DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2016年01月
2016年01月の記事一覧

週末日記 2016年1月31日  

2016年1月31日(

1月最後のお休み。

まずは南港のインテックス大阪へ。
毎年1月に開催されるコミックトレジャーへの参加ですが、コミケの10分の1と言う規模なので、1時間足らずで用は済んでしまいました。

20160131_intex_osaka-01.jpg

新大阪へ。
おおさか東線第2期工事に伴う改良工事により使用停止中だった2号ホームの供用再開を翌日に控えて、事前の見聞へ。

20160131_shin_osaka-01.jpg
20160131_shin_osaka-03.jpg
20160131_shin_osaka-05.jpg
20160131_shin_osaka-08.jpg
20160131_shin_osaka-10.jpg
20160131_shin_osaka-12.jpg
20160131_shin_osaka-16.jpg
20160131_shin_osaka-18.jpg

茨木へ。
こちらは駅改良工事と合わせた東口駅前広場の再整備工事の見聞。

20160131_ibaraki-01.jpg

東口駅前広場の工事は完了し、現在は駅舎の改良工事が進められています。

20160131_ibaraki-05.jpg
20160131_ibaraki-06.jpg
20160131_takatsuki-01.jpg
20160131_takatsuki-04.jpg
20160131_takatsuki-06.jpg

帰宅途中、近鉄の駅ナンバーリング導入状況の確認。
大阪難波駅と大阪上本町駅は発車標と案内放送が駅番号・インバウント対応となりました。

20160131_osaka_namba-02.jpg
20160131_osaka_uehommachi-01.jpg

これらのレポは後日報告します。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

週末日記 2016年1月17日  

2016年1月17日(

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20160117_kyobashi-01.jpg
20160117_kyobashi-02.jpg
20160117_osaka-01.jpg
20160117_osaka-03.jpg
20160117_osaka-05.jpg
20160117_hankyu_7300n-in01.jpg
20160117_hankyu_7300n-in02.jpg

category: 日記

tb: 0   cm: 0

三連休日記 2016年1月11日  

2016年1月11日(

遠征最終日である11日は山形盆地の南部に位置する上山城へ来訪するだけです。

仙台から福島乗換でかみのやま温泉へ。
途中、福島で「とれいゆ」に遭遇し、一応撮っておきました。

かみのやま温泉駅に到着すると雪が降る中を上山城へ。
北を山形、南に米沢に挟まれた羽州街道の要衝に位置し、城下に上山温泉を有する上山城は1535年に武衛義忠によって築城された平山城で、現在は鉄筋コンクリート製の模擬天守が建てられています。

続いて春雨庵へ。

江戸時代初期の寺院諸法度による寺院の締め付け朝廷に対する圧迫と統制を示す朝幕間の対立によって起きた紫衣事件によって高僧らが出羽国などに流刑となり、その一人である沢庵宗彭は出羽国上山藩に流刑されたのですが、流刑先の上山藩主の土岐頼行が沢庵の権力に与しない生き方に感銘を受けて寄贈された草庵がこの春雨庵なのだそうです。

春雨庵を出た後は高速バス上山~仙台線に乗車。
かみのやま温泉駅へ戻ってきた時に山形行きに逃げられてしまったため、1時間半も待つよりも仙台に到着する高速バスを選んだ次第。

山交バスと宮城交通の共同運行である上山~仙台線は上山バイパスを北上して東北芸術工科大学と山形県庁を経由した後、山形蔵王ICから山形道を東進し、村田JCTから東北道を北上して仙台宮城ICから仙台市の中心部へ入るルートですが、全般的に東北芸術工科大学と山形県庁からの利用比率が高い印象を受けます。

仙台に到着後はお土産を購入し、やまびこ150号とのぞみ259号を乗り継いで帰阪しました。

#この記事は画像無しの暫定板です(画像は後日)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

三連休日記 2016年1月10日  

2016年1月10日(

遠征2日目は仙石東北ラインと仙台市営地下鉄東西線の初乗車も絡めて仙台都市圏近郊の鉄道巡り。

初めて仙台駅で車内写真の撮影。
主にE721系ばかりになってしまいましたが・・・。

仙台から東北本線を松島まで移動し、そこから徒歩で仙石線の高城町へ。
2004年に仙台へ初来訪したときとは逆のルートですが、ほとんど自己の方向感覚のみで動いた感じです。

高城町からはHB-E210系に揺られて石巻へ。

石巻では折り返し待ちとなったHB-E210系の車内写真の撮影へ。

基本はE721系に準拠しているものの、客室床面の高さが標準的な仕様であることと、機器スペースが客室内に置かれているため、その分犠牲になっています。

石巻から女川へ。
東日本大震災で被害を受けて石巻方へ移転してから初めての来訪となりましたが、7分の折り返しでバタバタとしたため、ゆっくり見ている暇もなく・・・。

石巻へ戻って仙石東北ライン経由の快速に乗車。
肝心のHB-E210系の初乗車となりましたが、ディーゼル発電+バッテリーであること以外は基本電車と同じなので、変速ショックもなくスムーズです。

利用状況的には仙石線区間と東北本線区間では半々と言ったところです。

仙台でHB-E210系の編成写真を撮影。

昼食を挟んで午後からは仙台市営地下鉄東西線の初乗車。

まずは東へ移動して荒井へ。

開けた場所に建設されたため周辺は耕作地が多く宅地も疎らですが、駅前広場も整備されて周辺の区画整理も進められてることから数年後には変化するものと思われます。

荒井から八木山動物公園へ。
丘陵地の高い場所に位置するため、国内では標高が高い位置に軌道面がある駅で、駐車場と一体のなった屋上から仙台平野を一望することが出来ます。

また、ここではダイヤ上の都合で2列車並ぶことから、東西線の車両である2000系の車内写真を撮影することが出来ました。

仙台へ戻ると今度は南北線へ。
メインは車内写真の撮影ですが、富岡では出来ずダイヤ上で2列車が並ぶ泉中央で撮影。

現地で判明したのは一部編成では車内照明がコイト電工製の直管形LEDに交換されていたのが予想外でした。

この日はここで終了。
ホテルへ戻って遠征最終日に備えます。

#この記事は画像なしの暫定版です(画像は後日)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

三連休日記 2016年1月9日  

2016年1月9日(

2015年12月上旬に仙台市営地下鉄東西線が開業したことを受けて、2015年最初の三連休は同線の乗りつぶしと未だ未登城である会津若松城の登城も兼ねて東北遠征をすることにしました。

初日は会津若松城へ登城するべく福島県は会津若松市へ来訪。
現地へのアクセスはのぞみ204号→なすの255号を乗り継いで郡山へ移動。

20160109_shin_osaka-01.jpg
20160109_tokyo-01.jpg
20160109_koriyama-01.jpg

郡山からは磐越西線ではなく高速バスを利用しました。
これは郡山到着時間帯に磐越西線に乗り継ぎが出来ないことと、鉄道乗り継ぎよりも高速バスの方が本数があり、会津若松での滞在時間を考慮すると有利に働きます。

20160109_fukushima_kotsu_bus-01.jpg

と言ってもバスの車両自体は比較的古めが多数派のようですが、短編成で混雑する磐越西線で移動することを考えれば確実に座れるメリットというのはありがたいかもしれません。

20160109_fukushima_kotsu_bus-02.jpg

午後に入って現地に到着すると早々に会津若松城へ出向きます。

20160109_aizu_wakamatsu_castle-01.jpg

会津若松城は日本城郭協会が選定した日本100名城での登録名で、現地では「鶴ヶ城」と呼ばれています。
また、この城の名称を巡る話では史跡登録の公文書は当時の文部省が所在地の地名を登録名にしたため「若松城」、さらに古い文献では「会津城」とその年代や当時の事情によってバラバラであるため、その点は現地入りする前に知ってないと右往左往します。

20160109_aizu_wakamatsu_castle-03.jpg

会津若松城は河川の氾濫原と言う天然の要害を利用して築城された平山城で、城下町の周辺の河川を外堀とした総構えは四方2kmという規模でしたが、戊辰戦争などに代表される幕末から明治初期かけて発生した旧幕府軍と新政府軍による戦争によって建物などが損傷し、修復も考えられたものの地元の意向により解体され、遺構としては石垣だけであり、現在ある天守などの建物は復元や移築されたものとなっていますが、本丸の周取り囲む二の丸や三の丸など内堀に近接している曲輪をも含めて残されていると言う点で、ある意味運がよかったとも言えます。

20160109_aizu_wakamatsu_castle-02.jpg
20160109_aizu_wakamatsu_castle-04.jpg
20160109_aizu_wakamatsu_castle-05.jpg

それは外周も含めて巡ることが大変ことを意味しているわけで、ここ会津若松城には福島県立博物館もあるため、ここを挟むとほぼ半日潰れることになり、終わった頃にはすっかり日が暮れてしまいました。

20160109_aizu_wakamatsu_castle-06.jpg
20160109_aizu_wakamatsu_castle-07.jpg
20160109_aizu_wakamatsu_castle-08.jpg
20160109_aizu_wakamatsu_castle-09.jpg

この日はここで終了。

20160109_aizu_wakamatsu_castle-10.jpg

郡山へ戻り、鞄を回収して今遠征の宿泊地である仙台へ向かいメインの2日目に備えることにします。

20160109_fukushima_kotsu_bus-03.jpg
20160109_koriyama-02.jpg

category: 日記

tag: 日本100名城  日本の城郭  会津若松城  会津鶴ヶ城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop