DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2014年08月
2014年08月の記事一覧

週末日記 2014年8月31日  

2014年8月31日(

8月最後のお休みである31日は鉄道工事巡り。

まずは近鉄奈良線連立事業見聞へ。
いよいよ9月中旬に行われる上り線の切替を控え、工事の最終段階へ進んでいます。

若江岩田駅では切替え後も地上の旧上り線の設備が支障となるため、階段・エスカレータなどが設置出来ないことから、当面の暫定措置として仮設の通路を介して階段とエレベータが設けられることになっています。

20140831_wakae_iwata-01.jpg

また、切替え後の改札は現在下り線用で使われている仮設の北改札が使用され、現在上り線本設で使用されている改札口は閉鎖される予定となっています(閉鎖日時は未定)

20140831_wakae_iwata-02.jpg

河内花園駅も同じく暫定での共用となる予定でエレベータが仮設で設置されていますが、本設の階段が一部使用出来るスペースが確保されていることから仮設の通路は設けられない模様です。

20140831_kawachi_hanazono-01.jpg

東花園駅ではホーム上の付帯設備であるベンチなどが整備されて、切替に向けて完成しつつあるようです。

20140831_higashi_hanazono-01.jpg

学研都市線鴫野駅へ。
おおさか東線第2期工事に伴うホーム増設など規模の大きい土木工事が行われる鴫野駅の前後区間は、駅構内の軌道の敷設準備が進められています。

20140831_shigino-01.jpg
20140831_shigino-02.jpg

鴫野~京橋に架かる寝屋川橋梁でも学研都市線用の橋梁設置工事が切替に向けて着々と進められていました。

20140831_shigino-03.jpg

この後はヨドバシ梅田に寄り道してから帰宅しました。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  連続立体交差事業  近鉄奈良線  JR西日本  おおさか東線  学研都市線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年8月30日  

8月最後の週末となりました(この週末が終わると9月なんか・・・)

土曜日である30日はおけいはんへ。
狙うは13000系2次車または6000系リニューアル車と言ったところ。

有名どころの森小路は撮影隊が集まっており選択肢から除外。
たまたま降車した萱島で撮影することにしました。

まずは2200系。
登場から50年が経過しヘッドマークが取り付けられているのですが、実は置換え時期に達していると言う現実に直面しており、2600系0番台と共に13000系の本線仕様編成へ置換えられると思われます。
ただし、現時点では編成短縮による余剰車が廃車されただけで、全面的か置換え計画が未定となっていることから、もう数年程は活躍するようです。

P8301288-e01
P8301288-e01 posted by (C)dk_kawachi

ようやくやって来た6000系リニューアル車。
現時点では試運転の段階で、営業運転に復帰するのはもう少し先になるらしいです。

IMG_2156-e01
IMG_2156-e01 posted by (C)dk_kawachi

外観や足回りは大きく変えられていませんが、種別と行先表示が13000系と同じくフルカラーLEDに換装されています。
内装は13000系に準じたものとなっていますが、それは営業運転に入ってから確認・撮影することにします。

IMG_2159-e01
IMG_2159-e01 posted by (C)dk_kawachi

そして6000系6001編成。
こちらは未更新です。

P8301290-e01
P8301290-e01 posted by (C)dk_kawachi

撮影後は樟葉へ。
目的は隣接するくずはモールの南館にある「SANZEN HIROBA」

20140830_sanzen_hiroba-01.jpg

ここには初代3000系の先頭車が保存されていますが、車内も保存際し当時のものに復元されています。
(※:くずはモールの内部自体は撮影禁止となっていますが、「SANZEN HIROBA」内についてのみ例外的に撮影可能となっています)

20140830_sanzen_hiroba-02.jpg

この日はここまでとし帰宅しました。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年8月23日  

2014年8月23日(

23日は午前中を大阪環状線改造プロジェクト関連の工事の見聞。
まずは森ノ宮駅。

20140823_morinomiya-01.jpg

ホーム階の工事は一段落付いたところ。
京橋方の城見エリアの整備は駅舎外観をも含めた工事になるため、工事が着手されるまでの暫定措置として再塗装などで処理されています。

20140823_morinomiya-02.jpg
20140823_morinomiya-03.jpg

通路側の工事は天井の化粧パネル設置工事が今後施行されるようですが、照明のLED化はこれより先に施行されており、電球色のLEDが本設用として整備されています。

20140823_morinomiya-04.jpg
20140823_morinomiya-05.jpg
20140823_morinomiya-06.jpg

大阪城公園駅へ。
こちらはホーム上屋の改修に合わせて壁面の再塗装が施行されています。

20140823_osakajo_koen-01.jpg

これらの工事に合わせて床面に通路用のスペースの案内が貼られています。

20140823_osakajo_koen-02.jpg

これは京橋方にのみで入口がある同駅の問題点として周辺イベント開催時の混雑の偏りへの対処と比較的空いている天王寺方への誘導も兼ねたものとなっています。

20140823_osakajo_koen-03.jpg

改札階は自動改札機の更新に合わせて周辺の床材のみ更新されています。
8月22日から女性用便所の改修工事が施工されているとのことです。

20140823_osakajo_koen-04.jpg

午後からは北条鉄道へ。
ここへ来たのは同鉄道の車両を1両貸し切ってのイベント「twitrain“ほうじょう路”2014」に参加するため。

20140823_hojo_flw2000-01.jpg
20140823_hojomachi-01.jpg

都合3時間となる肝心の貸切車両の動きは・・・。
・定期列車の北条町寄りに連結されて1往復
・北条町で切り離し・入換え、定期列車が1往復している間は側線で留置
・側線から本線上に入換え後、定期列車の北条町寄りに連結されて1往復
と言う流れ。

以下は最初の1往復の時の入換え作業の様子。

1.粟生からの定期列車が到着(貸切列車は画像右側にある車庫で待機)

20140823_hojo_railway-01.jpg

2.降車終了後、粟生方へ引き上げ。
(分岐器から踏切手前までは1両分の有効長(停止位置目標設置)があり、単行入換え作業時はここを活用する。2両分入換える場合は踏切を跨ぐ)

20140823_hojo_railway-02.jpg

3.車庫へ転線して貸切列車を本線上へ引き出し。

20140823_hojo_railway-03.jpg

4.ホームへ入線(写真手前が貸切列車、粟生方が定期列車)

20140823_hojo_railway-04.jpg

終了後は懇親会へ参加。
懇親会は谷上駅構内にある「北神餃子」を貸し切って行われました。

20140823_hokushin_gyoza-01.jpg
20140823_hokushin_gyoza-02.jpg
20140823_hokushin_gyoza-03.jpg
20140823_hokushin_gyoza-04.jpg
20140823_hokushin_gyoza-05.jpg
20140823_hokushin_gyoza-06.jpg

22時頃に懇親会は終了。

三宮・梅田経由で帰宅しましたが、帰宅後は写真の整理に追われることに・・・。
しかも、直前まで夜勤があったことから22日17時頃から起きること約30時間経ってようやく就寝というオチが付きました。

category: 日記

tag: 駅改良工事  JR西日本  北条鉄道 
tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2014年8月17日  

2014年8月17日(

遠征最終日は午前中の所用を済ませてから活動開始のため、午後から東武野田線での撮影。
最新鋭の60000系も本数が増えたことから、撮影しやすい環境になりつつあり、今回主に撮影した鎌ヶ谷駅で確認出来ただけでも柏~船橋で3本は入っていました。

P8171061
P8171061 posted by (C)dk_kawachi
P8171063
P8171063 posted by (C)dk_kawachi
P8171068
P8171068 posted by (C)dk_kawachi
P8171073
P8171073 posted by (C)dk_kawachi
P8171075
P8171075 posted by (C)dk_kawachi

また、柏で第8編成を見かけましたが、これは昨年度導入分となるらしく、今年度は6両編成8本が導入される予定だそうで、一気に16本になる計画と言うことになります。

P8171079
P8171079 posted by (C)dk_kawachi
P8171081
P8171081 posted by (C)dk_kawachi
P8171083
P8171083 posted by (C)dk_kawachi

常磐線で日暮里まで戻ってくると、ホーム拡張工事の見聞。

20140817_nippori-01.jpg

前回は拡張されて間がない頃の見聞だったため、今回見た限りでは一部が仮設状態になっているだけで、全体としてはほぼ終わっている感じでした。

20140817_nippori-02.jpg
20140817_nippori-03.jpg

現地での締めは上野駅で東北縦貫線改め東京上野ラインの現状確認。
工事自体は完了しているらしく、現在は来春の開業を目指して試運転が実施されていますが、時間帯が悪かったのか見かけませんでした。
(遠征4日目に試運転が行われているのを目的したのですが撮影出来ず)

20140817_ueno-01.jpg
20140817_ueno-02.jpg

今回の遠征はここまで。
東京からのぞみ261号に乗って帰阪し、現実の世界に引き戻されるのであります。

20140817_tokyo-01.jpg

category: 日記

tag: 東武鉄道  輸送力増強工事  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2014年8月16日  

2014年8月16日(

遠征4日目からは首都圏に滞在。
その初日は東京モノレールの撮影を行うため天王洲アイルへ。

前回と違うのは機材がOLYMPUS PEN E-P1からE-P5に変わっただけでもありますが、目的はやはり最新鋭の10000形。

P8160968
P8160968 posted by (C)dk_kawachi
P8160970
P8160970 posted by (C)dk_kawachi
P8160972-e01
P8160972-e01 posted by (C)dk_kawachi
P8160973
P8160973 posted by (C)dk_kawachi

若干被られてしまいましたが、折り返しに乗って終点の羽田空港国内線第2ビル駅で車内写真と運転台の撮影で写真としてはコンプリートさせるところまで来ました。

P8160982
P8160982 posted by (C)dk_kawachi
P8160986-e01
P8160986-e01 posted by (C)dk_kawachi

午後からは京葉線でちょっと撮影。
E233系5000番台を捉えたのですが、撮影した結果を見て何か微妙・・・汗。

P8160993-e01
P8160993-e01 posted by (C)dk_kawachi

渋谷へ移動して京王井の頭線に乗車。
しばらく乗っていなかったので井の頭線のダイヤパターンが1:1になっているなど以前乗ったときよりも変わっているなと思った次第。

改良された吉祥寺駅で折り返し待ちの車両の撮影へ。

20140816_kichijouji-01.jpg

ちょうど渋谷方から2両目あたりまでは僅かな時間だけ誰もいない状態になることを利用しての車内写真撮影ですが、バリアフリー化に取り組む京王の例に漏れず前期車にも後期車のような大型の袖仕切りが設置されていたり、3色LEDの行き先表示がフルカラーに交換されているとはあまり考えていなかったので、実車を見るたびに「京王らしい統一感」などと思いを巡らせてみたりしていました。

P8161025
P8161025 posted by (C)dk_kawachi
P8161044
P8161044 posted by (C)dk_kawachi
P8161015
P8161015 posted by (C)dk_kawachi
P8161033
P8161033 posted by (C)dk_kawachi
P8161049
P8161049 posted by (C)dk_kawachi

日も暮れた頃にホテルへ戻り遠征4日目が終了となりました。

category: 日記

tag: 東京モノレール  JR東日本  京王電鉄 
tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2014年8月15日  

2014年8月15日(金)

遠征3日目は甲府盆地内の旧跡巡り。
まずは新府城跡から。

20140815_shimpu-01.jpg
20140815_shimpu_castle-01.jpg

新府城は甲府盆地の北西部に位置し、正面に秩父山地を望むその場所は諏訪・佐久・遠州からの街道が交差する交通の要所でもあったことから築城されたのですが、数年後には武田家が滅亡、武田亡き後の甲斐国を巡る徳川と後北条の争いで徳川方の戦略上の拠点として使われた後、廃城となっています。

20140815_shimpu_castle-02.jpg
クリックするとフルサイズで表示されます。

20140815_shimpu_castle-03.jpg
20140815_shimpu_castle-04.jpg
20140815_shimpu_castle-05.jpg

現地を見た感じでは、想像されているよりも規模の小さな城跡でしたが、本丸がかなりの大きさであったのには驚きました。

続いては甲府盆地の東端にある勝沼氏館跡。
最寄りである勝沼ぶどう郷駅は笹子峠を擁する御坂山地の中腹に、肝心の館跡は徒歩で30分ほどかかる麓にあることから県道38号線を延々と下りて行く羽目になりました。

20140815_katsunuma_budokyo-01.jpg
20140815_katsunuma_site-01.jpg

ワインの産地として知られる甲州市勝沼町は甲州街道が通り、背後に笹子峠を控えたこの場所は甲府盆地東を一望できる地理的条件から当地を所管するための拠点としてこの館が置かれていたようです。

山梨県立ワインセンターの建設に際して調査が行われ、館の存在が明らかになったことから以降の整備が行われ現在に至るのですが、結構入り組んだ場所で民家などが隣接しているところに復元された建物があったりすることから最初は本当にここか確証が無かったほどです。

館の内郭部へも行ってきたのですが、日頃のお手入れがよろしくないようで藪で遮られている場所があちこちに見られて、入るのを躊躇ってしまうほどです・・・。

20140815_katsunuma_site-02.jpg

館跡から再び戻ってきたものの、予定を前倒しして動いていたことから、その余裕分を使って大日影トンネル遊歩道へ行ってきました。

20140815_ohokage_tunnel-01.jpg

現在の中央本線の大日影トンネルは線形改良に伴い新たに新大日影トンネルを使用しているため旧トンネルが用途廃止されていましたのですが、産業遺産としての価値があることから甲州市に譲渡・再整備を行って上で遊歩道として一般開放されることになったとのことです。

20140815_ohokage_tunnel-02.jpg

全長約1.4kmのトンネルを30分ほどで走破するのですが、最小限ながら照明も整備されていることもあって、大きな不安無く通ることができます。

20140815_ohokage_tunnel-03.jpg
20140815_ohokage_tunnel-04.jpg
20140815_ohokage_tunnel-05.jpg

甲府へ戻って土産物を購入・発送の手筈を整えてから身延線で縦断。

20140815_kofu-01.jpg
P8150939
P8150939 posted by (C)dk_kawachi

通常はガラガラの身延線とは思えないほどの混雑ぶりだったのには驚かされましたが、途中の内船で「南部の火祭り」という南部町のお祭りが当日開催されることからで、普段は無人駅である内船駅は出改札のための要員が多数派遣されていました。

20140815_utsubuna-01.jpg
20140815_minobu_line-01.jpg

富士に到着後は東海道線を東へと乗り継いで東京入り。

20140815_fuji-01.jpg
20140815_odawara-01.jpg

都内のホテルにチェックインして遠征3日目は終わりです。

category: 日記

tag: 日本の城郭  甲斐新府城  勝沼氏館  JR東日本  大日陰トンネル遊歩道  JR東海 
tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2014年8月14日  

2014年8月14日(木)

遠征2日目から本格的に城攻めの予定で、当日は諏訪地方の城跡を3つ制覇するつもりで挑みましたが、天候がよろしくないと言う天で不安がよぎります。

朝の時点での天気予報では昼頃から降りそうな感じだったので、予定を前倒しし7時前に出発した上で最後の予定していた上原城を最初に持って行くことにしました。

20140814_chino-01.jpg
20140814_chino-02.jpg

茅野駅から徒歩で1時間ほど歩いた場所にある上原城は非常のコンパクトな主郭部となっていますが、周辺に支城を置いていたことと、平時の政務のための中腹に館を置いていることから戦後時代における標準的な城郭であったと思われます。

20140814_uehara_castle-01.jpg
20140814_uehara_castle-02.jpg
20140814_uehara_castle-03.jpg
20140814_uehara_castle-04.jpg

上原城での撮影を終える頃に雨足が強くなり、慌てて下山する羽目になったことから、中腹の館跡は数枚程度の撮影でお茶を濁した上にズボンは膝より下が濡れてしまい張り付くという不快感最大という結果を残して上諏訪へ移動となりました。

20140814_kami_suwa-01.jpg

上諏訪では高島城へ登城。
こちらは天守が建っていますが、廃城後に解体されて本丸跡を城址公園として整備されたことから、現在のものは1970年に建てられたもので、当時のものとは若干異なることから復興天守の扱いとなっています。

20140814_takashima_castle-01.jpg
20140814_takashima_castle-02.jpg
20140814_takashima_castle-03.jpg

この跡は上原城の支城であった桑原城へ行く予定にしていたのですが、再び雨足が強くなってしまったため断念しましたが、事前にそのことを考慮して差し替え用の予定として考えていた平出遺跡へ来訪することにしました。

20140814_hiraide_site-01.jpg

塩尻駅から1.3kmほどの場所にある平出(ひらいで)遺跡は縄文時代から平安時代にかけて竪穴式住居群で、その史跡の指定範囲と復元規模は比較的広い範囲となっています。

20140814_hiraide_site-02.jpg

少し山手にある博物館には当地で発掘された土器などが復元された上で展示されています。

20140814_hiraide_site-03.jpg
20140814_hiraide_site-04.jpg

平出遺跡の来訪が終わると、一端松本戻って鞄を回収し、甲府へ移動して遠征2日目は終了となりました。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

夏休み遠征日記 2014年8月13日  

2014年8月13日(水)

2014年の夏休みは前半を南信~甲州の旧跡を巡り、後半は首都圏滞在ということにしました。

まずは遠征初日である13日のダイジェストから。
遠征は当日朝から出発でしたが、例年のごとく早朝出発では無く7時過ぎに出発という少し遅めの時間となりました。

往路は新大阪からこだま642号で豊橋へ。
帰省ラッシュと逆方向なので、少し混む程度での移動となりました。

20140813_shin_osaka-01.jpg

というのはここまで。

豊橋からは飯田線で縦断するため、乗車時間6時間49分という長丁場に挑みましたが、短い2両編成の313系3000番台に120pクラス混み具合。
しかも座れず立つ羽目になってしまいます。

20140813_toyohashi-01.jpg

如何せん本長篠以北の中部天竜・天竜峡・飯田方面へ抜ける列車は少なく、今回の豊橋駅10:42発岡谷行きを逃すと次は○時間後という恐ろしい自体になってしまいますのでこればかりは仕方が無いのですが、今回の列車はワンマンでは無く飯田線の定番である変則ツーマンなることからいっそのこと4両に増結してくれという嘆きが聞こえそうです・・・汗。
結局のところ豊橋から2時間ぐらいは座れず、浦河で下車する老夫婦に席を譲られて事なきを得ましたが、飯田でようやく80pぐらいに落ち着くという感じでした。

途中、中央本線の遅れが波及する形で3分ほど遅れたものの、大幅な遅れが出ない程度で岡谷に到着。

20140813_okaya-01.jpg

P8130348
P8130348 posted by (C)dk_kawachi

P8130351
P8130351 posted by (C)dk_kawachi

長丁場を共にした313系3000番台に別れを告げたあとは幕張から転籍した新参者211系3000番台に乗って松本へ移動。

20140813_okaya-02.jpg

P8130356
P8130356 posted by (C)dk_kawachi

移動のみとなった遠征初日はここまでとし、松本市内のホテルへ一泊することにしました。

20140813_matsumoto-01.jpg

category: 日記

tag: JR東海  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

2014年8月2日 JR森ノ宮駅リニューアル工事レポ・その2  

8月2日のJR森ノ宮駅リニューアル工事レポ。
後半は新たに整備された案内サイン群を見てきます。

まずは駅名標と時刻表が一体となったインフォメーションボード。
左から順位、駅構内図と出口案内、路線図、時刻表、各駅の乗換および出口位置案内。

P8020169-e01
P8020169-e01 posted by (C)dk_kawachi

階段付近以外はJR西日本標準の駅名標となっていますが、黒地に白文字はこれまで無かった仕様です。
(現行のJR西日本標準は多くの鉄道事業者で採用している白地に黒文字)

P8020161
P8020161 posted by (C)dk_kawachi

柱形の駅名標も黒地に白文字となっています。

P8020159
P8020159 posted by (C)dk_kawachi

こちらは上部に環状線の路線図をイメージしたデザインが用いられています。
点の数は環状線の駅数に、赤の点は路線図で言うところの森ノ宮駅の位置を示し、白い点になっているのが列車の方向を示しています。
写真は内回りホームのものを撮っていることから大阪駅が位置する円の上の方に向かっているという案配でデザインされています。

P8020162
P8020162 posted by (C)dk_kawachi

森ノ宮駅に設置されている駅名標は電照式であることから、夜間点灯時はご覧の通りとなります。
インフォメーションボードは駅名標の部分のみ電照式で下段の各種案内は非電照となっています。

P8020228
P8020228 posted by (C)dk_kawachi

P8020254
P8020254 posted by (C)dk_kawachi

夜間点灯時の外回りホーム京橋方の様子。

P8020235
P8020235 posted by (C)dk_kawachi

中2階にある柱形の案内掲示。

P8020179
P8020179 posted by (C)dk_kawachi

のりば案内。
路線名の前に「O」と記されていますが、路線名の英称「Osaka Loop Line」の頭文字をとったものと思われます。
ステーションナンバーを設定するという話は公式にも出ていないため、ラインカラーならぬラインナンバーみたいなものを設定するのかどうかは謎です。

P8020189
P8020189 posted by (C)dk_kawachi

出口案内。

P8020190
P8020190 posted by (C)dk_kawachi

階段上り口の壁面に整備された大型案内サイン。

P8020173
P8020173 posted by (C)dk_kawachi

こちらも環状線の路線図をイメージした用いられていますが、柱形駅名標と違うのは駅名も記されていると言う点でしょう。

P8020174
P8020174 posted by (C)dk_kawachi

今後は駅正面玄関と改札階コンコースのリニューアルなどが進められる予定となっています。

今回のレポは以上です。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  駅改良工事  大阪環状線改造プロジェクト 
tb: 0   cm: 0

2014年8月2日 JR森ノ宮駅リニューアル工事レポ・その1  

8月2日に森ノ宮駅のリニューアル工事の見聞をしてきました。

今回は8月1日よりインフォメーションボードとコミュニティスペースの整備がほぼ終わることを受けての来訪ですが、リニューアル前と比べて印象が変わっている事を含めて見てきます。

P8020160
P8020160 posted by (C)dk_kawachi

内回りホームのコミュニティスペース。

この場所の床面から天井部分は木目調の床材およびパネルで美装化され、飲料自販機が2台とデジタルサイネージ用のモニタが1台が整備されています。
現状は天王寺方に倉庫らしき部屋が残されていることから、外回りのものに比べて若干狭くなっています。

P8020165
P8020165 posted by (C)dk_kawachi

エレベータ出入口が京橋方に向いているため、天王寺側にはエレベータの案内が大きく掲示されています。
この大型案内掲示板は以前整備されていませんでした。

P8020166
P8020166 posted by (C)dk_kawachi

京橋方ホーム端部。
外回り側の壁面は駅舎正面玄関の真上に当たるのですが、ここを城見エリアとし壁を撤去してアルミフレームとガラスで構成された高欄を整備するため仮の囲いが設けられています。

P8020171
P8020171 posted by (C)dk_kawachi

階段部分は床面と壁面の整備が完了し、残るは高欄と階下の天井部分ぐらいとなっています。

P8020172
P8020172 posted by (C)dk_kawachi

こちらは上り口から撮影。

壁面のピクトグラムは双方で異なるデザインが採用され、線路側は階段を上る人、反対側は階段を下りる人をモチーフにしたデザインが採用されています。
よく見ると、誘導のためサインらしく、階段床面のタイルも左右で異なる配色となっていて、降車した人と外側へ誘導させて少しでもホームへ上がってくる人の導線を邪魔させないというアイデアなのかも知れませんが・・・。

P8020188
P8020188 posted by (C)dk_kawachi

中2階の通路。
こちらは天井周りの工事がまだ残されています。

P8020178
P8020178 posted by (C)dk_kawachi

各ホームの上り口手前にはパンフレットのラックが設けられていますが、便所の向かいとなる外回り側のみくず物入れが併設されています。

P8020175
P8020175 posted by (C)dk_kawachi

P8020177
P8020177 posted by (C)dk_kawachi

改札コンコース。
こちらはこれから着手されたばかりで、改札外コンコースに仮の囲いが設けられているだけでした。

P8020192
P8020192 posted by (C)dk_kawachi

こちらは夜の外回りホームを撮影。
ホーム階は昼間消灯されていますが、夜間は点灯しているため駅名標が電照式であることが分かります。

P8020252
P8020252 posted by (C)dk_kawachi

外回りホームのコミュニティスペース。
夜間はこのように照明が灯されます。

P8020239
P8020239 posted by (C)dk_kawachi

電球色のLEDが用いられた照明は天井と壁面の間接照明となっています。

P8020245
P8020245 posted by (C)dk_kawachi

P8020246
P8020246 posted by (C)dk_kawachi

京橋方の城見エリア。
外回りホームのみ整備がほぼ終わっている段階です。

P8020243
P8020243 posted by (C)dk_kawachi

→その2に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  駅改良工事  大阪環状線改造プロジェクト 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年8月3日  

2014年8月3日(

3日は雨が降る中、近鉄奈良線の連立事業見聞からスタート。
ここでは東花園駅の見聞のみ。

20140803_higashi_hanazono-01.jpg

9月下旬の切替が迫る上り線では信号関係の工事が進められていました。

20140803_higashi_hanazono-02.jpg

学研奈良登美ヶ丘へ。

20140803_gakken_nara_tomigaoka-01.jpg

ここでは大阪市営地下鉄と近鉄けいはんな線で使用されている車両の車内写真撮影。
24系は中間更新に当たるリフレッシュ工事が着手されたことから、今の間に現行の姿を撮っておきます。

P8030264
P8030264 posted by (C)dk_kawachi

P8030273
P8030273 posted by (C)dk_kawachi

7020系の車内写真。
実は今回が初めて。

P8030279-e01
P8030279-e01 posted by (C)dk_kawachi

P8030296-e01
P8030296-e01 posted by (C)dk_kawachi

7000系。
こちらは一度撮っていますが、完全に網羅しているわけでは無かったため撮影しておきました。

P8030307-e01
P8030307-e01 posted by (C)dk_kawachi

P8030323-e01
P8030323-e01 posted by (C)dk_kawachi

3日のダイジェストは以上です。

category: 未分類

tag: 連続立体交差事業  近畿日本鉄道  近鉄奈良線  大阪市交通局  大阪市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年8月2日  

2014年8月2日(土)

8月最初のお休みである2日は森ノ宮駅のリニューアル工事の見聞からスタート。
こちらは新たに設置されたインフォメーションボードなどが8月1日から使用開始となったことを受けての来訪。

P8020161
P8020161 posted by (C)dk_kawachi

P8020160
P8020160 posted by (C)dk_kawachi

内回りホームのコミュニケーションスペース。

P8020165
P8020165 posted by (C)dk_kawachi

階段付近の2ヶ所に設置されている駅名標と時刻表などの一体形となるインフォメーションボード。

P8020169-e01
P8020169-e01 posted by (C)dk_kawachi

階段上り口にある大型案内サイン。

P8020173
P8020173 posted by (C)dk_kawachi

改札口周りはこれからで、現在は改札外に工事用のフェンスが立ち始めた段階です。
詳細は4日以降のレポでアップします。

P8020192
P8020192 posted by (C)dk_kawachi

九条へ移動。
ここではまもなく引退することが決定した大阪市営地下鉄中央線の20系量産先行車して登場した第1編成である2601編成を狙います。

P8020208
P8020208 posted by (C)dk_kawachi

P8020211
P8020211 posted by (C)dk_kawachi

待つこと50分でようやく捉えました。
数年ほど前に撮ったことがあったのですが、ピンぼけだったのでまともに捉えたのは今回が初めて。

P8020215
P8020215 posted by (C)dk_kawachi

阪神甲子園駅へ。
ここでは大規模改良工事の進捗状況の確認へ。

20140802_koshien-01.jpg

大屋根が順次構築されてゆくのがよく分かります。

20140802_koshien-02.jpg

20140802_koshien-03.jpg

再び森ノ宮駅へ。
昼間は灯されない電照式の駅名標を見るために再度訪れた次第。

P8020235
P8020235 posted by (C)dk_kawachi

こちらも昼間へ照明が灯されないので、夜間で確認。
電球色のLEDを用いた照明は壁面と天井からの間接照明となっています。

P8020239
P8020239 posted by (C)dk_kawachi

こちらも昼間の詳細レポと合わせて後日アップします。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop