DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2011年10月
2011年10月の記事一覧

2011年8月15日 日本100名城を巡る旅in九州33 島津発祥の地~都之城・その3  

都之城跡巡りの続き。
本丸跡から下の堀切へ下ります。

20110815_miyakono_castle-22.jpg
20110815_miyakono_castle-23.jpg
20110815_miyakono_castle-24.jpg

日豊本線の線路が城趾内を横断する形で通っています。
踏切の向こう側も都之城の曲輪の一部でした。

20110815_miyakono_castle-25.jpg

この踏切の名称は城山踏切。

20110815_miyakono_castle-26.jpg

踏切を渡って西側が中之城と言う曲輪跡。

20110815_miyakono_castle-28.jpg

同じく東側が外城跡で、ここからさらに南側に南之城跡があったのですが、現在は宅地化されています。

20110815_miyakono_castle-29.jpg

城山踏切から見る西城跡、堀切、本丸跡。

20110815_miyakono_castle-30.jpg
20110815_miyakono_castle-31.jpg

では堀切を通り、最初に入ってきた公園入口へ。

20110815_miyakono_castle-32.jpg
20110815_miyakono_castle-33.jpg

入口から西へ歩くと復元された大手門があります。

20110815_miyakono_castle-02.jpg
20110815_miyakono_castle-34.jpg

大手門側が事実上の表になるようで、ここには駐車場が設けられています。

20110815_miyakono_castle-35.jpg
20110815_miyakono_castle-36.jpg

都城行きのバスの時間が迫ってきたので、急ぎ岳の下停留所へ戻りました。

20110815_miyakono_castle-37.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日向都之城 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年10月30日  

2011年10月30日(

30日は午前中を熊本市電乗車と撮影に充て、昼前に熊本総合車両所のイベントを見て、熊本市内へ戻ってからは熊本城の一部再撮影と旧細川刑部邸を巡ってきました。

20111030_kumamoto-01.jpg

ホテルをチェックアウトして直ぐ熊本駅前で市電の撮影。
撮影終了後に0800形が入線し、これに乗って新水前寺へ移動。

20111030_kumamoto_ctiy_tram_0800-01.jpg
20111030_shin_suizenji-01.jpg

何かと物議を醸しているらしい新水前寺の電停と跨線橋を見てきましたが、豊肥本線自体はかなり厳しい条件で高架橋を構築した模様で道路の直上にホーム・改札口を設けるのは工期的にも難しかったかなと・・・。

20111030_shin_suizenji-02.jpg
20111030_shin_suizenji-03.jpg20111030_shin_suizenji-04.jpg


熊本駅へ戻ってキハ183系「あそぼ~い」とキハ185系「A列車で行こう」をお見送り。

A列車の方は列車の走行距離と車内設備のマッチングが宜しくなくコンセプト倒れ。
設備的なら三角線のような短い路線ではなく、もう少し足の長い列車に向いているのでは?

20111030_jrkyushu_dc_183_1000-01.jpg
20111030_jrkyushu_dc_185-01.jpg

813系に乗って宇土へ移動。
宇土でイベント会場へのシャトルバスに乗って熊本総合車両所へ。

20111030_jrq_event-01.jpg

イベント会場は九州新幹線全線開業に合わせて新設された熊本総合車両所は、これまで川内にあった機能を移した形となっていることから、実質上車両工場としての機能がなく、内容的には淡泊なものだった事から早々に撤収。

20111030_jrq_event-02.jpg
20111030_jrq_event-03.jpg
20111030_jrkyushu_tec_800_1000-01.jpg
20111030_jrkyushu_tec_n700_8000-01.jpg
20111030_jrkyushu_tec_800_1000-in01.jpg
20111030_jrkyushu_tec_n700_8000-in01.jpg

なんとなく八代へ出向いたが、取って返すように熊本へ。

20111030_jrkyushu_ec_817_0-cab01.jpg
20111030_yatsushiro-01.jpg
20111030_jrkyushu_ec_815-01.jpg
20111030_kami_kumamoto-01.jpg

熊本へ戻ってからは熊本城へ再登城。

20111030_kami_kumamoto-02.jpg
20111030_kumamoto_castle-01.jpg

前回バッテリー切りのため形態で対処した箇所を再撮影するためのものでしたが、前回来訪時にはあった天守台横のスロープが撤去されていました。

20111030_kumamoto_castle-03.jpg

天守脇のスロープはバリアフリーの観点で仮設されたものでしたが、史跡であるため遺構を大きく改変しないことが前提とする国側が撤去を求めたため行われたもので、現状は本丸御殿直下の穴蔵を経由して本丸に出る必要があるのですが、急な坂道があるため、この撤去については賛否分かれているらしいです。

20111030_kumamoto_castle-02.jpg
20111030_kumamoto_castle-04.jpg

熊本城をあとにして旧細川刑部邸へ。
これは明治初期に下屋敷を本邸とするために移り住んでいたものを三の丸跡に移築したものだそうです。

20111030_kumamoto_castle-05.jpg

熊本城関連を見終えた後は健軍町へ。
ここへ来たのは初めて熊本へ来訪したとき以来。

20111030_kumamoto_ctiy_tram-01.jpg
20111030_kengunmachi-01.jpg

折返し熊本駅へ。

20111030_kumamoto_ctiy_tram_9700-01.jpg

この時点で帰阪予定の5分前。急いで鞄を改修して新幹線乗り場へ急ぐと程なく入線してきたので、危うく乗りそびれるところでした。

20111030_kumamoto-03.jpg

熊本からはみずほ604号で帰阪し、この週末遠征は終わりました。

20111030_kumamoto-02.jpg
20111030_jrkyushu_tec_n700_8000-02.jpg

category: 日記

tag: JR九州  熊本市交通局  鉄道イベント  九州新幹線  日本の城郭  日本100名城  熊本城 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年10月29日  

2011年10月29日(

今週末は29日に直方、30日に熊本においてJR九州主催の鉄道イベントが開催されることから、これらに合わせて九州遠征をすることにしました。

20111029_shin_osaka-01.jpg

29日は夜勤明けだったため往路はさくら599号で。
ハイシーズンに設定されている臨時列車ですが、この日は満席。

20111029_jrwest_tec_n700_7000-01.jpg

博多入りして鞄をロッカーに預けて、福北ゆたか線のりばへ上がると予定の列車に逃げられてしまい、後発の快速まで待つ羽目になったものの、813系の編成写真や同系列の福北ゆたか線専用編成の中間車の車内写真などをゲットできたのでこれは良しとしておきます。

20111029_jrkyushu_ec_813_500-in01.jpg
20111029_jrkyushu_ec_813_0-01.jpg

直方へ移動。

20111029_hakata-01.jpg
20111029_jrkyushu_ec_817_1000-in01.jpg
20111029_nogata-01.jpg

最近橋上駅舎へ切り替えられた直方駅は自由通路の整備による旧跨線橋の撤去と駅前広場整備による旧駅舎の解体・撤去工事が進められていました。

20111029_nogata-02.jpg

直方のイベント会場はJR九州の筑豊篠栗鉄道事業部直方運輸センターの敷地内でしたが、車両基地自体の規模が小さいため、あっさりと見終えてしまい早々に撤収してしまいます。

20111029_jrq_event-01.jpg
20111029_jrkyushu_dc_185-01.jpg

博多へ戻った後は西鉄の編成写真を捉えようと福岡市営地下鉄のりばへ出向いたところ、偶然にも福岡空港行きの303系を目撃。
そのままそっちへ乗ってもよかったのですが、車内写真を撮りたかったので予定を変更して筑前前原へ先回り。

20111029_chikuzen_maebaru-01.jpg

筑前前原で15分ほど待って捉えました。

ここでは車内写真はもちろん、編成写真も捉えました。
ついでに103系1500番台の車内写真も撮ってもよかったのですが、時間の都合上で切り上げて博多へ戻りました。

20111029_jrkyushu_ec_103_1500-01.jpg
20111029_jrkyushu_ec_303-01.jpg
20111029_jrkyushu_ec_303-in01.jpg

博多へ戻って鞄を回収したあと新幹線のりばへ出て、移動するまでに待ち時間を800系の車内写真撮影などに時間を割きました。
ここでは1000番台のアイコンショットのゲットと車内写真を撮影できましたが、800系1000番台を捉えるのは今回が実は初めてです。

20111029_jrkyushu_tec_800_1000-01.jpg
20111029_jrkyushu_tec_800_1000-in01.jpg

博多からはつばめ357号を利用しましたが、これまたタイミングのいいことに800系0番台の第1編成であるU001編成。
これに乗って熊本入りしてこの日は終了しました。

20111029_hakata-02.jpg
20111029_jrkyushu_tec_800_0-01.jpg
20111029_jrkyushu_tec_800_0-in01.jpg
20111029_kumamoto-01.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  JR九州  鉄道イベント 
tb: 0   cm: 0

2011年8月15日 日本100名城を巡る旅in九州32 島津発祥の地~都之城・その2  

都之城本丸跡へ出てきました。

20110815_miyakono_castle-11.jpg

都城市の初代公選市長である瀬戸山三男の銅像。
後に国会議員となり、建設大臣・法務大臣・文部大臣を歴任している。

20110815_miyakono_castle-12.jpg

茶室「静山亭」

20110815_miyakono_castle-13.jpg
20110815_miyakono_castle-14.jpg
20110815_miyakono_castle-15.jpg

物見櫓跡。

20110815_miyakono_castle-16.jpg

物見櫓跡から見る都城市街地。

20110815_miyakono_castle-17.jpg

物見櫓に隣接していた鍛冶屋跡。

20110815_miyakono_castle-18.jpg

本丸の一段低い場所を囲うようにある腰曲輪跡があるのですが、ちょっと見えにくいですね・・・。

20110815_miyakono_castle-19.jpg

虎口跡。

20110815_miyakono_castle-20.jpg
20110815_miyakono_castle-21.jpg

都城歴史資料館。
休館日であったため入館出来ず。

20110815_miyakono_castle-03.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日向都之城 
tb: 0   cm: 0

2011年8月15日 日本100名城を巡る旅in九州31 島津発祥の地~都之城・その1  

雨で迎えた遠征4日目。
この雨が午後の予定に大きく影響を及ぼす事になるとは・・・。

ホテルをチェックアウトして鞄を都城駅のロッカーに預けます。
吉都線に乗るまでの時間を島津発祥の地にあった都之城跡へ登城することにしました。

都之城跡は都城市の中心部から西側に位置する丘陵地に位置し最寄り駅の西都城駅からも離れている事から、都城駅から宮崎交通の路線バスに乗車。

20110815_miyakonojo-01.jpg

都之城跡最寄りは岳の下停留所。
写真の場所がそれなのですが、この付近は取添という外郭部のライン跡があり城趾自体が地形を生かして構築されたと見受けられます。

20110815_takenoshita-01.jpg

同じ場所の反対側。
左の道路を行くと西都城駅と都城市の中心部へ、右側の道路は都之城跡の弓場田口跡へ通じてますが、廃城してから相当の年月が経過してしまっているため、周辺は耕作地と市街地化が進んで城趾として整備されたのは主郭部だけのようです。

20110815_takenoshita-02.jpg

先の右側に見えた道を弓場田口跡へ向かい、あとは要所要所に配された案内板に従い小高い丘にある主郭部を目指します。

20110815_takenoshita-03.jpg
20110815_takenoshita-04.jpg

主郭部前には城山公園入口と記されています。
主郭部は公園として整備されているようで、傍らには本丸跡に建つ都之城歴史資料館が本日休館という札が・・・。
そう、資料館が毎週月曜が休館日、来訪したこの日は月曜日だったからです・・・。

20110815_miyakono_castle-01.jpg

ここは本丸と西城の間にある堀切。
写真左側が本丸、右側が西城。

20110815_miyakono_castle-04.jpg

少し前へ進んで・・・。

20110815_miyakono_castle-05.jpg

まずは西城へ。

20110815_miyakono_castle-06.jpg
20110815_miyakono_castle-07.jpg

西城跡は神武天皇を祀る狭野神社があります。

20110815_miyakono_castle-08.jpg

本丸とを結ぶ橋から見た堀切跡。

20110815_miyakono_castle-09.jpg
20110815_miyakono_castle-10.jpg

このあとは本丸跡を見てきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日向都之城 
tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州30 3日目のお泊まりは都城へ  

飫肥城を出て旧城下町へ戻ってきましたが、生憎時間がありませんので急いで飫肥駅へ戻ります。

20110814_obi_castle-05.jpg

ようやく戻ってくる少し前に日南線の列車が入線。
駅へ駆け込むと「宮崎行きです」と言われてあわてて乗り込み事なきを得ました・・・汗。

宮崎への車中は途中雨が降りしきると言う状態。

20110814_nichinan_line-01.jpg

宮崎へ戻った頃にはすっかり止んでましたが、それはつかの間でした。

20110814_miyazaki-02.jpg

ここで夕食タイム。

20110814_diner-01.jpg

夕食後、3日目の宿泊先である都城へ移動するためホームへ上がったところ、817系が宮崎空港行き特急の退避待ち。

20110814_jrkyushu_ec_817_0-01.jpg

先行されるため人気が少なかった事から車内写真を撮っておきました。
これは近いうちに弊サイトの方に反映させる予定です。

20110814_jrkyushu_ec_817_0-in01.jpg

都城へはきりしま19号を利用。

20110814_miyazaki-03.jpg

JR九州内では485系が最後まで残っていた列車でしたが、2011年春の改正で787系と783系に交代。
ここでは有明用として使われていた787系4両編成。

20110814_jrkyushu_ec_787-01.jpg

都城に着いた頃には日も暮れて真っ暗。

20110814_miyakonojo-02.jpg

そして、またもや雨・・・。

20110814_miyakonojo-01.jpg

雨の中ホテルへ移動。
3日目の宿泊先は都城グリーンホテル。

20110814_green_hotel-01.jpg

シングルでも一ランク上の部屋で、間取りからツインの部屋をベット一つの取っ払ってソファを置いた形のようです。

20110814_green_hotel-02.jpg

液晶テレビは壁掛け。

20110814_green_hotel-03.jpg

ソファ。
意外と快適な掛け心地。

20110814_green_hotel-04.jpg

ベット。

20110814_green_hotel-05.jpg

ゲストルームのエントランス。

20110814_green_hotel-07.jpg

ユニットバス。

20110814_green_hotel-06.jpg

ここで一泊して今遠征で最も災難な日となった4日目を迎えます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: JR九州 
tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州29 飫肥城・その3  

飫肥城跡巡り。
お次は松尾の丸へ。

20110814_obi_castle-30.jpg
20110814_obi_castle-31.jpg

松尾の丸には書院造りの御殿がありますが、これは復元されたものです。
近代城郭における御殿というのは本丸ないし二の丸にあるのが一般的ですが、飫肥城跡に復元された御殿が松尾の丸にあるのもある意味おかしいと言われています。

20110814_obi_castle-03.jpg

まあ、それはさておいて御殿の中へ・・・。
二の間に置かれている船の模型。

20110814_obi_castle-32.jpg

御座の間。

20110814_obi_castle-33.jpg
20110814_obi_castle-34.jpg

廊下を進んで御殿の奥の方へ。

20110814_obi_castle-35.jpg

御化粧の間。

20110814_obi_castle-36.jpg

御殿奥の廊下。

20110814_obi_castle-37.jpg

二の間。

20110814_obi_castle-38.jpg

御寝所。
ここは藩主の寝室らしい。

20110814_obi_castle-39.jpg

御手洗所。

20110814_obi_castle-40.jpg
20110814_obi_castle-41.jpg

脱衣室

20110814_obi_castle-42.jpg

浴場。
こちらは行水所だそうです。

20110814_obi_castle-53.jpg

さらに奥へ。
ここは女中部屋が並んでいる。

20110814_obi_castle-44.jpg

女中溜。
女中の控えの場所。

20110814_obi_castle-43.jpg

長局。

20110814_obi_castle-45.jpg

女中用の浴場。

20110814_obi_castle-46.jpg

一段高い棟へ。

20110814_obi_castle-47.jpg

脱衣所。

20110814_obi_castle-48.jpg

浴場。
先ほどの行水所と違い、こちらは湯殿になります。

20110814_obi_castle-49.jpg

賄方。

20110814_obi_castle-50.jpg

台所。

20110814_obi_castle-51.jpg

これで御殿の方は見終えたことから、旧城下町の方へ出ます。

20110814_obi_castle-52.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  日向飫肥城 
tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州28 飫肥城・その2  

飫肥小学校の脇を通って旧本丸へ向かいます。

20110814_obi_castle-21.jpg

旧本丸と本丸との間にある虎口。

20110814_obi_castle-22.jpg
20110814_obi_castle-23.jpg

旧本丸。
飫肥城にある二つの本丸は今立っている旧本丸が初期の本丸で、この場所に藩主の御殿があったのですが、1600年代後半において度重なる地震の発生により地割れが生じたため、現在の飫肥小学校がある本丸が1693年に完成後に移転されています。

20110814_obi_castle-24.jpg
20110814_obi_castle-25.jpg

旧本丸北側にある門で登竜門と言います。

20110814_obi_castle-26.jpg
20110814_obi_castle-27.jpg

登竜門からの様子。
こちらは北の丸や西の丸・松の丸があった場所ですが、土塁などが削られてグラウンドや市街地化されるなどして遺構群は殆ど残されていません。

20110814_obi_castle-28.jpg

再び本丸を通り。

20110814_obi_castle-29.jpg

次は松尾の丸へ向かいます。

20110814_obi_castle-30.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  日向飫肥城 
tb: 0   cm: 0

2011年10月23日 阪急京都線・千里線連立事業見聞1  

阪急京都線と千里線が平面交差する淡路駅を中心に立体交差事業が進められていますが、弊ブログではこれまで取り上げる事がありませんでした。

それまでは用地の買収が順次行われていること自体は存じてましたが、工事が着手されてからしばらくしないとレポとしては分かりにくいという事もあって見送ってましたが、ようやく形が見えてきたことから10月23日の夕方に現地へ出向いて撮影・見聞をしてきました。

レポは柴島から始まり、淡路~崇禅寺~下新庄~上新庄と言う順でお送りします。

-- 続きを読む --

category: その他の鉄道工事レポ

tag: 連続立体交差事業  阪急京都線  阪急千里線  淡路駅  崇禅寺駅  柴島駅  下新庄駅 
tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州27 飫肥城・その1  

ようやく飫肥城跡へ入ります。
写真は豫章館と飫肥城大手門との位置関係。

20110814_obi_castle-06.jpg

飫肥城大手門。

20110814_obi_castle-01.jpg

大手門前から東へ歩いた先には小林寿太郎の生家や旧伊東伝左衛門の屋敷がありますが、今回はパスしました。

20110814_obi_castle-07.jpg

大手門前に掘られている空堀。

20110814_obi_castle-08.jpg
20110814_obi_castle-09.jpg

大手門の枡形虎口。

20110814_obi_castle-10.jpg
20110814_obi_castle-11.jpg

大手門虎口を上がると本丸との間にある曲輪。

20110814_obi_castle-12.jpg
20110814_obi_castle-13.jpg

西側にある石段を登ると本丸の西側にたどり着きます。

20110814_obi_castle-14.jpg

東側。

20110814_obi_castle-15.jpg
20110814_obi_castle-16.jpg

こちらにも石段があります。
来場時はこちらから本丸へ入りました。

20110814_obi_castle-17.jpg

本丸跡。
現在は本丸跡の殆どを飫肥小学校の敷地になっています。

20110814_obi_castle-18.jpg

本丸南西隅にある飫肥城歴史資料館。

20110814_obi_castle-02.jpg

さっきほどの西側にあった石段はこの虎口に繋がります。

20110814_obi_castle-19.jpg
20110814_obi_castle-20.jpg

本丸の西側を通り、旧本丸へ向かいます。

20110814_obi_castle-21.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  日向飫肥城 
tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州26 飫肥の旧城下町・その2  

大手門通りから北へ歩いて行きます。

20110814_obi_castle-04.jpg

大手通西側に面する飫肥城観光駐車場。
ここには観光案内所の他、レンタサイクルなどがあり、実質上の観光拠点という位置づけです。

20110814_obi-19.jpg

また、ここには四半的射場があります。

これは飫肥藩伝統の半弓(はんきゅう)と言われるものですが、半弓とは弓道で使われる和弓よりも短いものを指し、飫肥藩の四半的は弓矢共に四尺五寸、的が四尺五分、射場から的までの距離が四間半と全て四半であり、日南市の無形民俗文化財に指定されています。

写真の駐車場裏手にあるのがその体験場です。

20110814_obi-20.jpg

写真左側は飫肥天茶屋。
飫肥天とは飫肥地区に伝わる郷土料理で、魚肉練り製品の揚げ蒲鉾だそうです。

20110814_obi-21.jpg

小村記念館。
飫肥藩の下級藩士の子息として生まれ、後に外交官として明治以降の近代外交の基礎を築いた小林寿太郎(文献により小村壽太郎とも記される)の功績を顕彰と交流施設として建てられたもの。

20110814_obi-22.jpg

記念館内にある武家屋敷。
これは記念館の敷地が元々飫肥藩の上級家臣の屋敷、明治以降は伊藤家の邸宅であったことから、残されているもので、現地の案内には伊藤裕正家住宅となっています。

20110814_obi-23.jpg

武家屋敷より奥の建物が本館である展示資料室。

20110814_obi-24.jpg

飫肥城大手門は目前ですが、その前に小林記念館の対面にある豫章館へ。

20110814_obi-25.jpg

飫肥藩主の伊東祐帰が知事として任じられた際、住居として使われたもので、1983年に日南市に寄付されたものです。

20110814_obi-26.jpg

枯山水式庭園。

20110814_obi-27.jpg

主屋

20110814_obi-28.jpg

主屋に隣接さる建物。

20110814_obi-29.jpg

北側に面する倉群。

20110814_obi-30.jpg
20110814_obi-31.jpg
20110814_obi-32.jpg

西にある離れのような場所へ。

20110814_obi-33.jpg

御数奇屋。

20110814_obi-34.jpg
20110814_obi-35.jpg

これで旧城下町の方はここまでとして飫肥城へ入城します。

20110814_obi-36.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州25 飫肥の旧城下町・その1  

飫肥駅に到着。

20110814_obi-01.jpg

ここから飫肥城跡を目指しますが、飫肥城跡周辺の旧城下町である市街地は酒谷川を挟んだ対岸にあり、市街地の外れにある飫肥駅からだと5分ほど歩き、飫肥城跡まではさらに10分ほど歩きます。

20110814_obi-18.jpg
20110814_obi-02.jpg

飫肥の市街地を横断する国道222号線は地中配線化されています。

20110814_obi-05.jpg

国道222号線から一つ南側に通りに面した場所にある勝目氏庭園。

20110814_obi-06.jpg

飫肥城武家屋敷庭園を代表する枯山式庭園で、宮崎県所定名勝に指定された当時は所有者が寺岡氏であったことから寺岡氏庭園と呼ばれていましたが、後に所有者が勝目氏に代わった事から現在の名称になったそうです。

20110814_obi-07.jpg
20110814_obi-08.jpg

城趾のある方へ。

20110814_obi-09.jpg
20110814_obi-10.jpg

大手門通りを進むと右手に小林寿太郎誕生地を示す石碑と旧山本?進寝箸?△蠅泙后?

20110814_obi-11.jpg

山本猪平は飫肥の豪商として知られ、写真の商家は1907年に建設された本宅だそうです。

20110814_obi-12.jpg

商人屋敷として貴重な遺構であることから内部も一般公開されています。

20110814_obi-13.jpg
20110814_obi-14.jpg
20110814_obi-15.jpg
20110814_obi-16.jpg
20110814_obi-17.jpg

商家を出て城趾へ向かいます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  日向飫肥城  城下町 
tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州24 飫肥へ  

大分府内城へ登城した後は宮崎県日南市にある飫肥城を目指します。

20110814_oita-01.jpg

飫肥城は日南線の沿線にあるため、まずはにちりんシーガイヤ7号に乗り宮崎へ向かいます。

20110814_oita-02.jpg

宮崎までは約3時間の移動。

20110814_nichirin7-01.jpg

宗太郎越えを経て宮崎県入り。

20110814_nichirin7-02.jpg

日向市のリニア実験線後は太陽光パネルがずらりと並んでいました。

20110814_nichirin7-03.jpg

若干遅れて宮崎に到着。
ここまで乗った783系を撮影。

20110814_jrkyushu_ec_783-01.jpg

宮崎からは日南線油津行きに乗換え。

20110814_miyazaki-01.jpg
20110814_jrkyushu_dc_40_8000-01.jpg

今にも雨が降りそうな微妙な天候に不安を覚えつつ移動。

20110814_nichinan_line-02.jpg

飫肥に到着。

20110814_obi-03.jpg

すでに大分から4時間半が経過した14:30過ぎ。

20110814_obi-04.jpg

ここから飫肥市街地内にある飫肥城跡を目指します。

20110814_obi-01.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: JR九州 
tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州23 大分府内城・その3  

大分府内城巡り。

今度は多聞櫓門を出て三の丸や腰曲輪跡など外郭部を見てきます。

20110814_oita_castle-34.jpg
20110814_oita_castle-02.jpg

宗門櫓。
写真中央左寄りにある平櫓がそれである。

20110814_oita_castle-35.jpg

多聞櫓門東方にある平櫓の着到櫓。

20110814_oita_castle-36.jpg

中堀跡。
大分府内城の中堀東面は一部埋め立てられていて、写真の公園の東端に縁に沿うようにある腰曲輪跡辺りまでは中堀が有ったとされています。

20110814_oita_castle-37.jpg

公園脇の小川に沿って残されている腰曲輪跡。

写真の歩道と小川に挟まれているのがそれなのですが、かつて大分府内城は海城であったことを名残だそうで、この腰曲輪は主郭部が直接海に接しないよう事実上防波堤の役割を兼ねていたようで、守備上の理由もさることながら浸水による被害を防ぐためと言う説が強いようです。

20110814_oita_castle-39.jpg
20110814_oita_castle-40.jpg

写真の小川から城趾外側がかつて海だったところです。

20110814_oita_castle-41.jpg
20110814_oita_castle-42.jpg

腰曲輪跡。
左側が中堀、右側がかつての海。

20110814_oita_castle-43.jpg

東の丸北東隅にある二重櫓。
名称は不明です。

20110814_oita_castle-38.jpg
20110814_oita_castle-44.jpg

腰曲輪北面から見る東の丸と本丸の石垣と櫓。

20110814_oita_castle-45.jpg

腰曲輪北面。
左側が海があった場所。

20110814_oita_castle-46.jpg

反対側。
帯曲輪はここから左斜めに進み、武家屋敷がある中嶋に繋がっていた。
ちょうど写真左奥のビル辺りがそれに当たる。

20110814_oita_castle-47.jpg

帯曲輪から見る人質櫓。

20110814_oita_castle-48.jpg

同じく山里丸側から見る。

20110814_oita_castle-49.jpg

山里口から見る西の丸への入口。
本来はこの場所に門が無いことから後に整備されたもの。

20110814_oita_castle-50.jpg

多聞櫓門前の交差点を挟んで南側にある三の丸下台所跡。
現在は公園となっている。

20110814_oita_castle-51.jpg

これで大分府内城巡りは終り。
次の目的地へ行くため大分駅へ移動します。

→次に続く。

category: 鉄道イベントなお出かけ

tag: 日本の城郭  日本100名城  大分府内城 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年10月15日~10月16日  

2011年10月15日(

先週末の福井遠征から帰ってきてから風邪気味のままであったのと、終日降雨という事もあって15日は夜勤明けで帰宅してから終日在宅。

あまりにも眠かったので、昼過ぎまで寝てしまいましたが、その跡は数日分溜っていたブログの更新と弊サイトの更新作業をしました。
サイトの方は先週末に撮影したJR西日本521系の車内写真と2週間前の週末に撮影した南海12000系の車内写真を追加しました。

さて、14日にiPhone4sが発売され、今モデルからCDMA2000モデルがauから発売されましたが、個人的には諸事情があり待ち状態です。
こちらは稿を改めて触れます。


2011年10月16日(

鉄道の日乗り放題きっぷが1回分残っているため、16日は午後から名古屋へ出向いてきました。
往路は在来線を乗り継いで名古屋入り。

20111016_jrcentral_ec_311-01.jpg
20111016_jrcentral_ec_313_5000-01.jpg

名古屋からは名鉄に乗換え。

20111016_meitetsu_nagoya-01.jpg

連立事業真っ直中である太田川駅の様子も確認。
2層の高架駅になるようですが、2階に常滑線上り用が1面2線と河和線・常滑線共有の下り用が1面2線の2面4線、河和線上りホームは常滑線上りホームの直上3階に1面2線と言う形になるようです。

参考:愛知県東海市公式サイト・東海市中心街整備事務所のページより(PDF)
http://bit.ly/oKu236

20111016_otagawa-01.jpg
20111016_otagawa-02.jpg

知多武豊まで移動。

20111016_chita_taketoyo-01.jpg

徒歩圏内にあるJR武豊駅へ移動。

20111016_taketoyo-01.jpg

ここへ来たのはJR武豊線に導入された313系電車をベースとしたキハ25形を狙うため。

20111016_jrcentral_dc_25-01.jpg

2本つないだ4両編成の区間快速だったことから折返し待ちの間に車内写真撮影。
これがいつ弊サイトのページに反映させられるかはまだ分かりませんが・・・。

20111016_jrcentral_dc_25-in01.jpg
20111016_taketoyo_line-01.jpg

名古屋で折返しするところを編成写真撮影。
やっぱり明るいうちに撮影したいものです。

20111016_jrcentral_dc_25-02.jpg

目的を達した後は大阪へ帰るのみ。
と言う事で復路はのぞみで移動。

20111016_nozomi-01.jpg

新幹線のホーム増設工事が目立つ新大阪駅ですが、実は在来線ホームの増設工事が行われていて、おおさか東線関連でのりばを確保するため既存の線路の割り当てを東側へ順送りにするような感じですが、現地では駅構内改良工事としか書かれていないのと、今のところJR西日本から公式のリリースが無いので、今ひとつ分からなかったりします。

20111016_shin_osaka-01.jpg
20111016_shin_osaka-02.jpg
20111016_shin_osaka-03.jpg

このあとは梅田のヨドバシカメラへ寄って外付けのHDDを買ってから帰宅しました。

category: 日記

tag: JR東海  名古屋鉄道  連続立体交差事業  名鉄太田川駅  キハ25形  駅改良工事  新大阪駅  おおさか東線 
tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州22 大分府内城・その2  

大分府内城の続き。
続いては本丸北面から見てきます。

20110814_oita_castle-20.jpg

天守台東面に接する本丸北面。

20110814_oita_castle-21.jpg

北西隅にある人質櫓。

20110814_oita_castle-22.jpg

人質櫓側から見る本丸北面。

20110814_oita_castle-23.jpg
20110814_oita_castle-24.jpg

天守台の上へ。

20110814_oita_castle-25.jpg

大分府内城には四層の天守が経っていたそうですが、1743年の大火で焼失して以降再建されないまま廃城となったそうです。

20110814_oita_castle-26.jpg

天守台からの眺め。

20110814_oita_castle-27.jpg
20110814_oita_castle-28.jpg
20110814_oita_castle-29.jpg
20110814_oita_castle-30.jpg

天守台を下りて。

20110814_oita_castle-31.jpg

多聞櫓門を通って一旦城外に出ます。

20110814_oita_castle-02.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  大分府内城 
tb: 0   cm: 0

2011年8月14日 日本100名城を巡る旅in九州21 大分府内城・その1  

3日目は大分府内城跡からスタートです。

大分府内城は宿泊先であるダイワロイネットホテル大分からほど近い場所にあり、ホテルをチェックアウトしてまっすぐ城趾へ向かいました。

まずは、大分市役所前交差点から見る大分府内城跡。
写真の城趾外が三の丸跡。堀から向こう側が西の丸と本丸。

20110814_oita_castle-01.jpg

三の丸跡から見る西の丸南西隅櫓。

20110814_oita_castle-04.jpg

北の丸跡から見る西の丸北西隅櫓跡。

20110814_oita_castle-05.jpg


山里丸跡に建つ松栄神社。

20110814_oita_castle-06.jpg
20110814_oita_castle-07.jpg

山里丸跡に残された築城当時である慶長期の石垣。

20110814_oita_castle-08.jpg

山里丸跡と西の丸跡を結ぶ廊下橋。
1996年に復元されたもの。

20110814_oita_castle-09.jpg

ここを通れるのは8:00~18:00まで。

20110814_oita_castle-10.jpg

廊下橋を渡った先にある西の丸北面の虎口。

20110814_oita_castle-11.jpg

西の丸側から見た虎口。

20110814_oita_castle-13.jpg

西の丸と本丸の通路跡と堀跡。
芝生になっているところが水堀跡。

20110814_oita_castle-14.jpg

本丸側から見る。
本丸と西の丸に間には水堀があったのですが、現在は埋め立てられ上に大分文化会館が建設されたため遺構そのものは残されていないようです。

20110814_oita_castle-15.jpg
20110814_oita_castle-19.jpg

本丸跡。こちら側には南北に東渡櫓があったのですが、現在は東丸と西の丸南面と共にグラウンドが整備されたため一体化されてしまい、何処に何の曲輪があったのか判別できなくなっています。

まずは北西側から。

20110814_oita_castle-16.jpg

北東側から。
立っている場所は東丸跡。

20110814_oita_castle-17.jpg

南東側から。
立っている場所は東の丸跡。

20110814_oita_castle-03.jpg

南西側から。

20110814_oita_castle-18.jpg

東の丸北東隅櫓。

20110814_oita_castle-32.jpg

東の丸南東隅櫓跡。

20110814_oita_castle-33.jpg

次は本丸北面と天守台を見てきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  大分府内城 
tb: 0   cm: 0

2011年8月13日 日本100名城を巡る旅in九州20 豊後竹田の旧城下町巡り  

ここからは豊後竹田の旧城下町を巡ってきます。
写真は現在の市街地に残されている殿町武家屋敷跡。

20110813_bungo_takeda-11.jpg
20110813_bungo_takeda-02.jpg

竹田創造館。

20110813_bungo_takeda-03.jpg

滝廉太郎記念館。

20110813_bungo_takeda-13.jpg

豊後竹田の記念館は、父が地方官で全国各地を移住していた滝廉太郎が12歳~14歳に時に住居としていた旧宅を記念館として公開されているもの。

20110813_bungo_takeda-14.jpg

旧宅内にある洞穴の馬小屋。

20110813_bungo_takeda-15.jpg

同じく土蔵。

20110813_bungo_takeda-16.jpg

旧城下町を巡って夕方の豊後竹田駅へ戻ってきました。

20110813_bungo_takeda-17.jpg

豊後竹田駅には猫が住み着いているようで、ご覧のように駅舎内の待合所で寝そべっていました。

20110813_bungo_takeda-18.jpg

豊後竹田駅の構内はホームが1面2線で、車両留置のための独占や保線基地を抱える豊肥本線の大分側の拠点となっています。

20110813_bungo_takeda-19.jpg
20110813_bungo_takeda-20.jpg

ここは大分から来る列車の本数が折り返す駅でもあります。

20110813_jrkyushu_dc_220_200-01.jpg

豊後竹田からはキハ200系に乗って大分入りをします。

20110813_jrkyushu_dc_200_0-01.jpg
20110813_jrkyushu_dc_200_0-in01.jpg

豊後竹田駅を出ると右手に岡城跡の石垣がチラリと見えますが一瞬です。

20110813_hohi_ilne-03.jpg

日豊本線と合流して真新しい高架区間に入ると大分は目前。

20110813_hohi_ilne-01.jpg

大分に到着。
連立事業真っ直中の大分駅は豊肥本線と久大本線が高架に切り替えられています。

20110813_oita-01.jpg
20110813_oita-02.jpg

ここで夕食タイム。

20110813_diner-01.jpg

夕食タイムを終えるとホテルへ向かい2日目は終了です。
2日目の宿泊先はダイワロイネットホテル大分。

20110813_daiwa_roynet_hotel-01.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  豊後岡城  豊後竹田城  滝廉太郎  JR九州 
tb: 0   cm: 0

2011年8月13日 日本100名城を巡る旅in九州19 豊後岡城・その7  

岡城跡巡りの続き。
続いては家老屋敷でも床面が復元された中川覚左衛門屋敷跡を見てきます。

普請方石垣の東側から。
奥に見えるのが中川覚左衛門屋敷跡。

20110813_oka_castle-91.jpg
20110813_oka_castle-92.jpg

屋敷跡南面。

20110813_oka_castle-93.jpg

屋敷跡正面。

20110813_oka_castle-05.jpg

正面玄関に備え付けのスリッパに履き替えれば床面上に上がる事も出来ますが、スリッパのお手入れが宜しくないようなので断念しました・・・汗。

20110813_oka_castle-94.jpg
20110813_oka_castle-95.jpg

屋敷跡にある井戸跡。

20110813_oka_castle-96.jpg

中川覚左衛門屋敷跡を出て総役所跡に向けて下山します。
これは近戸門跡。

20110813_oka_castle-97.jpg
20110813_oka_castle-98.jpg

近戸門跡から出ると七曲がりと呼ばれる登城道に続きます。

20110813_oka_castle-99.jpg

この途中には願成院跡と愛宕神社、城外の武家屋敷群へ通じる道の分岐点がある。

20110813_oka_castle-100.jpg

分岐点より麓側にある井戸跡と思われる水溜まり。

20110813_oka_castle-101.jpg

少し歩くと岡城会館と駐車場が見えてきます。

20110813_oka_castle-102.jpg

駐車場東端に出て岡城巡りは終了。

20110813_oka_castle-103.jpg

このあとは旧城下町を巡ってきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  豊後岡城  豊後竹田城 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2011年10月10日  

2011年10月10日(

遠征最終日である10日は午前中を東尋坊観光、午後は福鉄の撮影をして夕方現地を発つ形になりました。

東尋坊へはえちぜん鉄道で三国へ向かい、三国から京福バスと言うルートで。
しばらくぶりのえち鉄は乗ったのもすれ違ったのも全て元愛環の車両ばかり・・・。

20111010_echitetsu_mc6101-01.jpg

三国駅から京福バスに乗り換え。

20111010_mikuni-01.jpg

乗ったバスは見た目は一般の路線バスだったのですが、座席は一般路線タイプよりもシートバック高いタイプでした。

20111010_tojimbo-01.jpg

三国駅から20分弱で東尋坊に到着。

20111010_tojimbo-03.jpg
20111010_tojimbo-02.jpg

まず、現地入りして遊覧船の案内を見つけて即乗船。

20111010_tojimbo-04.jpg
20111010_tojimbo-05.jpg

遊覧船は東尋坊の他、近くにある雄島を海側から眺めるものですが、50cmほどの波で船を大きく揺れるのには予想外でした・・・。

20111010_tojimbo-06.jpg
20111010_tojimbo-07.jpg

遊覧船から陸に戻って、東尋坊の切り立った崖などを散策。

20111010_tojimbo-08.jpg
20111010_tojimbo-09.jpg

散策を終えると昼食を挟んで東尋坊タワーへ。

20111010_tojimbo-10.jpg

タワー自体は淡泊なものでしたが・・・。

20111010_tojimbo-11.jpg

東尋坊観光を終えて三国港へ移動。
5年ぶりに来訪した三国港駅は側線が1線分撤去された他、駅舎がリニューアルされました。

20111010_mikuni_minato-01.jpg
20111010_mikuni_minato-02.jpg

また、福井方の乗務員宿舎も改修された上、隣には展示室と展望室が併設されました。

20111010_mikuni_minato-03.jpg

田原町へ移動。

20111010_echitetsu_mc6101-02.jpg
20111010_tawaracho-01.jpg

ここで福鉄へ移籍した元名鉄の770形と880形の車内写真を撮影。
田原町で撮影したのは、折返し時間の若干の余裕があるのに加えて、人が出払った後で撮れるのはここぐらいしかなさそうと思ってからです。

20111010_fukutetsu_770-01.jpg
20111010_fukutetsu_770-in01.jpg
20111010_fukutetsu_880-01.jpg
20111010_fukutetsu_880-in01.jpg

田原町から福鉄を軽く乗り鉄。
武生までは向かわずに途中で折返し。

20111010_fukutetsu-01.jpg
20111010_fukutetsu_880-02.jpg
20111010_sports_park-01.jpg

福井へ戻って、現地の締めくくりとして北の庄城跡へ。

20111010_kitanosho_castle-01.jpg

福井城の前身ともいえる城趾なのですが、実は諸説色々あるためこれまでの発掘調査ではまだ確証が得られていない段階だそうで、現状残されているものから推定した城跡とされているようです。

20111010_kitanosho_castle-02.jpg

現地の活動はこれで終了しローカル列車を乗り継いで大阪へ。

20111010_fukui-01.jpg
20111010_fukui-02.jpg

福井からは521系で敦賀まで移動。

20111010_jrwest_ec_521-01.jpg

敦賀からは223系2000番台に乗換えて、さらに近江塩津で521系に乗換えて近江今津へ。

20111010_jrwest_ec_223_2000-01.jpg

ちょうど521系1次車の編成に当たり、しかも人気が少なかった事から車内写真を撮っておきましたが、やはり2次車以降のグループと1次車を比べると何処が変更を受けたか把握できます。

20111010_jrwest_ec_521-02.jpg
20111010_jrwest_ec_521-in01.jpg

近江今津と山科乗換で大阪へ戻り今回の三連休は終了しました。

20111010_omi_imazu-01.jpg
20111010_omi_imazu-02.jpg

category: 日記

tag: えちぜん鉄道  京福バス  日本の景勝地  東尋坊  福井鉄道  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2011年10月9日  

2011年10月9日(

遠征2日目となる9日は午前中を越前大野城と旧城下町巡りをし、午後からは一乗谷の朝倉氏館と関連の史跡群を見た後で一乗滝を見た福井市内へ戻るという行程になりました。

午前中の越前大野城へは福井駅前から京福バスで大野入り。
越美北線だと9時台までないため現地入りすると実質の滞在時間が1時間少なくなることから、毎時1本あるバスを利用すれば1時間のバッファが出来ることから必然的にそうなりました。

20111009_keifuku_bus-01.jpg

越前大野城は大野市の亀山の山頂を本丸とし、現地では亀山城とも呼ばれています。
平山城なのですが、以前登城した丸亀城並に高い場所にあるため、麓から天守が見える場所から見ると「高い場所にあるな~」という印象を受けます。

20111009_echizen_ohno_castle-01.jpg

天守自体は明治初期の廃城で破却されたため、現在ある天守は1968年に鉄筋コンクリート造りで建てられた復興天守です。

20111009_echizen_ohno_castle-02.jpg

越前大野城への登城が住むと麓にある武家屋敷や御清水を見てきました。

20111009_echizen_ohno-01.jpg
20111009_echizen_ohno-02.jpg

午後は越前大野から越美北線に乗って一乗谷へ。

20111009_echizen_ohno-03.jpg

旧国鉄色と同じタラコ色の塗装変更されたキハ120形200番台は奇妙に写ります・・・。

20111009_jrwest_dc_120_200-01.jpg

一乗谷で下車して駅近くにある福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館へ来館。

20111009_ichijodani-01.jpg

ここには一乗谷朝倉氏遺跡に関する資料や復元模型が展示されている他にレンタサイクルもあることから、ここで自転車を借りて史跡群を見て回ることにしました。

20111009_ichijodani-02.jpg

一乗谷の史跡群は一乗谷川に沿って点在する形となっていますが、基本的には朝倉氏館跡を中心として城下町が形成されていたため、中核部に規模の大きい史跡が集まっている形です。

20111009_ichijodani_site-01.jpg
20111009_ichijodani_site-02.jpg
20111009_ichijodani_site-03.jpg

旧城下町の部分は原寸大の復原町並は史跡としては異例で、国内では初だそうです。

20111009_ichijodani_site-04.jpg
20111009_ichijodani_site-05.jpg

史跡を巡った跡は上流にある一乗滝を目指し、自転車を奥へ進めました。
自転車自体は変速機構付きですが、さすがに傾斜がきつくなるとヒーヒー言いながら登っていきました・・・汗。

20111009_ichijodani-03.jpg
20111009_ichijodaki-01.jpg
20111009_ichijodaki-02.jpg

ようやくたどり着いた一乗滝を見た後は資料館まで一気に下っていきました。
ひたすら登りである往路と違って復路は15分ほどで資料館へ戻ってきたのは言うまでもありません。

20111009_ichijodani-04.jpg

資料館へ自転車を返却した後は時間的にタイミングが合わなかった越美北線ではなく、京福バスで福井駅前へ戻りました。

20111009_keifuku_bus-02.jpg

このままホテルへ入るのは勿体なかったので、北陸本線を福井から武生へ足伸ばし。

20111009_jrwest_ec_521-01.jpg

521系の2次車以降はATS-Pを搭載していないため運転席には湖西線乗り入れ禁止のラベルが貼られていましたが、これは1次車のみATS-Pが装備されているためで編成番号も運用も分かれているようです。

20111009_jrwest_ec_521-cab01.jpg

武生からは福井鉄道で福井市内へ。
最近駅名が改称されたようで、以前の武生新駅から越前武生駅となっていました。

20111009_echizen_takefu-01.jpg

ここで乗車したのは元名鉄の770形。

20111009_fukutetsu_770-01.jpg

これに乗って福井市内へ移動しこの日は終了しました。

20111009_shiyakusho_mae-01.jpg

category: 日記

tag: 京福バス  日本の城郭  越前大野城  日本100名城  一乗谷朝倉氏遺跡  日本の景勝地  一乗滝  JR西日本  福井鉄道 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2011年10月8日  

2011年10月8日(

10月8日から10日までの三連休をどう過ごすか悩んでいたのですが、弊ブログの更新が進んでいないことでのお分かりのように、このところ残業続きで疲れているため、書く気力も出ず当然のことながら遠征の予定もなかなか決まらないまま今週中頃になって慌てて予定を組んでホテルの予約をしてぎりぎりでこぎ着けたという状態。

当初は名古屋に来訪して2005年3月実行以来6年ぶりの名鉄三昧をすることを考えたのですが、定宿としているところがあいにく満室。
首都圏も似たようなもので、どうするか悩んだあげく未登城の城郭が残されている北陸に目をつけたところ、福井市内のホテルにちょうどいい部屋が空いていることと、北陸3県を諸々セットして一気に制覇するのは行程上無理があることから今回の三連休は若狭と越前の城廻などを抱き合わせにした観光旅行としました。

20111008_obama-02.jpg

初日である8日は小浜城と三方五湖を巡り福井市内へ入ることにしました。
今回は鉄道の日記念乗り放題きっぷ期間であることから、往路は新快速に乗り湖西線経由で敦賀へ向かい、小浜線に乗り換えて小浜入りすることに。

20111008_osaka-01.jpg

この日乗った大阪7:45発の新快速は湖西線内も満席状態。
しかも大阪から座っている面々は終点の敦賀まで乗り、敦賀から金沢行きにどっと乗り換えたという状態・・・。

20111008_turuga-01.jpg

敦賀からは臨時の区間快速東舞鶴行きに乗り小浜へ。
イレギュラーの設定であることから行先表示器が種別に対応していないらしく、車外から見ると行先だけが表示され、種別および停車駅案内は車内案内表示器とワンマン運転の自動放送で対応している様子でした。

20111008_jrwest_ec_125-01.jpg
20111008_obama-01.jpg

小浜では小浜城跡へ。

20111008_obama_castle-01.jpg

駅から歩くと約20分ほどの場所にある城趾は現在の小浜神社であり、城趾として残されているのは本丸跡にある石垣群ぐらいといったところです。

20111008_obama_castle-02.jpg
20111008_obama_castle-03.jpg

駅へ戻るついでに小浜西組伝統的建造物保存地区へも訪れましたが、時間がなかったのでじっくりと見ることが出来ずじまいに・・・。

20111008_obama-03.jpg

小浜から美浜へ移動。

20111008_mihama-01.jpg

ここからは三方五湖を巡ったのですが、五湖巡りの乗船場となるレークセンターまでは駅から4kmもあり、自家用車がないとバスかタクシーしか手段はありませんでしたが、バスは本数が少なく来訪時はタイミングが合わず、タクシー代を出すにはもったいないので、結局歩いて行きました。

美浜駅から歩いて1時間ほどの場所にある久々子湖(くぐしこ)の北方に面する三方五湖レークセンターは五湖巡り遊覧船の乗船場のほかに土産物屋と飲食店が入居しています。

20111008_mikatagoko-01.jpg

遊覧船の三方五湖ジェットクルーズは久々子湖・浦見側・水月湖・管湖・三方湖を約40分で巡るもので、日が傾き始めた三方五湖クルーズをじっくりと堪能してきました。

20111008_mikatagoko-02.jpg
20111008_mikatagoko-03.jpg

レークセンターから戻った後は再び歩いて美浜駅へ戻り、小浜線で敦賀へ。

20111008_jrwest_ec_125-02.jpg

ここで軽く夕食を撮った後は521系に乗って福井市内へ向かうのですが、1本見送り人が出払って折り返し待ちだった後発列車の車内写真を撮っておきました。

20111008_jrwest_ec_521-01.jpg

実は2次車以降の車内写真を撮ったのは今回が初めて。

20111008_jrwest_ec_521-in01.jpg

これに乗って福井市内入りをしてこの日は終わりました。

20111008_fukui-01.jpg

category: 日記

tag: JR西日本  日本の城郭  若狭小浜城  日本の景勝地  三方五湖 
tb: 0   cm: 0

2011年8月13日 日本100名城を巡る旅in九州18 豊後岡城・その6  

岡城巡りの続き。
今度は西の丸と武家屋敷跡を見てきます。

20110813_oka_castle-80.jpg

西の丸。
ここには広大な御殿が広がっていました。

20110813_oka_castle-81.jpg

城門がありそうな感じですが、特になにもありません。

20110813_oka_castle-82.jpg
20110813_oka_castle-83.jpg

家老屋敷跡。

20110813_oka_castle-86.jpg
20110813_oka_castle-85.jpg

近戸門跡。

20110813_oka_castle-87.jpg

近戸門跡からの眺め。

20110813_oka_castle-88.jpg

普請方跡。

20110813_oka_castle-89.jpg
20110813_oka_castle-90.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  豊後岡城  豊後竹田城 
tb: 0   cm: 0

2011年8月13日 日本100名城を巡る旅in九州17 豊後岡城・その5  

岡城巡りの続き。
今度は主郭部の西側を見てきます。

まずは城代屋敷跡。

20110813_oka_castle-66.jpg

右側の方へ下りていきます。

20110813_oka_castle-67.jpg
20110813_oka_castle-68.jpg

賄方跡。

20110813_oka_castle-72.jpg

武家屋敷跡。

20110813_oka_castle-69.jpg

朱印状倉跡。

20110813_oka_castle-70.jpg

清水谷を挟んでみる家老屋敷跡。

20110813_oka_castle-71.jpg

武具方跡。

20110813_oka_castle-73.jpg

西の丸東門跡。

20110813_oka_castle-74.jpg
20110813_oka_castle-75.jpg

東門からの眺め。
写真右側に大手門跡が見えます。

20110813_oka_castle-76.jpg

上段の西の丸への石段。

20110813_oka_castle-77.jpg
20110813_oka_castle-78.jpg

立ち入り制限中の武家屋敷跡。

20110813_oka_castle-79.jpg

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  豊後岡城  豊後竹田城 
tb: 0   cm: 0

2011年8月13日 日本100名城を巡る旅in九州16 豊後岡城・その4  

岡城巡りの続き。
続いては天神山山頂から東側を見てきます。

これは三の丸南東部にある石段。
ここも城門らしき感じですが、名称は不明。

20110813_oka_castle-48.jpg
20110813_oka_castle-49.jpg

東中仕切跡。

20110813_oka_castle-50.jpg
20110813_oka_castle-51.jpg
20110813_oka_castle-52.jpg

米倉跡。

20110813_oka_castle-53.jpg

さらに東へ。

20110813_oka_castle-54.jpg

清水門跡。

20110813_oka_castle-56.jpg
20110813_oka_castle-55.jpg

三遊亭跡。

20110813_oka_castle-57.jpg
20110813_oka_castle-58.jpg

荘嶽社跡と御廟跡西側

20110813_oka_castle-59.jpg

さらに東へ。

20110813_oka_castle-60.jpg
20110813_oka_castle-61.jpg

御廟跡。

20110813_oka_castle-62.jpg

御廟跡から東へ進むと。

20110813_oka_castle-63.jpg

虎口が見えてきます。

20110813_oka_castle-64.jpg

主郭部の東端にある下原門跡。

20110813_oka_castle-65.jpg

ここから折返して西の丸を含めた主郭部の西側を見てきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  豊後岡城  豊後竹田城 
tb: 0   cm: 0

2011年8月13日 日本100名城を巡る旅in九州15 豊後岡城・その3  

岡城巡りの続き。
ここから本丸へ入ります。

20110813_oka_castle-38.jpg
20110813_oka_castle-39.jpg

岡城本丸跡。
天神山の山頂に作られた本丸は意外とコンパクト。

20110813_oka_castle-04.jpg

本丸南西側の三重櫓跡。
事実上の天守である三重櫓が建っていた場所。

20110813_oka_castle-40.jpg

本丸南西側の三重櫓跡から眺め。

20110813_oka_castle-41.jpg
20110813_oka_castle-42.jpg

本丸跡にある岡城天満神社。

20110813_oka_castle-43.jpg

隣にあるものは何か不明・・・。

20110813_oka_castle-44.jpg

本丸南東側の金蔵跡。

20110813_oka_castle-45.jpg

金蔵跡からの眺め。
眼下を流れる川は白滝川。

20110813_oka_castle-47.jpg

本丸石垣から東にある東仕切跡。

20110813_oka_castle-46.jpg

このあとは主郭部の東側を見てきます。

→次に続く。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  豊後岡城  豊後竹田城 
tb: 0   cm: 0

2011年8月13日 日本100名城を巡る旅in九州14 豊後岡城・その2  

岡城跡巡り。
続いては三ノ丸・二ノ丸へ足を進めます。

20110813_oka_castle-03.jpg
20110813_oka_castle-24.jpg

これは三ノ丸の前にある西中仕切跡。

20110813_oka_castle-22.jpg

奥に太鼓櫓跡があり、この奥に三ノ丸がある。

20110813_oka_castle-23.jpg

三ノ丸跡。

20110813_oka_castle-26.jpg
20110813_oka_castle-25.jpg
20110813_oka_castle-27.jpg
20110813_oka_castle-30.jpg

三ノ丸跡からの眺め。

20110813_oka_castle-28.jpg

二ノ丸へ。
工事中のため工事車両用のの仮設スロープがあります。

20110813_oka_castle-29.jpg

井戸跡。

20110813_oka_castle-31.jpg

二ノ丸は再整備工事のため城趾内に重機が搬入されています。

20110813_oka_castle-32.jpg
20110813_oka_castle-33.jpg

滝廉太郎銅像。

20110813_oka_castle-34.jpg
20110813_oka_castle-35.jpg

二ノ丸跡からの眺め。
まずは東側の地獄谷。

20110813_oka_castle-36.jpg

西側の清水谷。

20110813_oka_castle-37.jpg

次は本丸跡を見てきます。

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 日本の城郭  日本100名城  豊後岡城  豊後竹田城 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年10月2日  

2011年10月2日(

2日は神鉄の鈴蘭台車両基地でイベントがある事から神戸へ出かけてきました。

20111002_shintetsu_3000-01.jpg

会場入りする前に神鉄の車内写真撮影。
ここではまだ撮影してなかった3000系の前期車を・・・。

20111002_shintetsu_3000-in01.jpg

鈴蘭台へ移動。

20111002_suzurandai-01.jpg

ここで下車するのは初めて。

20111002_suzurandai-02.jpg

会場の鈴蘭台車両基地は鈴蘭台駅から新開地方へ歩いて10分の場所。

20111002_shintetsu_event-01.jpg

車両基地自体が小さいため瞬く間に見終えてしまいました。

20111002_shintetsu_event-02.jpg
20111002_shintetsu_event-03.jpg

会場を出てから再び神鉄に乗り三木へ移動。

20111002_shintetsu_1100-01.jpg
20111002_shintetsu_miki-01.jpg

三木へ出向いたのは廃止された三木鉄道の三木駅を活用した記念公園がオープンしたという事で来訪した次第。
駅舎自体は曳屋工法で移設されて「三木鉄道ふれあい館」としリニューアルされていました。

20111002_miki-01.jpg

元の状態が軌道跡が部分的に残されている以外には広場と公園という感じです。

20111002_miki-02.jpg

再び神鉄に乗車。
乗って列車は小野止めだったため、折返し待ちの車内を撮影。

20111002_shintetsu_1100-02.jpg
20111002_shintetsu_1100-in0.jpg

ついでなので改札の外へ出て撮影。

20111002_ono-01.jpg
20111002_ono-02.jpg

粟生行きに乗り終点へ。

20111002_ao-01.jpg

久しぶりに降り立った粟生駅がすっかりリニューアルされていました。
調べたところ2009年10月から供用開始されたとのこと。

20111002_ao-02.jpg

103系で加古川へ。

20111002_jrwest_ec_103-01.jpg

ちょうど2本並びの折返し待ちで無人になったのを見逃さずに車内写真を撮っておきました。

20111002_jrwest_ec_103-in01.jpg
20111002_jrwest_ec_103-cab01.jpg

明石へ移動。
最後は阪神なんば線経由で帰宅するため乗換えたのですが、ここで3050系に遭遇。

20111002_sanden_3050-01.jpg

4両中1両だけ無人になったので車内写真を撮っておきました。

20111002_sanden_3050-in01.jpg

category: 日記

tag: 神戸電鉄  三木鉄道  三木鉄道記念公園  JR西日本  山陽電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2011年10月1日  

2011年10月1日(

10月最初のお休みは午後からお出かけ。

まずは、このほどJR放出駅前まで延伸された近鉄バス布施線早瀬橋系統に乗車。
布施線の早瀬橋の系統はかつて大阪市の蒲生まで運行されていた時代もあり、放出駅にも乗入れてましたが、今回はそれが復活した形。

それに合わせて運賃が200円均一に変更されました。
支払いは降車時。

20111001_kintetsu_bus-01.jpg

JR放出駅は南口に乗入れ。
(かつて乗入れていたときは北口)

20111001_kintetsu_bus-02.jpg

おおさか東線~大和路線経由で天王寺へ移動し、天王寺から阪和線へ。

20111001_jrwest_ec_205_1000-01.jpg

だらだらと乗り継いで和歌山へ移動。

20111001_wakaden_2270-01.jpg

和歌山市駅へ移動して、ここで南海12000系を捉えました。

20111001_nankai_12000-01.jpg

ようやく車内写真の撮影と乗車が出来ました。
和歌山へ出向いたのはこれが目的で、事実上出たとこ勝負でした。

20111001_nankai_12000-in01.jpg

新今宮まで乗車。
このあと梅田へ移動して買い物を済ませてから帰宅しました。

20111001_shin_imamiya-01.jpg

category: 日記

tag: 近鉄バス  JR西日本  南海電気鉄道  南海特急  サザン  プレミアム・サザン 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop