DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2012年06月
2012年06月の記事一覧

週末日記 2012年6月30日  

2012年6月30日(

6月最後のお休みである30日は千里中央へ。

20120630_senri_chuo-01.jpg

目的は30000系31000番台の車内写真の撮影。
肝心の獲物は1本しか無いため運転本数が多い時間帯を狙って粘ることにしましたが、先にやって来たのは21系。

20120630_osaka_subway_21-01.jpg

こちらは数年後には更新時期が来ることから、予定されているホームドア導入に合わせて制御装置の更新などが行われるようですが、座席の表地の張り替えが先に来てしまったようです。

20120630_osaka_subway_21-ni01.jpg

まだ撮れてなかった運転台も撮影。

20120630_osaka_subway_21-cab01.jpg

何本か見送った後、ようやく30000系31000番台がやって来ました。
新大阪・中津折返しだったら叶わないところでしたが・・・。

20120630_osaka_subway_31000-01.jpg

お目当ての車内写真を撮影。
中百舌鳥だと折返しのタイミングで人気が絶えないため、千里中央にしている訳なのですが、それでも折返しが2本並ぶ時間帯狙いでないと失敗に終わることを考えると、今回は上手くいきました。

20120630_osaka_subway_31000-in01.jpg
20120630_osaka_subway_31000-cab01.jpg

サイトの方にはすでに反映させています。
http://dkkawachi.web.fc2.com/rail_photograph/osaka_city_subway/osaka_city_subway_31000.html
スポンサーサイト

category: 日記

tag: 大阪市交通局 
tb: 0   cm: 0

2012年5月4日 首都圏の鉄道と城を撮る旅6  

再び江戸城跡巡りです。

祝田橋交差点。
左側が凱旋濠、正面を横切る内堀通りを挟んで東側にあるのが日比谷濠、右側に見える緑地は日比谷公園。

20120504_edo_castle-31.jpg

内堀通りを北へ進み皇居前広場を突っ切っていきます。
桔梗濠の畔では石垣の修復工事が進められているようです。

20120504_edo_castle-32.jpg

三の丸大手門に到着。
本丸・二ノ丸・三ノ丸にあたる皇居東御苑へ入るのですが、先の皇居外苑と同様に皇宮警察や警視庁の監視が配備されています。

20120504_edo_castle-05.jpg

大手濠。

20120504_edo_castle-33.jpg

三の丸大手門・高麗門。

20120504_edo_castle-40.jpg

三の丸大手門・渡櫓門。

20120504_edo_castle-34.jpg

皇居東御苑のパンフレット。

20120504_edo_castle-06.jpg

三の丸尚蔵館。

20120504_edo_castle-07.jpg

三ノ門。

20120504_edo_castle-35.jpg

三ノ門虎口の中にある同心番所。

20120504_edo_castle-36.jpg

百人番所。
伊賀組、甲賀組、根来組、二十五騎組で組織した鉄砲百人組の与力・同心が昼夜交代で詰めていた番所です。

20120504_edo_castle-37.jpg

三ノ門の隣に見える二の丸への道。
後ほど寄りますが、この場所には銅門がありました。

20120504_edo_castle-38.jpg

中之門。

20120504_edo_castle-41.jpg

中之門の内側にある大番所。
他の番所よりも位の高い与力・同心が詰めていました。

20120504_edo_castle-39.jpg

中之門から続く坂道を登って本丸を目指します。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  江戸城  皇居東御苑 
tb: 0   cm: 0

2012年5月4日 首都圏の鉄道と城を撮る旅5  

皇居正門前から移動して桜田門へ。

20120504_edo_castle-22.jpg

枡形虎口に渡櫓門と高麗門で構成されたこの城門は正式には外桜田門と言い、当地が桜田郷と呼ばれていたことが由来とされています。
ちなみに内桜田門は皇居前広場北側に位置する桔梗門がそれにあたります。

内側の渡櫓門。

20120504_edo_castle-23.jpg

枡形虎口を挟んで外側が高麗門。

20120504_edo_castle-24.jpg
20120504_edo_castle-25.jpg

正面の桜田通りを挟んで建つ警視庁や公安関係、法曹関係の建物が並ぶ官庁街である霞ヶ関があります。

20120504_edo_castle-26.jpg

南側の凱旋濠。

20120504_edo_castle-27.jpg

北側の桜田濠。

20120504_edo_castle-28.jpg

徒歩圏内に国会議事堂があることから実際に出向いてきました。
国会議事堂がある永田町は江戸時代初期に永田姓の屋敷が建並んでいたから由来し、江戸城が築城されると大名屋敷が多く建並ぶようになったそうです。

明治以降は陸軍省が置かれ、大正時代の霞ヶ関地区の区画整理によって、北大路魯山人の「美食倶楽部」の拠点や当時の府立一中であった都立日比谷高校が移転してくるなどがあったそうで、現在の国会議事堂が当地に建てられた1936年以降は政治の中枢が集中して現在の街を形成されていきました。

国会正門前交差点から見る。
来訪時はお休みであることから門は閉ざされていますが、門越しに撮影する人を見かけます。

20120504_edo_castle-30.jpg

それに倣って私も・・・。
正門前から見る国会議事堂。

20120504_national_diet_building-01.jpg

右側入口が参議院。

20120504_national_diet_building-02.jpg

左側入口が衆議院。

20120504_national_diet_building-03.jpg

寄り道が済んだので、江戸城巡りへ戻ります。

20120504_edo_castle-29.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  江戸城  霞ヶ関  永田町  国会議事堂 
tb: 0   cm: 0

2012年5月4日 首都圏の鉄道と城を撮る旅4  

遠征2日目となる5月5日は午前中を江戸城跡巡り、午後を川越城本丸御殿への来訪に充てました。

午前中に巡る江戸城は明治維新後に現在の皇居に当る宮城などになったものの、第二次世界大戦後の閣議決定により西の丸下に当る皇居外苑と、本丸・二ノ丸・三ノ丸にあたる皇居東御苑が一般開放されることになり、整備された後、天守台を含めた主郭部が一般の目に触れられるようになっています。

大手側からまわることにしたため東京駅まで移動。

20120504_tokyo-02.jpg

丸の内側から出て正面の行幸通りを西へ向かって歩いて行きます。

20120504_tokyo-01.jpg

和田倉門交差点で日比谷通り横断し和田倉濠に沿って北へ向かいます。

20120504_edo_castle-01.jpg
20120504_edo_castle-11.jpg

濠の北端に和田倉橋があり、この先に和田倉門跡があります。

20120504_edo_castle-02.jpg
20120504_edo_castle-12.jpg
20120504_edo_castle-13.jpg

和田倉門跡を通った先にある和田倉噴水公園。

20120504_edo_castle-14.jpg

和田倉噴水公園から内堀通りを挟んで西側にあるのが皇居前広場。
この一体は江戸城の西の丸下跡で、かつては日比谷の入り江だった場所を埋め立てたのだそうです。

20120504_edo_castle-03.jpg
20120504_edo_castle-04.jpg

桔梗濠を挟んで建っている桜田二重櫓。

20120504_edo_castle-15.jpg

桔梗濠に沿って進んで西側にある桔梗門。
左奥にあるのは蛤濠(はまぐりぼり)。

20120504_edo_castle-16.jpg

蛤壕に沿って南へ進み、皇族関係者が通る関係上で警備の厳しい阪下門前を通り過ぎて、二重橋濠に沿って進むと皇居正門が見えてきます。

20120504_edo_castle-17.jpg

皇居正門。
西の丸大手門で手前の橋は皇居正門石橋。

20120504_edo_castle-18.jpg

二重橋濠。

20120504_edo_castle-20.jpg

皇居正門石橋。
よく二重橋と間違えられるそうですが、ここからさらに奥にあるのが二重橋です。

20120504_edo_castle-21.jpg

二重橋。

20120504_edo_castle-19.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  江戸城 
tb: 0   cm: 0

2012年5月3日 首都圏の鉄道と城を撮る旅3  

高尾から中野へ移動しました。
ここでは東京メトロ東西線の車内写真撮影。

05系は長らく造られてきましたため、幾度も設計変更行われています。
3枚の写真は06系・07系が竣工した時期に導入されたもので、座席の配置が4-6-7-6-4人掛けというやや変則的なものとなっています。

20120503_tokyo_metro_05-ni01.jpg
20120503_tokyo_metro_05-ni03.jpg
20120503_tokyo_metro_05-ni04.jpg

こちらはワイドドア車のグループ。
座席が2-6-6-6-2人掛けとなっています。

20120503_tokyo_metro_05-ni02.jpg
20120503_tokyo_metro_05-ni05.jpg

編成写真を・・・。

15000系。

20120503_tokyo_metro_15000-01.jpg

本当に久しぶりに遭遇したE231系800番台。

20120503_jreast_ec_e231_800-01.jpg

蘇我へ移動。
ここではE233系5000番台の6+4両の分割編成と209系2000番台の編成写真の撮影。
E233系5000番台は最初に竣工していた10両貫通編成は撮影済みだったものの、分割編成は今回初めて撮影しました。

20120503_jreast_ec_e233_5000-01.jpg

209系2000番台。
京浜東北線の209系0番台と転用させたもので、千葉地区のローカル輸送向けに先頭車のみセミクロスへの改造と中間車への多機能トイレ設置などが施行されています。

20120503_jreast_ec_209_2100.jpg

断続的に雨が降っているため撮影はここで終了。
夕食を挟んで都内のホテルへチェックインして初日を終えました。

→次に続く。

category: 関東地区の鉄道

tag: 東京メトロ  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

2012年5月3日 首都圏の鉄道と城を撮る旅2  

八王子経由で高尾に到着。

20120503_takao-01.jpg

ここではE233系0番台の車内写真を撮影します。
中央線快速のE233系0番台は過去に何度か撮影していますが、現行の機材での撮影はまだと言うこともあったのと色々と撮り直しをしたかったことのあり、ここで撮影することにしたわけです。

20120503_jreast_ec_e233_0-in01.jpg

E233系で暖色系の表地を使っているのはこのグループと3000番台のグリーン車の平屋席と階下席だけで、同系で後に続く車両は寒色系が基本となっています。

20120503_jreast_ec_e233_0-in02.jpg

優先席が設定されている側は床面も識別出来るようになっている。

20120503_jreast_ec_e233_0-in04.jpg

ドア周り。

20120503_jreast_ec_e233_0-in03.jpg

運転台。

20120503_jreast_ec_e233_0-cab01.jpg

最後に編成写真を・・・。

20120503_jreast_ec_e233_0-01.jpg

残りはサイトの方に載せているので以下のURLを参照に・・・。
http://dkkawachi.web.fc2.com/rail_photograph/jreast/ec_e233_c0.html

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年6月23日~6月24日  

2012年6月23日(

今週末は土日お休み。
土曜である23日は難波の旭屋書店へ出向いて雑誌の購入を済ませたあと、京阪宇治線へ出向いて見たもののお目当てのものが見つからず単純に乗り通しで終わり収穫は無し・・・。

京都経由で大阪駅へ出向いて改良工事の様子を撮影。

例の透明上屋の工事はご覧の通りですが、電気配線の収容などがまだ終わっていない状態。
それでも柱だけ残った部分はそのまま残される気配がします。

20120623_osaka-01.jpg
20120623_osaka-02.jpg
20120623_osaka-03.jpg

環状線ホームのパネル設置工事はほぼ終わっている状態であ、あとは案内板や放送関係の工事を順次施行されるようです。

20120623_osaka-04.jpg



2012年6月24日(

24日は日本橋へ出向いて買物。
お目当てのものは見つからなかったものの、気になったものが目に入ったのでそれを購入。

難波から和泉中央へ。
泉北高速の和泉中央駅は発車標がいつの間にか液晶式に更新されていてビックリ。

20120624_izumi_chuo-01.jpg

和泉中央から南海バスで久米田へ移動。
丘陵地から平野部を結ぶ路線ですが、終始5~6人ほど乗っている状態。

阪和線の久米田駅が駅前広場そのものが狭隘であるため、バス自体は駅から天王寺寄りの踏切近くの道路上に久米田駅前停留所あったりという感じでした・・・。

このあとはそのまま帰宅しました。

category: 日記

tb: 0   cm: 2

2012年5月3日 首都圏の鉄道と城を撮る旅1  

5月3日から5月5日にかけて首都圏の城廻を軸に近いうちに引退が予想される205系の撮影を絡める遠征をすることにしました。
今遠征は天候が宜しくなかったため、適時予定を変更しつつ進めることになりました。

往路はのぞみ204号。

20120503_shin_osaka-01.jpg

早朝遠征ではデフォルトの自由席で移動ですが、外は雨模様でテンションを下げさせてしまいます・・・。

20120503_hikari204-01.jpg

品川に到着すると鞄をロッカーに預けてホリデーパスを購入して東神奈川へ。
降雨のため城廻を諦めて鉄道撮影一本に絞り込むためです。

まずはE233系に置き換えが公表されてた横浜線で205系の撮影。

20120503_jreast_ec_205_0-01.jpg

JR東日本に在籍する同系列では標準的な車内。

20120503_jreast_ec_205_0-in01.jpg

座席の表地は竣工時と違い、グリーン地に張り替えられている。
線区によってはベースの配色が違います。

20120503_jreast_ec_205_0-in02.jpg

橋本へ移動。
ここでは相模線の205系500番台を撮影。

20120503_jreast_ec_205_500-02.jpg
20120503_jreast_ec_205_500-01.jpg

こちらも緑地の表地。

20120503_jreast_ec_205_500-in01.jpg
20120503_jreast_ec_205_500-in03.jpg

相模線では単線区間であるため列車交換時の長時間停車を考慮して竣工当初から半自動押しボタンが設けられていますが、2009年までにドアチャイム付きのものに更新されていました。

20120503_jreast_ec_205_500-in04.jpg

運転室。

運転台にあるモニタは竣工当初はNEC製FC9800を用いた組込みシステムMON5型が使用されていましたが、現在は651系などに採用されたMON3型に更新されています。

20120503_jreast_ec_205_500-cab01.jpg

昼食を挟んで次の場所へ移動します。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本 
tb: 0   cm: 0

2012年3月18日 鉄道イベントをハシゴする旅8  

現地ので予定はこれで終了なので、大月へ向かいます。
タイミング良くやって来たのは6000系。

20120318_fujikyu_6000-02.jpg

速度計周りに生い立ちが見いだせる運転台。

20120318_fujikyu_6000-cab01.jpg

大月に到着。

20120318_otsuki-06.jpg

人気が捌ける一瞬の車内。

20120318_fujikyu_6000-in01.jpg

車端部。
この暖簾が必要かどうかは意見が分かれそうですが、ツールとしての鉄道の観点からすると不要です。

20120318_fujikyu_6000-in02.jpg

ドア周り。
ドア自体は塗装されているようで、時間の経過と共に剥げてくるのは言うまでもありません。

20120318_fujikyu_6000-in03.jpg

では、外へ。

20120318_otsuki-07.jpg

出発待ちの2000系「フジサン特急」

20120318_fujikyu_2000-01.jpg
20120318_fujikyu_2000-02.jpg

大月駅は駅前広場整備事業が進められていて、現在実施されているのは暫定的に整備されるものだそうです。

20120318_otsuki-08.jpg

駅前側から。

20120318_otsuki-09.jpg

駅前広場東側から。

20120318_otsuki-10.jpg

撮影後はスイーツタイム。

20120318_pafe-01.jpg

甘いものを頂いた後は東京を目指します。
かいじ118号で新宿へ。

20120318_otsuki-03.jpg
20120318_kaiji118-01.jpg

新宿に到着する頃には日没を迎え。

20120318_kaiji118-02.jpg

鞄を回収して東京からのぞみ261号に乗り込む頃には真っ暗となりました。

20120318_tokyo-01.jpg

新大阪には22:33に到着。

20120318_shin_osaka-01.jpg

駆け足で巡った2日間の遠征はここで終りです。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 富士急行  JR東日本  JR東海 
tb: 0   cm: 0

2012年3月18日 鉄道イベントをハシゴする旅7  

富士山駅へ移動しました。

20120318_mt_fuji_sta-01.jpg
20120318_mt_fuji_sta-02.jpg
20120318_mt_fuji_sta-04.jpg

駅舎のリニューアルに合わせて富士吉田から改称されたのですが、あくまでの玄関口としての改称と言ったところです。

20120318_mt_fuji_sta-03.jpg
20120318_mt_fuji_sta-05.jpg

駅北側のバスターミナル。

20120318_mt_fuji_sta-06.jpg

昼食を挟んで再び移動します。

出改札口。

20120318_mt_fuji_sta-07.jpg

改札内コンコース。

20120318_mt_fuji_sta-08.jpg
20120318_mt_fuji_sta-09.jpg

ホーム上屋の支柱にある照明器具。

20120318_mt_fuji_sta-10.jpg

車止め。

20120318_mt_fuji_sta-11.jpg
20120318_mt_fuji_sta-12.jpg

ここで終了。
河口湖から来た6000系に乗って大月へ向かいます。

20120318_fujikyu_6000-02.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 富士急行 
tb: 0   cm: 0

2012年3月18日 鉄道イベントをハシゴする旅6  

河口湖駅の改札前へ戻ってきてイベント開始まで待つことにしました。
来訪時のイベントは午後に催された2回目のものです。

20120318_fujikyu_event-01.jpg

大月から来た6000系が到着し降車後、撮影イベント開始に向けて入換え作業が行われました。
開始直後はご覧の通りですが、雨が降っているにもかかわらず撮る基満々と言ったところです。

20120318_fujikyu_event-05.jpg

雨が小降りになってきたところを見計らって撮影に出向きます。

6000系に並んで留置されている183系。

20120318_jreast_ec_183_0-01.jpg

1200形「富士登山電車」

20120318_fujikyu_1200-01.jpg

外観から内装まで水戸岡デザイン剥き出しと言ったところ。

20120318_fujikyu_1200-02.jpg
20120318_fujikyu_1200-in01.jpg
20120318_fujikyu_1200-in02.jpg
20120318_fujikyu_1200-in03.jpg

撮影イベントの方へ。

20120318_fujikyu_event-02.jpg

撮影会で並んだ車両群。

20120318_fujikyu_event-06.jpg

6000系の並び。

20120318_fujikyu_6000-01.jpg
20120318_fujikyu_6000-03.jpg

終了後の入れ替えで臨時特急として待機中の6000系。

20120318_fujikyu_6000-05.jpg

パンタグラフは前後に。

20120318_fujikyu_6000-06.jpg

イベントの方はここで終りです。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 富士急行 
tb: 0   cm: 0

2012年3月18日 鉄道イベントをハシゴする旅5  

大月からは富士急行線に乗換えてイベント会場である河口湖駅を目指します。

20120318_otsuki-02.jpg

構内の側線に留置されている車両と折返し待ちの車両。

20120318_otsuki-04.jpg

きっぷうりば。

20120318_otsuki-05.jpg

ここで乗車するのは1000系電車。
元京王5000系。

20120318_fujikyu_1000-01.jpg

席に特急が先発するため人気の車内を撮影。

20120318_fujikyu_1000-in01.jpg

ついでにガラス越しに運転室も。

20120318_fujikyu_1000-cab01.jpg
20120318_fujikyu_1000-cab02.jpg

移動中、6000系や115系と行き違いしつつ終点河口湖駅に到着。

20120318_kawaguchiko-01.jpg

ここへ来訪したのは2006年10月以来6年ぶり。

20120318_kawaguchiko-02.jpg

駅前の様子。

20120318_kawaguchiko-03.jpg

静態保存されているモ1形電車。

20120318_fujikyu_m1-01.jpg

大月方の踏切を渡り、側線に留置されている車両を撮影。

20120318_kawaguchiko-04.jpg

イベントの開始時間が迫ってきそうなので戻ります。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 富士急行 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年6月16日~6月17日  

2012年6月16日(

今週末初日の16日は阪神三宮駅の改良工事を見てきました。
この日は下り線切替え時に確認していた事柄で、上り列車の停車位置が梅田寄りに変更されたことを受けてのこと。

20120616_sannomiya-01.jpg

停車位置が梅田寄りに変更されたのと同時に降車ホームの西改札口側階段の撤去工事に着手されるものと思われます。

20120616_sannomiya-02.jpg

降車ホームはまだ使用されるようで、階段の位置も梅田寄りに移設されています。
以前の動画撮影時にあった上り線側の開口部はこのためだったようで、この階段は下り線切替え時に新設された通路と繋がっています。

20120616_sannomiya-03.jpg

停車位置移動に合わせて降車ホームも仮設で延伸されています。

20120616_sannomiya-04.jpg
20120616_sannomiya-05.jpg



2012年6月17日(

17日は一日中サイトの更新作業に明け暮れ、外へ出たのは昼食を調達するためコンビニへ行っただけ・・・。

今月に入ってしばらくの間は早く帰宅出来たこともあって、色々と進めることが出来ましたが、これから忙しくなるらしくまたまた停滞する予感がします・・・。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2012年3月18日 鉄道イベントをハシゴする旅4  

2日目は富士急のイベントです。

都内のホテルで1泊。
朝食後、早々にチェックアウトして東京駅へ出向いて鞄をロッカーに預けます。

東京から中央線快速で新宿へ移動。

20120318_tokyo-02.jpg

新宿からはかいじ101号に乗って大月へ向かいます。

20120318_shinjuku-01.jpg

中央東線特急向けのE257系に乗るのは今回が初めて。

20120318_jreast_ec_e257_0-01.jpg

混むのがいやなのでグリーン車を指定。

ウィークエンドパスは先代の土・日きっぷと違い特急券や指定席券が別途購入する形となっているため、JR東日本エリア圏外に在住する立場から見ると、若干割高であるものの指定席を押さえるのための自由度の高さがあるため、現地購入の時点で指定席を押さえるたり、遠征の日程を調整すると言うような手間が省けるで助かったりします。

その意味では料金よりも自由度を優先しているわけです。

20120318_kaiji101-03.jpg

E257系のグリーン車は2+2列で183系リニューアル車時代の2+1列よりもグレードでは落ちますが・・・。

20120318_kaiji101-04.jpg

フットレストを装備。
「あずさ」や「かいじ」の場合、グリーン車は騒がしい人排除と言う意味合いが強いかも知れません。

20120318_kaiji101-05.jpg

新宿を出発。

20120318_kaiji101-06.jpg

連立事業の進捗によって高架化された区間を通過。
高尾までは流している感じですが、中央線快速自体の本数が多すぎて、高速運転には向いていないと言うのが実態だったりします。

20120318_kaiji101-01.jpg

高尾を過ぎると山岳区間に突入。
曲線区間も多くなりすが、比較的飛ばしていきます。

ここを改良すると言うぐらいなら、位置からルートを設定し直すぐらいの労力が必要かもしれませんが、その辺りがインフラ整備の難しいところだったりします。

20120318_kaiji101-02.jpg

峠を越えて小さな盆地に広がる住宅地が見えてくると大月まであと少し。

20120318_kaiji101-07.jpg

大月に到着。

20120318_otsuki-01.jpg

ここから富士急行線に乗換えます。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本 
tb: 0   cm: 0

2012年3月17日 鉄道イベントをハシゴする旅3  

早々にイベント会場を離れると伊豆急に乗り南を目指します。

20120317_izu_kogen-08.jpg

やって来たのは「リゾート21」こと2100系。

20120317_izukyu_2100-01.jpg

実はリゾート21には初めて乗車だったりします。
先頭の展望席の一角に座り、豪雨の沿線をぼんやりと眺めつつ移動します。

20120317_izukyu_2100-in01.jpg

終点の伊豆急下田に到着すると編成写真の撮影。

20120317_izukyu_2100-03.jpg

出口側改札口。

20120317_izukyu_shimoda-02.jpg

やや小降りになったかと思い散策に出たのですが、その途上雨足が強くなり散々な目に・・・。

20120317_izukyu_shimoda-01.jpg

ここでは開国博物館へ来館。

20120317_izu_shimoda-01.jpg
20120317_izu_shimoda-02.jpg

湿気ってしまったジーンズを乾かしつつ館内を見て回った後、伊豆急下田駅へ戻って熱海行きを待ちます。

20120317_izukyu_shimoda-03.jpg
20120317_izukyu_shimoda-04.jpg

ようやくホームへ足を進めてしばらく待つと、入線してきたのは黒船電車。

20120317_izukyu_shimoda-05.jpg
20120317_izukyu_2100-02.jpg

人気が少ないところを狙って車内写真の撮影もしてきました。

20120317_izukyu_2100-in02.jpg
20120317_izukyu_2100-in03.jpg

熱海へ戻って鞄を回収後、予約したホテルがある都内へ向かい初日は終了しました。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 伊豆急行 
tb: 0   cm: 0

2012年3月17日 鉄道イベントをハシゴする旅2  

伊豆高原に到着したましたが、風雨が厳しい中でイベントは開催されていました。

20120317_izu_kogen-07.jpg

伊豆高原駅改札外コンコース。

20120317_izu_kogen-04.jpg

外へ出てイベント会場へ向かいます。

20120317_izu_kogen-05.jpg
20120317_izu_kogen-02.jpg
20120317_izu_kogen-06.jpg

駅舎自体が高い場所に位置しているため、熱海寄りにやや遠回りして踏切を渡って開場入りします。

20120317_izukyu_event-01.jpg

門から入って正面の見える新しい建物は検修工場。

20120317_izukyu_event-03.jpg

ここには台車を抜くジャッキアップ施設や塗装施設がコンパクトに配備されています。

20120317_izukyu_event-05.jpg
20120317_izukyu_8000-03.jpg

電車留置線へ。
天候不良と言うことで人が少ない・・・。

20120317_izukyu_event-02.jpg

保線車両を用いた体験乗車もの。

20120317_izukyu_event-06.jpg

動態保存されている100形電車。
こちらは車掌体験などに用いられていました。

20120317_izukyu_100-01.jpg

休憩所として留置されていた8000系。

20120317_izukyu_8000-02.jpg

他社の特急車両から転用されたクロスシート。

20120317_izukyu_8000-in01.jpg

ロングシート。

20120317_izukyu_8000-in02.jpg

運転台。

20120317_izukyu_8000-cab02.jpg

車掌台。

20120317_izukyu_8000-cab03.jpg

流石に風雨が強すぎて、もうダメ状態だったので耐えきれず撤退しました・・・。

→次に続く。


category: 東海地方遠征

tag: 伊豆急行 
tb: 0   cm: 0

2012年3月17日 鉄道イベントをハシゴする旅1  

3月17日と18日の両日に鉄道イベントが開催されることから、イベントをハシゴする形で遠征してきました。

初日である3月17日は伊豆急行のイベントが開催されることから、開場である伊豆高原駅に隣接する車両基地へ出向くことにしました。

20120317_shin_osaka-02.jpg

まずは熱海へ向かうため新大阪からひかり460号に乗車しましたが、当日生憎の雨模様で・・・。

20120317_shin_osaka-01.jpg
20120317_hikari460-01.jpg

11:00過ぎに熱海に到着。

20120317_atami-01.jpg

狭い平地を海と山に挟まれる熱海は新幹線側が山の斜面に位置していることから、新幹線側コンコースから直接出ることが出来ず乗換改札口を出て在来線の通路を経て出る形となっています。

20120317_atami-03.jpg
20120317_atami-04.jpg

昼食を挟んで会場へ移動するのですが、ここからはフリー乗車券となるウィークエンドパスと使用することにします。
これにしているのは2日目が富士急6000系撮影会イベントへ行くため、どちらにも自由に移動するのに都合の良いものと考えるとこれしか選択肢が無かったと言う次第です。

20120317_jr_ticket-01.jpg

熱海からは伊豆急下田行きに乗車。

20120317_atami-02.jpg

元東急の8000系に乗り込み。

20120317_izukyu_8000-01.jpg

運転室。

20120317_izukyu_8000-cab01.jpg

約1時間ほど揺られて伊豆高原に到着。

20120317_izu_kogen-01.jpg

さて、雨が降りしきる中をイベント会場へ向かいます。

20120317_izu_kogen-03.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東海  JR東日本  伊豆急行 
tb: 0   cm: 0

2012年2月11日 世代交代が進む中京圏鉄道巡り12  

鳥羽からは近鉄特急に乗車。

20120212_toba-01.jpg
20120212_toba-03.jpg

やって来たのは伊勢志摩ライナー。

20120212_kintetsu_23000-01.jpg

ここでは津まで乗車。

20120212_kintetsu-01.jpg
20120212_tsu-02.jpg

津からは関西本線に乗換。

20120212_jrcentral_dc_40_3000-01.jpg

終点の亀山で車内写真の撮影。
本当に一瞬のタイミングでの撮影でしたが、車庫へ送り込まれるため撮影後に即降車。

20120212_jrcentral_dc_40_3000-in01.jpg
20120212_kameyama-01.jpg

次に乗り継ぐための列車を待っている間に旧国鉄風塗装のキハ48形が入線。
元々キハ48形にこの塗装は無かったためですが、いわば趣味者向けの客寄せパンダのようなものです。

20120212_jrcentral_dc_48_6500-01.jpg
20120212_jrcentral_dc_40_3000-02.jpg

中線に留置されている211系5000番台。
関西本線名古屋口ではラッシュ用の輸送力列車に用いられています。

20120212_jrcentral_ec_211_5000-01.jpg

名古屋へは313系1300番台の快速に乗車。

20120212_jrcentral_ec_313_1300-02.jpg

送り込み列車はワンマン運転の快速亀山行き。

20120212_jrcentral_ec_313_1300-05.jpg

名古屋で編成写真撮影。

20120212_jrcentral_ec_313_1300-03.jpg

現地での活動はここで終了。
鞄を回収してしなの16号に乗り込み帰阪しました。

20120212_nagoya-01.jpg
20120212_jrcentral_ec_383-01.jpg
20120212_shinano16-01.jpg
20120212_osaka-01.jpg

#「2012年2月10日~2月11日 世代交代が進む中京圏鉄道巡り」おわり

category: 東海地方遠征

tag: 近畿日本鉄道  JR東海 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年6月10日  

2012年6月10日(

先週に引き続き今週末の京阪13000系を追いに中書島へ。
その途中、枚方市へ寄り道。

20120610_hirakata_shi-01.jpg

目的は10000系の車内写真撮影。
サイトでフォローし切れていない所を撮影した次第。

20120609_keihan_10000-in01.jpg

中間車の1両のみ抜いて7両編成で使用されている6000系。

20120609_keihan_6000-01.jpg

中書島へ移動。

ようやく13000系第2編成を捉えました。
第2編成は淀屋橋・宇治方先頭車に幌が取り付けられています。

20120609_keihan_13000-01.jpg

折角なので車内写真の撮影。

20120609_keihan_13000-in01.jpg

2600系0番台の車内写真の撮影も。

20120609_keihan_2600-01.jpg

2本見送って宇治線へ移動し三室戸で下車したあと徒歩で宇治へ向かい編成写真の撮影。

20120609_keihan_13000-02.jpg

当日は第2編成だけでしたが、第1編成が6月9日から交野線入りしていたそうで・・・。

20120609_keihan_13000-03.jpg

再び中書島へ戻って再撮影。

20120609_keihan_13000-04.jpg

この後、日本橋へ寄り道して帰宅しました。

category: 日記

tag: 京阪電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

2012年2月11日 世代交代が進む中京圏鉄道巡り11  

四日市から伊勢鉄道に乗って津へ移動します。
伊勢鉄道のローカル列車のりばは亀山寄りの切り欠け側にある3番のりばから発着しています。

20120212_yokkaichi-08.jpg

伊勢鉄道のローカル列車は移管当初からの車両は無く、近年製作されたイセIII形のみ在籍しています。

20120212_isetetsu_ise3-01.jpg

折角なので車内写真撮影。

20120212_isetetsu_ise3-in01.jpg

運転席。

20120212_isetetsu_ise3-cab01.jpg

車内に掲示されている伊勢鉄道線内におけるJR特別企画乗車券の対応表。

20120212_isetetsu-01.jpg

数人しかいない車内に揺られて津まで移動。

20120212_isetetsu-02.jpg

津に到着。

20120212_tsu-01.jpg

ここでキハ11形100番台に遭遇。

20120212_jrcentral_dc_11_100-01.jpg

津からは快速みえ号に乗車。

20120212_jrcentral_dc_75_0-01.jpg

そのままの足で鳥羽まで移動。

20120212_toba-02.jpg

鳥羽まで乗ったのは折返し待ち途上の車内写真撮影のため。
名古屋だと無理なので・・・。

20120212_jrcentral_dc_75_0-in01.jpg
20120212_jrcentral_dc_75_0-in02.jpg

後期車である200番台・300番台。
座席の表地などに若干変更が加えられています。

20120212_jrcentral_dc_75_200-in01.jpg

後期車のグループにはワンマン運転対応車両もありますが、こちらは快速みえ号向けの増備車であったためワンマン非対応の運転室後方の仕切となっています。

20120212_jrcentral_dc_75_200-in02.jpg

運転台。

20120212_jrcentral_dc_75_200-cab01.jpg


→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 伊勢鉄道  JR東海 
tb: 0   cm: 0

2012年2月11日 世代交代が進む中京圏鉄道巡り10  

飯田線関連は初日で十分撮影出来たため、遠征2日目は三重県内へ出向きます。

一先ず名古屋へまで出て鞄を預けるためホームライナー大垣34号に乗り込みます。

20120212_gifu-01.jpg

ここでも373系。

20120212_jrcentral_ec_373-01.jpg

名古屋に到着後、鞄をロッカーに預け身軽になって関西線へ。
待ち受けるのは313系1300番台。

20120212_jrcentral_ec_313_1300-01.jpg

119系置き換えによる車両捻出のためセミクロスから転換クロス車両に置換えられて、こちらが主役言う感がありますが、ラッシュ時は211系0番台・5000番台も輸送力列車として入線します。

四日市に到着。

20120212_jrcentral_ec_313_1300-04.jpg

旅客ホーム自体は1面3線ですが、工業地帯に位置するため両側は貨物ヤードに挟まれます。

20120212_yokkaichi-02.jpg
20120212_yokkaichi-03.jpg

駅舎は側線を挟んで西側にあり、ホームとは跨線橋で結ばれています。

20120212_yokkaichi-04.jpg

改札外コンコース。
なにやら全盛期を過ぎたと言う感が拭えませんが・・・。

20120212_yokkaichi-06.jpg

駅前からは近鉄四日市駅とを結ぶ路線バスのりばがありますが、如何せん閑散としています。

20120212_yokkaichi-01.jpg
20120212_yokkaichi-05.jpg

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: JR東海 
tb: 0   cm: 0

2012年2月11日 世代交代が進む中京圏鉄道巡り9  

豊橋へ戻るとこの日最後の車内写真撮影です。

まずは311系。

20120211_jrcentral_ec_311-01.jpg

311系は1次車と2次車以降では天井周りや貫通扉の配色が異なります。

20120211_jrcentral_ec_311-in01.jpg
20120211_jrcentral_ec_311-in02.jpg

運転台。

20120211_jrcentral_ec_311_cab01.jpg

313系1100番台。

20120211_jrcentral_ec_313_1100-01.jpg

こちらはドア間が転換クロスで車端部がロングという構成。

20120211_jrcentral_ec_313_1100-in01.jpg

大垣車両区に在籍している編成は最新の4次車グループで、ロングシートの袖仕切が大型化されています。

20120211_jrcentral_ec_313_1100-in02.jpg

豊橋からはホームライナー大垣31号で戻りますが、充てられている車両が373系と言うことで車内写真撮影もすることにしました。

20120211_toyohashi-01.jpg
20120211_jrcentral_ec_373-02.jpg

特急車両としては珍しく半自動の押しボタンが設けられています。
これはローカル運用も考慮してデッキとの仕切をドアで仕切られていない簡易な構造としたため、長時間停車時などに使用されています。

20120211_jrcentral_ec_373-04.jpg

373系の車内。
若干堅めの座席ですがモケットの厚みはそこそこあります。

20120211_jrcentral_ec_373-in01.jpg

車端部はセミコンパートメントタイプ。

20120211_jrcentral_ec_373-in02.jpg

コート類を掛ける金具はカーテンレールと同じくスライドさせることが出来ます。
この手合いは固定させるケースが多いので、比較的少数派だったりします。

20120211_jrcentral_ec_373-in03.jpg
20120211_jrcentral_ec_373-in04.jpg

運転台。

20120211_jrcentral_ec_373-cab01.jpg

乗車整理券。
号車と座席番号指定となっています。

20120211_jr_tickts-01.jpg

この後はホテルへ戻って2日目を迎えます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: JR東海 
tb: 0   cm: 0

2012年2月11日 世代交代が進む中京圏鉄道巡り8  

新城駅へ移動。
ここで折返しの119系5000番台の車内写真撮影という流れで・・・。

この段で逃すと面倒です。

20120211_jrcentral_ec_119_5000-02.jpg

ワンマン対応編成以外は半自動時は手動で開閉。

20120211_jrcentral_ec_119_5000-05.jpg

車内写真。

20120211_jrcentral_ec_119_5000-in01.jpg

クハ118形の車端部。

20120211_jrcentral_ec_119_5000-in02.jpg

天井周り。
こちらはJR東海へ移管後に冷房改造されたグループで両側にダクトを設けているタイプ。

20120211_jrcentral_ec_119_5000-in03.jpg

運転室後方。

20120211_jrcentral_ec_119_5000-in04.jpg

運転台。

20120211_jrcentral_ec_119_5000-cab01.jpg

車掌台。

20120211_jrcentral_ec_119_5000-cab02.jpg

これで終了。
折返し豊橋へ戻ります。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: JR東海 
tb: 0   cm: 0

2012年2月11日 世代交代が進む中京圏鉄道巡り7  

すっかり暗くなった頃に豊橋に到着後、撮影タイムを挟みました。
まずは213系5000番台から。

20120211_jrcentral_ec_213_5000-01.jpg
20120211_jrcentral_ec_213_5000-02.jpg

飯田線転用に際して多機能型便所が取り付けられ、客用ドアには半自動の押しボタンが設けられていました。
ボタン自体は近年主流となっている大型タイプが用いされています。

20120211_jrcentral_ec_213_5000-03.jpg
20120211_jrcentral_ec_213_5000-in03.jpg

213系5000番台の車内。

20120211_jrcentral_ec_213_5000-in01.jpg

新たに設けられた大型便所。

20120211_jrcentral_ec_213_5000-in02.jpg
20120211_jrcentral_ec_213_5000-in04.jpg

ここでは静岡車両区の313系2300番台が飯田線の運用に入っているのを確認されましたが、どうやら転用されたばかりの213系5000番台が飯田線内の落石による事故に遭い修理のため入場中で、改造入場などで車両不足が発生している同系の代走として飯田線に入っているようです。

大垣や神領区の同系と違って、行先表示設定が飯田線の駅名に対応していないらしく、通常の運用範囲に入る豊橋行き以外の行先は種別のみ表示というところが目立ちます。

20120211_jrcentral_ec_313_2300-01.jpg

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: JR東海 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年6月3日  

2012年6月3日(

6月3日は2日に続いて13000系第2編成を追いに京阪宇治線へ出向いてきました。

中書島で遭遇したのは奇妙な顔の2600系。
実は普段は中間に組み込まれているものが、車両検査のため相方が寝屋川の工場入りしている時に先頭車として運用されるためで、両側にあるのは転落防止用幌の取付座だったりします。

20120603_keihan_2600-01.jpg

桃山南口で捉えようと思ったのですが、この日は13000系が2本とも営業運転に入っていないらしく見切りを付けて撤収。

20120603_keihan_2600-02.jpg

京都のポルタでスイーツタイムを挟んで・・・。

20120603_pafe-01.jpg

近江舞子へ移動。

20120603_omi_maiko-02.jpg
20120603_omi_maiko-01.jpg

ここへ移動したのは117系300番台の車内写真撮影が目的。
京都の折返しでは無理があるためここまで行かないとダメだったりします。

20120603_jrwest_ec_117-in01.jpg
20120603_jrwest_ec_117-cab0.jpg

目的を果たした後は京都へ戻って、京都から大阪バスの京都特急ニュースター号に乗って帰宅しました。

20120603_osaka_bus-01.jpg

category: 日記

tag: 京阪電気鉄道  JR西日本  大阪バス  京都特急ニュースター号 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2012年6月2日  

2012年6月2日(

6月最初の週末である6月2日はライフワークの一環である阪神三宮駅の工事見聞などをしてきました。

午前中に阪神三宮駅へ来訪。
これまで下り本線として使用されてきた2番線が折り返し用となり、同じく以前まで折返し用となっていた3番線が下り本線に切替えられました。

その関係上、旧下りホームへの階段の使用停止となり、ホームへの階段が梅田寄りに後退しています。
写真で言うところは手前側が既存の改札内コンコースで、左手にある階段が上りホームへの階段、そして中央奥にある階段が切替え後に設けられた階段となります。

20120602_sannomiya-07.jpg

新たに設けられた階段とエスカレータ。

20120602_sannomiya-03.jpg

写真の通り、中央の2番線が折返し用に、3番線が下り本線となっています。

20120602_sannomiya-02.jpg

3番線に切替えられた下り本線。

20120602_sannomiya-01.jpg

上りホーム側は仕切られたまま。

20120602_sannomiya-04.jpg

下りホームの梅田側は供用可能になりましたが・・・。

20120602_sannomiya-06.jpg

上りホームはもう少しホームを延長させる工事が着手されています。

20120602_sannomiya-05.jpg

京都へ出向いて京阪宇治線へ。
狙いは先日営業運転に就いた13000系第2編成。

桃山南口で撮影を始めたところ、交野線が主戦場である10000系が入線しているところから、嫌な予感がしていたところ、13000系は第1編成のみが運用に入っているだけで、肝心の第2編成はお休みしたいたようです・・・。

20120602_keihan_10000-01.jpg
20120602_keihan_2600-01.jpg
20120602_keihan_13000-01.jpg

甲子園駅へ移動。

20120602_koshien-01.jpg

大規模な改良工事が進められている同駅は、甲子園~武庫川の連立事業に絡む上り線の切替えによって本線が1番線に変更されています。

また、ホーム両端は一部解体撤去と仮設化とされています。

20120602_koshien-02.jpg
20120602_koshien-03.jpg

これまで反転フラップ式であったホームの発車標が阪神標準のLED式に更新されています。

20120602_koshien-04.jpg

この後は日本橋へ出向いて買物を済ませてから帰宅しました。

category: 日記

tag: 駅改良工事  阪神電気鉄道  阪神三宮駅  甲子園駅  京阪電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

2012年2月11日 世代交代が進む中京圏鉄道巡り6  

遅めの昼食をとった後は再び飯田線に乗り込みます。

20120211_toyohashi-03.jpg

ここでは313系3000番台。
乗車した列車は2本繋いだ4両編成。

20120211_jrcentral_ec_313_3000-02.jpg

ボックスシートの一角に腰を下ろして、しばらくの間揺られます。

鳳来峡を抜けて。

20120211_iida_line-01.jpg

天竜川を越えて。

20120211_iida_line-02.jpg

佐久間に到着。

20120211_sakuma-01.jpg
20120211_sakuma-02.jpg

豊橋から佐久間まで乗った313系を見送って・・・。

20120211_jrcentral_ec_313_3000-04.jpg

駅の外へ。
合併により浜松市なのですが、とても市とは思えない場所だったりします・・・。

20120211_sakuma-03.jpg

入れ違いでやってくる伊那路4号に乗るべく天竜川橋梁を渡って中部天竜駅を目指します。

20120211_tenryugawa-02.jpg

鉄塔に圧倒され・・・。

20120211_tenryugawa-03.jpg

高いところが苦手と言いつつ橋梁を突破していきます。

20120211_tenryugawa-01.jpg

閉鎖されて事実上更地となった佐久間レールパークを左手に見つつ。

20120211_chubu_tenryu-02.jpg

中部天竜駅に到着。
17:00過ぎですが、人気が無く寂しい・・・。

20120211_chubu_tenryu-01.jpg

普通乗車券は青空フリーパス(飯田線内では豊橋~飯田で有効)で代用していることから、特急券のみ購入してホームへ上がります。

20120211_chubu_tenryu-03.jpg
20120211_chubu_tenryu-04.jpg

やがて伊那路4号が到着。
これに乗り込み豊橋へ戻ります。

20120211_jrcentral_ec_373-01.jpg

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: JR東海 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop