DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2014年12月
2014年12月の記事一覧

年末日記 2014年12月30日  

2014年12月30日(火)

30日は年末遠征最終日。

ホテルをチェックアウトし上野で鞄を預けると、京急空港線糀谷駅へで向き本設への切替が済んであまり日が経っていない改札口まわりを確認。

20141230_kojiya-01.jpg
20141230_kojiya-02.jpg

かつては非常に手狭だった改札口周りが広々となりました(ホームは少し狭いけど・・・)

20141230_kojiya-03.jpg
20141230_kojiya-04.jpg
20141230_kojiya-05.jpg

糀谷駅の改札口周りを見た後は、昨日に引き続き有明の地へ。
昨日以上にもみくちゃにされてヘロヘロ・・・。

20141230_c87-01.jpg
20141230_c87-02.jpg

有明の地から離れて昼食を挟み南浦和へ。
ここではE233系1000番台の再撮影。

PC304209-e01
PC304209-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC304214-e01
PC304214-e01 posted by (C)dk_kawachi

撮影後は上野駅と東京駅で京浜東北線と山手線の利用状況調査。
今回は今春改正に開業する上野東京ラインの影響度を見るための現状把握的な意味と数年間のブランクがある調査の感覚を取り戻すためというのが主な目的。

20141230_ueno-01.jpg

イレギュラーで起きる京浜東北線と山手線の同時侵入・同時発車に四苦八苦しながら調査しましたが、東京駅の調査の最中に発生した中央線の運転見合わせで十分なデータが得られなかったのが、惜しいところです。

20141230_tokyo-01.jpg

そんな中でも編成写真ネタに欠くことがありません。
以下の2枚は東京駅100周年記念のラッピング編成。

PC304226-e01
PC304226-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC304229-e01
PC304229-e01 posted by (C)dk_kawachi

一通りの調査を済ませて遠征最終日はこれで終了。
のぞみ261号に乗って帰阪しました。

20141230_tokyo-02.jpg
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  京浜急行電鉄  京急空港線  コミックマーケット  C87  JR東日本  上野東京ライン 
tb: 0   cm: 0

年末日記 2014年12月29日  

2014年12月29日(月)

年末の29日と30日は18切符の消費とJR東日本の週末パスの購入のなども兼ねて首都圏遠征をしてきました。

往路は早朝出発の定番であるのぞみ204号で現地入り。

20141229_shin_osaka-01.jpg

今回は有明の地に用事もありましたが、先に京急本線の連立事業見聞を済ませます。
全面効果切り替えが完了して時間が経過しましたが、当時は高架下のコンコースの工事がまだ終わっていなかったことから、その後どこまで進捗しているか確かめる意味もあったためです。

この日は時間の関係上、本線側の雑色・梅屋敷・大森町の3駅のみに留め、空港線糀谷駅は日を改めて見ることにしましたが、来訪した3駅のうち梅屋敷駅と大森町駅は本設の改札口に切り替えられていました。

20141229_umeyashiki-01.jpg
20141229_umeyashiki-02.jpg
20141229_zoshiki-01.jpg
20141229_zoshiki-02.jpg
20141229_omorimachi-01.jpg
20141229_omorimachi-02.jpg

京急を離れて大崎経由で東京ビッグサイトへ。

20141229_c87-01.jpg

いわゆるコミケへ参戦するのですが、ここまで人口密度の濃いイベントは2005年の時に16回の入場を果たして愛知万博でも体験できません。

20141229_c87-02.jpg
20141229_c87-03.jpg

2時間でコミケ会場を離れた後は昼食を挟んで立川へ。
ここから南武線に乗り換えたのですが、目的は2015年春の改正で快速運転の全線化が行われる南武線で鍵となる稲城長沼駅の2面4線化(計画通りの本設工事)と同線に導入され初めたE233系8000番台の撮影がメイン。

20141229_inagi_naganuma-04.jpg

稲城長沼駅は旧線が支障となっていた上り本線の工事が完了しており、工事区画の仕切りも簡易な柵となっていました。

20141229_inagi_naganuma-01.jpg
20141229_inagi_naganuma-02.jpg
20141229_inagi_naganuma-03.jpg

このタイミングでE233系8000番台に遭遇。
もう10本目が導入されたということで遭遇率も高まっています。

PC294078-e01
PC294078-e01 posted by (C)dk_kawachi

稲城長沼では折り返し列車での車内写真撮影も行いましたが、不十分だったため武蔵中原と川崎での撮影で補いました。

PC294105-e01
PC294105-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294119-e01
PC294119-e01 posted by (C)dk_kawachi

一端都内へ戻って夕食タイムと鞄の回収を行ってホテルへ向かう予定だったのですが、ここであるお方が新宿の高速バスターミナルで撮影することをツイキャスの通知で知り急遽新宿へ。

京王新宿高速バスターミナルで合流してしばらくの間、撮影に同行することにしました。

裏路地の狭い場所に無理矢理押し込めた感のあるバスターミナルにバスが何台も乗り入れるという光景には目が点になってしまいます。

PC294124-e01
PC294124-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294122-e01
PC294122-e01 posted by (C)dk_kawachi

新宿での撮影が一通り終わったということで、今度は池袋へ移動。
池袋ではハイシーズンに1便十数台充てるというトンデモ夜行バスを見てきましたが、手狭なターミナルに続々と乗り込むバスを裁くという光景はマジキチの領域と言えるものでした・・・汗。

PC294132-e01
PC294132-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294134-e01
PC294134-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294150-e01
PC294150-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294152-e01
PC294152-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294161-e01
PC294161-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294165-e01
PC294165-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294168-e01
PC294168-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294176-e01
PC294176-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC294182-e01
PC294182-e01 posted by (C)dk_kawachi

池袋での撮影を終えた時点でようやく解散。
都内のホテルにチェックインしてこの日は終了しました。

category: 日記

tag: コミックマーケット  C87  JR東日本  南武線  西鉄バス  秋北バス  岩手県交通  国際興業バス 
tb: 0   cm: 0

年末日記 2014年12月28日  

2014年12月28日(

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20141228_abeno-01.jpg
20141228_abeno-02.jpg
20141228_abeno-03.jpg
20141228_nishi_kujo-01.jpg
20141228_nishi_kujo-02.jpg
20141228_nishi_kujo-03.jpg
20141228_shijonawate-01.jpg
20141228_nagao-01.jpg
20141228_nagao-02.jpg

category: 日記

tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年12月21日  

2014年12月21日(

21日はまず、おおさか東線第二期工事の見聞。

複々線化と城東運河橋梁の嵩上げ工事の進捗により上り線の新橋梁への切替が着々と進められています。
写真で言うと右側の新設されている軌道がそれです。

20141221_hanaten-01.jpg
20141221_hanaten-02.jpg

上り線は城東運河橋梁の西方までが切替区間となり、その先から鴫野駅を経て寝屋川橋梁西方まで下り線の切替区間となっています。
切替区間の軌道敷設工事などの進捗状況での見立てでは切り替え時期は2015年春頃になると思われます。

20141221_hanaten-03.jpg

続いて尼崎駅へ移動。
昨日撮影出来なかったZ22編成を追うため編成写真を撮影しつつ待つことにしました。

PC213935-e01
PC213935-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC213939-e01
PC213939-e01 posted by (C)dk_kawachi

1時間ほどしてお目当てのZ22編成に遭遇。
該当列車は須磨行きであったため、須磨へ先回りして撮影。

PC213941-e01
PC213941-e01 posted by (C)dk_kawachi

一旦改札を出入りしてまた撮影すると言うとても忙しないものとなりましたが、運転台周りの撮影は出来ました。

PC213943-e01
PC213943-e01 posted by (C)dk_kawachi

折返し尼崎へ戻って待つことに。

PC213950-e01
PC213950-e01 posted by (C)dk_kawachi
PC213952-e01
PC213952-e01 posted by (C)dk_kawachi

今度は編成写真として捉えました。

PC213958-e01
PC213958-e01 posted by (C)dk_kawachi

JR東西線経由の快速に乗って松井山手へ先行。
今度は施工前は妻面にぶら下げられ、施工後は座席下に移設された消化器の設置状態を確認。

PC213962-e01
PC213962-e01 posted by (C)dk_kawachi

帰りは松井山手駅近くの京田辺PAへ。

20141221_kosoku_kyotanabe-01.jpg
20141221_kosoku_kyotanabe-02.jpg

ここに高速バスのBSである高速京田辺停留所が設けられています。

20141221_kosoku_kyotanabe-03.jpg

高速京田辺から京都特急ニュースター号に乗って帰宅しました。

20141221_fuse-01.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  おおさか東線  車両更新  体質改善工事  車両リニューアル工事  大阪バス 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年12月20日  

2014年12月20日(

20日はまずJR西九条駅のリニューアル工事の見聞から。

20141220_nishi_kujo-02.jpg

ホームの床面が綺麗に仕上げられつつありましたが、既存のものからさらに盛った感じになっているのは残念ですが・・・。

20141220_nishi_kujo-01.jpg

西九条から大回りして学研都市線へ。
目的は207系0番台体質改善工事施工車を追うためでしたが、運良く住道で捉えた編成は最初に施工されたZ22編成ではなく2本目に施工されたZ23編成。
施工間もないのか?編成番号が掲示されていなかったものの、体質改善施工後の編成写真で捉えたのは今回が初めて。

PC203881-e01
PC203881-e01 posted by (C)dk_kawachi

長尾から折り返してくるのを先回りする途中で北新地駅で可動式ホーム柵の付帯設備を確認。
六甲道駅に比べると範囲内表示灯がなくホーム柵の開閉状態の表示等があるくらいです。

20141220_kita_shinchi-01.jpg

尼崎へ移動。
例のZ23編成がやってくるまでの間に少し撮影したのですが、当日はダイヤが乱れて行先変更まで出る有様でした・・・。

PC203890-e01
PC203890-e01 posted by (C)dk_kawachi

網干行きが英賀保行きに化けるとか・・・汗。

PC203891-e01
PC203891-e01 posted by (C)dk_kawachi

そんな中、長尾から折り返してきたZ23編成。

PC203892-e01
PC203892-e01 posted by (C)dk_kawachi

戻ってきたのを確認すると、明石まで先回りして車内写真を撮影。
と言っても、宝塚で撮影出来なかった細かい部分のみですが、それでも運転台は撮影出来ず次の機会までお預けとなります。

PC203905-e01
PC203905-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC203916-e01
PC203916-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC203924-e01
PC203924-e01 posted by (C)dk_kawachi

最後にアイコンショットで捉えてこの日は終了です。

PC203927-e01
PC203927-e01 posted by (C)dk_kawachi

category: 日記

tag: JR西日本  大阪環状線改造プロジェクト  駅改良工事    車両更新  体質改善工事  車両リニューアル 
tb: 0   cm: 0

2014年12月14日 阪神甲子園駅改良工事見聞  

12月14日に見てきた阪神甲子園駅改良工事のレポです。

プロ野球のシーズンオフに合わせて本設の工事が本格化してきたことと、駅構内の配線切り替えの時期が2014年度中に行われる武庫川~甲子園の下り線高架切替と同時であると想定されることから、今秋からこまめに確認してきます。

20141214_koshien-01.jpg

前回見聞の時点では撤去工事中だった下り仮設ホームが完全に取り払われ、本設への切替に向けた工事が一段と進んでいます。
下り降車ホームの本設部は基礎工事は完了していることから、今後はホーム本体の構築が進められます。
20141214_koshien-03.jpg

梅田方に見える武庫川までの高架工事は下り線の軌道敷設が近いところまで進んでいます。

20141214_koshien-02.jpg
20141214_koshien-04.jpg

ホーム中程はホーム本体の工事が進められていますが、ホーム両端付近の軌道が現時点と切替後ではそれほど移動しないことから、新たに橋桁が架けられているこの付近が拡張後のホーム幅員が最大値になる場所と思われます。

20141214_koshien-05.jpg
20141214_koshien-07.jpg

神戸方。
旧降車ホーム時代よりも全体的に梅田寄りに若干セットバックされているのが窺えます。

20141214_koshien-06.jpg

神戸方の下り出発信号機は梅田寄りに移設されるようです。
これは引き上げ線の分岐器が梅田寄りに移設されるためで、降車ホームの神戸寄りがセットバックされるのもこのためです。

20141214_koshien-08.jpg

上り線。
こちらは降車ホームが廃止されるため、今秋のシーズンオフから仮設ホームを撤去し本設へ切替に向けた工事が進められています。

20141214_koshien-10.jpg

大屋根の様子。
屋根の骨組みであるトラスブロック設置工事が完了して膜屋根を張る工事が進められていますが、全体の3分の2まで終わり、屋根の四隅には雨樋が取り付けられています。

20141214_koshien-11.jpg

北側から撮影。

20141214_koshien-12.jpg

今回の阪神甲子園駅改良工事のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

2014年12月13日 近鉄奈良線連立事業見聞 若江岩田駅  

近鉄奈良線連立事業見聞。
続いては若江岩田駅のレポ。

20141213_wakae_iwata-01.jpg

若江岩田駅では9月の切替直後の時点で残されていた旧上り線側の地下改札口のである南改札口が旧線の設備撤去の伴い11月1日をもって閉鎖されました。

20141213_wakae_iwata-02.jpg

閉鎖箇所は自販機で封鎖されている。

20141213_wakae_iwata-03.jpg

上りホームへの仮設階段。
本設の階段が整備されるまではここを利用する。

20141213_wakae_iwata-04.jpg

旧上り線は軌道の撤去が完了しており、今後は新上りホーム側の基礎工事が着手されるものと思われます。

20141213_wakae_iwata-05.jpg
20141213_wakae_iwata-06.jpg

南出口閉鎖により地下通路も閉鎖されています。
こちらは地下通路の撤去→埋め戻し工事が行われると思われます。

20141213_wakae_iwata-07.jpg
20141213_wakae_iwata-08.jpg

閉鎖された南出口。
かつては旧上り線側の出入口で地下駅舎化されてから使用されてきました。

20141213_wakae_iwata-09.jpg

大阪難波方を撮影。
旧線の撤去工事は順調に進んでいる模様で、軌道は撤去完了し架線柱も3分の1ほど区間で完了している模様です。

20141213_wakae_iwata-10.jpg

奈良方を撮影。
こちらは撤去工事の着手が最後の方になったようで、旧線の状態が最も残されている区間です。

20141213_wakae_iwata-11.jpg

若江岩田駅構内。
軌道や架線柱の撤去は完了しているが、ホームなどの撤去は着手されていません。

20141213_wakae_iwata-12.jpg

今回の近鉄奈良線連立事業見聞は以上です。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2014年12月13日 近鉄奈良線連立事業見聞 東花園駅・河内花園駅  

上り線の高架切替から3ヶ月近く経過した近鉄奈良線連立事業の様子を見てきました。
まずは東花園駅。

20141213_higashi_hanazono-01.jpg

駅構内の奈良方は切替直後のごちゃごちゃから整理された感がありますが、引き上げ線は整備途上なのでもうしばらく待たされることになりそうです。

20141213_higashi_hanazono-02.jpg

難波方の高架下の様子。
大がかりな工事はほぼ終わっているため、資材などが殆ど見られません。

20141213_higashi_hanazono-03.jpg

旧線の撤去工事が着手され、軌道の撤去が完了して今後は南側は抜けるための工事が進められます。

20141213_higashi_hanazono-04.jpg

旧上りホームがあった場所は軌道の撤去工事が1線残すのみとなり、その後は仮ホームの撤去などが進められるものと思われます。

20141213_higashi_hanazono-05.jpg

恩智川に架かる橋の近くから撮影。
この付近に北口側と高架下の改札外コンコースへ抜けるための通路が暫定整備されるとのことです。

20141213_higashi_hanazono-06.jpg
20141213_higashi_hanazono-07.jpg

続いて河内花園駅。
上りホームが暫定供用状態にあるため本設の残り工事を進めるべく駅構内における旧線の撤去は完了しているようです。

20141213_kawachi_hanazono-01.jpg

駅舎やホーム自体はそのままになっていますが、本設の工事に支障が無い限りは基礎工事とへ移行する形で進められるのかなと思っていますが、はたして・・・。

20141213_kawachi_hanazono-02.jpg

若江岩田までの駅間は撤去の途中であり、いまのところ架線柱のビームだけ撤去された感じです。

20141213_kawachi_hanazono-03.jpg

若江岩田駅は稿を改めて報告します。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線 
tb: 0   cm: 0

2014年12月14日 JR六甲道駅昇降式ホーム柵稼働開始   

JR六甲道駅のロープ昇降式ホーム柵が試験運用を開始したとのことで、早速現地へ赴きました。

20141214_rokkomichi-01.jpg

今回設置されたのは上り内側線の3番のりば。

20141214_rokkomichi-02.jpg

基本的な仕様はJR桜島駅と同じですが、より厳しい条件および未確認事項の検証も含めて六甲道駅での試験運用となっていますが、設置されたもう一つの理由は同駅が設置工事が比較的容易であるのではないかと思われます。

20141214_rokkomichi-03.jpg

実際の稼働状態。
まずは4ドア。

20141214_rokkomichi-04.jpg

続いて3ドア。

20141214_rokkomichi-05.jpg

6両・7両・8両の停車位置に設置された駅名標。
赤・青・黄の縦ラインが停車位置の共用範囲を示しています。
六甲道駅では2ヶ所設置され、もう一つは写真にはない10両・12両用のものが大阪寄りの端部に設置されています。

20141214_rokkomichi-06.jpg

停車位置前方に設置されている表示器類。
左が運転士開閉表示灯でホーム柵の開閉状態、右が範囲内表示灯でホーム柵の範囲内の停車しているかをそれぞれ示すものです。

下の写真では左は「×」右は「青」が表示されています。
左の「×」はホーム柵が上がっている状態(開状態)、右の「青」表示は範囲内に停車出来ていることを知らせており、客扱い中の時に表示されています。

20141214_rokkomichi-07.jpg

到着直後および閉戸後の表示。
ホーム柵が閉ざされた状態(ロープが下がる)になると左の表示が「○」に切り替わります。

20141214_rokkomichi-08.jpg

出発直後の表示。
列車が動き出すと範囲内から外れるため右側の表示が消灯します。
そして列車の後端がホームから離れると全ての表示が消灯します。

20141214_rokkomichi-09.jpg

大阪方ホーム端部にある表示灯類。
こちらは10両および12両用のもので、基本的に動作は先の触れたものと同じです。

20141214_rokkomichi-10.jpg

あの範囲内表示はどこで検出しているのかというと、各停止位置の線路側に距離センサが設けられています。

20141214_rokkomichi-11.jpg
20141214_rokkomichi-12.jpg

設置状態はそれぞれ異なりますが、センサは2つ一組で使用され、センサから前面との距離を測ることによってホーム柵の許容範囲内であるか否かを運転士に知られているという感じです。

20141214_rokkomichi-13.jpg

列車後端は車掌用のスイッチ類が設けられ六甲道駅では「6両」「7両・10両」「8両」「12両」の4ヶ所に設置されています。
列車の両数はホーム上の複数箇所に設置されたセンサーによって車両の無い箇所に位置するロープは上がらないようになっています。
20141214_rokkomichi-14.jpg

ホーム柵の開閉はセンサースイッチのなっていて、ラベルが貼られている場所に手をかざすとロープが昇降する仕組みとなっていますが、今回設置された六甲道駅のものは停車位置に近づいたら自動で開くように設定されています。

20141214_rokkomichi-15.jpg

ただしセンサースイッチが故障などで使用出来ない場合に備えてボタンスイッチが後方に配置されています。

20141214_rokkomichi-16.jpg

車掌用の監視モニタ。
モニタの右隣にあるものはホーム柵の開閉状態を表示するもので、開閉動作時はそれぞれの方向が表示され、ロープ上昇後は全点灯、ロープ下降後は全消灯となります。

20141214_rokkomichi-17.jpg

今回のJR六甲道駅のロープ昇降式ホーム柵レポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年12月14日  

2014年12月14日(

14日はまず阪神甲子園駅改良工事の見聞。

20141214_koshien-01.jpg

プロ野球シーズンが終わったことを受けて本格的に工事が進められていますが、ここへ来てようやく本設への切替が近づいて来ていると実感します。

20141214_koshien-05.jpg
20141214_koshien-10.jpg
20141214_koshien-11.jpg

六甲道駅へ。
以前から公表されていたロープ昇降式ホーム柵の稼働が開始されたのですが、想像している以上にスムーズだと・・・。

20141214_rokkomichi-01.jpg
20141214_rokkomichi-03.jpg

これらの様子は稿を改めて報告します。

20141214_rokkomichi-04.jpg
20141214_rokkomichi-05.jpg
20141214_rokkomichi-08.jpg
20141214_rokkomichi-11.jpg

category: 日記

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪神甲子園駅  JR西日本  ホーム柵  六甲道駅 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年12月13日  

2014年12月13日(

13日は初めに近鉄奈良線連立事業見聞から。
上り線の切替工事が9月実施された後、旧線の撤去と切替直後の暫定状態のままとなっている上り線の本設化工事を見てきました。

20141213_higashi_hanazono-01.jpg
20141213_higashi_hanazono-05.jpg
20141213_higashi_hanazono-04.jpg

20141213_kawachi_hanazono-01.jpg
20141213_kawachi_hanazono-02.jpg

20141213_wakae_iwata-01.jpg
20141213_wakae_iwata-03.jpg

続いて大阪城公園駅のリニューアル工事。
大阪環状線改造プロジェクトの一環として行われている工事で、新サインシステム対応の駅名標一体形のインフォメーションボードの整備が一先ず終り、あとは発車時刻表などの掲示物の差し込みを待つだけと言う段階となっています。

20141213_osakajokoen-01.jpg
20141213_osakajokoen-02.jpg
20141213_osakajokoen-03.jpg
20141213_osakajokoen-04.jpg

締め括りは207系の体質改善車であるZ22編成を捉えるべく尼崎で待機していたのですが、捉えることが出来ず断念し帰宅しました。

PC133817-e01
PC133817-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC133821-e01
PC133821-e01 posted by (C)dk_kawachi

category: 日記

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線  JR西日本  大阪環状線改造プロジェクト  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2014年12月7日 JR尼崎駅改良工事見聞2  

JR尼崎駅改良工事レポ。
後半は案内掲示類を中心に報告していきます。

201401207_amagasaki-11.jpg

ホームも含めた照明はLED照明が用いられていますが、東口駅舎の直下と延伸されたホーム上屋部分のみとなっています。

201401207_amagasaki-12.jpg

各種案内掲示類はラインナンバーが添付された仕様に交換されています。
JR西日本の京阪神地区ではJR京都・神戸線「A」と大阪環状線の「O」を基準に乗入れ線区順に割り振る方式となっています。

201401207_amagasaki-13.jpg
201401207_amagasaki-14.jpg

東口側の発車標。
路線名などの案内が電照式となる新仕様が設置されています。

201401207_amagasaki-15.jpg

既存のものについてはマスキングを用いる方式で対応しています。

201401207_amagasaki-16.jpg

東口乗換通路の階段下り口の仕様。

201401207_amagasaki-17.jpg

乗換案内用の発車標。
こちらも上部が電照式となっています。

201401207_amagasaki-18.jpg

西口側のものはラインナンバー付きのモノを貼付で対応になっています。

201401207_amagasaki-19.jpg

改札口側の発車標。
これらも東口と西口もホーム用および乗換案内用と同じくようになっています。

201401207_amagasaki-20.jpg
201401207_amagasaki-21.jpg

やはり設置時期が違うことが大きいようです。

今回のJR尼崎駅改良工事レポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  駅改良工事  JR尼崎駅 
tb: 0   cm: 0

2014年12月7日 JR尼崎駅改良工事見聞1  

JR尼崎駅はJR東西線開業に合わせた大規模改良工事により1995年から橋上駅舎化されて十数年が経過したが、JR東西線開業後の拠点駅としての機能と駅周辺の工場跡地を活用して再開発事業の伸展により利用者数が増加してきたことから、現行の規模では捌ききれなくなる恐れがあることから、自由通路を挟んで東側に駅舎を増築する工事が進められてきました。

その工事がこのほど完了し、2014年11月26日から新設された東改札口の供用が開始されました。

・現時点での構内案内図
http://www.jr-odekake.net/eki/img/premises/0610133.pdf

201401207_amagasaki-04.jpg

西口への階段上り口付近から大阪方を撮影。
写真の奥の方が新設された東口の駅舎付近になります。

201401207_amagasaki-01.jpg

東改札口の供用開始に合わせて一部列車の停車位置が変更されています。

201401207_amagasaki-05.jpg

東口コンコース乗換通路側。
こちらは改札口よりも先に供用が開始された区画ですが、今回の改札口の供用開始と共に駅ナカ店舗の営業も開始されています。

201401207_amagasaki-02.jpg
201401207_amagasaki-06.jpg

東口改札内コンコース。

201401207_amagasaki-03.jpg

改札口側は西改札口と同じく必要以上に幅員を割いているわけではないようです。

201401207_amagasaki-07.jpg
201401207_amagasaki-08.jpg

東口駅舎の屋根は採光のための窓が設けられていますが、この点は既存の西口にはなかったものです。

201401207_amagasaki-09.jpg

改札外コンコース北側に設けられている自動券売機。
東口コンコース側には写真の3台のみ設置され、南側には設置されておらずコンビニ(セブンイレブン)が入居となっています。

201401207_amagasaki-10.jpg

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  駅改良工事  JR尼崎駅 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年12月7日  

2014年12月7日(

7日は初めに今月1日から京都市内の中心部への乗入れが開始された京都特急ニュースター号に乗車して走行ルートの確認。

20141207_osaka_bus-01.jpg

これまでは京都駅折返しでしたが、今回の改正から川端通り沿いの清水五条駅と祇園四条駅に停留場が新設され、四条河原町や清水寺などへ行くには楽になりました。

20141207_osaka_bus-02.jpg

京都市内のルートは八条通から堀川通と五条通を経て五条大橋へ進み、川端五条交差点から川端通に入ると四条大橋交差点まで北上、四条大橋交差点から四条通に入り、四条河原町交差点からは河原町通りを南下、河原町は地上交差点まで南下すると八条通をホテルビスタ前にある京都駅(八条口)停留所へ戻ると言う流れ。

停留所のロケーションは以下の感じ。
まずは清水五条駅停留所。

20141207_osaka_bus-03.jpg

京阪本線・清水五条駅の3番出入口から川端通りを北へ50mほど歩いた場所に設置されています。

20141207_osaka_bus-04.jpg

祇園四条駅停留所。
こちらは京阪本線・祇園四条駅の2番出入口から川端通りを南へ100mほど歩いた場所に設置されています。

20141207_osaka_bus-05.jpg

WILLER EXPRESSの夜行バスと共有する同停留所は、運行上の折返し地点という扱いですが、実際の着時刻と時刻表上では異なり早着したのですが、どうやらハイシーズンにおける京都市内の渋滞を織り込んで設定されている感じでした。

20141207_osaka_bus-06.jpg

次の目的である207系0番台体質改善工事施工車を捉えるべく河原町から梅田乗換で尼崎へ移動したのですが、尼崎で目的の編成に遭遇して松井山手まで試乗してきました。
制御装置自体は筐体をそのままに内部が換装されているようでした。

松井山手で一度改札を出て折返し宝塚へ先回りして、ようやく車内写真の撮影に持ち込みました。

PC073717-e01
PC073717-e01 posted by (C)dk_kawachi

大きな仕切とスタンションポールが目立ちます。

PC073708-e01
PC073708-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC073712-e01
PC073712-e01 posted by (C)dk_kawachi

PC073714-e01
PC073714-e01 posted by (C)dk_kawachi

天井の照明はカバー付き蛍光灯からLED照明に交換されていますが、思っている以上に明るい印象を受けます。

PC073709-e01
PC073709-e01 posted by (C)dk_kawachi

尼崎へ戻って、供用が開始された東改札口を見聞。

201401207_amagasaki-01.jpg

通路の幅自体は既存の西口コンコースと同程度ですが、駅ナカ店舗が設けられた関係で駅舎の規模自体は大きいものとなっています。

201401207_amagasaki-02.jpg
201401207_amagasaki-03.jpg

今回の東改札口の供用開始によって一部列車の停車位置が変更されているとのことで、駅構内にはその向けを伝えるポスターが掲示されていました。

201401207_amagasaki-04.jpg

JR尼崎駅改良工事の詳細レポは後日報告します。

category: 日記

tag: 大阪バス  京都特急ニュースター号  JR西日本  体質改善工事  リニューアル工事  駅改良工事  JR尼崎駅 
tb: 0   cm: 0

2014年11月29日 JR六甲道駅昇降式ホーム柵設置工事  

JRゆめ咲線桜島駅で試験運用されている昇降式ホーム柵がJR神戸線六甲道駅下りホーム緩行線側に設置される工事が11月より着手されていることを知り、11がち29日に現地へ赴きました。

今回設置される昇降式ホーム柵は桜島駅における試験運用で判明した課題に加え、現行では複雑で且つ過酷な条件下における未確認事項そそれら対策検証も含めた長期試験を実施するためのものです。

20141129_rokkomichi-01.jpg

来訪時点では昇降式ホーム柵本体の設置工事そのものは完了してました。

20141129_rokkomichi-02.jpg
20141129_rokkomichi-03.jpg

下の画像にある表示灯類は運転手へホームドアの昇降状態を知らせるもののようで、路線末端の折返し駅である桜島駅では西九条側に設置されていました。
六甲道駅では大阪方に設置されますが、停車する列車の編成が6両・7両・8両・10両・12両であることから、それぞれに対応した停止位置の前方に設置されるものと思われます。

20141129_rokkomichi-04.jpg

神戸方に設置される前方監視モニタ。
直線区間上にある六甲道駅では前後が曲線となる外側線のみ設置されていましたが、内側線に新たに設置されるものは昇降式ホーム柵の状態の確認や利用者の安全を確保するためを目的で、列車に乗務する車掌が確認出来る位置に設置されることになります。
ちなみにホーム柵を操作するスイッチ類が設けられる2箇所に設置される模様です。

20141129_rokkomichi-05.jpg

最後尾側はモニタ設置工事の途中でした。

20141129_rokkomichi-06.jpg

近年よく見られるセンサ類。
主に列車位置を検出するために用いられていますが、写真のものは比較的新しい時期に設置されていることからホーム柵関連のものと思われます。

20141129_rokkomichi-07.jpg
20141129_rokkomichi-08.jpg

今回の六甲道駅のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  可動式ホーム柵  昇降式ホーム柵  JR神戸線  六甲道駅 
tb: 0   cm: 0

2014年11月29日 阪神甲子園駅改良工事レポ2  

阪神甲子園駅改良工事レポ。
後半は改札階および大屋根の工事を見てきます。

東出口の改札階は旧駅舎の撤去に伴い本設建物内に仮設の設備が設置されています。

20141129_koshien-17.jpg
20141129_koshien-04.jpg
20141129_koshien-18.jpg
20141129_koshien-05.jpg

東出口の駅舎。

20141129_koshien-06.jpg

来訪の時点では券売機は旧駅舎側に残されたままでしたが、これらは近いうちに本設側に仮設移転されると思われます。

20141129_koshien-07.jpg

大屋根。

20141129_koshien-19.jpg

屋根の骨組みであるトラスブロックの設置が完了して、膜屋根を張る工事が進められています。

20141129_koshien-20.jpg
20141129_koshien-21.jpg

今回の阪神甲子園駅改良工事レポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪神甲子園駅 
tb: 0   cm: 0

2014年11月29日 阪神甲子園駅改良工事レポ1  

2014年のプロ野球シーズンが終わったことから阪神甲子園駅の工事に動きがあったので11月29日の夜に見聞してきました。
前半はホーム階のレポから。

20141129_koshien-01.jpg

プロ野球のシーズン中は仮設だった降車ホームがいよいよ本設への切替に向けた工事に着手されています。
仮設ホームが順次撤去されて、本設の降車ホームが姿を現わしています。

ホーム中程・梅田側

20141129_koshien-02.jpg

ホーム中程・神戸側

20141129_koshien-08.jpg

梅田側ホーム端部。
右手に見えるのは建替え中の東駅舎。

20141129_koshien-09.jpg
20141129_koshien-11.jpg

梅田側の下り降車ホームが延伸されます。
これは神戸方に西改札口へのエレベータが設置される関係で有効長が短くなるための措置のようで、下りホームと上りホームも同様です。

20141129_koshien-10.jpg

神戸側。
駅舎の方は本設化されているため、降車ホームの本設化の工事が着手されており、基礎の方はすでに出来上がっています。

20141129_koshien-12.jpg
20141129_koshien-13.jpg

上りホーム。
こちらは降車ホームが撤去されて上り線の軌道を敷設するための工事が進められています。
すでに仮の降車ホームは撤去が完了しています。

20141129_koshien-03.jpg
20141129_koshien-14.jpg
20141129_koshien-15.jpg
20141129_koshien-16.jpg

後半に続きます。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪神甲子園駅 
tb: 0   cm: 0

2014年11月29日 JR西九条駅リニューアル工事  

大阪環状線改造プロジェクトの一環として駅構内の改装工事が行われており、第一陣である森ノ宮駅ではホーム階の改装工事が一部を除いて終わり、大阪城公園駅も便所の改装や案内表示板の再整備が進められています。

そんな中、西九条駅でも改装工事が着手されていましたので、今回報告します。

現状はインフォメーションボードの新設やホーム床面およびホーム上屋の支柱の美装化が進められています。

20141129_nishi_kujo-01.jpg

インフォメーションボード。

20141129_nishi_kujo-02.jpg

上屋の支柱。
円筒形のもので囲って美装化されています。

20141129_nishi_kujo-03.jpg

縦式の駅名標が取り付けられているタイプ。

20141129_nishi_kujo-04.jpg

床面は上塗りされているだけのようですが、ここから床面の更新が行われるのかは不明です。

20141129_nishi_kujo-05.jpg

ホーム上屋に取り付けられている照明は蛍光灯から白色LEDに交換されています。
これは森ノ宮駅でも採用されたPanasonic製の一体形LEDベースライト「iDシリーズ」のカバー付きモデル。

20141129_nishi_kujo-06.jpg

今回のJR西九条駅のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop