DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2014年05月
2014年05月の記事一覧

週末日記 2014年5月25日  

2014年5月25日(

25日は始めに阪神甲子園駅での改良工事見聞。
西改札口まわりの配置が変わるようで、これまで東改札口側にあった駅長室が5月31日に西改札口の本設側の駅事務室へ移転されることが告知されています。

20140525_koshien-01.jpg

さて、駅本体は大屋根の支柱が立ち始め、来訪時点で南側3本(うち1本は架線柱と兼用)建っています。
この作業のため大型クレーンが用いられています。
また、甲子園球場との間に設けられた仮の作業台は工事事務所や設置作業待ちの大屋根の支柱が置かれています。

20140525_koshien-02.jpg
20140525_koshien-03.jpg

仮設化された下りホームの直下では拡張部分の基礎工事が進められているのはこれまでと同じ。

20140525_koshien-04.jpg

新開地で阪急7000系7020編成の車内写真の撮影。

P5258507
P5258507 posted by (C)dk_kawachi

9000系・1000系グループ以外の既存車両に対する車内照明のLED化はこの7000系に限らず、今後使用される車両に対して順次行われているようです。

P5258510
P5258510 posted by (C)dk_kawachi

25日の日記はここまでです。
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪急電鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年5月24日  

2014年5月24日(

24日は始めに赤いラピートを追うため南海本線へ。

近年デフォルト撮影地としている住吉大社駅には先約がいたため、天下茶屋へ。
ここでは泉北高速から譲渡された3000系の編成写真を撮影。
泉北時代のロゴと帯が消されて南海仕様となっていましたが、中身はほぼそのままらしいです。

P5248460-e01
P5248460-e01 posted by (C)dk_kawachi

天下茶屋では上り列車に被られる可能性があることが分かったため、都心寄りの新今宮へ移動。

20140524_shin_imamiya-01.jpg

ここで例の赤いラピートが難波へ向かっていったため、折り返してくるところを狙うことにしたのですが、難波方に人が集まりそうな気配なのを見て和歌山市方へ移動して待つことにしました。

P5248463-e01
P5248463-e01 posted by (C)dk_kawachi

P5248470
P5248470 posted by (C)dk_kawachi

P5248475
P5248475 posted by (C)dk_kawachi

ようやく赤いラピートを捉えることに成功しました。

P5248481
P5248481 posted by (C)dk_kawachi

この、50000系第2編成にラッピングされた赤いラピートは空港線開業とラピート運行開始から20周年を記念し、今年5月中旬から劇場公開された「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) episode7「虹の彼方に」」とのタイアップにより実現されたもので、ネオ・ジオンのイメージカラーであるワインレッドのラッピングは鉄道趣味者以外にも話題になるほど。

・赤い彗星ラピートの運行開始セレモニーの様子(大阪観光チャンネルのYouTubeより)


赤いラピートが難波から戻って来る前に2代目8000系の最新編成である8013編成に遭遇したことから、赤いラピートの後発でやって来たところを捉えました。
それにしても2代目8000系が13本目まで出ていたのですね。

P5248486-e01
P5248486-e01 posted by (C)dk_kawachi

新今宮での撮影後は門真市へ。

20140524_kadomashi-01.jpg

ようやく動き始めた大阪モノレール本線の南進計画を受けて現在の本線南端になる同駅を見聞。
いまのところ分かっているのは府道中央環状線の東側(八尾・堺方面の車線)直上にルートをとると言うことのみです。

20140524_kadomashi-02.jpg

千里中央へ。
先週末に見聞した北急延伸で気になった箇所を再度見直してきました。

駅構内の北端に予め造られた曲線部分が生かされるかどうかなのですが、先行して造られた曲線のままだと北西側に建っているタワーマンション「ザ・千里タワー」の基礎に当たってしまいそうな感じですが、箕面市の公式サイトにある延伸計画の資料を見る限りではヤマダ電機の地下に受水槽があるという制約があるものの、千里中央駅の既存構造物に出来るだけ手を入れず且つタワーマンションとヤマダ電機の受水槽を避ける形で構築出来るようです。

20140524_senri_chuo-01.jpg
この画像の撮影で立っている場所の真下が千里中央駅構内北端の曲線部分に当たる。
※:延伸ルートは左のタワーマンションと正面のヤマダ電機の地下にある受水槽の間を避ける形で緩やかなS字カーブを描いて新御堂筋に出る計画となっています。

24日の日記はここまでとします。

category: 日記

tag: 南海電気鉄道  大阪高速鉄道  大阪モノレール  北大阪急行電鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年5月18日  

2014年5月18日(

18日は北急関連のため外出。

まずは9000形の編成写真を撮るために桃山台へ。
やってくる列車の比率が大阪市交の車両が多いのは仕方が無いのですが、肝心の9000形は遭遇出来ず。
とは言え、30000系の最新3本目である31603編成が撮れただけでも収穫といったところ。

IMG_1954-e01
IMG_1954-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1958-e01
IMG_1958-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1960-e01
IMG_1960-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1968-e01
IMG_1968-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1972-e01
IMG_1972-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1973-e01
IMG_1973-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1978-e01
IMG_1978-e01 posted by (C)dk_kawachi

IMG_1981-e01
IMG_1981-e01 posted by (C)dk_kawachi

桃山台での撮影を切り上げて、千里中央以北への延伸予定区間を徒歩で見聞。
実際の見聞のまとめは稿を改めて出す予定ですが、地形的に厳しい丘陵地とできる限り用地取得コストを抑えるという課題をいかに克服したのがあのルートなのかなと思ったりしました。

20140518_kitakyu-01.jpg
20140518_kitakyu-10.jpg
20140518_kitakyu-02.jpg
20140518_kitakyu-03.jpg
20140518_kitakyu-04.jpg
20140518_kitakyu-05.jpg
20140518_kitakyu-06.jpg
20140518_kitakyu-07.jpg
20140518_kitakyu-08.jpg
20140518_kitakyu-09.jpg

延伸予定区間を見た後はバスで再び千里中央へ。
ここでは30000系31000番台の2次車となる31603編成の車内写真を撮影。

近畿車輛製の31601編成に対し2次車の31602編成と31602編成では川崎重工業車両カンパニー製となっていますが、このグループで変更となっているのは照明が蛍光灯から直管式LED照明になっていることと、平日のみ設定される女性専用車とそれ以外車両で照明の色調が異なると言う点です。

P5188438
P5188438 posted by (C)dk_kawachi

一般車。

P5188437-e01
P5188437-e01 posted by (C)dk_kawachi

平日に女性専用車が設定されている車両。
照明の色調が非設定の一般車と異なる。

P5188445-e01
P5188445-e01 posted by (C)dk_kawachi

31603編成で南下して行くと途中で9000形とすれ違い。
「あ~あ」と思いつつ、西中島南方で待ち構え。

P5188448-e01
P5188448-e01 posted by (C)dk_kawachi

9000形がやってくる前に新大阪から折り返してきた21系更新車の編成写真を撮影。

P5188449-e01
P5188449-e01 posted by (C)dk_kawachi

P5188454-e01
P5188454-e01 posted by (C)dk_kawachi

ようやくやって来た9000形。
それにしても無骨な前面デザインです。

P5188456-e01
P5188456-e01 posted by (C)dk_kawachi

この日はここまでとし帰宅しました。

category: 日記

tag: 北大阪急行電鉄  鉄道工事  大阪市交通局  大阪市営地下鉄 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年5月11日  

2014年5月11日(

11日はまず北急の9000形「Polestar II」の撮影。
桃山台での撮影。

20140511_momoyamadai-01.jpg

ここでは8000系のみ。

IMG_1944
IMG_1944 posted by (C)dk_kawachi

千里中央へ移動して待つこと3本目で9000形に遭遇。

P5118318-e01
P5118318-e01 posted by (C)dk_kawachi

今回は車内写真も撮影した後、中百舌鳥まで乗車しました。

P5118304-e01
P5118304-e01 posted by (C)dk_kawachi

P5118317-e01
P5118317-e01 posted by (C)dk_kawachi

「Polestar II」の試乗を終えるとあべのハルカスの最上階にある「ハルカス300」へ。

20140511_harukas_300-01.jpg

窓口に十数人ほど並んでいただけの状態であったことから、さらっと上がってきました。

20140511_harukas_300-02.jpg

あべのハルカスの58階~60階に位置するハルカス300からの眺め。

P5118348
P5118348 posted by (C)dk_kawachi

P5118354
P5118354 posted by (C)dk_kawachi

P5118361
P5118361 posted by (C)dk_kawachi

P5118341
P5118341 posted by (C)dk_kawachi

58階~60階は吹き抜け構造。

20140511_harukas_300-03.jpg
20140511_harukas_300-04.jpg

そして夜景。

P5118385
P5118385 posted by (C)dk_kawachi

P5118378
P5118378 posted by (C)dk_kawachi

P5118380
P5118380 posted by (C)dk_kawachi

P5118376
P5118376 posted by (C)dk_kawachi

この日はこれで終りです。

category: 日記

tag: 北大阪急行電鉄  あべのハルカス  ハルカス300 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2014年5月10日  

2014年5月10日(

10日は鉄道関連の撮影と見聞。

まずは近鉄奈良線100周年を記念した「ヒストリートレイン」の撮影。
ラッピングされた編成が1本しかないため追うに難儀しましたが、なんとか学園前で捉えました。

IMG_1936-e01
5800系5802編成「ヒストリートレイン」ラッピング posted by (C)dk_kawachi

三国ヶ丘の工事見聞。
バリアフリー化と自由通路新設の一環としての橋上駅舎化が行われた同駅は駅ナカの第一期オープンされたからの来訪。

20140510_mikunigaoka-01.jpg

改札口が分離されたJR側は改札外コンコース周りの工事がほぼ終わったようですが、みどりの窓口は未設置で指定券券売機のみどりの券売機が1基置かれていると言うところです。

20140510_mikunigaoka-02.jpg

南海側の改札外コンコースは駅ナカ第一期は2階で1階部分は第二期オープンの時のようです。

20140510_mikunigaoka-03.jpg

この橋上駅舎には「みくにん広場」を称する屋上庭園が設けられています。

20140510_mikunigaoka-04.jpg

屋上庭園は割とこぢんまりとしたもの。

20140510_mikunigaoka-05.jpg
20140510_mikunigaoka-06.jpg

トレインビュースポットでもあります。

20140510_mikunigaoka-07.jpg

ホームの様子。

20140510_mikunigaoka-08.jpg

森ノ宮駅へ。

改装工事が行われていますが、化粧板仕上げが行われるのが階段周辺でそれ以外の箇所は壁面を塗装しただけという全面改装するには予算が足りないというところが垣間見られます。

20140510_morinomiya-01.jpg

玉造へ。

ここは天王寺方にJR西日本の関連会社が運営する建物が建てられたのですが、この建物が103系のオマージュのような外観となっています。
夜間にはライトの点灯するという芸の細かさ。

20140510_tamatsukuri-01.jpg

この日はここで終りです。

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  南海電気鉄道  駅改良工事  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2014年5月6日  

2014年5月6日(

遠征最終日は小田原城への再登城からスタートします。

20140506_odawara_castle-01.jpg
20140506_odawara_castle-02.jpg

前回はコンデジベースでの撮影でしたが、今回はデジイチベースでの撮影となるため、基本的な部分を含めて再撮影も行いました。
また、今回は前回は入れなかった小田原城歴史見聞館への入館と東海道本線を挟んだ北側に位置する八幡山古郭跡の一部も見てきました。

20140506_odawara_castle-03.jpg
20140506_odawara_castle-04.jpg
20140506_odawara_castle-05.jpg

小田原城への再登城を終えた後は河村城へ。

20140506_yamakita-01.jpg
20140506_kawamura_castle-01.jpg

相模、駿河、甲斐の三国の境界に接する要衝とも言える場所に築城された河村城は平安時代から存在していたそうですが、戦国時代の豊臣秀吉による小田原征伐で落城してしまい廃城となっています。

現在は城址公園となっていますが、近藤郭から東側が整備工事のため立入が出来なくなっていました・・・。

20140506_kawamura_castle-02.jpg
20140506_kawamura_castle-03.jpg

下山する頃には夕方となったため東京へ戻ると帰阪までの時間を利用して新しくなったバスターミナルを見聞してきました。
JR大阪駅高速バスターミナルとは異なり開放感のある造りとなっているのが特徴でした。

20140506_tokyo-01.jpg
20140506_tokyo-02.jpg

この後はのぞみ255号に乗って帰阪し、4日間の現実逃避から現実に引き戻されるのでありました。

category: 日記

tag: 日本の城郭  日本100名城  相模小田原城  相模河村城 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2014年5月5日  

2014年5月5日(

WG休み後半は首都圏に滞在です。
後半初日は早朝に発生した地震に揺り起こされた上に空模様はどんよりとしている中、東武伊勢崎線での撮影からスタートします。

先日、日比谷線直通列車に関して数年内に置き換えが開始されることが東京メトロと東武鉄道の共同リリースで明らかになったことを受けて現役で使用されている03系、20000系グループを中心に撮影しました。
今後置き換えられる車両は現行の18m3ドア車から20m4ドア車となり、編成も8両から7両に減車されることから1列車単位の輸送力が現行の1割減となることがどう影響するのか気になりますが・・・。

P5057975-e01
P5057975-e01 posted by (C)dk_kawachi

P5057976-e01
P5057976-e01 posted by (C)dk_kawachi

P5057978-e01
P5057978-e01 posted by (C)dk_kawachi

P5057980-e01
P5057980-e01 posted by (C)dk_kawachi

都内へ戻って東京~上野で工事が進められ、東京上野ラインという愛称を賜った東北循環線の進捗状況の見聞。
上野から東京へ順に見てきましたが、軌道自体も回送線の簡易なものから営業線向けに強化されているほか、周辺環境への配慮から防音壁が聳え立つ姿はあたかも高速道路のようでした。

20140505_okachimachi-01.jpg
20140505_akihabara-01.jpg
20140505_kanda-01.jpg
20140505_kanda-02.jpg
20140505_tokyo-01.jpg
20140505_tokyo-02.jpg

東北縦貫線の工事を見聞したあとは、205系からE233系6000番台への置き換えが今年から開始された横浜線へ。
目的は今年度中には横浜線からの撤退が予定されている205系の編成写真とすでに半数以上の列車の運用についているE233系6000番台の編成写真と車内写真の撮影。

P5058016-e01
P5058016-e01 posted by (C)dk_kawachi

E233系の方は運用本数で205系より勝ってきているため難なく捉えることができたのですが、205系の方はデータイムで数本しか運用に入っていないことから捉えるのが難しくなってきています。

P5058019
P5058019 posted by (C)dk_kawachi

それでも、橋本で205系の編成写真を捉えることができたので由としておきます。

P5058029-e01
P5058029-e01 posted by (C)dk_kawachi

E233系の方は橋本で車内写真の撮影に成功しましたが、編成写真の方は片倉で撮影できました。

P5058037
P5058037 posted by (C)dk_kawachi

この日はここで切り上げてホテルへ戻りました。

category: 日記

tag: 東武鉄道  東京メトロ  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2014年5月4日  

2014年5月4日(

遠征2日目である4日は高天神城からスタート。

20140504_takatenjin_castle-01.jpg

掛川市南部から広がる山地帯の一つである鶴翁山に築城された高天神城は意外と小ぶりな規模ですが、周囲との比高がそれほどではない割には険しい地形であることと巧みに配置された曲輪群により武田信玄でさえ落とせず、武田勝頼によってようやく開城させたほどの難攻不落の城郭だったそうです。

20140504_takatenjin_castle-02.jpg

現在こそ掛川市に合併される前の大東町によって整備されて登城しやすくなっているものの、時折見せる急な斜面に難攻不落であった面影を垣間見ることができます。

20140504_takatenjin_castle-03.jpg
20140504_takatenjin_castle-04.jpg
20140504_takatenjin_castle-05.jpg

高天神城を登城したあとはバスを2本乗り継いで御前崎へ。
相良への乗り継ぎの関係から実質上の滞在時間が確保できず現地では灯台に登れただけで終わってしまいました。

20140504_omaezaki_cap-01.jpg
20140504_omaezaki_cap-02.jpg

乗り継いで移動した相良は田沼意次のゆかりの地で当地には相良城があったのですが、失脚後に取り壊しとなったため痕跡そのものがなく現在は本丸跡に牧之原市相良庁舎と牧之原市相良史料館の他、公立の小中高があり、相良の主要な公共施設が置かれています。

20140504_sagara-01.jpg
20140504_sagara-02.jpg

相良乗り継ぎで特急バスに乗って静岡へ戻ると、世界遺産となった三保の松原(世界遺産は「三保松原」で登録されている)へ。

20140504_shizutetsu_justline-01.jpg
20140504_mihono_matsubara-01.jpg

遠州灘に面した三保の松原は松林が生茂る海岸と富士山を組み合わせが拝める場所で、富士山とともに世界遺産に登録されて以降は観光客が押し寄せる状態で、付近の道路は渋滞のためバスが遅れ、現地の駐車場への渋滞で動けなくなるため一つ手前の神の道入り口から歩いく羽目に・・・。

20140504_mihono_matsubara-02.jpg
20140504_mihono_matsubara-03.jpg
20140504_mihono_matsubara-04.jpg

鳥取砂丘並みに人が押し寄せた羽衣の松付近から清水灯台へ歩きましたが、海岸浸食が激しいため維持するための補修が行われている形跡が見られます。

20140504_mihono_matsubara-05.jpg

静岡県内での滞在はここまで。
このあとは東京へ向かい2日目は終了です。

20140504_shizuoka-01.jpg

category: 日記

tag: 日本の城郭  遠江高天神城  遠江相良城  御前崎  世界遺産  三保の松原 
tb: 0   cm: 0

黄金週間日記 2014年5月3日  

2014年5月3日(

2014年GWは4連休となり、前半2日間を静岡県内の城廻を中心に後半2日間を首都圏の城と鉄道巡りを中心に据えることにしました。

前半2日間の初日である3日は夜勤明け早々から現地に向けて出発。
まずは浜松城からスタート。

20140503_hamamatsu_castle-01.jpg

浜松駅から徒歩で20分ほど延ばしにある浜松城は本丸と天守曲輪を除いて浜松市役所と城址公園に改変されていますが、天守曲輪には天守と天守門が復元されています。

20140503_hamamatsu_castle-02.jpg

特に天守門は近年復元されたところで、内部を見て明らかに再建されたさほど年数が経過していないのがよくわかります。

20140503_hamamatsu_castle-03.jpg

続いて横須賀城。
横須賀城は今川氏から奪取し後に武田氏に奪われた高天神城を奪還するために徳川家康が長篠の戦いで武田氏に勝利したあと大須賀氏に命じて築城させたもの城郭でした。

20140503_yokosuka_castle-01.jpg

高天神城を奪取したあとも幕末まで存続し、廃城後は城址公園として残った主各部を除いて耕作地や住宅地へ改変されてしまいましたが、城址公園内に残されている石垣は当時のままだそうです。

20140503_yokosuka_castle-02.jpg
20140503_yokosuka_castle-03.jpg

2つの城郭を巡ったあとは掛川へ移動して天浜線へ。
2005年以来9年ぶりに乗ってきましたが、今回は東側半分だけ。

20140503_temhama_line-01.jpg
20140503_nishi_kajima-01.jpg

西鹿島から遠鉄に乗り換え。
こちらも長らく乗車していませんが、数十万規模の都市圏内にある郊外鉄道としては駅の設備がきれいに整備されているのは感心させられます。
もちろん、それは路線自体それほど長くなく運行形態も高頻度で乗車率も比較的高いという側面もありますが・・・。

P5037814-e01
P5037814-e01 posted by (C)dk_kawachi

遠征初日はここで終了。
静岡市へ移動して2日目を迎えます。

20140503_shizuoka-01.jpg

category: 日記

tag: 日本の城郭  遠江浜松城  遠江横須賀城  天竜浜名湖鉄道  遠州鉄道 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop