DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2011年12月
2011年12月の記事一覧

2011年の個人的活動を総括する  

2011年ももうすぐ終わりです。

毎年恒例の趣味的活動の総括を。

2011年の主な遠征

1月8日~1月10日 紀伊半島~信濃~越後地方(城郭・旧跡めぐり)
2月11日~2月13日 首都圏(鉄道撮影)
4月2日 名古屋(リニア鉄道館・鉄道乗りつぶし)
4月29日~5月1日 岡山(城廻・観光)
5月3日~5月5日 筑前・肥前(城廻・観光)
8月7日 京都北部(城廻)
8月12日~8月16日 九州地方(城廻)
8月27日~8月28日 首都圏(鉄道撮影)
9月17日~9月19日 両毛(城廻・鉄道乗りつぶし・鉄道イベント)
9月23日~9月25日 松本~栃木~東京(鉄道イベント・鉄道撮影)
10月8日~10月10日 福井(城廻・観光)
10月29日~10月30日 博多~熊本(鉄道イベント)
12月11日 名古屋(鉄道撮影)
12月23日~12月25日 名古屋(鉄道撮影)

はダイジェスト版を週末日記を参照(関西圏内のため詳細版執筆対象外)


2011年に乗りつぶした路線(全区間乗車済みとした路線)
北海道地方
 2007年に完乗
東北地方
 なし
関東地方
 上信電鉄
甲信越地方
 なし
東海地方
 名古屋市営地下鉄桜通線(延伸区間)
北陸地方
 なし
関西地方
 なし
中国地方
 2008年に完乗
四国地方
 2007年に完乗
九州地方
 九州新幹線(全線開業乗り直し)

2011年はなんと言っても九州新幹線全通が大きかったのですが、新規開業路線はこれと桜通線だけ。
あとは既存の未乗路線である上信電鉄だけでした。

2011年に登城した城郭・環濠など
北海道地方
 なし
東北地方
 なし
関東地方
 新田金山城・上毛箕輪城・足利氏館
甲信越地方
 飯田城・松代城・高田城
東海地方
 なし
北陸地方
 小浜城・越前大野城・一乗谷城および朝倉氏館
関西地方
 福知山城
中国地方
 鬼ノ城・備中高松城・備中松山城・岡山城
四国地方
 なし
九州地方
 筑前大野城・大宰府政庁・唐津城・肥前名護屋城・佐賀城・肥前平戸城・大分府内城・飫肥城・人吉城・鹿児島城・熊本城(再登城)

は日本城郭協会の「日本100名城」選定外の城郭

これまでの登城実績:89(うち日本100名城選定の城郭:76)。
北海道:0(0)|東北:9(8)|関東:7(7)|甲信越:11(9)|東海:14(10)|北陸:2(2)|関西:10(8)|中国地方:14(12)|四国:9(9)|九州:13(11)

以上です。
スポンサーサイト

category: その他

tb: 0   cm: 0

2011年9月17日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅6 新田金山城・その4  

新田金山城巡りの続き。

続いては南曲輪へ。

20110917_kanayama_castle-69.jpg

日ノ池。

20110917_kanayama_castle-70.jpg
20110917_kanayama_castle-71.jpg

南曲輪。

20110917_kanayama_castle-72.jpg

中島和久平先生像。

20110917_kanayama_castle-73.jpg

金山城跡地形模型。
これは城山全体。

20110917_kanayama_castle-74.jpg

休憩所。

20110917_kanayama_castle-75.jpg

休憩所の内部。

20110917_kanayama_castle-76.jpg

御台所曲輪。
写真の鳥居は新田神社のもの。

20110917_kanayama_castle-77.jpg
20110917_kanayama_castle-78.jpg
20110917_kanayama_castle-79.jpg

奥へ行くと実城(本丸)があり、そこには新田神社の本殿があります。

20110917_kanayama_castle-80.jpg
20110917_kanayama_castle-81.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  新田金山城 
tb: 0   cm: 0

2011年9月17日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅5 新田金山城・その3  

引き続き新田金山城を見てきます。

まずは馬場曲輪。

20110917_kanayama_castle-51.jpg
20110917_kanayama_castle-52.jpg

四阿(あずまや)。

20110917_kanayama_castle-53.jpg
20110917_kanayama_castle-54.jpg

馬場下曲輪。

20110917_kanayama_castle-55.jpg
20110917_kanayama_castle-56.jpg

大手口へ。

20110917_kanayama_castle-57.jpg

近くの斜面では発掘調査が行われています。

20110917_kanayama_castle-58.jpg

大手虎口にある月ノ池。

20110917_kanayama_castle-59.jpg
20110917_kanayama_castle-60.jpg

こちらは南曲輪への道路。

20110917_kanayama_castle-61.jpg

大手虎口。

20110917_kanayama_castle-06.jpg

大手虎口から見る大手通路。

20110917_kanayama_castle-62.jpg

大手虎口周辺は谷間に構築されたため、雨水が流れやすく、そのままでは崩れてしまうため、石畳や石垣で構築されています。

20110917_kanayama_castle-63.jpg

正面土塁石垣。

20110917_kanayama_castle-64.jpg

武器庫。

20110917_kanayama_castle-65.jpg
20110917_kanayama_castle-66.jpg

井戸。

20110917_kanayama_castle-67.jpg

南曲輪からから見た大手虎口。

20110917_kanayama_castle-68.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  新田金山城 
tb: 0   cm: 0

2011年9月17日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅4 新田金山城・その2  

それでは、新田金山城の主郭部を見てきます。
駐車場から歩いて北側に主郭部への入口があります。

20110917_kanayama_castle-05.jpg
20110917_kanayama_castle-31.jpg

西矢倉台西堀切。

20110917_kanayama_castle-32.jpg
20110917_kanayama_castle-33.jpg
20110917_kanayama_castle-34.jpg

西矢倉下堀切。

20110917_kanayama_castle-35.jpg

西矢倉台。

20110917_kanayama_castle-36.jpg

冒頭の登城路入口からは2ルートがあるのですが、推定復元されたルートは通行禁止であったため、尾根伝いのルートのみ通ることが出来ました。

20110917_kanayama_castle-37.jpg
20110917_kanayama_castle-39.jpg

西矢倉台からの眺め。

20110917_kanayama_castle-38.jpg

こちらは馬場下通路にある土橋。

20110917_kanayama_castle-40.jpg

土橋から見る物見台下堀切

20110917_kanayama_castle-41.jpg
20110917_kanayama_castle-42.jpg

堀切を渡って馬場下通路本体。

20110917_kanayama_castle-43.jpg

中程にある木橋。
この下にある竪堀へ

20110917_kanayama_castle-44.jpg
20110917_kanayama_castle-45.jpg

建物礎石群。

20110917_kanayama_castle-46.jpg

馬場通路。

20110917_kanayama_castle-47.jpg

物見台。

20110917_kanayama_castle-48.jpg

物見台からみる馬場通路。

20110917_kanayama_castle-49.jpg

このあとは、馬場曲輪を見てきます。

20110917_kanayama_castle-50.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本100名城  新田金山城 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2011年12月25日  

2011年12月25日(

遠征最終日も名鉄三昧。

復路の都合上、いったん名古屋へ移動してロッカーに鞄を預けてから行動開始。
まずは神宮前での撮影。

20111225_meitetsu_3100-01.jpg
20111225_meitetsu_3800-01.jpg
20111225_meitstsu_1000-01.jpg

丁度良い頃合いで2200系がやってきたので、それに乗って再びセントレアへ。
時間帯的に人気が少なかったため、車内写真の撮影が出来ました。

20111225_meitstsu_2200-01.jpg
20111225_meitstsu_2200-in01.jpg

後発は1700系・2300系だったため、微妙に仕様の異なる車内を撮っておくことが出来ました。

20111225_meitstsu_2300-01.jpg
20111225_meitstsu_2300-in01.jpg

セントレアで昼食を済ませて、午後からは太田川乗換で河和線~知多新線へ。
今回は2dayフリーきっぷを活用で来るからこそ出来るわけです。

基本は車内写真の撮影なので、ここでも終点の内海で2代目5000系と3代目3300系などの車内写真を撮っておきました。

20111225_utsumi-01.jpg
20111225_utsumi-02.jpg
20111225_meitstsu_5700-in01.jpg
20111225_meitstsu_5700-in02.jpg
20111225_meitetsu_5000_2g-in01.jpg
20111225_meitetsu_5000_2g-cab01.jpg
20111225_meitetsu_3300-01.jpg
20111225_meitetsu_3300-in01.jpg

2200系や3150系でもそうですが、3300系も製造年次によって天井周りの材質が違ったり、車両の基本設計は同じでも細部の仕様が違うと言うような撮影者泣かせモノだったりするので、サイトの素材集めとはいえ、結構面倒です。
Wikipediaでもテキストベースでは押さえられていても、画像ベースとなると意外と抜けていたりします。

内海での撮影で現地での活動は終了。
名古屋へ戻り鞄を回収後、近鉄に乗って帰阪しました。

20111225_kintetus_22000-01.jpg

category: 日記

tag: 名古屋鉄道 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2011年12月24日  

2011年12月24日(

遠征2日目である24日か本来の目的である名鉄三昧。

まずは名鉄岐阜駅で各形式の編成写真および車内写真の撮影。
通勤車両は意外と撮れて、1000系パノラマスーパー・全車特別車編成の用途廃車の発生品を活用し3300系の車体を乗せた2代目5000系や珍形式1380系も撮ることが出来ました。

20111224_meitetsu_1700-01.jpg
20111224_meitetsu_1700-in01.jpg
20111224_meitetsu_5000_2g-01.jpg
20111224_meitetsu_5000_2g-in01.jpg

名鉄岐阜での撮影の跡は各務原線で移動。

20111224_meitetsu_1380-01.jpg

新鵜沼と犬山で撮影を試みるも、微妙の撮影しにくく断念し、午前中はここで終了。

20111224_shin_unuma-01.jpg
20111224_shin_unuma-02.jpg
20111224_shin_unuma-03.jpg
20111224_meitetsu_300-01.jpg
20111224_meitetsu_300-in01.jpg

名古屋へ移動して昼食を挟んだ午後からは太田川へ。

20111224_meitetsu_1000-01.jpg

12月17日に上下線とも高架へ切替えられたことから、その見聞のために来訪した次第。

20111224_otagawa-01.jpg

やや変則的な構造を持つ3面6線の高架駅となっているものの、2階と3階の間に乗換通路が設けられており、構造上の難点をカバーしているようです。

20111224_otagawa-02.jpg
20111224_otagawa-03.jpg
20111224_otagawa-04.jpg
20111224_otagawa-05.jpg
20111224_otagawa-06.jpg

太田川からセントレアへ。

20111224_centrair-02.jpg
20111224_centrair-01.jpg

ここでは折り返し待ちの列車に対し車内写真の撮影をするつもりできたのですが、午前中の岐阜と同じく特急車両の撮影は無人の状態にならなかったため断念。通勤車両の方は難なく撮影できました。

20111224_meitetsu_3500-01.jpg
20111224_meitetsu_3500-in01.jpg

セントレアでの撮影を終えて、名鉄瀬戸線へ。

20111224_meitetsu_4000-01.jpg

4000系への置き換えが進んでいることから、最新の4000系が撮りやすくなっていると見越しての来訪でしたが、現状駆逐されたのは旧型車両の足回りを流用していた6750系のみで、6000系はおろか6600系も比較的多く残されている状態でした。
後でわかったのはまだ半分ぐらいしか置き換えられていなかったと言うこと。

20111224_owari_seto-01.jpg

撮影は尾張瀬戸駅での折返し街の列車に対して実施。
現行の3形式とも撮影できました。

20111224_meitetsu_4000-in01.jpg
20111224_meitetsu_6600-in01.jpg
20111224_meitetsu_6000-in02.jpg

この日の締めくくりは岐阜駅での夜間撮影。
ここでようやく2200系2次車の車内写真の撮影に成功。
クロスシート部が2+1列であることと手すりの塗装が省略されている点で違うことから、1次車も一般車の方が撮れてないので難儀やな~と思いつつ、この日は終了しホテルへ戻りました。

20111224_meitetsu_2200-01.jpg
20111224_meitetsu_2200-in01.jpg
20111224_meitetsu_6000-in01.jpg

category: 日記

tag: 名古屋鉄道 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2011年12月23日  

2011年12月23日(

2011年最後の三連休である12月23日から25日までを中京圏遠征に充てることにしました。
中京圏への鉄道遠征としては最近でもありますが、連泊の現地滞在型遠征としては2年ぶりです。

初日である23日は名古屋入りして各鉄道写真の撮影という流れなのですが、22日夜から当日早朝まで夜勤+残業であることから、昼過ぎに現地入りの予定をしていたところ、諸般の事情で昼前に出発になってしまいました。

20111223_yamato_yagi-01.jpg
20111223_ise_nakagawa-01.jpg
20111223_kintetsu_12600-01.jpg

名古屋入りしたときにはすでに日が傾き始めていたという状態。

現地入り最初の撮影は八田での撮影。
さすがに厳しい・・・。

20111223_hatta-01.jpg
20111223_kintetsu_9000-01.jpg
20111223_kintetsu_1000-01.jpg
20111223_kintetsu_22600-01.jpg

名古屋駅に到着後はJR線の撮影。
最新の313系4次車が進出していることから、撮る車両も増えているので駅構内を走り回りました。

20111223_jrcentral_ec_313_5000-01.jpg
20111223_jrcentral_ec_313_1300-01.jpg
20111223_jrcentral_dc_25-01.jpg
20111223_jrcentral_dc_85-01.jpg

続いてあおなみ線に乗車。
ここでは車内写真の撮り直しために乗ったのですが、鉄道リニア館の開業で人出が多くなり、午前から夕方までの車内写真の撮影が困難になったため、人が捌けた夜間を狙うしかありません。

20111223_aonami_line-01.jpg

それでも当日は名古屋モーターショー開催のため金城ふ頭での折り返しのタイミングでは無理だと判断。
一つ手前の野跡→金城ふ頭の末端一区間走行中しか撮影できるチャンスが見当たりませんでしたが、何とか撮れました。

20111223_aonami_1000-in01.jpg

名古屋へ戻って名鉄に乗車。
岐阜で車内写真の撮影をしてこの日は終了。

20111223_meitetsu_1700-01.jpg

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  JR東海  名古屋臨海高速鉄道  名古屋鉄道 
tb: 0   cm: 0

2011年9月17日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅3 新田金山城・その1  

され、ここから新田金山城跡を巡ってきます。

20110917_kanayama_castle-20.jpg

まずは駐車場に近接している西城跡。
西城は本丸から尾根伝いの西側に位置する曲輪です。

20110917_kanayama_castle-19.jpg
20110917_kanayama_castle-21.jpg
20110917_kanayama_castle-30.jpg

ガイダンス施設裏側から登山道を上った先にある駐車場。
ここには展望台と公衆便所も備えられています。

20110917_kanayama_castle-22.jpg

西城南側にある筋違い虎口土塁。

20110917_kanayama_castle-23.jpg
20110917_kanayama_castle-24.jpg

西城筋違い虎口土塁から見附出丸へ向かいます。

20110917_kanayama_castle-25.jpg

見附出丸。
西城の隅に位置し、新田金山城では西端の守備の最前線である見附出丸は、南北の土塁が筋違いに配置して通路を屈折させて、敵の侵入から守りやすくしています。

20110917_kanayama_castle-26.jpg

これは北土塁。

20110917_kanayama_castle-27.jpg

見附出丸から眺める太田市街地。

20110917_kanayama_castle-28.jpg

見附出丸から西城の駐車場まで戻って。

20110917_kanayama_castle-29.jpg

いよいよ本丸に当たる実城へ入ります。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  新田金山城 
tb: 0   cm: 0

2011年9月17日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅2 新田金山城への道  

太田に到着しました。

太田はかつて新田氏により開発された荘園「新田荘(にったのしょう)」があった地域で、小田原の役の後で徳川家康が関東入国し、太閤検地により館林藩の領地となり荘園は廃止。
後に宿場町「太田宿」として整備され、1645年に日光例幣使街道7番目の宿場となり、1980年には幕府直轄の天領となりました。
現在は富士重工業の企業城下町として市内中心部の近くに同社の事業所が置かれています。

20110917_ota-01.jpg

さて、ここからは戦国時代に築城された新田金山城(にったかなやまじょう)へ登城します。
新田金山城は新田荘時代の末期に新田氏一族である岩松家純が金山の山頂付近に築城した山城で、後北条氏が城主だった1590年に小田原の役の一環として攻撃を受けて落城するまでは難攻不落の城と知られています。

20110917_kanayama_castle-09.jpg

駅高架下の観光案内所でパンフレットを頂き、まずは太田市立史跡金山城ガイダンス施設に向けて出発したのですが、北へ向かう道を一つ間違ってあわてて途中まで引き返すというハプニングがありましたが、なんとかルート状へ戻り事なきを得ます・・・。

20110917_kanayama_castle-01.jpg

富士重工業の工場の脇を抜けてさらに坂道を登って行くと・・・。

20110917_kanayama_castle-10.jpg

太田市立史跡金山城ガイダンス施設が見えてきます。

20110917_kanayama_castle-02.jpg

太田市立史跡金山城ガイダンス施設は同じく市立の金山地域交流センターとの併設で2009年に建てられたものだそうです。
ガイダンス施設には金山城の歴史や発掘で判明したことに関する史料などが保管展示されています。
また、当時の様子を推定再現した模型も展示されています。

20110917_kanayama_castle-03.jpg

ガイダンス施設を出て新田金山城の主郭部を目指します。
施設の裏手にある橋を渡り、直ぐ右手にある階段を上っていきます。

20110917_kanayama_castle-11.jpg
20110917_kanayama_castle-12.jpg

この登山道は主郭部の前には駐車場まで結ぶのですが、この道のりは結構厳しいものとなりました。

20110917_kanayama_castle-13.jpg
20110917_kanayama_castle-14.jpg

はっきり言って急な坂道です。

20110917_kanayama_castle-04.jpg

中間点にある休憩所からの眺め。

20110917_kanayama_castle-15.jpg

さらに登って・・・。

20110917_kanayama_castle-16.jpg
20110917_kanayama_castle-17.jpg

ようやく駐車場にたどり着きました。
ここは主郭部の西側にある西城跡があります。

20110917_kanayama_castle-18.jpg

夜勤明けで一睡もしてない上に急な坂道と登る暴挙の出たため、へばってしまいました。
10分ほどベンチでお休みをしてから西城と見附出丸を見てきます。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本100名城  新田金山城 
tb: 0   cm: 0

2011年9月17日 毛野国の城郭と鉄道を巡る旅1 関東平野の奥を目指す  

2011年9月は17日~19日と23日~25日の2回の三連休があり、最初の三連休となる9月17日~19日は栃木県南西部から群馬県南東部にかけて点在する日本100名城を中心に、9月18日に上信電鉄高崎駅構内で開催された鉄道イベントと上信電鉄ののりつぶしを絡めた遠征をするこそにしました。

夜勤明けになることから往路は遅めののぞみ114号で東京入り。
去年なら日勤のみだったので自宅の最寄りから初電に乗ればよかったのですが、今年は交代勤務の部署へ異動と残業が多いことから安全パイを撮るしかありません。

20110917_shin_osaka-01.jpg

東京到着は昼前。
東京から上野で乗り継いで浅草へ移動し、ここで昼食タイムとしました。

20110917_asakusa-01.jpg

昼食を済ませて、浅草駅の券売機でりょうもう号の乗車券と購入してホームへ上がると発車時間まであと5分。

20110917_asakusa-02.jpg

ここからはりょうもう17号に乗って太田を目指します。

20110917_tobu_200-01.jpg
20110917_ryomo17-01.jpg

都内を抜けて埼玉県内を抜けても住宅地が建並んでいますが、館林から単線区間に入ると田園風景が広がります。
それにしてもりょうもう号遅いです・・・。

20110917_ryomo17-02.jpg

浅草から80分掛けて太田に到着。

20110917_ota-03.jpg
20110917_ota-04.jpg

ここから新田金山城を目指します。

20110917_ota-01.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本  東武鉄道 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 西武池袋線連立事業見聞 石神井公園駅  

東急東横線改良工事見聞のあと今遠征の締めくくりとして西武池袋線の石神井公園駅へ来訪してきました。

西武池袋線はでは複々線化と連立事業の工事が進められていますが、ここ石神井公園駅は駅周辺の都市計画の関係上、工事の着手が遅れていました。
今年に入り高架への切り替えが順次行われ、上下線とも切り替えが終わりました。

計画では2面4線になりますが、下り急行線側の工事が旧線の撤去などで最後になるため、実際には暫定状態と言うことです。

まずは下りホーム側から。

20110828_shakujii_koen-01.jpg

所沢方。

20110828_shakujii_koen-03.jpg

ホーム中程。

20110828_shakujii_koen-04.jpg

池袋方。

20110828_shakujii_koen-05.jpg
20110828_shakujii_koen-06.jpg

改札階側。
高い位置の軌道敷があるため天井が高いです。

20110828_shakujii_koen-08.jpg

北口。
こちらにはロータリーが整備されています。

20110828_shakujii_koen-02.jpg

南口。

20110828_shakujii_koen-07.jpg

再び改札口へ入り上りホームへ。
こちらは2線化されています。

20110828_shakujii_koen-09.jpg

所沢方。

20110828_shakujii_koen-10.jpg

ホーム中程。

20110828_shakujii_koen-11.jpg

池袋方。

20110828_shakujii_koen-12.jpg

これで石神井公園駅の見聞は終了。
このあとは東京駅へ戻り、のぞみ267号で帰阪しました。

#「2011年8月27日~8月28日 節電モードの首都圏遠征2011夏」および関連記事 おわり。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 西武鉄道  連続立体交差事業  西武池袋線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年12月18日  

2011年12月18日(

今週末唯一のお休みである18日は午後から鉄道工事関連のお出かけ。

先日、たっちー氏のUST「鉄道談話倶楽部」の第65回のライブ配信において学研都市線の京田辺方面への最終の繰り下げと初電の繰り上げのネタが上がったことから、たまたま知っていた京田辺駅の改良工事があることをコメントしたのですが、明けて翌日となったこの日に現地へ出向いて見てきました。

20111218_kyotanabe-01.jpg

実際の工事自体は待避線が準備工事状態となっている箇所への留置線の敷設で、本線と繋がっているのは京橋方のみで、木津方には車止めが設けられるようです。

20111218_kyotanabe-02.jpg

JR奈良駅へ移動して事実上コンプリート状態となった西口を撮影。

20111218_jr_nara-01.jpg

東福寺へ移動して新たに設けられた乗換改札口の見聞。

20111218_tofukuji-01.jpg

鶴橋にあるような中間改札ではなく、京阪・JRの双方に改札口があるような格好で、通路の構造上は人をプールさせるために北側へ迂回させる形式となっているものの、その気になれば外部への出入口を開設出来そうな感じです。

20111218_tofukuji-03.jpg
20111218_tofukuji-04.jpg
20111218_tofukuji-02.jpg

JR奈良線で宇治へ移動して、宇治川を渡って京阪の宇治駅へ。

20111218_keihan_uji-01.jpg

ここで、来年度から13000系が導入されることにより引退が確定した2600系0番台4連口。

20111218_keihan_2600-01.jpg

0番台でも本線向けの7連口も少なく確実に捉えられる宇治線の4連口を狙って来たのですが、ここで車内写真の撮影。

20111218_keihan_2600-in01.jpg

河原町から阪急に乗って梅田へ移動して買物をしてから帰宅。
大阪駅の中央改札口の発車標が連絡橋口と同じフルカラーLEDに切替えられていました。

20111218_osaka-01.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  学研都市線  輸送力増強工事  京阪電気鉄道  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 東急東横線改良工事見聞4  

現在は副都心線のみ乗入れている渋谷駅地下ホームを見てきます。

管轄としては半蔵門線渋谷駅と共に東急の管理下にあるのですが、東横線が地上のままmのため現状は先に開業して副都心線のみ乗入れています。

20110828_shibuya-07.jpg

開業後しばらくは暫定状態のままでしたが、いよいよ東横線の地下化に合わせて現在は車止めになっている側の工事が着手されることになりました。

20110828_shibuya-08.jpg

こちらが車止めになっている側で東急東横線はここから乗入れてきます。
また現状は未使用区画であるホームは乗入れ開始までには使用されるようになり、それまで暫定的に新宿方の仮設ホーム部分が撤去されることになります。

20110828_shibuya-09.jpg
20110828_shibuya-10.jpg
20110828_shibuya-11.jpg

現在、仮通路が渡してある箇所は軌道敷が本格的に使用されるのに合わせて撤去されることになります。
よってこのショットは相互乗り入れが開始されると過去帳入りとなります。

20110828_shibuya-12.jpg

新宿方はこのような感じ。
北行き側。

20110828_shibuya-14.jpg

南行き側。
こちらには保線車両の引き込み線があります。

20110828_shibuya-15.jpg

このショットも過去帳入りに・・・。

20110828_shibuya-13.jpg

東急東横線改良工事見聞はここまでです。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 東京急行電鉄  輸送力増強工事  東京メトロ  副都心線  相互乗り入れ  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 東急東横線改良工事見聞3  

東急東横線改良工事見聞。

続いて代官山駅。

20110828_daikanyama-01.jpg

代官山駅は隣の渋谷駅が地下化(駅自体は副都心線の起点駅としてすでに開業している地下駅に乗入れる)されることから大規模な改良工事が進められています。
横浜方は渋谷トンネル

20110828_daikanyama-02.jpg

駅構内の渋谷方から地下へ入るアプローチを構築することになるため、構内にある軌道の大半が仮受の構造に変更されています。

20110828_daikanyama-03.jpg
20110828_daikanyama-04.jpg

渋谷方にある最初の踏切道あたりがトンネルの入口になります。
ここから代官山駅に掛けて堀割構造、同じく渋谷方が開削工法による箱形トンネルとなる境界線となります。

20110828_daikanyama-05.jpg
20110828_daikanyama-06.jpg
20110828_daikanyama-07.jpg

渋谷駅。
こちらは現在の東横線のホームで、副都心線との相互乗り入れが開始されると地下へ切り替えになることから、今のうちに撮っておくことにしました。

20110828_shibuya-01.jpg
20110828_shibuya-02.jpg
20110828_shibuya-03.jpg
20110828_shibuya-04.jpg
20110828_shibuya-05.jpg
20110828_shibuya-06.jpg

→次に続く。

category: 未分類

tag: 東京急行電鉄  輸送力増強工事  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 東急東横線改良工事見聞2  

東急東横線改良工事見聞。
続いて自由が丘駅から中目黒駅まで見てきます。

まずは自由が丘駅。

20110828_jiyugaoka-01.jpg

こちらは渋谷方にホーム延伸されますが、下り線側がタイトであるため、幅員確保のため退避線側を拡張するための工事が着手されています。
最新の進捗状況は上りホームの渋谷方にある建物がホーム延伸の支障となることから撤去工事が進められています。

20110828_jiyugaoka-02.jpg
20110828_jiyugaoka-03.jpg
20110828_jiyugaoka-04.jpg
20110828_jiyugaoka-05.jpg

学芸大学駅。
こちらは横浜・渋谷方双方ともホーム延伸されることになり、渋谷方はすでに仕上げ段階。

20110828_gakugeidaigaku-01.jpg
20110828_gakugeidaigaku-02.jpg

横浜方は来訪時点では着手されていないようですが、最新の進捗状況ではホーム延伸工事に着手されているようです。

20110828_gakugeidaigaku-03.jpg
20110828_gakugeidaigaku-04.jpg

中目黒駅。
こちらは横浜・渋谷方双方とも延伸されるようで、横浜方が先に着手されています。

20110828_nakameguro-02.jpg
20110828_nakameguro-01.jpg
20110828_nakameguro-03.jpg

この関係で支障となる下り線乗務員控え室などが移設されています。

20110828_nakameguro-04.jpg

渋谷方は耐震補強工事と同時にホームの幅員を拡大させるための工事が進められており、その進捗状況によりホーム延伸工事も着手されるようです。

20110828_nakameguro-05.jpg

最新の進捗状況では横浜方のホーム延伸箇所の土木工事は終わっているようです。

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 東京急行電鉄  輸送力増強工事  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 東急東横線改良工事見聞1  

氷川丸を見終えた後は東急東横線の改良工事の見聞。

今回の見聞の写真は投稿時より4ヶ月前のもの8月末のものであるため、最新の進捗状況が反映されていません。

そこで当方の知り合いのおきらく娯楽工房さんの最新の進捗状況を元に補足していきます。


まずは菊名駅から。

20110828_kikuna-02.jpg

菊名駅は渋谷方が延伸されるとのことで、工事車両搬入のための木製覆工が軌道上に敷かれています。
来訪した8月末の時点では写真のような状態でしたが、
20110828_kikuna-01.jpg
20110828_kikuna-03.jpg
20110828_kikuna-04.jpg

続いて綱島駅。
こちらも渋谷方のみホーム延伸され、これと同時にホーム上屋も渋谷方に伸ばすことになっており、最新の進捗状況ではホーム上屋の構築も着手されています。

20110828_tsunashima-01.jpg
20110828_tsunashima-02.jpg

続いて日吉駅。
こちらは横浜方のみホーム延伸され、写真では着手されていませんが、最新の進捗状況ではホーム延伸の工事が着手されています。

20110828_hiyoshi-01.jpg
20110828_hiyoshi-02.jpg

武蔵小杉駅。
こちらは渋谷方にホーム延伸され、最新の進捗状況では仕上げ段階に入っています。

20110828_musashi_kosugi-01.jpg
20110828_musashi_kosugi-02.jpg
20110828_musashi_kosugi-03.jpg
20110828_musashi_kosugi-04.jpg

多摩川駅。
武蔵小杉と同じく渋谷方にホーム延伸され、最新の進捗状況では土木工事の終りの段階の前ぐらいまで進んでいます。

20110828_tamagawa-01.jpg
20110828_tamagawa-02.jpg

田園調布駅。
こちらも渋谷方にホーム延伸されることになっており、最新に進捗状況は多摩川駅と同じように土木工事の最終段階に入るところと言ったところでしょう。

20110828_denen_chofu-01.jpg
20110828_denen_chofu-02.jpg

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 節電モードの首都圏遠征2011夏14 日本郵船「氷川丸」その4  

氷川丸の機関室へ入ります。

20110828_hikawamaru-49.jpg
20110828_hikawamaru-50.jpg

機関部の上段。

20110828_hikawamaru-03.jpg

中段・1。

20110828_hikawamaru-51.jpg

中段・2および下段。

20110828_hikawamaru-52.jpg
20110828_hikawamaru-53.jpg

下段。

20110828_hikawamaru-54.jpg

電話室などの連絡設備。

20110828_hikawamaru-55.jpg

機関室最下部。

20110828_hikawamaru-56.jpg
20110828_hikawamaru-57.jpg

ディーゼル発電機。

20110828_hikawamaru-58.jpg
20110828_hikawamaru-59.jpg

各種ポンプ類。

20110828_hikawamaru-60.jpg

上へ戻って。

20110828_hikawamaru-61.jpg
20110828_hikawamaru-62.jpg

三等客室。

20110828_hikawamaru-63.jpg
20110828_hikawamaru-64.jpg

展示室。

20110828_hikawamaru-65.jpg

これで氷川丸の乗船は終了。
外へ出て東急東横線の改良工事を見てきます。

20110828_hikawamaru-66.jpg
20110828_hikawamaru-67.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 節電モードの首都圏遠征2011夏13 日本郵船「氷川丸」その3  

客室に続いて操舵室を見てきます。

20110828_hikawamaru-32.jpg

最も高い場所にある操舵室にある装備などを・・・。

20110828_hikawamaru-33.jpg
20110828_hikawamaru-34.jpg

操舵室。

20110828_hikawamaru-04.jpg

探知機類。

20110828_hikawamaru-35.jpg

無線室。

20110828_hikawamaru-36.jpg

レーダー。

20110828_hikawamaru-37.jpg

エンジンテレグラフ。

20110828_hikawamaru-38.jpg

汽笛。
右隅に見えるのは伝声管。

20110828_hikawamaru-39.jpg

一つ下のデッキへ。

20110828_hikawamaru-40.jpg

船長室。

20110828_hikawamaru-41.jpg
20110828_hikawamaru-42.jpg
20110828_hikawamaru-43.jpg

救命ボートがずらりと並ぶ。

20110828_hikawamaru-44.jpg

ハッチカバー。
氷川丸では木製蓋と覆布が使用されていました。

20110828_hikawamaru-45.jpg

来訪時は使われていない場所。
閉鎖されているため立入出来ません・・・。

20110828_hikawamaru-46.jpg

船尾側。
以前は立ち入ることが出来たようですが、来訪時は封鎖されて立ち入ることが出来ませんでした。

20110828_hikawamaru-47.jpg

白灯台。

20110828_hikawamaru-48.jpg

このあとは船底側にある機関室を見てきます。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本郵船  氷川丸 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年12月11日  

2011年12月11日(

11日は名古屋へ出向いてきました。

予算の都合上、往復とも特急を使わずにひたすら乗り継いで移動。

20111211_nabari-01.jpg
20111211_kintetsu_2430-01.jpg

名古屋の数駅手前の八田で降車。

20111211_hatta-01.jpg

ここで編成写真の撮影。

22600系+22000系。

20111211_kintetsu_22600-01.jpg

2800系3連口。
かつては大阪線でも使われていましたが、準急のデータイム4~6連化が進んだため名古屋線系統へ移されて、側地元ではなかなか撮れない編成。 

20111211_kintetsu_2800-01.jpg

1210系+2430系。
界磁チョッパ車と抵抗制御車の混成で、こちらも当初は大阪線で使用されていましたが、近年は名古屋線系統でしかみられません。
写真の前から2両目にトイレが設置されていることから長距離運用の急行で使用されることが多いそうです。

20111211_kintetsu_1211-01.jpg

名古屋で昼食を挟んで午後からは豊橋へ。

20111211_jrcentral_ec_313_1100-01.jpg

途中の大府でキハ25形を撮影。

20111211_jrcentral_dc_25_0-01.jpg

豊橋では大垣へ移ってきた313系3000番台が東海道線の運用に就いていました。

20111211_jrcentral_ec_313_3000-01.jpg

豊橋からは吉田城へ登城するため、
豊鉄に乗って市役所前へ。

20111211_toyotetsu_780-01.jpg

豊川を背に築城された吉田城は現在豊橋公園として整備されています。

20111211_yoshida_castle-01.jpg

本丸内にある鉄櫓が唯一の建造物ですが、現存建造物はなく写真の鉄櫓も模擬再建された鉄筋コンクリート造り。

20111211_yoshida_castle-02.jpg

時間が無いため鉄櫓だけ見た後は豊橋駅へ。

20111211_toyohashi-01.jpg

来春引退が予定されている119系を撮影。

20111211_jrcentral_ec_119_5100-01.jpg
20111211_jrcentral_ec_119_5000-02.jpg
20111211_jrcentral_ec_119_5100-cab01.jpg

119系に代わり飯田線のメインとなる213系5000番台が神領から大垣へ移されてきました。

20111211_jrcentral_ec_213_5000-01.jpg

転用に際しては閑散線区および寒冷地対応ためのドア開閉の半自動対応、ローカル線区の長距離運用対応のための車椅子対応の便所設置、勾配区間対応のためのセラミック噴射装置の設置などを近畿車輛で改造を受けています。

20111211_jrcentral_ec_213_5000-02.jpg

313系3000番台も313系4次車グループの1300番台に押し出される格好で大垣へ転籍されて飯田線での運用も開始されていることから、JR東担当である115系を除いて213系5000番台と313系3000番台が飯田線のメインに据えられる模様です。

20111211_jrcentral_ec_213_5000-03.jpg

名鉄で名古屋へ戻り、名古屋からは再び近鉄で4時間近く掛けて帰宅しました。

20111211_kintetsu_5820-01.jpg

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  JR東海  豊橋鉄道  日本の城郭  三河吉田城 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年12月10日  

2011年12月10日(

夜勤明けである10日は早朝に帰宅してから終日在宅。
この日は2日分溜めていたブログの更新作業を進め、昼過ぎに一度就寝・・・。

夕方頃に起きて夕食を済ませてからはサイトの更新作業を進めつつ、USTの視聴と皆既月食の撮影。

当日は小雨がぱらつくような嫌らしい天候でしたが、月食撮影時には雲も過ぎ去って居る状態でした。
そして撮影したのが下の写真なのですが、EOS50Dの手持ち撮影の限界と言ったところでしょう。

20111210_total_eclipse-02.jpg

category: 日記

tag: 皆既月食 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 節電モードの首都圏遠征2011夏12 日本郵船「氷川丸」その2  

日本郵船・氷川丸乗船記の続き。

20110828_hikawamaru-19.jpg

屋外デッキ。
写真は右舷側(船尾から船首を見た場合の右側)のデッキで、通常は立ち入ることが出来ないことから、客室通路から撮影したものです。

左舷側は立ち入ることが出来るため後ほど紹介します。

20110828_hikawamaru-20.jpg
20110828_hikawamaru-21.jpg

船内郵便局。
氷川丸に置かれた郵便局には局長と局員の2名が乗船していました。

窓口脇にある船内ポストに投函された手紙は「氷川丸」オリジナルの消印が押され、相手先に届けられましたそうです。

20110828_hikawamaru-22.jpg

船内郵便局から一等喫煙室までの通路。
写真の通路は立入禁止で、写真左手の客室をぶち抜いて改装した展示室を通り抜けます。

20110828_hikawamaru-23.jpg

一等喫煙室入口側から撮ったもの。

20110828_hikawamaru-24.jpg

一等喫煙室。
食後に一服しながら談笑する場として設けられているもの。

20110828_hikawamaru-25.jpg
20110828_hikawamaru-26.jpg

左舷側へ。

20110828_hikawamaru-27.jpg

一等客室。

20110828_hikawamaru-28.jpg

一等特別室。
各国の貴賓や著名人を迎えるための最上位のスイートルームです。

20110828_hikawamaru-29.jpg
20110828_hikawamaru-30.jpg
20110828_hikawamaru-31.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本郵船  氷川丸 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 節電モードの首都圏遠征2011夏11 日本郵船「氷川丸」その1  

みなとみらい線の改良工事見聞の後は横浜港の山下公園に展示・係留されている日本郵船の氷川丸へ乗船します。

20110828_hikawamaru-01.jpg

実際に乗船する前に簡単な概略を・・・。

氷川丸は1930年に竣工した大型貨客船で、船の建造は横浜船渠株式会社(現・三菱重工業横浜製作所)が行い、船名は埼玉県の氷川神社に由来しています。

就航当初は当初はシアトル航路を中心に運航されていましたが、第二次世界大戦が開戦すると旧日本海軍の病院船として徴用され、同時期に徴用された多くの民間大型船が戦没する中で三度の機雷への蝕雷があるものの戦乱を切り抜けて、終戦直後は大型客船不足もあって引き揚げ船として重宝され、1950年に日本郵船の定期航路に復帰を果たすことになりました。

その後、老朽化と航空機の発達により1960年に運航終了。
退役後は日本郵船から氷川丸マリンタワーに所有が移り、横浜港開港100周年記念事業として山下公園に係留されることになった。

氷川丸マリンタワーが所有していた時代はユースホステルや見学施設として利用され、船体の塗装もエメラルド・グリーン→ブルーを経て1980年代に日本郵船時代の黒に戻されものの、入場者数の減少により2006年12月をもって営業終することになり、それに合わせて船の所有・管理が日本郵船に移管され運営母体だった氷川丸マリンタワーは解散。

再び日本郵船所有に戻った氷川丸は翌年の2007年8月から船体の修繕と内装の修復が行われた後、2008年4月から博物館船として一般公開されて現在に至ってます。

20110828_hikawamaru-05.jpg

では本題へ戻って。
前回の横浜マリンタワー来場時にはタイムアップで乗船することが出来なかったため、今回は確実に乗船することを目的に時間を調整した次第です。

20110828_hikawamaru-06.jpg

入口脇にあるコインロッカー。

20110828_hikawamaru-07.jpg

順路に沿って進むのですが、乗船口はBデッキから。

20110828_hikawamaru-08.jpg

券売機で入館券を購入しエントランスロビーを抜け、狭い通路を船首の方へ歩いてきます。

20110828_hikawamaru-09.jpg

Bデッキの客室の入口はこのような感じ。
実際には入れませんが・・・。

20110828_hikawamaru-10.jpg

船首側にある一等児童室。

20110828_hikawamaru-11.jpg

一等食堂。

20110828_hikawamaru-12.jpg

当時のディナーが再現されています。

20110828_hikawamaru-13.jpg

階段でAデッキへ上がります。

20110828_hikawamaru-14.jpg
20110828_hikawamaru-15.jpg

一等読書室。

20110828_hikawamaru-16.jpg

読書室の奥には一等社交室があります。

20110828_hikawamaru-17.jpg
20110828_hikawamaru-18.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 日本郵船  氷川丸 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 みなとみらい線改良工事見聞2  

続いて日本大通り駅。

20110828_nihon_odori-02.jpg

こちらは元町・中華街方がホーム延伸されます。
元町・中華街方面。

20110828_nihon_odori-03.jpg
20110828_nihon_odori-01.jpg

横浜・渋谷方面。
いずれも天井部のみ仕上げられている感じです。

20110828_nihon_odori-04.jpg
20110828_nihon_odori-05.jpg

横浜方はシールドトンネルの出入口が近接しているため、ホーム延伸はされません。

20110828_nihon_odori-06.jpg
20110828_nihon_odori-07.jpg
20110828_nihon_odori-08.jpg

元町・中華街駅。
こちらは車止め側・横浜方とも延伸されます。

20110828_motomachi_chukagai-05.jpg
20110828_motomachi_chukagai-04.jpg

横浜方は1両分延伸されるようです。

20110828_motomachi_chukagai-01.jpg

終端部はホーム延伸に支障を来すと思われる階段の移設など色々と手が入るようです。

20110828_motomachi_chukagai-02.jpg
20110828_motomachi_chukagai-03.jpg

終端部側も1両分有効長が伸ばされ、来訪時はホーム縁側の整備が進められていました。

2番線側。

20110828_motomachi_chukagai-06.jpg
20110828_motomachi_chukagai-07.jpg

1番線側。
階段が最も奥まった場所へ移設されているのがわかります。

20110828_motomachi_chukagai-08.jpg
20110828_motomachi_chukagai-09.jpg

エスカレーターは開業当時のままですが、左側に並んでいた階段が移設されたため、該当箇所に床面が仮の状態であることが写真でも判別出来ます。

20110828_motomachi_chukagai-10.jpg

車止め側。
2番線側の整備が終り次第一旦閉鎖して床面の仕上げなどの工事が着手されると思われます。

20110828_motomachi_chukagai-11.jpg

1番線側にあるエレベータ。

20110828_motomachi_chukagai-12.jpg

同じ場所から反対側。
以前あった壁を撤去したのがホームの縁を見れば明らかです。

20110828_motomachi_chukagai-13.jpg

さて、地下4階にあるホーム階から地上の改札口へ出るのですが、元町・新山下方面出口はビル内を歩くようにエスカレーターを3本乗り継ぐことになります。

20110828_motomachi_chukagai-14.jpg

地下3階。
ホーム階は道路の直下ですが、改札口は沿道の建物にあるため、地下2階へのエスカレータが離れた場所に設置されている他、エレベータも地上へ上がるのが別にあります。

20110828_motomachi_chukagai-15.jpg

地下2階。

20110828_motomachi_chukagai-16.jpg

地下1階。

20110828_motomachi_chukagai-17.jpg

これでみなとみらい線改良工事見聞はここまで。

→「2011年8月28日 節電モードの首都圏遠征2011夏11」に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 横浜高速鉄道    輸送力増強工事  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 みなとみらい線改良工事見聞1  

16000系に揺られた後は、東京メトロ副都心線との相互乗り入れに合わせて改良工事真っ直中のみなとみらい線と東急東横線の改良工事を見てきます。
本稿で取り上げるのは2011年8月28日来訪時に撮影したものであるため、最新の進捗状況は現地で確認してください。

先にみなとみらい線の工事の方を見てきます。
初めはみなとみらい駅。

20110828_minato_mirai-02.jpg

元町・中華街方。

20110828_minato_mirai-03.jpg

ほぼ出来上がっている感じで、あとは床と壁面を仕上げるのを待つのみのようです。

20110828_minato_mirai-01.jpg
20110828_minato_mirai-04.jpg

横浜方。

20110828_minato_mirai-05.jpg

こちらはホームの延伸はないので現状のままです。

20110828_minato_mirai-06.jpg
20110828_minato_mirai-07.jpg

馬車道駅。

20110828_bashamichi-02.jpg

こちらは横浜方のみホーム延伸されますが、狭いです・・・。

20110828_bashamichi-03.jpg
20110828_bashamichi-01.jpg

元町・中華街方。

20110828_bashamichi-05.jpg

みなとみらい駅とは逆に元町・中華街方のホームの延伸はないので現状のままです。

20110828_bashamichi-06.jpg
20110828_bashamichi-07.jpg

→次に続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 横浜高速鉄道  輸送力増強工事  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 節電モードの首都圏遠征2011夏10 小田急で東京メトロ16000系を追う  

山手線での撮影を終えて新宿へ移動し小田急に乗換えました。

ここ数年の小田急は3000形の10両編成化や4000形の増備などで色々動きのあるにも関わらず、撮影のリソースを割くことが出来なかったので、ここで撮っておこうと思った次第です。

しかし代々木上原へ移動してくると目に飛び込んだのは。やはり東京メトロ16000系。
しかも前日撮れなかった非常扉が中央にある1次車。

2次車との並びも撮れて。

20110828_tokyo_metro_16000-01.jpg

編成写真も撮れて。

20110828_tokyo_metro_16000-02.jpg
20110828_tokyo_metro_16000-03.jpg

動画も撮れて。



さらに後追いが第2編成。

20110828_tokyo_metro_16000-04.jpg

と言うことで乗ってしまいました。

20110828_tokyo_metro_16000-in01.jpg
20110828_tokyo_metro_16000-in02.jpg

唐木田まで。

20110828_karakida-02.jpg

行先表示。

20110828_tokyo_metro_16000-05.jpg

6年ぶりに降り立つ唐木田駅。

20110828_karakida-01.jpg

西側にある車庫。

20110828_karakida-03.jpg

ここで早めの昼食をとって次の目的地を目指します。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年12月3日~12月4日  

2011年12月3日(

12月最初のお休みである3日は終日自宅に引きこもり状態。
やや寝不足気味が響いて夕方近くまで爆睡していました。

起きてからは3日分溜めていたブログを更新。
遠征記は夏休みの九州遠征記がようやく終了して、次の8月末の首都圏遠征に入りました。

このあと予定している遠征記は9月中旬の両毛遠征と同月下旬の鉄道イベント巡り、10月上旬の若桜・越前の史跡巡りと同月下旬の福岡・熊本遠征の4回分、そのうち両毛と若狭・越前遠征は城巡りベースなので長編確実ということからこれらが終わるのに来年2月いっぱい掛かりそうと言うのがある種恐ろしい・・・。

夕食直前までは姉貴がこの週末を利用して実家である自宅へ泊まりに来ていたため、同行していた甥と姪の相手をしておりました。
流石に小学校高学年・低学年・幼稚園児の3人が全力でこられるのは大変です・・・。



2011年12月4日(

4日は夕方前に大阪城公園に出向いて撮影がてら軽く散策。

20111204_osakajo_koen-01.jpg

大阪環状線の大阪城公園駅へ下りたのは10年か20年ぶり(記憶が定かでは無い)

20111204_osakajo_koen-03.jpg

久しぶりに大阪城の天守の近くまで散策してきました。

20111204_osaka_castle-01.jpg
20111204_osaka_castle-02.jpg
20111204_osaka_castle-03.jpg
20111204_osaka_castle-04.jpg
20111204_osaka_castle-05.jpg
20111204_osaka_castle-06.jpg

京橋口側から出て大坂橋(京橋の下流に架かる歩道橋)を渡って京阪本線の下を通り。

20111204_temmabashi-01.jpg

川崎橋。

20111204_temmabashi-04.jpg

川崎橋からの眺め。
上流側。

20111204_temmabashi-02.jpg

下流側。

20111204_temmabashi-03.jpg

このあとは梅田へ寄ってPhotoshopElements10+PremiereElements10を購入。
パッケージの裏面にはなにやら怪しいキャンペーンが・・・汗。

20111204_adobe_pse10_pre10-.jpg

梅田から難波へ寄って買物をし帰宅していたところ、20000系「楽」に遭遇。
布施に停まることが分かったので、急遽降車して後追いの「楽」を撮影したのですが、何故かピントが合いません。
E-P1のAFは時折こう言う微妙な場面に非常に弱いのが困ったところです。

20111204_kintetsu_20000-01.jpg

category: 日記

tag: 日本100名城  大阪城  近畿日本鉄道 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 節電モードの首都圏遠征2011夏9 オール4ドア化された山手線E231系500番台  

2日目はホームドア導入のためオール4ドア化された山手線のE231系500番台の撮影からスタートです。

山手線ではホームドア導入に伴い、これまで7号車と10号車に組み込まれていた6ドア車サハE230形500番台が導入における支障となるため、これを外して新たに製造される4ドア車を組み込むことになり、今年8月末をもって全編成のオール4ドア化が完了しました。

導入に際してはE231系の製造が終了しE233系に移行していたことから、新たに製造された車両は形式こそE231系であるもののベース自体はE233系とし、7号車にはサハE231形600番台が、10号車にはE231形4600番台が組み込まれています。
また、6ドア車の廃車時に発生した機器や部品の一部や台車などは再整備の上で新たに組み込まれた車両に利用されています。

今回はその2両の車内写真の撮影を大崎駅の始発列車において実施したものです。

まずは10号車に組み込まれているE231形4600番台。
車内自体は基本的にE233系と共通。

20110828_jreast_ec_e231_500-in03.jpg

ただし田端~田町を併走する京浜東北線が平日昼間時の保守工事の実施の際は山手線側を通るため、10号車のホームドアの位置を京浜東北線の先頭車に合わせる必要があることから、該当箇所に組み込まれるE231形4600番台はドアピッチが変則的になっています。

このことから通常は3-7-7-7-3人掛けの座席配置が4-5-7-7-3人掛けになっています。

20110828_jreast_ec_e231_500-in01.jpg

E233系に準じたドア周り。

20110828_jreast_ec_e231_500-in04.jpg

天井周りもE233系ベース。

20110828_jreast_ec_e231_500-in05.jpg

続いて7号車に組み込まれているサハE231形600番台。
こちらはE233系とE231系の接伴形。

20110828_jreast_ec_e231_500-in02.jpg

妻面側にある優先席がある区画はE233系と同じく色分けがされています。

20110828_jreast_ec_e231_500-in06.jpg

ドア周りはE231系ベースであるもののドア鴨居部を含めた周りはE233系ベース。

20110828_jreast_ec_e231_500-in07.jpg

天井周りは10号車と同じくE233系ベース。

20110828_jreast_ec_e231_500-in08.jpg

ちなみにこちらはE231系500番台の1次車~4次車の車内。
新たに組み込まれた車両と違うのは座席表地以外の配色が異なることと、補助送風機吹出し口のフラップ形状と材質が異なる。

20091122_jreast_ec_e231_500-in01.jpg

山手線の方はこれで終了し、次の目的のために移動します。

→次に続く。

category: 関東地区の鉄道

tag: JR東日本  山手線  E231系500番台 
tb: 0   cm: 0

2011年8月27日 節電モードの首都圏遠征2011夏8 その他撮影  

常磐線では東京メトロ16000系以外にも撮影しています。

まずは16000系に置換えられる側になった6000系の車内。

20110827_tokyo_metro_6000-in01.jpg

ピンクの表地である座席。

20110827_tokyo_metro_6000-in02.jpg

妻面側。

20110827_tokyo_metro_6000-in03.jpg

天井周り。

20110827_tokyo_metro_6000-in04.jpg

ドア周り。

20110827_tokyo_metro_6000-in05.jpg

後付けのLED式車内案内表示器。

20110827_tokyo_metro_6000-in06.jpg

JR東日本E231系。
総武・中央緩行線向けと同じ配色。

20110827_jreast_ec_e231_0-in01.jpg
20110827_jreast_ec_e231_0-in02.jpg

ドア周り。

20110827_jreast_ec_e231_0-in03.jpg

総武・中央緩行線向けとの違いはLED式の車内案内表示器が2段表示になっている点。

20110827_jreast_ec_e231_0-in04.jpg

天井周り。

20110827_jreast_ec_e231_0-in05.jpg

209系以降標準となった救出口が設けられた運転室後方の仕切。

20110827_jreast_ec_e231_0-in06.jpg

運転室。

20110827_jreast_ec_e231_0-cab01.jpg

撮影はこれで終了。
松戸へ移動して夕食タイム。

20110827_diner-01.jpg

綾瀬で支線用に使用されている6000系6001編成を捉えてホテルへ向かいました。

20110827_tokyo_metro_6000-01.jpg

→次に続く。

category: 関東地区の鉄道

tag: 東京メトロ  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

2011年8月27日 節電モードの首都圏遠征2011夏7 東京メトロ16000系の撮影  

常磐線では東京メトロ16000系を狙います。

東京メトロ千代田線で長らく使用されてきた6000系がメトロ側が設定されている40年という耐用年数に達してきていることから、これらを置換えるために有楽町・副都心線10000系をベースにした16000系が導入されることになりました。

実運用に入ってしばらく経過しているのですが、実車を撮る機会がなかなか無いことから、これを機に捉えることにしました。

金町で待っていると丁度タイミングよく16000系に遭遇。
ただし柏止めで車内写真が撮れず・・・。

20110827_tokyo_metro_16000-01.jpg

後続で入ってきた列車はこれまた16000系で、しかも取手行きと言うことから、一先ず乗車。

20110827_tokyo_metro_16000-02.jpg

取手に到着後、一度改札を出てから再入場して折返し待ちで人気の無い車内の撮影。

まずは車内全体。

20110827_tokyo_metro_16000-in01.jpg

座席周り。
アルミフレームの荷棚は強化ガラスが10000系に続いて採用されています。

20110827_tokyo_metro_16000-in04.jpg

座席両端の袖仕切はアルミと強化ガラスが採用されていますが、随分デザイン性の高いもおのになっています。

20110827_tokyo_metro_16000-in05.jpg

妻面側。
まずは優先席。

20110827_tokyo_metro_16000-in06.jpg

一般席。

20110827_tokyo_metro_16000-in10.jpg

一般席・車椅子スペース

20110827_tokyo_metro_16000-in09.jpg

ドア周り。

20110827_tokyo_metro_16000-in02.jpg

ドア鴨居部にあるLCD式車内案内表示器。
10000系の3:4から16:9に変更されています。

20110827_tokyo_metro_16000-in03.jpg

冷風吹出し口と横流ファンの一体形パネルとなった天井周り。

20110827_tokyo_metro_16000-in07.jpg

運転室後方の仕切。

20110827_tokyo_metro_16000-in08.jpg

運転室。
写真は2次車以降のものですが、非常扉の位置が違う以外は運転台の配置なども含めて1次車と同じです。

20110827_tokyo_metro_16000-cab01.jpg

フルカラーLED式の行先表示器。

20110827_tokyo_metro_16000-03.jpg

撮影したのは16008編成。

20110827_tokyo_metro_16000-04.jpg

16000系の車内写真はここまでです。

→次に続く。

category: 関東地区の鉄道

tag: 東京メトロ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop