DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2015年08月
2015年08月の記事一覧

週末日記 2015年8月30日  

2015年8月30日(

近鉄では駅ナンバーリング導入により主要駅を中心に駅名標などの各種案内板の更新が着手されましたが、大阪難波駅も駅名標と案内板が更新されました。

20150830_osaka_namba-01.jpg
20150830_osaka_namba-02.jpg
20150830_osaka_namba-03.jpg
20150830_osaka_namba-04.jpg

尾崎へ。
目的は旧塗装リバイバルの7000系を捉えるため。

20150830_ozaki-01.jpg

あまり撮影者がいないため難なく捉えました。

20150830_nankai_7000-01.jpg

住吉へ。
公式に廃止が決定された住吉駅前電停。

20150830_sumiyoshi_ekimae-01.jpg

まもなく無くなる平面交差。
住吉駅前電停が廃止されると単なる合流地点にあるます。

20150830_sumiyoshi-01.jpg
20150830_sumiyoshi-02.jpg
20150830_sumiyoshi-03.jpg

阿部野歩道橋でしばらく周辺の流れを確認。
大阪駅でもそうですが、基本的に大都市圏の主要駅は基本的に公共交通機関での来訪を前提とし、車での送迎を前提としない設計であるため、実際には送迎の車による路駐が横行すると言う問題が発生する結果になります。

20150830_abenobashi-01.jpg

これは行政の担当者が無能というよりも、日本の組織における人事システムなどが持ち回り制的ものが故に専門的な基礎知識を持つ者がそこにいないと言う問題が横たわっているからなんです。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2015年8月17日  

2015年8月17日(月)

遠征最終日である17日は例年5日間の休みよりも1日長めの遠征6日目となりました。
この日は横浜市営地下鉄ブルーラインを主軸に行動をとることになりましたが、目的は今夏の改正で初登場となった快速列車の試乗。

藤沢経由で湘南台入りしたのですが、快速運行開始時間までには早かったため、その間は車内写真の撮影。

30分ほど撮影している間に、折返しの快速あざみ野行きが到着。
湘南台からあざみ野まで通しで乗車しましたが、快速の効果は・・・。

あざみ野まで快速を試乗した後はセンター北で昼食を挟み。
午後からは城趾巡りの一環としてセンター北駅に近い場所にある大塚・歳勝土遺跡公園へ来訪。

横浜市歴史博物館に隣接する環濠集落跡で、同博物館とセットで見られるのですが、当日は休館日の月曜だったため大塚史跡の方は閉まっており、歳勝土遺と史跡公園内にある都筑民家園を見てきました。

実はこの後、徒歩管内にある茅ヶ崎城跡へ来訪する予定だったのですが、風雨が激しくなってきたため取り止め。

ブルーラインに戻って新羽へ。
ここでは新羽駅折返し列車を利用して車内写真の撮影へ。

まあ、横浜市営地下鉄の車内写真としてはこれからなので、この手の折返し列車が設定されている間にやっていかないと・・・。

新杉田へ移動し、金沢シーサイドラインへ。
前回の乗車から年月が経過していることと、新型車両への更新が進んでいることから再乗車と撮影をすることにしました。

と言っても今回は車内写真のみでしたが、仮駅状態のままである金沢八景駅では京急駅寄りに計画されていた本設工事が着手されているのを確認出来たので、次回来訪時の課題としておきます。

金沢八景から京急本線に乗車したのですが、人身事故発生でダイヤが乱れる中を都内へ戻りました。
このあとは色々と寄り道(秘密)をしてから、のぞみ255号で帰阪しました。

#ただいま画像なしの暫定版です(画像は後日)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2015年8月16日  

2015年8月16日(

東京滞在3日目となる遠征5日目はヒカリエ号の車内写真のやり残しを済ませるため、朝から元町・中華街駅へ。

20150816_motomachi_chukagai-01.jpg

昨日、散々追いかけて撮影したヒカリエ号でしたが、ホテルへ戻ってから当日のダイジェスト(暫定板)をブログにアップするに際し調べたところ、ヒカリエ号の運用専用のTwitterアカウントを見つけ、そのツイートを基にここへやって来た次第。

その通りに入線してきたヒカリエ号の車内写真を撮影し、サイト用のヒカリエ号用のページにする素材としてはほぼコンプリートにすることができました(いつサイトの反映させられるのやら・・・)

20150816_tokyu_4000sh-in01.jpg

終了後は有明の地へ移動。
その途中、新木場で黄色いラッピングの西武6000系に遭遇。
「よりによってこのタイミングで」と嘆きつつ目的地へ移動・・・。

20150816_seibu_6050-01.jpg

どこか寄り道して昼食をとろうと思ったのですが、結局できないまま有明の地に突入。

20150816_c88-01.jpg

こちらは開催最終日で期間中最も過酷な日でもあり、入ったら出てくるのに通常1時間~1時間半で済むところ、2時間以上要してしまいました。

20150816_c88-02.jpg

会場を後にしたころ、私のフォロワーさんが東京駅の八重洲口高速バスターミナルでバス車両を撮影していることを知り、押しかける形で合流。

20150816_tokyo_jrbt-01.jpg

基本的にバス車両に関しては門外漢なので、フォロワーさんの解説を受けながら共に撮影。

20150816_tokyo_jrbt-02.jpg

フォロワーさん曰く、この日はカシマスタジアムでサッカーの試合が開催されることとから通常当地に姿を見せることのない車両が応援にかり出される形で投入されることがあるので、中にはやや変わり種の珍車まで駆り出されるそうで、個人的にそれらを「変態車両」と呼ぶことにしました(笑)

20150816_jrbus_kanto-01.jpg
20150816_kantetsu_bus-01.jpg
20150816_fujiq_bus-01.jpg
20150816_hdts-01.jpg
20150816_ibako_bus-01.jpg
20150816_ibako_bus-02.jpg

1時間ほど同行した後、一通り撮影して目的を果たしたフォロワーさんが夜から用事があると言うことで、ここで解散。

20150816_tokyo_jrbt-03.jpg

フォロワーさんと別れた後は新橋へ。
ここでは大屋根の工事を見聞。

20150816_shimbashi-01.jpg
20150816_shimbashi-02.jpg

この段階で体力的に限界が近づいてきたため、ホテルへ引き上げて、遠征5日目は終了となりました。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2015年8月15日  

2015年8月15日(

東京滞在2日目である遠征4日目は有明の地へは行かず、東急の撮影に専念することにしました。
まずは日比谷線乗り入れ向けの1000系が転用改造された東急池上線・多摩川線へ。

20150815_tokyu_7000_2g-01.jpg

五反田から池上線へ乗車したのですが蒲田までの移動中に1編成だけ見かけました。
蒲田に到着。

20150815_kamata-01.jpg

蒲田で多摩川線の方も確認したところ、こちらは2編成運用に入っていましたが、車内写真の撮影は池上線の方が撮影しやすそうだったことから、1本だけ入っているそれを待つこと30分ほどして車内写真を捉えることに成功しました。

20150815_kamata-02.jpg
20150815_tokyu_7000_2g-in01.jpg
20150815_tokyu_1000-in01.jpg

外観上は2代目7000系をモチーフにしたラッピングが施されていますが、車内の方は木目調の化粧板の交換された以外は3色LED式の車内案内表示器が設置された程度で、ある意味適度にお金を掛けたリニューアルだったとも言えます。

20150815_tokyu_1700-in01.jpg

蒲田からは多摩川線の方に乗車し、下丸子で編成写真の方は撮影しました。

20150815_tokyu_1700-01.jpg
20150815_tokyu_1700-02.jpg

この後は4110編成のヒカリエ号を追うため東武東上線を点々と移動したものの、なかなか思うように捕まりません。
それでも、和光市止めが多く乗入れ本数が少ない東武東上線へ中々入ることが少ない5050系4000番台の車内写真を捉えたので、収穫無し済んでいるのは幸いです。

20150815_tobu_50000-in01.jpg
20150815_tobu_30000-in01.jpg
20150815_tokyu_4000-in01.jpg

思うように捕まらないことから、西武池袋線の乗り入れ運用に付いていると考えて体勢を立て直すべく小竹向原へ戻ってきたところ、ヒカリエ号がやって来たではありませんか(徒労・・・)
とりあえずヒカリエ号に乗車し、この先の運用を推測するべく移動中に調べたところ、元町・中華街から西武池袋線の小手指行きとして折り返してくることから、武蔵小杉から南武線と武蔵野線を乗り継いで秋津へ先回りすることにしました。

20150815_akitsu-01.jpg

該当列車が来るまでの40分ほどは撮影ポジションの確認も兼ねて編成写真の撮影を進めました。
西武のホームは比較的余裕がないため、上下列車の停車位置のズレを利用して最後尾側からの撮影する方が編成写真としては収り感があるようです。

20150815_tokyu_4000-01.jpg
20150815_seibu_9000-01.jpg

18時過ぎにヒカリエ号が到着。
日没を迎えての撮影だったため厳しい条件でしたが、何とか編成写真を納めました。

20150815_tokyu_4000sh-01.jpg

後発の列車に乗って小手指へ。
昨日も降り立った駅をもう一度降りるとは思いもよりませんでしたが・・・。

20150815_kotesashi-01.jpg

一度車庫へ引き上げていたヒカリエ号が入線してきたところを車内写真で納めました。
後で調べたら座席の配色が3種類あるようなのですが、ここでは2種類だけ納めました。

20150815_tokyu_4000sh-02.jpg
20150815_tokyu_4000sh-in01.jpg
20150815_tokyu_4000sh-in02.jpg

これで遠征4日目は終了。
ホテルへ戻って5日目に備えます。

category: 日記

tag: 東京急行電鉄  東武鉄道  西武鉄道 
tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2015年8月14日  

2015年8月14日(金)

東京滞在初日を迎えた遠征3日目は大規模改良工事が行われている千川~小竹向原を見るため千川へ。
工事自体は千川側からだけしか見られませが、いまはそれでも十分なので完成後の変化が楽しみとなります。

20150814_senkawa-01.jpg
20150814_senkawa-02.jpg

小竹向原から東急5050系4000番台を捕まえて小手指へ。
車内写真を撮りたかったのですが・・・。

20150814_tokyu_4000-in01.jpg
20150814_kotesashi-01.jpg

昼前に有明の地へ。
この日はC88(第88回コミックマーケット)の初日でしたが、過去参加した2回とも2日目からだったため、初日からここへ来訪するのは今回が初めてでした。

20150814_c88-01.jpg

初日でこれなので3日目はもっと酷くなるわけで・・・。

20150814_c88-02.jpg

13時過ぎには会場を離脱し、午後からは東急東横線へで向いて改良工事の見聞。
まずは、いつの間にやら可動式ホーム柵が設置されていた代官山駅へ。

20150814_daikanyama-01.jpg

ホーム壁面の一部が未完成状態となっているものの、副都心線乗り入れ工事以来から続いていた仮設状態を脱した感があります。

20150814_daikanyama-02.jpg

続いて通過線設置工事に伴う2面3線化工事とそれに関連した耐震補強工事が行われている祐天寺駅へ。

20150814_yutenji-01.jpg

耐震補強工事の方はほぼ終わっている段階で、上り線の拡張のための高架橋拡張工事とホーム壁面の改修工事などが進められています。

20150814_yutenji-02.jpg
20150814_yutenji-03.jpg
20150814_yutenji-04.jpg
20150814_yutenji-05.jpg
20150814_yutenji-06.jpg

相鉄の乗り入れ工事の起点側となる日吉駅は引き上げ線が設けられている横浜方で工事が行われていますが、それと気づかないとわからない感じで進められています・・・。

20150814_hiyoshi-01.jpg

この後、日吉から乗車した各駅停車が通常は10連である5050系4000番台だったことから、折り返しを狙うために綱島で降車して、戻ってくるまでの間は編成写真の撮影。

20150814_amishima-01.jpg
20150814_toukyu_5050-01.jpg
20150814_tokyo_metro_7000-01.jpg
20150814_toukyu_5050-02.jpg
20150814_toukyu_5050-03.jpg
20150814_toukyu_5050-04.jpg

1時間弱ほどで戻ってきた5050系4000番台を無事捉えることができました。

20150814_toukyu_4000-02.jpg

写真の4102編成は10連が所定なのですが、元住吉駅構内での追突事故で8連口の影響で予備編成がなくなったため余裕のある10連口から2両を抜き取って8連にしたたてものらしい。

綱島での撮影の間にヒカリエ号が通過していったことから捉えようとがんばったのですが、時間切れ。

20150814_toukyu_4000-01.jpg

ホテルへ戻って遠征3日目は終了となりました。

20150814_jiyugaoka-01.jpg

category: 日記

tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2015年8月13日  

2015年8月13日(木)

20150813_nagoya-01.jpg

遠征2日目は神宮前での撮影からスタート。
目の前で2200系3次車を見逃してしまったものの、3150系5次車を捉えることができました。

ここ神宮前では編成写真をゲット。

20150813_meitetsu_3150-01.jpg

列車は新鵜沼へ向かったため、折り返してくるのを狙うため河和へ先回りすることにしました。

20150813_kowa-01.jpg
20150813_kowa-02.jpg

待ち構えること約1時間半。
新鵜沼から戻ってきた3150系5次車の車内写真を存分に撮影しました。

20150813_kowa-03.jpg
20150813_kowa-04.jpg
20150813_meitetsu_3150-02.jpg
20150813_meitetsu_3150-in01.jpg

同時期に導入された2200系3次車にも共通している部分ですが、車内案内表示器にトレインビジョンシステムの採用もさることながら、それ以外にも細部の変更が行われているようです。

20150813_meitetsu_3150-in02.jpg

一度岐阜へ向かい、車内写真を中心に撮影タイム。


2本ある2200系3次車の1本(2210編成)が岐阜へ戻ってきたので、これに乗ってセントレアへ。

20150813_meitetsu_2200-01.jpg

新たに採用されたトレインビジョンは首都圏でも採用例が多くなった第2世代型が用いられていますが、到着前の階段の一案内などが省略され、停車駅案内などの基本的な機能のみを使っているようで、その辺りは第1世代型を採用しているJR西日本の321系・225系グループと同じ広範囲かつ多数系統にわたる運用を持つ車両形式に関しては種別行先、停車駅、次停車駅案内といった基本機能のみ限定していることに気づかされます。
(首都圏でLCD式車内案内表示器を用いられている車両形式は比較的シンプルであることが多く、これらは階段・エスカレータの位置などの案内が必ず組み込まれています)

20150813_meitetsu_2200-in01.jpg

セントレアから再び岐阜へ。
ここでは昨日編成写真として捉えた2211編成で移動。

20150813_meitetsu_2200-02.jpg

終点の岐阜で車内写真をちょっとだけ撮影したのですが、なんとこの車両が後者扱い後に車庫へ引き上げてしまいました・・・。

20150813_meitetsu_2200-in02.jpg

ここでタイムアップ。
名古屋へ戻り夕食と鞄の回収を済ませた後、のぞみ252号に乗って遠征後半の地となる東京入りし遠征2日目を終えました。

20150813_nagoya-02.jpg

category: 日記

tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2015年8月12日  

2015年8月12日(水)

今日から17日までは夏休みと言うことで、今年は前後半別に遠征先を変えての決行となりました。
まずは前半戦となる名古屋遠征。

20150812_osaka-01.jpg

今年は夜勤明けと言うことで、一度帰宅してから現地に向けて出発することにしました。
往路は大阪からしなの9号に乗車。

20150812_jrcentral_ec_383-01.jpg

現行ダイヤのしなの号は名古屋発着が基本となっていますが、1往復だけ大阪発着が残されているのはかつて存在した「ちくま」などの名残からくるもので、いわば歴史的な経緯から残存している列車といえます。

20150812_shinano9-01.jpg

昼前に名古屋に到着後、昼食をとってから城廻を2つほど済ませておきました。

20150812_shimo_otai-01.jpg

一つは小田井城趾。

20150812_otai_castle-01.jpg
20150812_otai_castle-02.jpg

もう一つは岩倉城趾。

20150812_iwakura_castle-01.jpg
20150812_iwakura_castle-02.jpg

いずれも遺構らしきものは残されておらず、住宅街の中に石碑が建てられているだけという形です。

城廻を終えると名鉄三昧と行くのですが、当日は平日ダイヤであるため、フリーきっぷが使えないことから、行程に気を遣わされます。

まずは神宮前へ。

20150812_jingumae-01.jpg

ここで2200系の最新グループである3次車に遭遇。
このグループは3150系・3300系などとともに数年ぶりに製造されたため、若干のマイナーチェンジを受けています。
外観もこれまでとは異なるパターンとなっていますが、まだ数本だけの存在であるため、捉えるのに難儀させられます。

20150812_meitetsu_2200-01.jpg

もう一つは4連に短縮された5700系

20150812_meitetsu_5700-01.jpg

神宮前での撮影後は知立へ。

20150812_chiryu-02.jpg

連立事業真っ只中である知立駅は三河線の線路が仮線に切り替えられ、本線仮ホームの構築が進められています。

20150812_chiryu-01.jpg
20150812_chiryu-03.jpg

また、名古屋方は上り仮線の敷設がほぼ完了し、豊橋からは仮線の土木工事が完了段階であることから、仮ホームと豊橋方の仮線敷設が済み次第切り替えられるものと思われます。

20150812_chiryu-04.jpg
20150812_chiryu-05.jpg
20150812_chiryu-06.jpg

知立で1700・2300系に遭遇したのですが、1000系・1200系グループ特急車の中間更新が着手されたのに合わせて、塗装のパターンが変更された編成で、首尾良く乗車できたので列車の終点である新鵜沼まで乗車して、アイコンショットで撮影しました。

側面にラインが追加されたことからやや締まった印象を受けます。

20150812_meitetsu_1700_2300-01.jpg

新鵜沼から岐阜へ移動。
岐阜では駅前周辺を散策。

20150812_gifu-01.jpg

岐阜駅北口周辺はオフィスビル街が比較的多く、飲食店もそれにターゲットを合わせた居酒屋の比率が多く、そのことが商店街の層の薄さを露呈する形となり、結果的に若年層が避ける要因を生み出し、周辺の大型SCや名古屋への逸走を招いている言う点で富山市と似たような感じだと思わざるを得ませんでした。

20150812_gifu-02.jpg
20150812_gifu-03.jpg

今日はここで終了。
名古屋市内のホテルにチェックインして2日目に備えます。

20150812_gifu-04.jpg

category: 日記

tb: 0   cm: 0

週末日記 2015年8月8日~8月9日  

2015年8月8日(

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20150808_shigino-01.jpg
20150808_shigino-02.jpg
20150808_awaji-01.jpg
20150808_awaji-02.jpg



2015年8月9日(

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20150809_karasuma_oike-01.jpg
20150809_shijo_dori-01.jpg
20150809_shijo_dori-02.jpg
20150809_shijo_dori-03.jpg
20150809_shijo_dori-04.jpg
20150809_shijo_dori-05.jpg
20150809_shijo_dori-06.jpg
20150809_shijo_dori-07.jpg

category: 日記

tb: 0   cm: 0

週末日記 2015年8月2日  

2015年8月2日(

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20150802_haibara-01.jpg
20150802_haibara-02.jpg
20150802_ouda-01.jpg
20150802_uda_matsuyama-01.jpg
20150802_uda_matsuyama-02.jpg
20150802_uda_matsuyama-03.jpg
20150802_uda_matsuyama-04.jpg
20150802_uda_matsuyama-05.jpg
20150802_yokkaichi-01.jpg
20150802_yokkaichi-02.jpg
20150802_yar-01.jpg
20150802_yar_260-01.jpg
20150802_yar_260n-01.jpg

category: 日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop