2路線を中心に前者は新車で、後者は既存車の装置を交換で。

20160416_nankai_bus-02.jpg
20160416_nankai_bus-03.jpg
20160416_nankai_bus-04.jpg
20160416_nankai_bus-05.jpg
20160416_nankai_bus-06.jpg
20160416_nankai_bus-07.jpg
20160416_sakai-01.jpg
20160416_nankai_bus-08.jpg

浜寺公園駅へ。

20160416_hamadera_koen-01.jpg

いよいよ工事が着手された石津川~羽衣間の連立事業で仮駅舎に切替えられたことからこの日来訪した次第。

20160416_hamadera_koen-03.jpg

西口の仮駅舎移転のため、地下通路は西側に延長されています。

20160416_hamadera_koen-10.jpg
20160416_hamadera_koen-16.jpg
20160416_hamadera_koen-17.jpg

これらは稿改めて詳細レポを出す予定です。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2016年4月10日 東急東横線 祐天寺駅改良工事レポ  

耐震補強と通過線設置に伴う大規模改良工事が進められている東急東横線祐天寺駅へやって来ました。

20160410_yutenji-01.jpg
20160410_yutenji-02.jpg

大規模改良工事と同時並行でリニューアル工事も実施されており、下りホームは横浜方の一部が綺麗に仕上げられていました。

20160410_yutenji-03.jpg

エスカレータの上り口。
敷地外に接する面はガラスが用いられています。

20160410_yutenji-04.jpg
20160410_yutenji-05.jpg

下りホーム側の下り口。
ホームの床面は仮の状態であったりするなど、まだこれからのようです。

20160410_yutenji-06.jpg
20160410_yutenji-07.jpg

ベンチも暫定的に移設されたまま。

20160410_yutenji-08.jpg

唯一工事で触らないとすればエレベータぐらいでしょうか?

20160410_yutenji-09.jpg

天井の照明はLEDを用いたスポット照明となっています。

20160410_yutenji-10.jpg
20160410_yutenji-11.jpg

上りホームは通過線設置のため、ホームの縁が1線分セットバックされるため、工事は壁面側と階段などのリニューアルが先に行われています。

20160410_yutenji-12.jpg

渋谷方。
配線の関係上、上りホームは渋谷方にずれるためホームの延伸工事が進められています。

20160410_yutenji-13.jpg

駅の外へ。
駅の外壁はすっかりリニューアルされています。

20160410_yutenji-14.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 東京急行電鉄  駅改良工事  輸送力増強工事 
tb: 0   cm: 1

2016年4月10日 小田急複々線化工事見聞 世田谷代田駅・その2  

地上階へ出ます。

20160410_setagaya_daita-19.jpg

改札口が移転した地上階は本設となる駅舎が3分の1しか完成していないため、改札内の通路も床面が通常の舗装のまま仕上げられている箇所が混在します。
改札口に近いのがエスカレータ、奥にあるのが階段・エレベータという順で配置されています。

20160410_setagaya_daita-20.jpg
20160410_setagaya_daita-21.jpg
20160410_setagaya_daita-22.jpg

階段の下り口から改札口側を撮影。

20160410_setagaya_daita-23.jpg

改札口周り。

20160410_setagaya_daita-24.jpg
20160410_setagaya_daita-25.jpg

駅舎は屋根の方まで一部完成しています。
ちなみに現在はこの西口のみとなっていますが、最終的には東口も設けられる計画となっています。

20160410_setagaya_daita-26.jpg

新宿方に残されている跨線橋から撮影。
こちら側には東口の広場が設けられることになっていますが、現状は資材などが置かれている状態。
中央に見える立方体が地下ホームへのエレベータ。

20160410_setagaya_daita-27.jpg

同じ場所から下北沢方。
一部出来ている建物は換気設備が入っている建物です。

20160410_setagaya_daita-28.jpg

西口へ戻って。

20160410_setagaya_daita-29.jpg

宮上陸橋の南側に接するように架けられた代田富士見橋。
2013年の来訪時には無かった歩道橋で旧線の撤去後に新設されたものと思われます。

20160410_setagaya_daita-30.jpg

環七通り。

20160410_setagaya_daita-31.jpg

代田富士見橋を小田原方から撮影。

20160410_setagaya_daita-32.jpg

小田原方の地下トンネル坑口の真上に公園が整備されています。
正式には「世田谷区 立代田富士356広場(だいたふじ みごろひろば)」で所在地の「世田谷区代田3丁目56番18号」または仮称の「代田3-56広場」と富士山が見えると言うのを踏まえた名称となっています。

・詳細 世田谷区公式サイトより「(仮称)代田3-56広場整備ニュース第4号」
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/120/345/347/d00132402_d/fil/hiroba_workshop_4.pdf

20160410_setagaya_daita-33.jpg

ここまで来ると梅ヶ丘駅までは近いです。

20160410_setagaya_daita-34.jpg

公園の背後には新たに宅地が建設されているのですが・・・。

20160410_setagaya_daita-35.jpg

これは小田急不動産が建設した賃貸物件で「リージア代田テラス
都心の2階建て物件と言うことで家賃は21万円~23万9千円だそうです・・・汗。

20160410_setagaya_daita-36.jpg

今回の小田急線のレポは以上です。

20160410_setagaya_daita-37.jpg

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 小田急電鉄  輸送力増強工事  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

2016年4月10日 小田急複々線化工事見聞 世田谷代田駅・その1  

小田急小田原線複々線化工事レポ。
続いて世田谷代田駅です。

こちらは緩行線の軌道敷設工事に伴い、改札口が地上の本設に移転。
仮設の通路も軌道に掛かる部分は取り払われて必要最小限のみ残されています。

20160410_setagaya_daita-01.jpg

ホームの工事としてはかなり進んでおり、天井と階段・エスカレータの壁面は化粧パネルで仕上げられています。
こちらは下り線側です。

20160410_setagaya_daita-02.jpg
20160410_setagaya_daita-03.jpg
20160410_setagaya_daita-05.jpg

階段。

20160410_setagaya_daita-04.jpg

地上駅舎の建築工事が終わっていないため、緩行線ホーム階の新宿方に仮設のトイレが設けられています。

20160410_setagaya_daita-06.jpg
20160410_setagaya_daita-07.jpg

エスカレータ。
箱形トンネルの支柱を挟んで上下一基ずつ設けられています。

20160410_setagaya_daita-08.jpg

上り線側。

20160410_setagaya_daita-09.jpg
20160410_setagaya_daita-10.jpg
20160410_setagaya_daita-11.jpg
20160410_setagaya_daita-12.jpg

緩行線ホームの床面は小田原方で仕上げ工事が進められています。

20160410_setagaya_daita-13.jpg
20160410_setagaya_daita-14.jpg
20160410_setagaya_daita-15.jpg
20160410_setagaya_daita-16.jpg

以前は改札外にあった横浜銀行のATMは緩行線ホーム内に残されています。

20160410_setagaya_daita-17.jpg

エレベータの前にあるベンチ。

20160410_setagaya_daita-18.jpg

→地上階のレポに続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 小田急電鉄  輸送力増強工事  連続立体交差事業 
tb: 0   cm: 0

2016年4月10日 小田急複々線化工事見聞 東北沢駅  

4月10日の小田急小田原線複々線化工事を見てきました。

複々線化工事は現在、地下化された代々木上原から梅ヶ丘で緩行線の工事が進められていますが、今回は比較的動きが見られた東北沢駅と世田谷代田駅を見てきました。

まずは東北沢駅。

20160410_higashi_kitazawa-01.jpg
20160410_higashi_kitazawa-02.jpg

緩行線ホームの姿がようやく見えてきました。
ただしフェンス越しですが・・・。

20160410_higashi_kitazawa-03.jpg

地上の改札階へ。
床や壁面は仕上げられていますが、天井や屋根の部分は仮の状態のままです。

20160410_higashi_kitazawa-05.jpg
20160410_higashi_kitazawa-06.jpg

西口。
小田原方に設けられている改札出入口で通常は無人となっています。

20160410_higashi_kitazawa-07.jpg

公道から見る西口。
これでは見えませんが、通路を挟んで写真右手に換気設備などの機械が収容された建物があります。
ちょうど緩行線ホームの工事が進められている真上にその設備があるようです。

20160410_higashi_kitazawa-08.jpg

東口側はご覧の通り、仮線設備の撤去後の埋め戻しと駅前広場の整備が進められていますが、これだとどうなるのか分かりませんね・・・汗。

20160410_higashi_kitazawa-09.jpg
20160410_higashi_kitazawa-10.jpg

東口へ。

20160410_higashi_kitazawa-11.jpg

東口はメインに据えられているため、駅員が常駐しています。

20160410_higashi_kitazawa-12.jpg

→世田谷代田駅のレポにつつきます。

20160410_higashi_kitazawa-04.jpg

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年4月10日  

2016年4月10日(

遠征2日目は今春の改正から3社相互乗り入れが本格派し始めた千代田線関連をメインにその他いろいろと絡めてきました。
ホテルの最寄りである目黒から品川へ移動中、E235系に遭遇。

品川のコインロッカーに鞄を預けてからE235系を出迎えるべく内回り線を移動。
鴬谷は既に撮影隊が多数構えており、日暮里は手狭で撮影には不向き、次の目的もあるためタイミング的にギリギリとなる西日暮里で捉えることに成功。

20160410_jreast_ec_e235_c0-01.jpg

西日暮里から千代田線に乗換えて常磐線我孫子へ。
ここへ移動中に東京メトロ16000系のマイナーチェンジ版である4次車を追い抜いたことから折返しで狙い撃ちすることに。

16000系4次車は主電動機に永久磁石同期電動機を採用している関係で、車両制御装置がこれまで実用化で先行していた東芝製のみでしたが、2015年度に導入された4次車からスイッチング素子にSiC(シリコンカーバイト)を用いた三菱電機製に切替られたグループで、起動~低速時の音が異なるのが特徴。

20160410_tokyo_metro_16000-01.jpg

車内照明が直管型蛍光灯からカバー付きモジュール型LEDに変更されています。
:首都圏だとJR東日本のE231系500番台やE233系の6000番台以降で採用されているのが直管型LED照明で、破損時の交換が容易であるのに対し、私鉄系ではコイト電工製の反射型や京急の1000系の一部で採用されている東芝製のものがモジュール型LED照明で、こちらは見た目重視であるため、破損時の交換は灯具を丸ごと交換というデメリットがある)

20160410_tokyo_metro_16000-in01.jpg

我孫子では唐木田行きの行先表示をしたE233系2000番台を撮影。

20160410_jreast_ec_e233_c2000-01.jpg

JR東日本の車が千代田線を越えて小田急線内を走行するのは相互乗り入れが開始されて以来初めてらしい。

20160410_jreast_ec_e233_c2000-in01.jpg
20160410_jreast_ec_e233_c2000-in02.jpg
20160410_jreast_ec_e233_c2000-in03.jpg

小田急線内でのJR車の写真は後ほど狙うとして、小田急の複々線化工事へ。

まずは東北沢駅。

20160410_higashi_kitazawa-01.jpg
20160410_higashi_kitazawa-02.jpg

緩行線ホームの小田原方の工事が順調に進んでおり、ご覧のような状態。

20160410_higashi_kitazawa-03.jpg

地上の改札階は半分は架設状態のままですが、東西両側の改札口は開設済みとなっています。

20160410_higashi_kitazawa-07.jpg
20160410_higashi_kitazawa-08.jpg
20160410_higashi_kitazawa-12.jpg

下北沢駅では緩行線ホーム階の本設工事が本格化されたため、通路の一部が狭くなっている他、地上部分では京王井の頭線との交差部分の工事も進められています。

20160410_shimo_kitazawa-01.jpg
20160410_shimo_kitazawa-02.jpg

世田谷代田駅でも緩行線ホーム階の工事が本格化しているのに伴い改札口の本設となる地上階への移転と、ホームの仕上げ工事と平行して軌道敷設工事が進められています。

20160410_setagaya_daita-01.jpg
20160410_setagaya_daita-02.jpg
20160410_setagaya_daita-11.jpg
20160410_setagaya_daita-15.jpg

地上の改札階は本設化が3分の1ほど進んでいますが、駅前も含めてまだまだといったところです。

20160410_setagaya_daita-20.jpg
20160410_setagaya_daita-26.jpg

地下トンネルの坑口の真上に小規模の公園が造られました。
丁度、梅ヶ丘駅を正面に見る新たなトレインビュースポットなのですが、保安上の理由で柵が二重にこさえられているのは致し方ないというわけで・・・。

20160410_setagaya_daita-33.jpg

これら小田急の複々線化工事の詳細レポは後日アップする予定です。

20160410_setagaya_daita-35.jpg

向ヶ丘遊園駅へ移動。
小田急線内での駅撮りで10両編成を綺麗に納める撮影スポットで、走行写真以外だと思いの外少なく、ようやくここで撮影するにした次第です。

JR車の急行。

20160410_jreast_ec_e233_2000-02.jpg

2代目3000形の10両固定編成。
小田急線内急行の10両編成化に増強に伴い同系列の中で比較的新しい7次車と8次車の6両編成に中間車4両を組み込んだもので、現在5本在籍しています。

20160410_odakyu_3000_2g-01.jpg

2代目4000形。
行先表示が「急行|取手」と表示されています。

20160410_odakyu_4000_2g-01.jpg

町田へ移動。

7000形LSE。
小田急ロマンスカーの最古参も旧塗装に戻された2編成を残すのみですが、ATSが更新されたため当面はこのままのようです。

20160410_odakyu_7000-01.jpg

8000形。
現在は全編成更新されたため行先表示が3色またはフルカラーのLEDとなっています。

20160410_odakyu_8000-01.jpg

海老名へ。
狙いは昨日の相模大塚駅での記念撮影会で展示され、この日営業運転が開始された9000系リニューアル車なのですが、車両の不具合(LCD式の車内案内表示器関連らしい)により車両交換されてしまったそうで、代わりに未撮影だった11000系の車内写真を・・・。

20160410_sotetsu_11000-01.jpg
20160410_sotetsu_11000-in01.jpg
20160410_sotetsu_11000-cab01.jpg

祐天寺へ。

20160410_yutenji-01.jpg

通過線設置と高架橋の耐震補強に伴う大規模改良工事進められている同駅はコンコース及びホームのリニューアル工事も進められており、一部は完成されています。

20160410_yutenji-03.jpg
20160410_yutenji-12.jpg

祐天寺駅のレポも後日詳細をアップする予定です。

20160410_yutenji-14.jpg

大井町と品川乗換で山手線へ。
タイミング良くE235系を捕まえて新宿へ。

20160410_jreast_ec_e235_c0-02.jpg

目的は新宿高速バスターミナル「バスタ新宿」

20160410_shinjuku-01.jpg
20160410_sebt-01.jpg
20160410_sebt-02.jpg

新宿駅の周辺に散らばっていた高速バスのりばを集約させるためJR新宿駅南口の真上に新設されたもので、今春からオープンした新しい大規模の高速バスターミナルです。

20160410_sebt-03.jpg
20160410_sebt-04.jpg

今回は帰阪する時間の関係で4階の乗車階のみ見てきましたが、東側の待合所を中心にロの字にのりばが配置されているものの、待合所がキャパ不足で狭い北(Cブロック)・西(Dブロック)・南(Aブロック)に溢れる状態・・・。
待合所に接するBブロック以外は乗車場が通路と兼用なので、どうも当初考えられた理想からは若干かけ離れているのかも知れません。

20160410_sebt-05.jpg
20160410_sebt-06.jpg
20160410_sebt-07.jpg
20160410_sebt-08.jpg
20160410_sebt-09.jpg

バスタ新宿については今回時間不足で全て見れなかったため、日を改めて見る予定です。

20160410_sebt-10.jpg

現地での活動はここまでとし品川へ戻り、のぞみ255号で帰阪。

20160410_shinagawa-01.jpg

帰阪したところ、環状線内発の快速東岸和田行きなる表示を見つけて待つことに。

20160410_osaka-01.jpg

やって来たのはいつもの223系2500番台。
あとで調べたところ夜間の下りに1本のみ設定され、平日土休日ダイヤ問わず毎日運転されているようです。

20160410_jrwest_ec_223_2500-01.jpg

森ノ宮へ。
完成してから見ていなかった城見エリアを見てきました。

20160410_morinomiya-01.jpg
20160410_morinomiya-02.jpg

10日のダイジェストはここまでです。

category: 日記

tag: JR東日本  輸送力増強工事  連続立体交差事業  小田急電鉄  相模鉄道  JR西日本  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年4月9日  

2016年4月9日(

相模鉄道がリニューアル工事を施工した9000系を一般公開および撮影会が相模大塚駅構内で催されることから、この週末は首都圏へ遠征してきました。

20160409_sotetsu-01.jpg

遠征初日である9日は夜勤明けでしたが、早く帰宅できたため予定を繰り上げて現地入りすることにしました。
往路は予定していたのぞみ310号からのぞみ208号に繰り上げ。

20160409_shin_osaka-01.jpg

横浜入りをした後は相鉄線内で進められている工事の見聞。
先に西横浜~和田町の連立事業から。

天王町駅は下り線の高架橋が所々見られるようになり、ホームも一部姿を現しました。

20160409_tennocho-01.jpg
20160409_tennocho-02.jpg
20160409_tennocho-03.jpg
20160409_tennocho-04.jpg

西谷へ。

20160409_nishiya-01.jpg
20160409_nishiya-02.jpg

こちらは線路脇にあった市道が工事の進捗によって相鉄の敷地内に暫定の迂回路が設けられています。

20160409_nishiya-04.jpg
20160409_nishiya-05.jpg

工事自体は羽沢方のトンネルの入口へ向かう勾配が姿を現していますが、ほとんどは本線の直下で行われているためわかりにくいのが難点です。

20160409_nishiya-03.jpg

展示会場である相模大塚へ。

20160409_sotetsu-02.jpg
20160409_sotetsu-03.jpg

今回は9000系で現在見られる2種類の塗装パターンと今回のリニューアル車を含めた3編成が展示され、リニューアル車の方は先頭車以外の車内も公開されていました。

20160409_sotetsu-04.jpg
20160409_sotetsu_9000r-01.jpg
20160409_sotetsu_9000r-in01.jpg
20160409_sotetsu_9000r-in02.jpg
20160409_sotetsu_9000r-in07.jpg

例の革張りのシートは2両あるセミクロス車のボックスシート部のみで、ロングシートは優先座席が青系で他はライトグレー系で纏められていました。

20160409_sotetsu_9000r-in03.jpg
20160409_sotetsu_9000r-in04.jpg
20160409_sotetsu_9000r-in05.jpg
20160409_sotetsu_9000r-in06.jpg

該当のリニューアル車は明日10日から営業運転が開始されるとのことで、沿線にあちこちに撮影隊が押し寄せるのは目に見えていますが・・・。

20160409_sotetsu-05.jpg
20160409_sotetsu_9000r-02.jpg

横浜へも戻る途中、和田町~西横浜の連立事業区間を前面展望で撮影しました。
大阪へ帰宅したらYouTubeにアップする予定です。

横浜へ戻って川崎乗り換えで南武線に向かい、登戸から小田急へ。

ここでは千代田線乗り入れ拡大によって登場したJR車の小田急乗り入れを見たかったからというのがあったのですが、日没までに捕まえることが出来ずここでタイムアップ。

20160409_odakyu_4000_2g-01.jpg
20160409_tokyo_metro_6000-01.jpg
20160409_tokyo_metro_16000-01.jpg

都内のホテルへ向かって9日は終わりです。

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  相模鉄道  鉄道イベント  小田急電鉄  東京メトロ 
tb: 0   cm: 0

2016年4月3日 阪神甲子園駅改良工事レポ 後編  

阪神甲子園駅改良工事レポ。

続いて改札階へ。

20160403_koshien-14.jpg

神戸方の通路は塗装仕上げとなった壁面と化粧パネルで仕上げた天井にLED照明を用いて完成されています。

20160403_koshien-15.jpg
20160403_koshien-16.jpg
20160403_koshien-17.jpg

西改札の梅田方通路。

20160403_koshien-18.jpg

こちらは階段部分以外は仕上げ工事が完了しており、リニューアル前にあった薄暗いイメージを払拭させています。

20160403_koshien-19.jpg

西改札口の改札階コンコース。

20160403_koshien-20.jpg

トイレは梅田方に。

20160403_koshien-21.jpg

囲いの向こう側にはクスノキがあり、周辺の構造物は改良工事前後問わずこの大木を避けるように設計されています。

20160403_koshien-22.jpg

西改札の自動改札機は正面に9通路、梅田方の県道側に1通路が整備され、有人改札は駅事務室の案内カウンタとの兼用が一つ設けられています。

20160403_koshien-23.jpg

屋外から西改札の正面。

20160403_koshien-24.jpg

同じく東改札の正面。

20160403_koshien-25.jpg

東改札側の上りホームへの通路。

20160403_koshien-26.jpg

仮囲いが撤去されているものの、まだ架設然としているため、雑多な印象を受けます。
西改札とは異なり、東改札の改札内コンコースはまだ工事途上なので、綺麗に仕上がる姿を見るのはもう半年か一年ほど待たされるようです。

20160403_koshien-27.jpg
20160403_koshien-28.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 阪神電気鉄道  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2016年4月3日 阪神甲子園駅改良工事レポ 前編  

大規模改良工事が行われている阪神甲子園駅のレポ。
4月3日の帰宅途中にたまたま通りかかった際、既存の古い上屋が撤去されたのを見かけたため、急遽見聞してきた次第です。

前回来訪時の段階では支柱だけが残されていた既存の上屋が梅田方の一部を除いて撤去されました。

20160403_koshien-01.jpg

これで、ホーム中程は大屋根だけとなり頭上の視界が広がりました。
事実上の失敗と言われたJR大阪駅のアレよりも良い感じです。

20160403_koshien-02.jpg

上りホームの東改札側のエレベータが3月17日から使用開始されています。
前回来訪時には確認出来なかったのですが、このとき既に上下線とも使用が開始されていたようで、これで5基ある全てのエレベータが予定通り稼働されました。

20160403_koshien-03.jpg

神戸方は仕上げの工事が進められています。

20160403_koshien-04.jpg
20160403_koshien-09.jpg

ホーム床面の舗装と点字タイルの再整備が行われ、ホーム縁のスレッドラインの整備も同時に進められています。
ライトグリーンのテープでマスキングされている部分にスレッドラインが埋込まれます。

20160403_koshien-05.jpg
20160403_koshien-08.jpg

神戸方のエレベータ付近は1番線側に大きな仕切が設置されていますが、これは降車側のホームがこの部分にはないのと運転保安上の理由から設置されのだろうと推測されます。

20160403_koshien-06.jpg

神戸方の階段とエスカレータ。
壁面は塗装、階段とエスカレータとの仕切は化粧板で仕上げられています。

20160403_koshien-10.jpg

梅田方の東改札への階段。
仕上げの段階に来ていますが、ホーム階側がご覧の通りなので、もう少し待たれます。

20160403_koshien-11.jpg

梅田方は架設状態のままなので、本設化への工事はもう入っているか、まだこれからだと思われます
20160403_koshien-12.jpg
20160403_koshien-13.jpg

→後編に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 阪神電気鉄道  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2016年4月2日 地下鉄御堂筋線淀屋橋駅における新サインシステム導入状況  

駅のリニューアル工事と同時に新サインシステムに沿った案内板への更新が進められている御堂筋線淀屋橋駅では、北改札以外の案内板の更新がほぼ終わりました。

20160402_yodoyabashi-01.jpg

まずは中改札(中北改札と中南改札)

20160402_yodoyabashi-02.jpg
20160402_yodoyabashi-03.jpg

中改札きっぷうりば周り。

20160402_yodoyabashi-04.jpg

南改札。
こちらはリニューアル工事が着手されたため、天井の化粧パネルが外されています。

20160402_yodoyabashi-05.jpg
20160402_yodoyabashi-06.jpg
20160402_yodoyabashi-07.jpg

南改札の改札内コンコースにあるトイレはリニューアルされました。

20160402_yodoyabashi-08.jpg
20160402_yodoyabashi-09.jpg
20160402_yodoyabashi-10.jpg

ホーム階へ。

20160402_yodoyabashi-11.jpg

ホーム階の案内板の更新は北改札の更新とほぼ同じ時期に着手されていましたが、時刻表は新サインシステム導入決定前に一体側のものに更新されていたため、つい最近までそのままになっていました。

20160402_yodoyabashi-12.jpg
20160402_yodoyabashi-13.jpg

その時刻表も新サインシステムに沿ったものに更新されました。
モノ自体は本町駅で導入されたタイプと同じで、文字が小さいタイプです。

20160402_yodoyabashi-14.jpg

駅周辺の案内も新サインシステムに沿ったものに更新されました。

20160402_yodoyabashi-15.jpg

ホーム中程は時刻表と駅周辺の案内が一体で掲示されています。
と言っても、元は別々のものを連結しているだけのようで、両者を間に支柱があるそう言う意味というわけ。

20160402_yodoyabashi-18.jpg

エレベータのエントランス周り。
こちらはホーム縁側に案内板が整備されました。

20160402_yodoyabashi-17.jpg

ホーム中程に設置されていたのりば案内と時計も新サインシステムに沿ったものに更新されました。

20160402_yodoyabashi-16.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 大阪市交通局  大阪市営地下鉄  御堂筋線  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年4月3日 (※暫定版)  

2016年4月3日(

4月3日は昨日深夜に切替工事が実施された学研都市線へ。
先に鴫野駅の見聞から。

20160403_shigino-01.jpg

2面2線から3面4線にとなる鴫野駅では中程の島式ホームの改修工事が行われ、これまでは柵で仕切られていた部分が学研都市線の新上り線の車両限界に触れるためホームの縁が大幅に切り取られ、単式ホーム時代に比べてホーム幅が狭くなりました。

20160403_shigino-02.jpg
20160403_shigino-03.jpg
20160403_shigino-04.jpg

で、肝心の寝屋川橋梁を通過。



今回の切替工事で上下線とも切り替わるのかと思っていたのですが、昨日確認した蒲生踏切内の軌道敷設工事が着手されていなかったため、今回は寝屋川橋梁の橋桁横取り工事のみ実施され、上り線の切替は蒲生踏切付近の新軌道への切替と同時に実施されるのようです(予想は外れたか・・・)

予想が外れて凹んだ切替工事を見たあと、京橋で昼食を撮りながらTwitterのTLを追っていると午前中に207系1000番台S22編成が運用に入っているとのことで、207系を捕捉するのに都合の良い尼崎へ移動。

30分ほど待っているとJR東西線からHID特有の青白い光を放ったS22編成が到着。
ここでは撮影出来なかったので、新快速で先回りして西明石で撮影することに。

30分ほど待って折返しの松井山手行きとしてやって来たS22編成を撮影。

20160403_jrwest_ec_207_1000r-01.jpg
20160403_jrwest_ec_207_1000r-02.jpg

車内は先に施工が開始された207系0番台の体質改善車と同メニューですが、1000番台2次車以降のグループであるS22編成は竣工当初の側扉のガラスとその支持方式が異なるため、体質改善工事施工時に接着式となった時の処理が異なります。

20160403_jrwest_ec_207_1000r-in01.jpg
20160403_jrwest_ec_207_1000r-in02.jpg

足回りは0番台と同じく制御装置自体は筐体はそのままで内部をIGBT素子を使用したものに換装されていますが、主電動機自体はそのままのようで低速時はIGBT特有の高周波の音を発するものの、中高速時は今までとほぼ同じとなっています。

撮影後は夙川公園へ。

20160403_shukugawa_park-01.jpg
20160403_shukugawa_park-02.jpg
20160403_shukugawa_park-03.jpg

定番の場所からの撮影は四苦八苦しながら挑みました・・・。

20160403_shukugawa_park-04.jpg
20160403_shukugawa_park-05.jpg
20160403_shukugawa_park-06.jpg
20160403_shukugawa_park-07.jpg
20160403_shukugawa_park-08.jpg
20160403_shukugawa_park-09.jpg

S22編成が松井山手から折り返してくるのを待ち構えるために西宮へ。
1時間近くの待ち時間で撮れたのは207系ばかり、あとは被られたりしたので・・・。

20160403_jrwest_ec_207_1000-01.jpg
20160403_jrwest_ec_207_2000-01.jpg
20160403_jrwest_ec_207_2000-02.jpg
20160403_jrwest_ec_207_1000r-03.jpg

西宮での撮影後は阪神甲子園駅へ。
大屋根の下に残されていた上屋が梅田方の一部を除いて撤去され、頭上の視界が開けました。

20160403_koshien-01.jpg
20160403_koshien-02.jpg
20160403_koshien-04.jpg

西口の改札階コンコースもコンクリートの打ちっ放し状態だったのが綺麗に仕上げられていました。
これらは詳細レポとして後日報告します。

20160403_koshien-16.jpg
20160403_koshien-17.jpg
20160403_koshien-19.jpg

今日はここまでです。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年4月2日  

2016年4月2日(

2日は当日深夜に切替工事が実施される学研都市線の見聞がメイン。
まずはその工事の関連元であるおおさか東線第2期工事見聞から。

20160402_noe-01.jpg

久宝寺方面の高架橋が既に完成している野江駅の予定地では駅部に位置する箇所の盛土が撤去され、新大阪方面の高架橋の基礎工事に向けて準備が進められています。

20160402_noe-02.jpg

蒲生踏切へ。
おそらく線路の切替が近いと思われるので来訪したのですが・・・。

20160402_gamo_level_crossing-01.jpg
20160402_gamo_level_crossing-02.jpg

寝屋川橋梁の足元へ。

20160402_neyagawa_bridge-01.jpg

橋桁の横取り工事が実施される直前であるため、横取りのための準備がなされています。
また、周辺道路の通行止めは行われないようです。

20160402_neyagawa_bridge-02.jpg

大阪駅へ。
リニューアルされた683系4000番台。

20160402_jrwest_ec_683_4000-01.jpg

289系。

20160402_jrwest_ec_289_0-01.jpg

淀屋橋駅へ。

20160402_yodoyabashi-01.jpg

駅構内のリニューアル工事と同時に新サインシステムに沿った案内板へのが進められている御堂筋線淀屋橋駅では北改札以外にも新サインシステムへの更新が進められています。

20160402_yodoyabashi-02.jpg

南改札も新サインシステムへ更新されています。

20160402_yodoyabashi-05.jpg
20160402_yodoyabashi-09.jpg
20160402_yodoyabashi-12.jpg

ホーム階も時刻表一体側のインフォメーションボードも新サインシステムへ更新されました。
淀屋橋駅の新サインシステムへの更新レポは後日報告します。

20160402_yodoyabashi-14.jpg

今日はここまでです。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2016年3月27日 JR姫路駅 姫新線・播但線用乗換改札口レポ  

3月26日のダイヤ改正から姫新線の姫路~播磨新宮と播但線の姫路~寺前においてICOCAの対応エリアとなりるのと同時に全国の主要ICカード乗車券でも利用できるようになりました。

また、今回のICカード対応に合わせて姫路駅の改札内コンコースに姫新線・播但線用の乗換改札口が設けられることになり、今回のダイヤ改正から使用が開始されています。

この乗換改札口はワンマン運転の比率が高く、無人駅の多い姫新線と播但線では不正乗車防止を目的に乗換駅となる姫路で精算とチェックを行うためのもので、JR西日本では加古川駅に加古川線用の乗換改札が設置されたのに続いて2例目で、いわば関所のようなものと考えて頂ければ分かるかと思います。

改札機は東西方向に7通路分を並べて設置されており、有人改札は下関方(西側)に1通路のみ設けられています。

20160327_himeji-01.jpg
20160327_himeji-02.jpg

乗継ぎ精算機は文字通り、姫新線と播但線の各駅への乗継ぎ精算の役目とされていますが、ICカード対応のためチャージが出来るようになっており、最初の画面は乗継ぎ精算とチャージの2つが表示されています。

20160327_himeji-03.jpg

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  ICカード乗車券 
tb: 0   cm: 0

2016年3月27日 JR神戸線東姫路駅レポ 後編  

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20160327_higashi_himeji-15.jpg
20160327_higashi_himeji-16.jpg
20160327_higashi_himeji-17.jpg
20160327_higashi_himeji-18.jpg
20160327_higashi_himeji-19.jpg
20160327_higashi_himeji-20.jpg
20160327_higashi_himeji-21.jpg
20160327_higashi_himeji-22.jpg
20160327_higashi_himeji-23.jpg
20160327_higashi_himeji-30.jpg
20160327_higashi_himeji-24.jpg
20160327_higashi_himeji-25.jpg
20160327_higashi_himeji-26.jpg
20160327_higashi_himeji-27.jpg
20160327_higashi_himeji-28.jpg
20160327_higashi_himeji-29.jpg

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

2016年3月27日 JR神戸線東姫路駅レポ 前編  

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20160327_higashi_himeji-01.jpg
20160327_higashi_himeji-02.jpg
20160327_higashi_himeji-03.jpg
20160327_higashi_himeji-04.jpg
20160327_higashi_himeji-05.jpg
20160327_higashi_himeji-06.jpg
20160327_higashi_himeji-07.jpg
20160327_higashi_himeji-08.jpg
20160327_higashi_himeji-09.jpg
20160327_higashi_himeji-10.jpg
20160327_higashi_himeji-11.jpg
20160327_higashi_himeji-12.jpg
20160327_higashi_himeji-13.jpg
20160327_higashi_himeji-14.jpg

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop