DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2010年09月
2010年09月の記事一覧

2010年8月14日 日本100系城を巡る中国地方の旅34 快速「みすゞ潮彩」に乗車。  

自転車を返却した後は下関を目指します。
目的は山陰本線の西端を行く快速「みすゞ潮彩」に乗車するためです。

まずは東萩からキハ47形に乗って東萩へ移動します。
進行方向右手に指月山を見ながら萩を離れます。

20100814_jrwest_dc_47_0-01.jpg

長門市に到着。
ここでの乗り換え時間は10分弱ですが、快速「みすゞ潮彩」が仙崎発なので入線はぎりぎりとなっています。

20100814_nagatoshi-01.jpg

入線後、撮る暇もなく乗り込みます。
1分ほど停車後に出発。

しばらくの間、日本海を眺めながら西へと進みます。

20100814_misuzu_shiosai-01.jpg
20100814_misuzu_shiosai-02.jpg
20100814_misuzu_shiosai-03.jpg
20100814_misuzu_shiosai-04.jpg

途中ですれ違ったキハ40形は単色化の一環で竣工時の塗装に戻っています。

20100814_misuzu_shiosai-05.jpg

自由席に乗っているため、途中の停車駅から続々と乗り込みが・・・。
2両編成の列車で下関方が自由席と長門市方が指定席となっているため、自由席は幡生に到着するまでに満々と混んでしまいます。

下関に到着。

20100814_shimonoseki-02.jpg

長門市から乗車した快速「みすゞ潮彩」で使用されているキハ47形7000番台を撮影します。
人が出払った直後に車内写真を撮影。

まずは自由席。
キハ47形の体質改善工事施行車と同じ内容ですが、化粧板が異なります。

20100814_jrwest_dc_47_7000-in01.jpg

指定席車。
こちらは先に登場した呉線の瀬戸内マリンビューと同じ内容となっています。

実は最終日に乗車する予定だったのですが・・・。

20100814_jrwest_dc_47_7000-in02.jpg

最後は車両の外観。

20100814_jrwest_dc_47_7000-01.jpg

下関で遅めの昼食をとった後は広島へ移動します。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 中国地方遠征

tag: JR西日本  山陰本線  みすゞ潮彩 
tb: 0   cm: 0

2010年8月14日 日本100系城を巡る中国地方の旅33 萩城・その4  

指月山を下山して萩城三ノ丸跡の旧城下町などを見て回ります。

まずは旧厚狭毛利家萩屋敷長屋へ。
二ノ丸南門とは駐車場となっている旧中堀跡を挟んで三ノ丸側に位置する武家屋敷で、萩市内に現存する武家屋敷としては最大級の建物です。

20100814_hagi_castle-06.jpg
20100814_hagi_castle-54.jpg

この周辺には萩史料館もあります。

20100814_hagi_castle-05.jpg

それでは、伝統的建造物保存地区へ。

20100814_hagi_castle-55.jpg

旧毛利家別邸表門。

20100814_hagi_castle-56.jpg

萩博物館。

20100814_hagi_castle-57.jpg

隅櫓。
この櫓は復元されたものです。

20100814_hagi_castle-58.jpg

萩市郷土博物館の移転改築により建設された萩博物館は大野毛利家の屋敷跡に建てられています。

20100814_hagi_castle-59.jpg
20100814_hagi_castle-07.jpg

表門に当たる長屋門。

20100814_hagi_castle-60.jpg
20100814_hagi_castle-61.jpg

北の総門。

20100814_hagi_castle-62.jpg

三ノ丸東側にある門で、萩城で3つある総門のうち最も北に位置しいることが由来となっています。

20100814_hagi_castle-63.jpg

そろそろ下関へ向かう時間が迫ってきたので東萩駅へ戻ります。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  萩城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月14日 日本100系城を巡る中国地方の旅32 萩城・その3  

萩城本丸の背後にある詰丸を目指すべく指月山を登ります。
萩城の背後の日本海に突き出る形になっている指月山は143mの小さな山で、山頂へ通じるこの登山口は昭和40年代に整備されたものだそうで、徒歩で20分ほどかかります。

20100814_hagi_castle-03.jpg

では登山道へ。

20100814_hagi_castle-45.jpg

仰徳神社跡。

20100814_hagi_castle-46.jpg

重建大祖神廊記の碑。

20100814_hagi_castle-47.jpg

登山道はご覧の通り整備されていますが・・・。

20100814_hagi_castle-48.jpg

中にはこのような急な所が・・・。

20100814_hagi_castle-49.jpg

登り始めてから16分で詰丸の虎口に到着。

20100814_hagi_castle-50.jpg

個の虎口は要害門。

20100814_hagi_castle-04.jpg

詰丸の二ノ丸。

20100814_hagi_castle-51.jpg

詰丸の本丸。

20100814_hagi_castle-52.jpg

これで萩城の指月公園エリアは終了。
公園外の長屋などを見てきます。

20100814_hagi_castle-53.jpg

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  萩城  指月山 
tb: 0   cm: 0

2010年8月14日 日本100系城を巡る中国地方の旅31 萩城・その2  

萩城本丸を自転車で進んでいきます。
写真の場所は本丸御殿があった場所。

20100814_hagi_castle-25.jpg

城壁跡から本丸門跡付近を望む。

20100814_hagi_castle-26.jpg

本丸跡と指月山。

20100814_hagi_castle-27.jpg

福原家書院。

20100814_hagi_castle-28.jpg

明倫館遺構と万歳橋。

20100814_hagi_castle-29.jpg

満載橋から奥に見えるのは志都岐山神社。

20100814_hagi_castle-30.jpg

城址内にある石碑。

20100814_hagi_castle-31.jpg
20100814_hagi_castle-32.jpg

梨羽家茶室。

20100814_hagi_castle-33.jpg

天守台へ。

20100814_hagi_castle-34.jpg

萩城の天守は天守の隣に櫓が付属する複合型天守と呼ばれるもので、写真の場所は付属の櫓である付櫓があった場所。

20100814_hagi_castle-35.jpg

付櫓から撮影した写真。

20100814_hagi_castle-36.jpg
20100814_hagi_castle-38.jpg
20100814_hagi_castle-39.jpg

天守跡から撮影した写真。

20100814_hagi_castle-40.jpg
20100814_hagi_castle-41.jpg
20100814_hagi_castle-42.jpg

本丸西側。

20100814_hagi_castle-37.jpg

岡崎櫓跡。

20100814_hagi_castle-43.jpg

八間櫓跡。
ここから西側は西指月公園(石彫公園)となっています。

20100814_hagi_castle-44.jpg

次は詰丸があった指月山へ登ります。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  萩城 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年9月25日~9月26日  

2010年9月25日(

25日は一日中自宅に引きこもり、サイトの更新作業を進めました。
26日の時点でまたアップできる状態ではありませんが、近日中にアップする予定です。

さて、長らくの懸案事項であるサイトのリニューアルの話。
現行よりももう少し体裁をよくしたいことろですが、オーサリングで使っているホームページビルダーだと現行以上のものが構築しにくいことから、オーサリングソフトを全面的に切り替える事も視野に入れ、候補になるソフトも決定済みで、あとは予算次第と言うところまで来ています。

全面的なリニューアルは来年ぐらい予定で、それまでは現行のまま更新を進める予定です。


2010年9月26日(

26日は午後から神戸市営地下鉄の編成写真撮影のため神戸へ出向いてきました。
神戸市営地下鉄西神・山手線での編成写真撮影は2001年以来9年ぶりで、今回もその時と同じく伊川谷で撮影。

20100926_ikawadani-01.jpg

西神・山手線は自局の車両以外に北神急行の車両も乗り入れることから全4系列を撮影。
中でも市交3000系と北神急行7000系はそれぞれ6本と5本と少数派で、当日は前者が1本、後者が2本が運用に入っている状況でなかなか捉える事が出来ませんでした。

20100926_kobe_subway_1000-01.jpg
20100926_hakukyu_7000-01.jpg
20100926_kobe_subway_2000-01.jpg
20100926_kobe_subway_3000-01.jpg

西神中央へ移動。

20100926_seishin_chuo-01.jpg

ここでは2本並びになるダイヤを活用して無人状態の車内を撮影することに、サイトの素材で使うにはこの状況が都合がよいからです。

20100926_kobe_subway_2000-02.jpg
20100926_kobe_subway_2000-in01.jpg
20100926_kobe_subway_1000-02.jpg
20100926_kobe_subway_1000-in01.jpg
20100926_hakukyu_7000-02.jpg
20100926_hakukyu_7000-in01.jpg
20100926_kobe_subway_3000-02.jpg
20100926_kobe_subway_3000-in01.jpg

撮影終了後は新長田へ移動。

20100926_shin_nagata-01.jpg

ここを訪れたのは若松公園にある鉄人28号の実物大モニュメントに会うため。

20100926_tetsujin_28-01.jpg
20100926_tetsujin_28-02.jpg

帰りは阪神と近鉄でしたが、阪神三宮駅の工事は3番降車ホームが仮受け状態になっているのを確認しました。

20100926_sannomiya-01.jpg

category: 日記

tag: 神戸市交通局  北神急行電鉄  鉄人28号  KOBE鉄人PROJECT 
tb: 0   cm: 0

2010年8月14日 日本100系城を巡る中国地方の旅30 萩城・その1  

4日目を迎えました。
4日目は萩城と旧城下町を巡り、午後は長門市から「みすゞ潮彩号」で下関へ向かい、下関から広島へ移動する流れとしています。

20100814_higashi_hagi-01.jpg

ホテルをチェックアウトして萩市内を何で巡るかを思案します。
選択肢としては市内循環バスかレンタサイクルの2つですが、バスだと時間的制約もあることから今回はレンタサイクルで。

ホテルを出た脇にレンタサイクル店があったことからここで自転車を借りて萩市内へ飛び出します。
萩は中学自分のころ修学旅行で訪れた場所で、その当時もレンタサイクルで市内各所の観光地を巡っており、あれから20年もの月日が流れた今同じことをしている自分自身がいたりします・・・。

しばらく進むと指月小橋と二ノ丸東門があり、その手前を南へ進み指月橋から西へ進むと二ノ丸南門前で写真の辺りは中堀があった場所で、手前側が武家屋敷などがあった三ノ丸跡です。

20100814_hagi_castle-21.jpg

二ノ丸南門跡を通り正面に橋が見えると萩城本丸が目と鼻の先にあります。
写真の側は本丸門跡。

20100814_hagi_castle-01.jpg

少し脇に逸れて東へ出てみます。

20100814_hagi_castle-23.jpg

出たところは二ノ丸東門跡。

20100814_hagi_castle-09.jpg

三の丸中堀ですが、海水を引き込んでいることから青いのが特徴です。

20100814_hagi_castle-22.jpg

では二ノ丸側に戻って北へ進みます。

20100814_hagi_castle-12.jpg

潮入門跡。

20100814_hagi_castle-13.jpg

おそらく荒川櫓跡。

20100814_hagi_castle-15.jpg
20100814_hagi_castle-24.jpg

海側へ。

20100814_hagi_castle-14.jpg

お寺があった場所。
この奥に北櫓があったそうです。

20100814_hagi_castle-16.jpg

東園側から萩城址本丸へ入ります。
萩城は現在本丸とその背後の詰丸があった指月山を含めた区域が指月公園として整備されています。

20100814_hagi_castle-18.jpg
20100814_hagi_castle-17.jpg

東園。

20100814_hagi_castle-10.jpg

本丸へ。

20100814_hagi_castle-19.jpg

御台所門跡。

20100814_hagi_castle-20.jpg

この後も本丸跡と天守台を巡ります。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  萩城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月13日 日本100系城を巡る中国地方の旅29 萩へ  

津和野を離れて益田へ移動します。

20100813_tsuwano-25.jpg

その前に津和野駅構内を撮影。

20100813_tsuwano-26.jpg
20100813_tsuwano-27.jpg

やってきた益田行きはキハ40形の単行。

20100813_jrwest_dc_40_2000-03.jpg

益田に到着後は、次の乗り換えまでに1時間あることから夕食タイムとしました。
益田に来て大阪王将で食べてるというのもあれなのですが・・・汗。

20100813_diner-01.jpg

夕食を終えると益田駅構内へ。

20100813_masuda-02.jpg
20100813_masuda-03.jpg

ここでキハ187系の撮影。
珍しく3両ですが、鳥取方2両が10番台、下関・新山口方が0番台と言う組成。

20100813_jrwest_dc_187_0-01.jpg

10番台は屋根上の冷房装置が2台になっているのが0番台との外観上の見分ける点です。

20100813_jrwest_dc_187_10-01.jpg

車端部に貼られているエンブレムも異なり、島根県内の高速化事業で導入された0番台は島根県の花である「牡丹」が、鳥取県内の高速化事業で導入された10番台は鳥取県の花である「梨」となっています。

20100813_jrwest_dc_187_0-02.jpg
20100813_jrwest_dc_187_10-02.jpg

3日目の宿泊先である東萩へはキハ40形単行。

20100813_jrwest_dc_40_2000-02.jpg

1時間ほどで東萩に到着。
4日目は萩城と萩市街地巡りとしているため、ここで終了。

20100813_higashi_hagi-02.jpg
20100813_higashi_hagi-01.jpg

3日目の宿泊先は「萩ロイヤルインテリジェントホテル」

東萩駅の駅前広場の西側に建っている萩レインボープラザの上階にあるのですが、ホテル部分自体は観光ホテル「萩ロイヤルホテル」だったものの業績不振により休業、後に改装されて2008年に現在のビジネスホテルとして営業再開されたそうです。

20100813_hagi_royal_intelligent_hotel-01.jpg

ベット回り。

20100813_hagi_royal_intelligent_hotel-02.jpg

加湿器。

20100813_hagi_royal_intelligent_hotel-03.jpg

デスクトップ回り。

20100813_hagi_royal_intelligent_hotel-04.jpg

客室エントランス部。

20100813_hagi_royal_intelligent_hotel-05.jpg

クロゼットと抗菌BOX。
抗菌BOXにスリッパが入っています。

20100813_hagi_royal_intelligent_hotel-06.jpg

洗面台。

20100813_hagi_royal_intelligent_hotel-07.jpg

シャワールーム。
一般的なビジネスホテルにある浴槽ではなく高機能シャワーとなっていますが、ホテル内には大浴場・サウナ・岩盤浴もあります。

20100813_hagi_royal_intelligent_hotel-08.jpg

トイレ。

20100813_hagi_royal_intelligent_hotel-09.jpg

エントランス壁面にあるアメニティ類。

20100813_hagi_royal_intelligent_hotel-10.jpg

ここで4日目を迎えます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: JR西日本 
tb: 0   cm: 0

休日日記 2010年9月23日  

2010年9月23日(

週半ばの23日は秋分の日のため仕事はお休み。
この日は午前中にブログの三連休日記への画像追加をし、夕方から梅田へ出かけてきました。

11月に暫定供用が開始される大阪駅の様子を改めて確認。
橋上駅舎へのエスカレータの設置状況は大阪環状線ホームとほかのホームとでは逆向きになっているようで、環状線の方は西側が上り口であるのに対し他のホームは東側に上り口が向いている感じです。

20100923_osaka-01.jpg
20100923_osaka-02.jpg
20100923_osaka-03.jpg

旭屋書店で買い物を済ませ、ヨドバシカメラでWebカメラを購入。
周辺機器でこの手のものを買うのは初めてですが、今回はロジクールの「HD Pro Webcam C910」で最近発売されたもので、前評判がかなり良かった機種です。

20100923_c910-01.jpg

さて、Webカメラを購入するついでに第4世代iPod Touchが8Gモデルのみ入荷されていたため、実機を触ってきました。

肝心要なカメラですが、実際に言われているよりかは実用範囲と考えてよいでしょう。
iPhone4に比べると厳しいかもしれませんが、ガラケーの写メの画質から考えるとまだ使える方だと思っていいでしょう。

帰宅後はWebカメラをセット。
後々のことを考えてあえて机の傍らにあるコンポのスピーカ上に設置しました。

20100923_c910-02.jpg

スピーカ上が埃まみれなのはご了承ください・・・汗。

category: 日記

tag: JR西日本  駅改良工事  大阪駅  ロジクール  Webカメラ 
tb: 0   cm: 0

2010年8月13日 日本100系城を巡る中国地方の旅28 津和野城・その5  

旧城下町である市街地を巡ります。
先ほどの津和野城址側ではなく、ここでは津和野駅に近い保存地区にあるいくつか巡ることにします。

津和野川を渡って新山口へ向かう「SLやまぐち」を捉えました。
たまたまカメラを構えた一段とそれをさらに囲う様に家族連れカメラを構える様子を見て「アレが来るのか?」と思っていたところ的中した次第です。

20100813_tsuwano-13a.jpg

撮影した場所の近くに津和野町郷土館がありますが、今回はパス。

20100813_tsuwano-15a.jpg

津和野川を渡り保存地区へ。

20100813_tsuwano-18a.jpg
20100813_tsuwano-14a.jpg
20100813_tsuwano-16a.jpg

多胡家老門。
武家屋敷の門。

20100813_tsuwano-17a.jpg

メインの通りである殿町通り。
掘割には鯉が住んでいます。

20100813_tsuwano-02.jpg
20100813_tsuwano-03.jpg
20100813_tsuwano-19.jpg
20100813_tsuwano-23.jpg

藩校養老館。

20100813_tsuwano-04.jpg

藩校の一部は民俗資料館として使用されているそうです。

20100813_tsuwano-20.jpg

津和野町役場津和野庁舎。

20100813_tsuwano-21.jpg

公民館

20100813_tsuwano-22.jpg

本町通りの津和野駅側にある葛飾北斎美術館

20100813_tsuwano-24.jpg

津和野はこれで終了。
山口線に乗り3日目の宿へ向かいます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  石見津和野城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月13日 日本100系城を巡る中国地方の旅27 津和野城・その4  

下山後は江戸時代に藩庁が置かれた麓に残されている御物見櫓と馬場先櫓へ。

津和野城の関連で麓にあるのは江戸時代に入ってから置かれた藩庁と藩主邸宅などがありますが、これらは戦国時代とは違い平穏な世になったことにより利便性の高い麓に置いたものと思われます。

写真の場所は藩庁などがあった嘉楽園。

20100813_tsuwano_castle-46.jpg

物見櫓。

20100813_tsuwano_castle-05.jpg

馬場先櫓。
現存の建物で建設当初と同じ場所に残っているのは唯一これだけ。

20100813_tsuwano_castle-47.jpg
20100813_tsuwano_castle-06.jpg

西周旧居。

20100813_tsuwano_castle-48.jpg
20100813_tsuwano_castle-07.jpg
20100813_tsuwano_castle-50.jpg

津和野川を挟んだ対岸にある森鴎外記念館へ。

20100813_ogai_mori_m-01.jpg

同じ敷地内にある森鴎外旧宅。
写真の側は裏手。

20100813_ogai_mori_m-03.jpg
20100813_ogai_mori_m-04.jpg
20100813_ogai_mori_m-05.jpg
20100813_ogai_mori_m-06.jpg

表側。

20100813_ogai_mori_m-02.jpg
20100813_ogai_mori_m-07.jpg
20100813_ogai_mori_m-08.jpg

続いては旧城下町を歩きます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  石見津和野城 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2010年9月20日  

2010年9月20日(

遠征最終日である20日は小田急の複々線化工事の見聞と京王線調布駅の工事と京王電鉄の編成写真撮影と言う流れで進めてきました。

20100920_shinjuku-01.jpg

小田急の工事は代々木上原~下北沢のみを見分。
登戸・向ヶ丘遊園以外では唯一複線のまま残されている区間で、起伏の激しいところを地下化するという工事は、足元で進められています。

20100920_yoyogi_uehara-01.jpg
20100920_shimokutazawa-01.jpg

多摩センターで京王に乗り換えて調布へ。
こちらの連立事業は地下化されることから狭いホームに人が犇めき合う下で工事が進められています。

20100920_chofu-01.jpg
20100920_chofu-02.jpg

工事の見聞が終了すると編成写真の撮影。
まずは東府中で撮影することにしましたが、ここで京王競馬場線のシャトル列車に都営10-000形が充てられているのを目撃。

20100920_keio_7000-01.jpg
20100920_keio_8000-01.jpg
20100920_toei_10_000-01.jpg

人気がないのでちゃっかりと車内写真の頂きました。

20100920_toei_10_000-in01.jpg

その後は西へ進みながら撮影を続けましたが、いよいよ動物園線用5扉4両編成と増結用2両編成のみとなった6000系が9000系0番台と伴って高尾山口へ通過していったのを目撃。
後を追って行ったのですが、迎え撃っての撮影の際失敗。

いったん八王子へ向かい、立川経由で分倍河原へ。
逆光の中、しばらくしているしていると目的の6000系がやってきました。

20100920_keio_7000-02.jpg
20100920_keio_8000-02.jpg
20100920_keio_8000-03.jpg
20100920_keio_6000-01.jpg

ようやく撮影後、北野まで先行。
新宿から戻ってきたところを高尾まで乗車。

人気がないところを見計らって車内写真の撮影もしました。

20100920_keio_6000-in01.jpg

高尾から八王子乗り換えで横浜線に乗り横浜へ。
ここで東海道線仕様のE217系を捉え、ここで終了。

20100920_jrest_ec_e217-01.jpg

復路はのぞみ261号で帰阪しました。

20100920_tokyo-01.jpg

category: 日記

tag: 小田急電鉄  京王電鉄  連続立体交差事業  京王線  東京都交通局  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2010年9月19日  

2010年9月19日(

遠征2日目である19日は午前中を東京メトロ丸ノ内線と銀座線の撮影に充て、午後は東急東横線とみなとみらい線の改良工事の見聞に充てました。

まずは丸ノ内線。
同線の車両撮影自体が初だったので、3つある有名所を一通り見てきましたが、面倒な路線です。

20100919_yotsuya-01.jpg
20100919_tokyo_metro_02-01.jpg

それに続く銀座線はもっと面倒で、編成を綺麗に収めるとなると渋谷の降車ホームぐらいしか場所がありません。
しかも開業が最も古いので狭いというのが何よりもネックです。

20100919_tokyo_metro_01-01.jpg

ついでなので副都心線に乗って境界駅の和光市まで足を伸ばして、東京メトロ10000系の最終グループの編成を撮影。
屋根上に置かれている冷房装置の筐体が異なるので外観上目立ちます。

20100919_tokyo_metro_7000n-01.jpg
20100919_tokyo_metro_10000-01.jpg
20100919_tokyo_metro_10000-02.jpg

池袋戻ってくると東武東上線のりばに50000系3次車が山手線に接する側に折り返し待ちとしているのを目撃。
もちろん押さえてきました。

20100919_tobu_50000-01.jpg

午後からは東急東横線とみなとみらい線の改良工事の見聞。
この工事は東京メトロ副都心線との相互乗入れが行われることによる受け入れ準備といったところで、代官山~渋谷の地下化と優等停車駅のホーム延伸が主に行われ、今回は渋谷から順に元町・中華街まで見てきました。

今のところ着手されているのは渋谷~代官山、中目黒、学芸大学、自由が丘、武蔵小杉、綱島、横浜、みなとみらい、馬車道、日本大通り、元町・中華街の12駅、動きがないのは田園調布、多摩川、元住吉、日吉、菊名の5駅。

20100919_daikanyama-01.jpg
20100919_gakugeidaigaku-01.jpg
20100919_jiyugaoka-01.jpg
20100919_musaashi_kosugi-01.jpg
20100919_tsunashima-01.jpg

詳細は追って報告しますが、おきらく娯楽工房さんのブログサイトがこの工事を追っているので、新しい情報はこちらで追っていただければ助かります。

工事見聞終了後は山下公園へ。
人多過ぎます!

20100919_yamashita_park-01.jpg
20100919_yamashita_park-02.jpg

近くにマリンタワーがあるので、ついでに展望室まで行ってきました。
高いの苦手と言いながら行ってきたわけですが・・・。

20100919_yokohama_marine_tower-01.jpg
20100919_yokohama_marine_tower-02.jpg
20100919_yokohama_marine_tower-03.jpg

元町・中華街駅へ戻ってからは車内写真の撮影。
人気がないタイミングで撮影するのは一苦労しますが、田園都市線からの転用車の車内写真も撮れたので十分成果を得られました。

20100919_tokyu_5050-in01.jpg
20100919_tokyu_5000-in01.jpg
20100919_tokyu_9000-in01.jpg
20100919_tokyu_9000-in02.jpg

撮影終了後はホテルに戻ってこの日は終わりです。

category: 日記

tag: 東京メトロ  東武鉄道  東京急行電鉄  輸送力増強工事  駅改良工事  東急東横線  横浜高速鉄道  みなとみらい線  山下公園  横浜マリンタワー 
tb: 0   cm: 0

三連休日記 2010年9月18日  

2010年9月18日(

9月18日から20日まで続く三連休を首都圏の鉄道撮影に充てるため、この日から上京しています。

この週末ではハイブリッドシステム搭載のリゾートトレインHB-300系「リゾートビューふるさと」18・19の両日に上野駅に展示されることから、この日は展示会を絡めながら撮影という流れにしました。

20100918_furusato-01.jpg

往路はのぞみ206号。
指定席は比較的埋まってそうな感じでしたが、自由席に居たこちら側は4割程度といったところ。

20100918_shin_osaka-01.jpg
20100918_jrcentral_n700_0-01.jpg

品川に到着後、鞄をロッカーに放り込んで身軽になり都営浅草線から京成押上線へ移動。
京成高砂に到着すると、ここから撮影開始。

京成高砂で午前中での撮影というのは今回が初めてでしたが、秋に入る現地で10時過ぎた状況だと前面が影になるためもう少し早い時間帯での撮影が宜しいというところでした・・・。
成果としては新型スカイライナーを綺麗に収めれたということ。

20100918_keisei_3000_2g-01.jpg
20100918_keisei_ae_2g-01.jpg
20100918_keisei_3500-01.jpg

金町経由で展示会場となっている上野へ。
会場に到着すると展示開始から少したったぐらいで混んでました。

20100918_jreast_dc_hb_e300-01.jpg

内部も公開されていましたが、この混雑では・・・。

20100918_jreast_dc_hb_e300-in01.jpg

展示会場をあとにして午後からはひたすら常磐線の車両を撮影することに専念。
その前に山手線のE231系500番台の撮影。

20100918_jreast_ec_231_500-01.jpg

目的はホームドア導入により消滅する6ドア車の撮影と差し替えで挿入される変則的な窓配置の10号車などの撮影。
今回は外観のみですが、早いうちに車内写真も撮っておきたいところです。

20100918_jreast_ec_231_500-02.jpg
20100918_jreast_ec_231_500-03.jpg
20100918_jreast_ec_231_500-04.jpg

常磐線の撮影はE233系2000番台導入により姿を消すJR203系と16000系導入により勢力が大幅に減ると予想される6000系を中心に編成写真のみならず車内写真も撮影。

20100918_jreast_ec_203_0-in01.jpg
20100918_tokyo_metro_6000-01.jpg
20100918_tokyo_metro_6000-02.jpg
20100918_tokyo_metro_6000-03.jpg
20100918_tokyo_metro_6000-04.jpg

撮影時の行動に関してはホリデーパスを活用して我孫子と取手を往復という忙しない形でしたが、203系のトップナンバーと209系1000番台を捉えることが出来ました。

20100918_jreast_ec_203_0-01.jpg
20100918_jreast_ec_209_1000-01.jpg
20100918_jreast_ec_209_1000-in01.jpg

当日はE233系2000番台が3本運用に入っているところを捉えています。

20100918_jreast_ec_e233_2000-01.jpg
20100918_jreast_ec_e233_2000-02.jpg
20100918_jreast_ec_e233_2000-in01.jpg

18時前に撮影を終了。
品川で夕食をいただきホテルに向かいこの日はここまでとしました。

20100918_diner-01.jpg

category: 日記

tag: 京成電鉄  JR東日本  リゾートビューふるさと  東京メトロ 
tb: 0   cm: 0

2010年9月12日 大阪駅改良工事見聞10  

久しぶりに大阪駅改良工事のレポです。

大屋根の構築工事がほぼ終わった大阪駅では、橋上駅舎とホームとのエスカレータとエレベータの工事が着手されています。

20100912_osaka-01.jpg

大阪環状線ホームは中央の階段の位置が異なるため、エスカレータの設置方法などが他のホームとは異なるようです。
直下に中央コンコースへの階段が関係から上り口が異なり、写真のようにこの場所だけエスカレータが平行になっています。

20100912_osaka-02.jpg

環状線と11番のりば以外も同時並行で進められており、こちらは真っ直ぐ登って行く一般的なものになるようです。

20100912_osaka-03.jpg
20100912_osaka-04.jpg

なお、橋上駅舎は今年11月1日から乗り換え通路として暫定供用が開始される予定です。

今回のレポは以上です。

category: 大阪駅改良工事の話題

tag: JR西日本  駅改良工事  大阪駅 
tb: 0   cm: 0

2010年8月13日 日本100系城を巡る中国地方の旅26 津和野城・その3  

津和野城の本丸の続きです。
では、三ノ丸へ。

20100813_tsuwano_castle-35.jpg

三の丸跡。

20100813_tsuwano_castle-36.jpg

南門跡。

20100813_tsuwano_castle-37.jpg

南門側から見る三ノ丸跡。

20100813_tsuwano_castle-38.jpg

天守跡。

20100813_tsuwano_castle-39.jpg

天守跡から見る馬立・台所・海老櫓跡。
左下に見えるのは西櫓門跡。

20100813_tsuwano_castle-40.jpg

山城最高部にある三十間台。

20100813_tsuwano_castle-03.jpg

三十間台から南側を見る。
下から順に人質櫓跡、三ノ丸跡。

20100813_tsuwano_castle-04.jpg

三十間台と太鼓丸の間にある虎口。

20100813_tsuwano_castle-41.jpg

太鼓丸跡。
文字通り太鼓櫓があった曲輪。

20100813_tsuwano_castle-42.jpg

太鼓丸から三十間台の石垣を見る。

20100813_tsuwano_castle-43.jpg

これで津和野城は終了。
再びリフトに乗って麓へ戻ります。

20100813_tsuwano_castle-45.jpg

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  石見津和野城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月13日 日本100系城を巡る中国地方の旅25 津和野城・その2  

出丸から本丸へ移動します。

20100813_tsuwano_castle-20.jpg

出丸を下りた場所で麓の登山道との合流点があります。
もちろん登山道には立ち入り禁止の札が建っていました・・・。

20100813_tsuwano_castle-22.jpg

出丸と本末との間は谷間になっている感じで、南へ下っていきます。

20100813_tsuwano_castle-23.jpg

ちょうど中間点辺りが広い場所となっていて、津和野城址であることを示す石碑などが建っていました。
また、ここにも麓への登山道が合流していますが、立ち入り禁止となっています。

20100813_tsuwano_castle-24.jpg
20100813_tsuwano_castle-25.jpg

ここからは本丸に向けて登ります。

20100813_tsuwano_castle-26.jpg

しばらくすると本丸の腰曲輪が見えてきます。

20100813_tsuwano_castle-27.jpg

東門跡。
修復する予定なのか仮設の階段が組まれています。

20100813_tsuwano_castle-28.jpg
20100813_tsuwano_castle-30.jpg

修復中と思われる腰曲輪の石垣。
立ち入り禁止ですね・・・。

20100813_tsuwano_castle-29.jpg
20100813_tsuwano_castle-31.jpg

石段が崩れていますが、おそらく整備してから年月がたっているようです。

20100813_tsuwano_castle-32.jpg

西櫓門跡。

20100813_tsuwano_castle-44.jpg

馬立・台所・海老櫓でこちらは搦め手側のようです。

20100813_tsuwano_castle-33.jpg

続いては本丸内の各曲輪を見てきます。

20100813_tsuwano_castle-34.jpg

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  石見津和野城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月13日 日本100系城を巡る中国地方の旅24 津和野城・その1  

津和野に到着しました。

20100813_tsuwano-01.jpg

ここからは山城である津和野城へ向かいます。
駅前を南へ歩いていき、津和野川に沿って西へ進みます。
弥生神社の脇から入り、鳥居がずらりと並ぶ道を延々と登っていきます。

20100813_tsuwano-06.jpg

登りきると正面右手奥に太皷谷稲成神社の本殿があります。
先ほどの道は太皷谷稲成神社の表参道と言うことです。

20100813_tsuwano-09.jpg

神門の近くからは津和野の市街地を見渡すことができ、写真のように山口線の列車を見ることができます。
たまたまSLやまぐち号が通りかかったので撮っておきました。

20100813_tsuwano-07.jpg
20100813_tsuwano-08.jpg

神社の南東側にある駐車場。
境内の下には車お祓い所があります(本殿などは上の方)

20100813_tsuwano-10.jpg

津和野城の山城へ行くリフト乗り場はここから南へ歩いた場所にあります。

20100813_tsuwano-11.jpg
20100813_tsuwano-12.jpg

駐車場入り口側に近い場所に山城への登山道がありますが、最近ツキノワグマが出没するようになり被害が出たらしく立ち入り禁止となっていました。

20100813_tsuwano_castle-08.jpg

鳥居をくぐり麓側へ下りてゆくと右手に山城へ行くリフト乗り場が見えてきます。

20100813_tsuwano_castle-09.jpg

ここでは津和野城址・観光リフトとなっています。

20100813_tsuwano_castle-10.jpg

それではリフトに乗って山城へ。

20100813_tsuwano_castle-01.jpg

城郭廻りでリフトに乗るのは松山城に続いて2度目。

20100813_tsuwano_castle-11.jpg

山頂駅に到着。
ここから津和野城址の遺構を見てきます。

20100813_tsuwano_castle-12.jpg
20100813_tsuwano_castle-13.jpg

堀切。

20100813_tsuwano_castle-14.jpg

しばらくすると左手に登り口が見えてきます。

20100813_tsuwano_castle-15.jpg

ここから登ると。

20100813_tsuwano_castle-16.jpg

出丸に到着。
ここは吉見広長に代わり当地を収めることとなった津和野藩初代藩主・坂崎直盛の家老・浮田織部が築城の指揮をとったことから織部丸とも呼ばれています。

20100813_tsuwano_castle-17.jpg

出丸から見る津和野の市街地。

20100813_tsuwano_castle-18.jpg
20100813_tsuwano_castle-19.jpg

おまけ:出丸でのワンショット。

20100813_tsuwano_castle-21.jpg

続いて本丸の方へ移動します。

20100813_tsuwano_castle-20.jpg

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  石見津和野城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月12日~8月13日 日本100系城を巡る中国地方の旅23 津和野へ  

2日目の宿泊先はグリーンリッチホテル浜田駅前。
近年営業開始したホテルで、浜田駅前から正面の通りを南へ1分ほどの場所にあります。

20100812_green_rich_hotel-01.jpg

モノトーンを主体としつつカーペットとデスクトップ側の壁紙が殺風景感を緩和させている感じです。

20100812_green_rich_hotel-02.jpg

デスクトップ回り。

20100812_green_rich_hotel-03.jpg

サービスで置かれているミネラルウォーター。

20100812_green_rich_hotel-04.jpg

客室エントランス回り。

20100812_green_rich_hotel-05.jpg

ユニットバス。

20100812_green_rich_hotel-06.jpg

食事会場の席が限られているため朝食券は時間帯別指定。
30分おきに設定されているようですが、チェックイン時には他の時間帯は札止めでした。

20100812_green_rich_hotel-07.jpg

明けて3日目は通常より遅めの9:30チェックアウト。
理由は当日の予定が津和野城だけ一日潰れてしまうのと山口線のダイヤの関係で午前中は津和野への移動で潰れてしまうからです。。

20100813_hamada-01.jpg

浜田駅はかつて駅構内北側に貨物ホームを有していましたが、数年前に撤去工事が行われ北口側に浜田医療センターが建てられています。
医療センターの裏に浜田鉄道部があります。

20100813_hamada-03.jpg
20100813_hamada-04.jpg

浜田からアクアライナーで益田へ移動。
思っているほど混んでなく、あっさりとボックスを確保出来ました。

20100813_hamada-02.jpg

益田に到着。

20100813_masuda-01.jpg

益田で到着後の人気が払った一瞬を狙ってキハ126系の車内写真の撮影もしました。
数年前に失敗しているので・・・汗。

20100813_jrwest_dc_126_0-01.jpg
20100813_jrwest_dc_126_0-02.jpg

益田から山口線に乗り換えて津和野へ。

ここはキハ40形の単行ですが、車体塗装の単色化が始まる中でここはまだ保っている感じでしたが、津和野で留置されている単行が単色化されているようでした。

20100813_jrwest_dc_40_2000-01.jpg

津和野に到着しました。

20100813_tsuwano-05.jpg

ここからは津和野城へ向かいます。

20100813_tsuwano-01.jpg

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: JR西日本 
tb: 0   cm: 0

2010年8月12日 日本100系城を巡る中国地方の旅22 浜田へ  

安来へ戻ってきました。
これから米子へ戻って夕食タイムとし、そのあと2日目の宿泊先である浜田に向けて移動します。

20100812_yasugi-02.jpg

米子へは鞄を回収するために戻ったのですが、台風通過の影響で大雨が各地で降っているため、山陰本線のダイヤが乱れていて、やってきた米子行きは数分遅れ・・・。

米子で遅めの昼食兼夕食タイムを挟み、鞄を回収して再び移動しますが、それまでの間は撮影タイム。

20100812_jrwest_dc_121_0-01.jpg
20100812_jrwest_dc_126_10-01.jpg

米子からは遅れの懸念からやくも17号で出雲市まで先行することにしました。

20100812_yonago-02.jpg

これもまた遅れて約30分近くの遅延でしたが、やってきたのが「ゆったりやくも」と言うこともあり、そこそこ快適に移動しました。

20100812_yakumo17-01.jpg

リニューアルされた後藤総合車両所出雲支所の381系は普通車の座席のホールド感が良く、車内の雰囲気もいい感じで仕上げられているというのはある意味旧国鉄形と言う枠を超えています。

出雲市に到着。

20100812_izumoshi-01.jpg

折り返し待ちの381系を撮影。
丁度、岡山方先頭車が中間車から先頭車化改造されたクモハ381形で、貫通扉が簡易タイプとなっています。

20100812_jrwest_ec_381-01.jpg

381系の編成写真。

20100812_jrwest_ec_381-02.jpg

この381系画集お熱した後に入線したのが285系サンライズ出雲。
写真は編成写真だけ提示しますが、これ以外に形式写真も収めました。

20100812_jrwest_ec_285-01.jpg

出雲市からは浜田行きに乗るのですが、これもダイヤの乱れの影響でホームのやり繰りがつかず、デフォルトの4番のりばから1番のりばへ変更され階段を上り下りする羽目に・・・。

20100812_izumoshi-02.jpg

遅れて入線してきた浜田行きはキハ126系0番台。
快速アクアライナーで主に使用されている車両ですが、普通列車の一部でも使用されています。

20100812_jrwest_dc_126_0-01.jpg

この時間は出雲市まで足を延ばすキハ126系10番台の鳥取ライナーの接続を受けてようやく出発。

出雲市を30分の遅れで出発、この時点では7割ほど埋まっていましたが西へ進みごとに各ボックスごとに1~2人と言う感じに、江津では三江線の最終ど同時に入線となりこの時点で20分の遅れまで回復します。

ようやく浜田に到着。

20100812_hamada-01.jpg

3日目はこれで終了。
浜田駅近くのホテルへ直行し4日目を迎えます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: JR西日本 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年9月12日  

2010年9月12日(

今週末唯一のお休みである12日は撮影のお出かけ。

移動途中に見た大阪駅改良工事はホームから橋上駅舎へのアプローチ部分の工事が着手され、エスカレータが設置され始めていました。

20100912_osaka-01.jpg
20100912_osaka-03.jpg

大津まで移動し、そこから徒歩圏にある京阪京津線で撮影。
併用軌道上を行く800系などを捉えるのが目的。

下のショットは弊サイトにアップする時はトリミングしますが、ここではリサイズしただけのものを・・・。

20100912_keihan_800-01.jpg
20100912_keihan_800-02.jpg
20100912_keihan_600-01.jpg
20100912_keihan_600-02.jpg

浜大津から坂本まで乗車。
石山坂本線は皇子山以北となるとしばらくなっていないため数年ぶりに乗りました(先週末は湖西線でしたからね)

20100912_sakamoto-01.jpg

比叡山坂本からは湖西線の編成写真撮影。

20100912_hieizan_sakamoto-01.jpg

さすがにホームが先細りなので、やや正面気味のショットしか撮れません・・・。

20100912_jrwest_ec_113_5700-01.jpg

そこで堅田へ移動。
以下の写真は何枚かはトリミングとカラーバランス補正をしています。

20100912_jrwest_ec_223_2000-01.jpg

485系「雷鳥」を駆逐するために導入された683系4000番台は比較的見かけるようになりました。

20100912_jrwest_ec_683_4000-01.jpg

湖西線では近年見かけるようになった221系。

20100912_jrwest_ec_221-01.jpg

湖西線では新快速以外にも各駅停車で使用されるようになった223系2000番台。

20100912_jrwest_ec_223_2000-02.jpg
20100912_jrwest_ec_683_0-01.jpg

近いうちに緑一色になる113系。

20100912_jrwest_ec_113_7700-01.jpg

2000番台ばかりの中、時折見かける223系1000番台。
一時的に夕日が差したので黄色に染まっていますが・・・。

20100912_jrwest_ec_223_1000-01.jpg

撮影はここで終了し帰宅しました。

category: 日記

tag: JR西日本  駅改良工事  大阪駅  京阪電気鉄道 
tb: 0   cm: 0

2010年8月12日 日本100系城を巡る中国地方の旅21 月山富田城・その5  

月山富田城めぐり。
最後は本丸に入ります。

20100812_gassan_toda_castle-56.jpg

いったん堀切に降りてから登っていきます。

20100812_gassan_toda_castle-59.jpg

本丸跡。

20100812_gassan_toda_castle-60.jpg

山中鹿之助の墓碑。

20100812_gassan_toda_castle-61.jpg

本丸はもう一歩奥がありそうなので進みます。

20100812_gassan_toda_castle-62.jpg

本丸奥にあるのは勝目高守神社。

20100812_gassan_toda_castle-63.jpg
20100812_gassan_toda_castle-64.jpg

山頂部はこれで見終えたので下山してきました。
写真は菅谷口側にある登山口。

20100812_gassan_toda_castle-65.jpg

こちらは富田川の河川敷ですが、ここにはかつて城下町があったそうです。
しかし、廃城後十数年経過した1666年の洪水で川の流れが変わり城下町自体が水没したため、これ以降川底に埋もれてしまうことになったそうですが、上流のダム建設により川底の堆積物が流れたため多くの遺構が発見されたことから発掘調査されたとのことです。

20100812_gassan_toda_castle-66.jpg
20100812_gassan_toda_castle-67.jpg

これで月山富田城は終了。
安来へ戻って2日目の宿泊先へ移動します。

20100812_yasugi-02.jpg

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  月山富田城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月12日 日本100系城を巡る中国地方の旅20 月山富田城・その4  

月山富田城めぐり。
続いては月山山頂の郭を目指します。

20100812_gassan_toda_castle-04.jpg

登りは山中御殿平の雁木側から登山道に入ります。
もう一つは菅谷口側にあります。

20100812_gassan_toda_castle-05.jpg

登山口から少し入ったところにある親子観音。

20100812_gassan_toda_castle-45.jpg

途中は七曲りと呼ばれる曲がりくねった道が中腹部が介在します。
台風通過後の降雨の影響で登山道に泥濘があるかと思ったのですが、午後から晴れたおかげなのか?整備された登山道は快適に登れました。

20100812_gassan_toda_castle-46.jpg

七曲りの途中にある七曲井戸。

20100812_gassan_toda_castle-48.jpg

最後の石段を上ると山頂部に到着します。

20100812_gassan_toda_castle-47.jpg

登り切って最初に対面するのは三ノ丸の石垣。

20100812_gassan_toda_castle-49.jpg
20100812_gassan_toda_castle-50.jpg

正面にある石段を上ると三ノ丸跡に到達します。

20100812_gassan_toda_castle-51.jpg

この鳥居は本丸に社がある勝日高守神社の鳥居らしいですが、建てられたのは昭和初期のようです。

20100812_gassan_toda_castle-52.jpg

二ノ丸側から撮影。

20100812_gassan_toda_castle-53.jpg

三の丸とは段違いでつながっている二ノ丸跡。

20100812_gassan_toda_castle-54.jpg

休憩所。

20100812_gassan_toda_castle-55.jpg

二ノ丸跡から見る安来市の遠景。
遠くは中海と島根半島が望めます。

20100812_gassan_toda_castle-57.jpg

本丸との間にある堀切から見る二ノ丸の石垣。

20100812_gassan_toda_castle-58.jpg

この後は本丸へ向かいます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tb: 0   cm: 0

2010年8月12日 日本100系城を巡る中国地方の旅19 月山富田城・その3  

月山富田城めぐり。
続いては山中御殿(文献により山中御殿平)を見てきます。

ここでは花の壇側から入ります。
この右側の下段に軍用井戸があり、井戸にしては巨大なもので溜池ような感じです。

20100812_gassan_toda_castle-31.jpg
20100812_gassan_toda_castle-33.jpg

すぐ左手にあるのが多門櫓跡。

20100812_gassan_toda_castle-34.jpg

山中御殿跡。
写真右側が御殿跡、背後の山は三ノ丸・二ノ丸・本丸跡がある月山。

20100812_gassan_toda_castle-35.jpg

菅谷口。

20100812_gassan_toda_castle-36.jpg

月山へ真っ直ぐ伸びる道は月山軍用道。

20100812_gassan_toda_castle-37.jpg

御殿跡。

20100812_gassan_toda_castle-38.jpg

山中御殿平と月山。

20100812_gassan_toda_castle-04.jpg

写真正面奥にあるのが大手門跡。

20100812_gassan_toda_castle-39.jpg

狭間塀跡。

20100812_gassan_toda_castle-40.jpg

塩谷口。

20100812_gassan_toda_castle-41.jpg

石垣と雁木。

20100812_gassan_toda_castle-42.jpg

雁木の上から山中御殿跡を撮影。

20100812_gassan_toda_castle-43.jpg

この後は軍用道である登山道を登って山頂部へ向かいます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  月山富田城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月12日 日本100系城を巡る中国地方の旅18 月山富田城・その2  

月山富田城。
続いては花の壇へ向かいます。

千畳平への登り口に戻って月山山頂方面へ歩いて行きます。
しばらくすると二手に分かれるところがあり、下の写真の左手の道に入ります。

20100812_gassan_toda_castle-21.jpg

ここは先ほど来た太鼓壇と二の壇への道で、少しきつい坂道を登って行くと獣道のような道が見えてきます。
これが二の壇へ向かう道で、ちゃんと案内板が建っています。

20100812_gassan_toda_castle-22.jpg

登山道を案内に従って進むと開けた場所に出ます。
ここが花の壇です。

20100812_gassan_toda_castle-23.jpg

花の壇は多くの花が植えられていたことが由来で、東側奥に主屋と侍所が復元されています。

20100812_gassan_toda_castle-24.jpg

侍所。

20100812_gassan_toda_castle-25.jpg

主屋。

20100812_gassan_toda_castle-26.jpg

花の壇・主屋側から隣の郭を撮影。

20100812_gassan_toda_castle-27.jpg

花の壇の下にある通路跡。

20100812_gassan_toda_castle-44.jpg

花の壇の南側にある郭は名称は不明ですが、石垣などの遺構が残されています。

20100812_gassan_toda_castle-28.jpg
20100812_gassan_toda_castle-29.jpg
20100812_gassan_toda_castle-30.jpg

次は山中御殿跡を見てきます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  月山富田城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月12日 日本100系城を巡る中国地方の旅17 月山富田城・その1  

午後からは安来市広瀬町にある月山富田城へ登城するべく安来へ移動します。
安来駅自体は安来市の北部に位置していることから現地までは安来市のイエローバス・広瀬米子線で向かいます。

20100812_yasugi-01.jpg

松江を出た時点ではまだ雨が降っていましたが、安来に到着する頃にはすっかり止んでいました。
安来に到着すると駅出入口正面で待機しているイエローバスに乗り込みます。

ちなみに安来市内は200円均一です。

20100812_yasugi_yellow_bus-01.jpg

安来市民病院前で降車。
城址がある月山は富田川を挟んで対岸にあるため新宮橋と通り、山城麓にある道の駅広瀬富田城へ。

20100812_gassan_toda_castle-01.jpg
20100812_gassan_toda_castle-07.jpg

道の駅広瀬富田城は安来市歴史資料館に隣接する形で建てられています。

20100812_gassan_toda_castle-02.jpg

山城に入る前に安来市歴史資料館へ。
ここは月山富田城に関する資料などが展示されています。

20100812_gassan_toda_castle-10.jpg

続いて山城へ入るのですが、道の駅広瀬富田城にある山城の地図などを・・・。
月山富田城は江戸時代初期に松江城へ移る前まで出雲国守護の居城で、標高197mの月山に築かれた山城です。

20100812_gassan_toda_castle-08.jpg
20100812_gassan_toda_castle-09.jpg

歴史資料館の裏手にある広場。

20100812_gassan_toda_castle-11.jpg

山城の模型。

20100812_gassan_toda_castle-12.jpg

主郭部のアップ。

20100812_gassan_toda_castle-13.jpg

では山城へ。

20100812_gassan_toda_castle-14.jpg

まずは千畳平へ。

20100812_gassan_toda_castle-15.jpg

実際は太鼓壇の下段なのですが、案内板は千畳平と太鼓壇と別々に表記されています。

20100812_gassan_toda_castle-03.jpg
20100812_gassan_toda_castle-16.jpg

千畳平の奥にある尼子神社。

20100812_gassan_toda_castle-17.jpg

千畳平の上段に位置する太鼓壇。

20100812_gassan_toda_castle-18.jpg

太鼓壇の北側にある山中幸盛の像。
山中幸盛は尼子家の家臣で毛利家により滅ぼされた尼子家の再興を最後まで願っていたと言われています。

20100812_gassan_toda_castle-19.jpg

奥書院跡。
現在この場所には戦没者慰霊碑が建てられています。

20100812_gassan_toda_castle-20.jpg

この後は花の壇へ向かいます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  月山富田城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月12日 日本100系城を巡る中国地方の旅16 小泉八雲記念館・旧居と武家屋敷  

松江城を一回りした後は小泉八雲記念館と武家屋敷を見てきます。
松江城北側の堀に沿ったこの場所は松江市伝統美観指定地区である塩見縄手と呼ばれる場所で、旧藩時代は武家屋敷が建ち並んでいました。

まずは小泉八雲記念館。

20100812_yakumo_koizumi_m-01.jpg

記念館の東隣にある小泉八雲旧居。
ここは松江城との共通券が使用できず別料金となっています。

20100812_yakumo_koizumi_m-02.jpg
20100812_yakumo_koizumi_m-03.jpg

武家屋敷。
塩見縄手の中ほどに位置する中級武士の屋敷で、現在は博物館として使用されています。

正面にあるのは長屋門。

20100812_matsue_castle-02.jpg

玄関側からの写真。
左手の部屋は座敷。

20100812_matsue_castle-77.jpg

家族部屋。

20100812_matsue_castle-78.jpg

当主部屋と奥方部屋。

20100812_matsue_castle-79.jpg

茶の間。

20100812_matsue_castle-80.jpg

小間と佛間。

20100812_matsue_castle-81.jpg

井戸。

20100812_matsue_castle-82.jpg

南東側から撮影。

20100812_matsue_castle-83.jpg

裏手に何かあるようです。

20100812_matsue_castle-84.jpg

どう展示場。
「鼕(どう)」と呼ばれる大太鼓が展示されています。

20100812_matsue_castle-85.jpg

松江城関連はこれで終了。
松江から安来へ移動します。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  松江城  旧城下町  塩見縄手 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年9月5日  

2010年9月5日(

5日は午後から撮影のためお出かけ。

まずは阪神電鉄本線へ。

目的は5550系と言いたいところですが、ようやく1編成分が組成されて先月に試運転が行われたところで、まだ営業運転に入っていないためこの日は阪神本線で進められている工事を見てきました。

西宮市内で行われている武庫川~甲子園の連立事業は上り仮線の工事が進められていますが、こちらは土木関係の工事が進んでいる途中で、鳴尾駅では仮上りホームが姿を現していました。

神戸市内では芦屋~魚崎の連立事業が行われ、上り仮線への移設が終わったこちらは下り仮線の敷設工事が進められ、深江・青木の下り仮ホームの構築もほぼ終わっている感じで、近いうちに下り仮線への切り替えが行われそうな感じです。

20100905_uozaki-01.jpg

大規模な改良工事が進められている三宮駅で内壁と天井部材の撤去が進められています。
この工事のレポがネット上でアップされているのですが、改札階も拡張されるため大掛かりな状態になっているようです。

20100905_sannomiya-01.jpg

三ノ宮からさくら夙川へ移動し撮影タイム。

20100905_sakura_shukugawa-01.jpg

日没が近い時間帯のため短時間で終わりましたが、223系6000番台をようやく捉える事が出来ました。

20100905_jrwest_ec_223_6000-01.jpg
20100905_jrwest_ec_207_1000-01.jpg
20100905_jrwest_ec_321-01.jpg
20100905_jrwest_ec_223_2000-01.jpg
20100905_jrf_el_ef210_100-01.jpg

撮影終了後は梅田で買い物をして帰宅しました。


category: 日記

tag: 阪神電気鉄道  連続立体交差事業  阪神本線  駅改良工事  阪神三宮駅  JR西日本  JR神戸線 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年9月4日  

2010年9月4日(

9月最初のお休みである4日は比叡山へ出かけてきました。

20100904_sakamoto-01.jpg

目的は滋賀・京都側の双方にあるケーブルとロープウェーを乗りつぶすためですが、ここは延暦寺の拝観も兼ねてゆくことにしました。
今回は滋賀県大津市側の坂本ケーブルから比叡山に入りました。

20100904_sakamoto-02.jpg
20100904_sakamoto_cable-01.jpg

坂本ケーブルの終点はケーブル延暦寺駅。

20100904_cable_enryakuji-01.jpg

ここから徒歩10分弱で延暦寺に到着。

20100904_enryaku_ji-01.jpg

延暦寺の総本堂である根本中堂。

20100904_enryaku_ji-02.jpg

大講堂。

20100904_enryaku_ji-03.jpg

国宝殿。

20100904_enryaku_ji-04.jpg

阿弥陀堂と法華総持院東塔。

20100904_enryaku_ji-05.jpg

一通り見て回った後は登山道をひたすら歩いて京都側の叡山ロープウェーの比叡山頂駅へ。
阿弥陀堂の裏から続く登山道を西へと歩きます。

20100904_mt_hiei-01.jpg

この辺りまでが滋賀県大津市側。

20100904_mt_hiei-02.jpg

もうしばらく歩いて京都市側に入ってた頃にある広場のようなところから見ると八瀬と大原の集落を見ることができます。

20100904_mt_hiei-03.jpg

そこから山林側の道を南へ進むと二峰ある比叡山の西峯・四明岳の頂上付近にたどり着きます。
(※:一等三角点では東峯の大比叡が比叡山の山頂とされています)

20100904_mt_hiei-04.jpg

叡山ロープウェー比叡山頂駅。

20100904_eizan_ropeway-01.jpg

ここから見えるのは京都市左京区の八瀬・岩倉・宝ヶ池など京都市街地の北側です。

20100904_eizan_ropeway-02.jpg

ロープウェー比叡駅。

20100904_eizan_ropeway-03.jpg

ロープウェー駅のすぐ近くにある叡山ケーブル比叡駅。

20100904_eizan_cable-01.jpg

10分ほどの接続で八瀬へ下りていきます。

20100904_eizan_cable-02.jpg

ケーブル八瀬駅。

20100904_eizan_cable-03.jpg

叡山電鉄八瀬比叡山口駅。

20100904_yase_hieizanguchi-01.jpg

下山後は梅田へ立ち寄ってから帰宅しました。

20100904_eiden_deo710-01.jpg

category: 日記

tag: 比叡山延暦寺  世界遺産  坂本ケーブル  京福電気鉄道  叡山ケーブル・ロープウェー  叡山電鉄 
tb: 0   cm: 0

2010年8月12日 日本100系城を巡る中国地方の旅15 松江城・その5  

天守を出て城跡の遺構を見てきます。

まずは祈禱櫓。

文献によっては荒神櫓ともばれ、築城以前は御神木が祀られていたのですが、築城時に度重なる崩落で再び祀りなおし毎年安全祈願したことから祈禱櫓の由来ともなりました。
後に京極氏に代わり松江城入りした松平直政が天守最上階の天狗の間で遭遇した伝説からコノシロ櫓とも呼ばれるようになったと言われています。

20100812_matsue_castle-62.jpg

搦め手側。

20100812_matsue_castle-63.jpg

乾櫓跡。

20100812_matsue_castle-64.jpg

北ノ門跡。

20100812_matsue_castle-65.jpg

ギリギリ門跡。

20100812_matsue_castle-66.jpg
20100812_matsue_castle-67.jpg

ギリギリ井戸跡。

20100812_matsue_castle-68.jpg

馬洗池。

20100812_matsue_castle-69.jpg

稲荷橋から北の丸付近を見る。
この辺りは搦手之虎口があったらしい。

20100812_matsue_castle-70.jpg

宇賀橋から脇虎口ノ門跡を見る。
内堀を挟んで写真右手に広がるのは鎮守の森

20100812_matsue_castle-71.jpg

建設工事中の松江歴史館。
2011年3月19日に開館される予定です。

20100812_matsue_castle-72.jpg

北惣門橋。

20100812_matsue_castle-73.jpg

脇虎口ノ門跡。

20100812_matsue_castle-74.jpg

二ノ丸下ノ段北側。
右奥へ進むと先ほど見たギリギリ井戸とギリギリ門跡・馬洗池がある。

20100812_matsue_castle-75.jpg
20100812_matsue_castle-76.jpg

松江城を出ると共通入場券を活用して小泉八雲記念館と武家屋敷などを見てきます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  松江城 
tb: 0   cm: 0

2010年8月12日 日本100系城を巡る中国地方の旅14 松江城・その4  

松江城天守に入ります。
現存12天守の一つである松江城は山陰地方で唯一の現存天守です。

20100812_matsue_castle-49.jpg

正面の附櫓から入っていざ薄暗い内部へ・・・。

まずは天守台の穴蔵に位置する地階。
ここは籠城用の生活物資が収められた物資倉庫として使用されていたそうで、井戸も掘られています。

20100812_matsue_castle-50.jpg

地階にある井戸は深さ24mあるそうです。

20100812_matsue_castle-51.jpg

1階。

20100812_matsue_castle-52.jpg

天守雛形。
天守解体修理に際し製作されたものです。

20100812_matsue_castle-53.jpg

2階。

20100812_matsue_castle-54.jpg

松江城と松江市街地の模型。
旧藩時代を始めとする各年代のジオラマが展示されています。

20100812_matsue_castle-55.jpg
20100812_matsue_castle-56.jpg
20100812_matsue_castle-57.jpg

3階。

20100812_matsue_castle-58.jpg

4階。

20100812_matsue_castle-59.jpg

最上階。

20100812_matsue_castle-60.jpg

最上階の望楼から見る松江市街地。
晴れているときは窓が解放されていますが、当日はあいにくの雨で窓がはめられていました。

20100812_matsue_castle-61.jpg

天守をあとにして本丸の残りと北の丸側を見てきます。

→次に続く。

category: 中国地方遠征

tag: 日本100名城  松江城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop