DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2010年04月
2010年04月の記事一覧

2010年4月29日 学研都市線駅改良工事7 祝園駅  

7両編成対応工事が終わった学研都市線では駅改良工事が進められています。

4月29日時点で確認したのは、下狛駅と祝園駅ですが、画像は祝園駅のみ撮影していますので、今回はこの駅の工事状況だけ報告します。

20100429_hosono-01.jpg

祝園駅は新たに分岐器の挿入が行われていますが、京橋方にある祝園北一番踏切を挟んで2箇所に挿入されるようです。

20100429_hosono-02.jpg
20100429_hosono-03.jpg

一方、切替完了で使用停止となった旧ホームが撤去されました。

20100429_hosono-04.jpg
20100429_hosono-05.jpg

木津方は旧上り線に位置する軌道が保守用の引き込み線的な感じで敷設された状態となっています。

20100429_hosono-06.jpg

さて、肝心の分岐器の方ですが、まずはホームに近い側を…。

20100429_hosono-07.jpg

これで見る限りでは、電気転轍機が設置されていないようで、さらに上りホームが単式の形態になっていることからも保線用の引き込み線ではないかと思うのですが、今ひとつ決定打が見当たりません。

20100429_hosono-08.jpg

祝園北一番踏切は複線化されることから踏切自体も改良工事が行われいる最中です。

20100429_hosono-09.jpg

もう一方はこれまでにも分岐器が挿入されそうというのは分かっていたのですが、予想外だったのは両渡りになっている点です。

20100429_hosono-10.jpg

流石にこれは考えてなかったので最終形態がわからなくなってしまいました…。

今回のレポは以上です。
スポンサーサイト

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: JR西日本  輸送力増強工事  駅改良工事  学研都市線 
tb: 0   cm: 0

2010年2月28日 来る者と去る者を巡る強行軍5 高岡城・その2  

高岡古城公園巡りの続き。
ここでは残り半分を見てきます。

内濠。

20100228_takaoka_castle-13.jpg

明丸。
現在は高岡古城公園動物園となっています。

20100228_takaoka_castle-14.jpg

三の丸跡。
現在は高岡市民体育館が整備されています。

20100228_takaoka_castle-15.jpg

梅林。

20100228_takaoka_castle-16.jpg

西外堀北側にある中の島。

20100228_takaoka_castle-17.jpg

小竹藪広場。

20100228_takaoka_castle-18.jpg

北口側にある市役所への歩道橋。

20100228_takaoka_castle-19.jpg

歩道橋の下には鍵穴ような形。

20100228_takaoka_castle-20.jpg

北口駐車場。

20100228_takaoka_castle-21.jpg

時間が迫ってきたので高岡駅へ戻ります。
写真は当日乗れなかったMLRV1000形電車「アイトラム(AI-TRAM)」

20100228_manyosen_mlrv_1000-01.jpg

帰阪はサンダーバード44号。

20100228_jrwest_ec_683_0-01.jpg

21:00過ぎに帰宅し、駆け抜けるような一日だった遠征を終りにします。

#「2010年2月27日~2月28日 来る者と去る者を巡る強行軍」おわり。

category: 北陸地方遠征

tag: 日本100名城  高岡城 
tb: 0   cm: 0

2010年2月28日 来る者と去る者を巡る強行軍4 高岡城・その1  

高岡に到着しました。

20100228_jrwest_ec_413-01.jpg

高岡駅では橋上駅舎の工事が進められていて、来訪当時は改札内コンコース側のみ供用が開始されていました。

20100228_takaoka-01.jpg

高岡での目的は日本100名城に認定されている高岡城に登城します。

20100228_takaoka-02.jpg

越ノ潟行きに乗って本丸会館前へ。

20100228_manyosen_7070-01.jpg

本丸会館前電停から最も近い入口は西外堀側にある本丸橋。

20100228_takaoka_castle-01.jpg
20100228_takaoka_castle-02.jpg

高岡城は現在高岡古城公園として整備されています。
本丸広場。

20100228_takaoka_castle-03.jpg

本丸広場の外周にある天守跡前に建っている前田利長公銅像。
加賀藩の祖である前田利家の長男(嫡男)で高岡城の築城主です。

20100228_takaoka_castle-04.jpg

朝陽の滝。

20100228_takaoka_castle-05.jpg

本丸東側にある射水神社。

20100228_takaoka_castle-06.jpg

二の丸へ移動。
本末との間にある石垣。

西内濠側。

20100228_takaoka_castle-08.jpg

内濠側。

20100228_takaoka_castle-07.jpg

二の丸に建つ護国神社に隣接する忠魂碑。

20100228_takaoka_castle-09.jpg

高岡市護国神社。

20100228_takaoka_castle-10.jpg

高岡市民会館。

20100228_takaoka_castle-11.jpg

鍛冶丸にある高岡市立博物館。

20100228_takaoka_castle-12.jpg

→次に続く。

category: 北陸地方遠征

tag: JR西日本  駅改良工事  高岡駅  万葉線  日本100名城  高岡城 
tb: 0   cm: 0

休日日記 2010年4月29日  

2010年4月29日(

GW初日である4月最後の休日は撮影のお出かけ。
数ヶ月ぶりに見たJR長瀬駅の駅前整備工事がほぼ終わった状態となっていました。

これで近鉄俊徳道駅・JR俊徳道との間に予定されている駅前広場の整備事業が残されているだけとなりましたが、用地買収と立退きがローペースで進んでいるため、あと10年前後掛かりそうな気配です・・・。

20100429_jr_nagase-01.jpg

7両編成対応の工事が一段落した学研都市線では下狛駅で作業員が十数名ほど見かけたのですが、どうやらホーム京橋方にスロープ設置する工事が進められているようで、GW以降のお休みの時にでも見に行かないと行けません。

祝園駅は旧上りホームの撤去工事が終了。

20100429_hosono-01.jpg
20100429_hosono-05.jpg

その一方で京橋方では分岐器が2ヶ所挿入されていました。
祝園駅北側の祝園北一番踏切を挟んで木津方は転轍機が無い状態、京橋方は電気転轍機が設置され且つ両渡りになっていました。
当初想定したものとはかけ離れそうな気配ですが、最終的な配線が分からなくなりそうです・・・。

20100429_hosono-07.jpg
20100429_hosono-10.jpg

京阪の丹波橋駅で行われている拡張工事は鉄骨が組み上げられていました。

20100429_tambabashi-01.jpg

序でに3000系も撮影。

20100429_keihan_3000_2g-01.jpg

三条から京都市営地下鉄に乗り換えて太秦天神川へ。
ここで18mmの超広角を生かして車内写真の撮影とし、800系の運転台も一緒に撮っておきました。

20100429_keihan_800-cab01.jpg
20100429_keihan_800-in01.jpg

嵯峨嵐山へ移動。
これまで最広角側だった28mmでも収まりきれなかったこの駅舎も18mmなら綺麗に収められます。

20100429_saga_arashiyama-01.jpg

嵯峨嵐山から京都へ。
ここでは113系を置換えた223系5500番台に初乗車しました。

20100429_jrwest_ec_233_5500-01.jpg

京都から東福寺乗換えで京阪中之島へ

20100429_nakanoshima-02.jpg

人気の少ないこの駅で車内写真の撮影。
アイコンショットを撮るのはPC上で整理した時に何を撮ったか分かるようにするため。

20100429_keihan_6000-01.jpg
20100429_keihan_6000-in01.jpg
20100429_keihan_3000_2g-in01.jpg

中之島から梅田へ移動し旭屋書店で京阪電鉄が100周年を記念して先月下旬から発売された「細密イラストで見る 京阪電車 車両100年」を購入。

これまで追い切れなかったデータが掲載されているので、ある意味負担が軽くなります。

20100429_nakanoshima-01.jpg

この後は素直に帰宅。
明晩から出発する旅行の準備とその直前までにアップする予定のブログ記事の準備に追われて一日が終わっていきました・・・。

category: 日記

tag: JR西日本  おおさか東線  輸送力増強工事  学研都市線  京阪電気鉄道  駅改良工事 
tb: 0   cm: 0

2010年2月28日 富山駅連立事業見聞  

高岡へ行く前に富山駅の高架工事の様子を見てきます。

富山駅は北陸新幹線建設工事に関連して同駅周辺を高架化する連続立体交差事業が同時に施工されるのですが、これに合わせて現行の北側に仮線を設けて、それによって生み出したスペースを高架橋構築に充てる仮線方式が採られることになっています。

20100228_toyama-02.jpg

これまでは北口仮駅舎への移設が始まったところまでは把握してましたが、今回来訪時は下り線の仮線移設まで進んできました。
また、北口の旧駅舎解体されています。

20100228_toyama-03.jpg

下り仮線の様子。
撮影時に立っていたホームは上り線と共有となります。

20100228_toyama-05.jpg
20100228_toyama-06.jpg

切替の進捗に伴う段階的に切替えられる仮通路からの様子。
上り仮ホームの整備は進んでいる状態です。

20100228_toyama-07.jpg
20100228_toyama-08.jpg

おそらく切替えられるであろう仮通路。
来訪時は南半分が既存の本設通路を使っているため、このフェンスの向こう側が使用されると全面的に仮通路になる模様です。

20100228_toyama-09.jpg

現在の上りホーム。
ここは仮線へ移転後、北陸新幹線の高架橋が構築されます。

20100228_toyama-04.jpg

ぽっかり空いたスペースは北陸本線の上り線高架橋が造られます。

20100228_toyama-10.jpg
20100228_toyama-11.jpg

使用停止となり今後撤去される地下連絡通路跡。

20100228_toyama-12.jpg

今回のレポは以上です。

参考文献:富山駅付近連続立体交差事業(富山県)
http://www.pref.toyama.jp/cms_cat/302020/00003011/00123965.pdf

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  連続立体交差事業  北陸本線  北陸新幹線 
tb: 0   cm: 0

2010年2月28日 来る者と去る者を巡る強行軍3 セントラム乗車  

糸魚川から北越4号に乗って富山へ向かいます。
ここで新潟車両センターの485系1000番台ですが、車体の塗装が旧国鉄色の編成でした。

20100228_jreast_ec_485_1000-01.jpg

糸魚川から約54分ほどで富山に到着。
富山駅は北陸新幹線の建設に連動した北陸本線の連立事業に伴う仮線移設工事が進められていて、来訪当時は直江津方面ホームが仮線に切替え済みとなっていますが、それは稿を改めて報告します。

20100228_toyama-01.jpg

ここからは富山地方鉄道の2009年12月に開業した市内電車環状線に乗車します。
今回新設された環状線系統はボンバルディアからライセンスを受けた新潟トランシスで製作された9000形電車が専用車両として充てられています。

20100228_toyama_chitetsu_9000-03.jpg

真っ黒の9003編成に乗り込んで乗りつぶし開始。

20100228_toyama_chitetsu-01.jpg

丸の内から東へ分岐して環状線に入ります。

20100228_toyama_chitetsu-02.jpg

国際会議場前に到着。

20100228_kokusai_kaigijo_mae-01.jpg

新設された環状線は単線なので各停留所も単式ホーム1面のみです。

20100228_kokusai_kaigijo_mae-03.jpg
20100228_kokusai_kaigijo_mae-02.jpg

ここで後続の9001編成を捉えましたが、当日は9001編成と9003編成の2本が運用に入っていて、基本的には2本で賄われて1本は予備という感じです。

20100228_toyama_chitetsu_9000-02.jpg

新設された軌道を行く9000形電車。

20100228_toyama_chitetsu-03.jpg

国際会議場前から丸の内へ徒歩で移動。

20100228_marunouchi-01.jpg

環状線開業にあわせてホームが移設されるなどの工事が施工され、国際会議場前などと共通の仕様と言うよりもこれらは富山ライトレールと共通とも言えるかも知れませんね。

20100228_marunouchi-02.jpg

整備中の接近表示器。
来訪当時は各停留所に対し整備中でした。

20100228_marunouchi-03.jpg

環状線との分岐。
単線と言うことで片方向のみが分岐器が挿入されています。

20100228_marunouchi-04.jpg
20100228_marunouchi-05.jpg

丸の内に停車中の7000形電車。

20100228_toyama_chitetsu_7000-01.jpg

丸の内から9000形セントラムに乗って環状線を乗り通し。
利用状況としては昼時間帯と言うこともあって富山駅前→丸の内→グランドプラザ前は立ち客が疎らでしたが、グランドプラザ前→荒町→富山駅前は家族連れで混雑していました。

富山駅前で9003編成を撮影。

20100228_toyama_chitetsu_9000-04.jpg
20100228_toyama_chitetsu_9000-01.jpg

序でに後追いの8000形も撮影。

20100228_toyama_chitetsu_8000-01.jpg

もうひと序でに富山ライトレールのTLR0600形も撮影しました。

20100228_tlr_0600-01.jpg

富山での撮影はこれで終了。
この後は高岡城へ向かいます。

→次に続く。

category: 北陸地方遠征

tag: 富山地方鉄道 
tb: 0   cm: 0

2010年4月25日 交換レンズ「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」 取付・撮影編  

さて、前回に引き続き超広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」のレポです。
今回は手持ちのE-P1へ実際に取り付けて状態の写真と撮影した画像を提示・報告します。

まずはキャップを付けたままの状態で。
これだと「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」よりも大きい印象がありますが、実際にはレンズ自体の径そのものはほぼ同じです。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-10.jpg

キャップを外して。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-11.jpg

最広角状態に。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-12.jpg

さて、レンズと共にプロテクターも購入しました。

今回はケンコーのPRO1 Digitalシリーズのプロテクター・ワイドで、超広角レンズであるため薄型タイプ方がAFで蹴られる心配はないと言うことでこれにしました。
9-18mmのレンズのフィルター径は52mm。

実際に取り付けて。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-13.jpg

沈胴式レンズを引きずり出した状態。
あんまり違和感がないです。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-14.jpg

「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」との最広角側の比較写真。
まずは14-42mmの最広角側(35mm換算で28mm)

20100424_test-01.jpg

続いて9-18mmの最広角側(35mm換算で18mm)

20100424_test-02.jpg

岸里玉出駅に撮影。
まずは14-42mmの最広角側(35mm換算で28mm)

20100425_kishinosato_tamade-01.jpg

続いて9-18mmの最広角側(35mm換算で18mm)

20100425_kishinosato_tamade-02.jpg

さて、4月25日に撮影した画像。
これまでは28mmが限界だったため両端が切れそうだったモノが撮れるようになっています。

20100425_sumiyoshi_higashi-01.jpg
南海高野線住吉東駅
Camera:OLYMPUS PEN E-P1 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
Focal length:9mm(18mm)/ Shutter speed:1/320s / F-number:F8.0 / Film speed:ISO200

20100425_hankai_600-01.jpg
阪堺電気軌道600形 住吉公園駅にて
Camera:OLYMPUS PEN E-P1 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
Focal length:11mm(22mm)/ Shutter speed:1/60s / F-number:F4.5 / Film speed:ISO400

20100425_hankyu_3300-in01.jpg
阪急3300系の車内 天下茶屋にて
Camera:OLYMPUS PEN E-P1 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
Focal length:10mm(20mm) / Shutter speed:1/60s / F-number:F4.2 / Film speed:ISO800

20100425_hankyu_3300-in02.jpg
阪急3300系の座席 天下茶屋にて
Camera:OLYMPUS PEN E-P1 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
Focal length:9mm(18mm) / Shutter speed:1/60s / F-number:F4.0 / Film speed:ISO640

今回のレポは以上です。

category: デジタル家電の話題

tag: オリンパス    フォーサーズシステム 
tb: 0   cm: 0

2010年2月28日 来る者と去る者を巡る強行軍2 代走車キハ28形と糸魚川の撮影会  

糸魚川に戻ってきました。
赤レンガの車庫には前日から留置されていたDD16形ディーゼル機関車+除雪車(DD16 304)が停まっています。

20100228_itoigawa-08.jpg

中線を抱えた形態の糸魚川駅の南側は北陸新幹線の建設のために大幅縮小中で直江津方では赤レンガ車庫の代替として新しい車庫が建てられています。

20100228_itoigawa-09.jpg
20100228_itoigawa-10.jpg

2番のりばにはイベント開催時間中の穴埋めとしてキハ28形が応援に駆り出されていました。

20100228_jrwest_dc_28_2000-02.jpg
20100228_jrwest_dc_28_2000-01.jpg
20100228_jrwest_dc_28_2000-03.jpg
20100228_jrwest_dc_28_2000-04.jpg

撮影イベントは10:30頃から開始されるのですが、それまでにはまだ時間があるため、開始までの間は海の見える展望台へ行ったりして時間をつぶし。

20100228_itoigawa-07.jpg
20100228_itoigawa-02.jpg
20100228_itoigawa-11.jpg

序でに糸魚川を出発する475系+413系を捉えます。

20100228_jrwest_ec_475-01.jpg

イベント会場前では会場30分前の時点でこのような状態。

20100228_itoigawa-12.jpg

撮影開始は10:30でしたが、実際に多く集まったことから開始20分前に開場。

20100228_itoigawa-03.jpg

会場入口脇に設営されたテントの側らにおかれたヘッドマーク。

20100228_itoigawa-13.jpg

撮影開始自体は10:30頃からで、順序としては1回目は3両が横一線の並び、2回目が糸魚川ジオパークのマスコットキャラクターの「ジオまる」と「ぬーな」を前にした撮影、3回目が1両ずつ前方にずらした並びで、1回目と3回目は20mほど離れての撮影→50mほど後方の望遠撮影隊による撮影の組合わせで行われました。

20100228_jrwest_ec_52_100-02.jpg
20100228_jrwest_ec_52_100-01.jpg

赤レンガ車庫を挟んだ対抗側にDD15形(DD15 14)ディーゼル機関車+除雪装置が展示されていました。

20100228_jrwest_dl_dd13-01.jpg

実は冒頭見かけたDD16形がDD15形の隣に並んでいたのですが、本稿初出し後のコメントによる指摘により画像を確認し直して初めて気付いたものだったりするのです・・・汗。

20100228_jrwest_dl_dd13-02.jpg

この後、撮影を切り上げて駅ホームへ。
ここで475系の形式写真と撮影。

20100228_jrwest_ec_475-02.jpg

撮影後はセントラムを捉えるべく糸魚川から北越号に乗って富山へ移動しました。

→次に続く。

#2010.4.28 20:50 Last Update(コメントによる指摘があり訂正)

category: 北陸地方遠征

tag: JR西日本  撮影イベント  糸魚川駅  キハ52形  キハ28形 
tb: 0   cm: 2

2010年4月24日 交換レンズ「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」 開封編  

4月23日に発売開始されたOLYMPUS PEN用の交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」を4月24日に購入してきました。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-01.jpg

開封。
説明書と保証書以外は封に包まれたこのレンズだけ。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-02.jpg

レンズキャップを取るとこんな感じです。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-03.jpg

これまで使用している「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」との比較。
写真左が今回購入した「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」右側がE-P1との標準ズームレンズキットにあった「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」

収納時の状態。
超広角の方が長いですが、よく見ると別売りのレンズフードが取り付けられるようになっています。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-04.jpg

真上から。
レンズキャップの径も全く違います。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-05.jpg

レンズキャップを外したところ。
レンズの径自体はほぼ同じようですが、フィルターは取付位置が異なるため対応する径は異なり、超広角は52mmで標準ズームは40.5mmとなっています。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-06.jpg

レンズキャップを外した収納状態。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-07.jpg

レンズ使用時。
これは最広角の状態。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-08.jpg

同じく最望遠の状態。
この状態だと標準ズームレンズの方が長くなります。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-09.jpg

次回はE-P1に取り付けて実際に撮影した画像などを報告します。

取付・撮影編に続く。

category: デジタル家電の話題

tag: オリンパス  フォーサーズシステム 
tb: 0   cm: 0

2010年2月27日~2月28日 来る者と去る者を巡る強行軍1 キハ52形を追い糸魚川へ  

北陸新幹線の建設工事に伴い糸魚川駅構内にある赤レンガ車庫が建設予定地にあるため撤去されることから、今春のダイヤ改正で定期運用から撤退することになったキハ52形気動車を並べて撮影するイベントが2月27~28日に行われました。

そこで、昨年末に開業した富山地方鉄道富山都心線の乗りつぶしとセントラムこと9000形電車の撮影、日本100名城の高岡城を絡めて実質上の日帰り強行軍を実行することにしました。

早朝入りするため往路は例によってきたぐに号。

20100227_osaka-01.jpg
20100227_osaka-02.jpg

満席車中を糸魚川へ移動することになりました。

20100227_jrwest_ec_583-01.jpg

まだ暗い糸魚川に到着。

20100228_itoigawa-01.jpg

狙うはキハ52形とばかりに同じことを考える人たちが降りていきます。

20100228_itoigawa-04.jpg

ここからは大糸線に乗換え。
大糸線に乗るのは強風と踏切事故による大幅な遅延+タクシー代走で午前2時チェックインを生み出した2006年10月以来。

20100228_itoigawa-05.jpg

細長いホームには撮影者で一杯。

20100228_itoigawa-06.jpg

大糸線の一番列車は夜間滞泊している前方のみ。
車止め側にいる車両は茶褐色+青色。

20100228_jrwest_ec_52_100-03.jpg

一番列車はクリーム色+朱色。
大糸線のJR西日本エリア内で唯一列車交換設備がある根知へ向かいましたが、単行のキハ52形の車内はラッシュ並みの混雑。

20100228_jrwest_ec_52_100-04.jpg

根知に到着。
ここで混雑した車内から脱出。

20100228_nechi-01.jpg

根知は2面2線。
ここからだとホームだけに見えますが、これはホームが築堤上にあり、駅舎は西側の階段を下りた場所にあるためです。

20100228_nechi-04.jpg
20100228_nechi-05.jpg

根知駅の時刻表。
区間列車も含めて上下各9本しかありません。

20100228_nechi-06.jpg

根知駅の駅舎。

20100228_nechi-02.jpg

根知では糸魚川方に架かる根知川橋梁を行くキハ52形を捉えましたが、小雨が降る中での撮影はつらいです。

20100228_nechi-03.jpg

この場所の近くを姫川が流れています。
写真で言うと右側の山に沿って。

20100228_nechi-07.jpg

再び根知駅のホームへ。

20100228_nechi-08.jpg
20100228_nechi-09.jpg

平岩から折り返してきたキハ52形に乗って糸魚川へ戻ります。

20100228_jrwest_ec_52_100-05.jpg

→次に続く。

category: 甲信越地方遠征

tag: JR西日本 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年4月25日  

2010年4月25日(

25日は南海の編成写真撮影を中心に活動してきました。

20100425_nankai_2230-01.jpg

この日は24日に購入した超広角レンズと共に撮影。

35mm換算で18mmの世界はこれまで未体験だったため、実際に比較したところでは驚異的に感じます。

20100425_kishinosato_tamade-01.jpg

堺東へ移動。

20100425_sakai_higashi-01.jpg

新たに設けられた改札口側には液晶式の発車案内板が設置されていました。

20100425_sakai_higashi-02.jpg

折り返しの撮影は泉北高速の7020系などを撮影。

E-P1に取り付けた超広角レンズを使って撮影してて気づくのは、これが発揮されるのは城廻での撮影やこれ以上引くことが出来ない狭い場所での撮影に向いているのは確かで、鉄道撮影でそれほど多く必要とされていなさそう。
(自身の撮影スタイルを基準ですが・・・)

20100425_semboku_7020-01.jpg

浅香山へ移動。

20100425_asakayama-01.jpg

ここでは2000系を捉えましたが、工事中のためやや手ざま状態での撮影は厳しいかも・・・。

20100425_nankai_2000-01.jpg

住吉東から徒歩圏にある阪堺電車に乗り換えて住吉公園駅へ移動。

20100425_sumiyoshi_higashi-01.jpg
20100425_hankai_600-01.jpg

この付近で阪堺電車を撮影。

20100425_hankai_700-01.jpg
20100425_hankai_161-01.jpg

南海本線の方へ向かい、編成写真撮影。

20100425_sumiyoshi_taisha-01.jpg

夕暮れの中撮影するのも悪くはないのですが、あくまでも天候が良ければの話です。

20100425_nankai_7000-01.jpg
20100425_nankai_50000-01.jpg
20100425_nankai_10000-01.jpg

天下茶屋へ移動して市営地下鉄と阪急車の車内写真の撮影。

20100425_tengachaya-01.jpg

市営地下鉄66系の座席は導入当初のものが徐々に消えていったいるためこの際撮っておきました。

20100425_osaka_subway_66-in01.jpg

この後は日本橋で買い物をし帰宅。
帰宅後は風呂に入って、夕食をとり、ネットをしながらロールケーキを頂きつつ一日が終わっていきました。

20100425_cake-01.jpg

category: 日記

tag: 南海電気鉄道  泉北高速鉄道  阪堺電気軌道  大阪市交通局 
tb: 0   cm: 0

2010年2月7日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征9 東武50090系を捉える  

50090系の編成写真を捉えたものの、それでは満足出来ませんでした。
そこで車内写真と体験乗車のためだけに森林公園まで移動。

20100207_shinrin_koen-03.jpg
20100207_shinrin_koen-01.jpg
20100207_shinrin_koen-04.jpg
20100207_shinrin_koen-02.jpg
20100207_shinrin_koen-05.jpg

森林公園から折り返し当駅始発の50090系に乗り込み撮影開始。

20100207_tobu_50090-04.jpg

人が乗り込むまでの短時間勝負です。

20100207_tobu_50090-in01.jpg

座席ヘッドレストにはTJライナーのロゴが入ったチケットホルダーがあります。

20100207_tobu_50090-in04.jpg

車端部はロングシートですが、貫通路上部にはLED式の車内案内表示器が設けられています。
これはクロス時に見やすい位置になっています。

20100207_tobu_50090-in02.jpg
20100207_tobu_50090-in03.jpg

座席番号の表示

20100207_tobu_50090-in05.jpg

車端部側にも付いてます。

20100207_tobu_50090-in06.jpg

森林公園からは50090系快速急行で池袋へ向かい、終点で前面を撮影出来ました。

20100207_tobu_50090-02.jpg

現地での予定は終了。

20100207_ikebukuro-01.jpg

東京では悪あがき的にE231系500番台の6ドア車を撮影。
ホームドア設置のためにオール4ドア化されることから廃車が確定されていると想定してのことです。

20100207_jreast_ec_e231_500-01.jpg

帰りはのぞみ135号。

20100207_tokyo-01.jpg
20100207_jrwest_tec_n700_3000-01.jpg
20100207_nozomi135-01.jpg

予め買ったおいた弁当を広げて夕食タイムとしつつ大阪へと帰りました。

20100207_diner-01.jpg

#「2010年2月6日~2月7日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征」おわり

category: 関東地方遠征

tag: 東武鉄道  JR東日本  JR東海 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年4月24日  

2010年4月24日(

24日は近鉄の車内写真・形式写真の撮影と4月23日に発売開始されたOLYMPUS PEN用の交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」を買うために出掛けてきました。

20100424_kintetsu_22000-01.jpg
大和川橋梁を行く近鉄22000系 近鉄大阪線 河内国分~安堂にて

大和川橋梁で撮影ポイント確認をして戻ってくると2410系の編成写真を捉えます。

20100424_kintetsu_2410-01.jpg

橿原神宮前へ移動。
ここへ来たのは近鉄橿原線で使用されている車両の車内写真を捉えることなのですが、今回は特急車両を中心に考えて比較的少ないこの駅が最適だと考えてのことです。

20100424_kashiharajingumae-01.jpg

先に編成写真を。

20100424_kintetsu_8000-01.jpg
8000系

20100424_kintetsu_26000-01.jpg
26000系「さくらライナー」

まずは22000系。

20100424_kintetsu_22000-02.jpg
20100424_kintetsu_22000-in01.jpg

丁度良いところへ22600系2次車がやって来たので、引き上げ線での整備を追えて入線してきたところを車内写真捉えました。

20100424_kintetsu_22600-01.jpg

22600系の2次車は荷棚の様子が着座時に確認出来るように1次車にはなかった小窓が設けられていました。

20100424_kintetsu_22600-in01.jpg

継いでに喫煙コーナーも

20100424_kintetsu_22600-in02.jpg

撮影後は道明寺・柏原乗換えで梅田へ向かい、旭屋書店で鉄道ピクトリアル最新号を、ヨドバシカメラで超広角レンズの「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」を購入。
高倍率レンズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6」は5月下旬発売予定とのことでした。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-01.jpg

梅田から西九条経由で帰宅途中、5200系未更新車に遭遇。
先月撮影した同じ編成なのですが、また撮ってしまいました。

20100424_kintetsu_5200-in01.jpg

さて、帰宅後に「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」開封。
フィルターの径が52mmと大きくなっているためレンズキャプも大きいです。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-02.jpg

キャプを取るとこんな感じです。

20100424_olympus_m_zuiko_dijital_9_18-03.jpg

実際にE-P1に取り付けましたが、これまで使っていた「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」に比べる大きく感じますが実際には5g重く、若干長くなっている程度で、実使用ではさほど感じるものでなありません。

開封後のレポは詳細は別途書きますが、AFの動作が静かと言うことだけは言っておきます。

category: 日記

tag: 近畿日本鉄道  オリンパス  フォーサーズシステム 
tb: 0   cm: 0

2010年2月7日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征8 東武東上線での撮影  

西武新宿線本川越駅から徒歩で東武東上本線川越市駅へ向かいます。
ずっと以前に歩いたことがあるのですが、いつだったか忘れてしまった道のりを歩いて行くこと約10分ほどで到着。

川越市駅は南側に川越工場がある関係で北側に改札口があり各ホームへは跨線橋を使う形となっています。

20100207_kawagoeshi-01.jpg

駅舎側から見るとこんな感じ。
手ざまな駅前広場ですが・・・。

20100207_kawagoeshi-02.jpg

川越市駅は2面4線で川越工場関係の引き込み線以外に引き上げ線を2線小川町方に有しています。

20100207_kawagoeshi-03.jpg
20100207_kawagoeshi-04.jpg
20100207_kawagoeshi-05.jpg

川越市駅では東上線関係の車内写真の撮影。
当駅始発である以外に人気が少ないことから撮影に気を使う負担が少ないからと言う理由でこの駅で撮影と言う流れになったのですが、自社線車両としては8000系以外はまま撮れると言ったところです。
(要するに10000系列ばかりやって来るんです・・・汗)

9000系は副都心線開業に合わせてホームドア対応以外に車内のリニューアルも同時に施工されたため50000系列並みとなっていますが、座席はこれまでと同じ台脚付きのものが流用されています。

20100207_tobu_9000-in01.jpg
東武9000系

丁度良いところに東京メトロ10000系が入線しているので、こちらも撮っておきました。

20100207_tokyo_metro_10000-in01.jpg
20100207_tokyo_metro_10000-in02.jpg

東武の10000系列は10000系・10030系そして伊勢崎線にいる10080系と分けられていますが、各系列で若干異なる以外に10030系では製造年次によって10050番台に区分されているグループとでも車内が若干異なります。

20100207_tobu_10000-in01.jpg
東武10000系

20100207_tobu_10000-in02.jpg
冷風吹出し口の幅が大きい東武10000系の天井周り

20100207_tobu_10030-in01.jpg
東武10030系

20100207_tobu_10030-in02.jpg
冷風吹出し口の幅が細くなった東武10030系の天井周り

20100207_tobu_10050-in01.jpg
東武10030系10050番台

20100207_tobu_10050-in02.jpg
横流ファン(補助送風機)が付いた東武10030系10050系の天井周り

20100207_tobu_50070-in01.jpg
東武50070系

20100207_tobu_50070-in02.jpg
日立製作所A-Trainベースの50000系グループ共通である東武50070系の天井周り

撮影を終え頃にTJライナーでも使用されている50090系に遭遇。

20100207_tobu_50090-01.jpg

TJライナーの送り込みとして使用されることから1時間1本あるようで、うまくいけば車内写真と「マルチシート」のクロス時の体験が出来ると見越し、この後森林公園へと向かうのでした。

20100207_tobu_50090-03.jpg

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 東武鉄道  東京メトロ 
tb: 0   cm: 0

2010年2月7日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征7 立川~川越での移動と撮影  

立川から多摩都市モノレールに乗り換えます。
立川駅は改良工事などで駅ナカなどが入るなど、やや姿が変ってしまいました。

20100207_tachikawa-01.jpg

立川駅南口のペデストリアンデッキの上空を行く多摩都市モノレールの1000系。

20100207_tama_monorail_1000-02.jpg

多摩都市モノレールを北へ進みながら撮影していったのですが、撮れたのはこれ・・・汗。
綺麗に捉えられていないので・・・。

20100207_tama_monorail_1000-01.jpg

玉川上水から西武拝島線に乗換えて小川へ。
この移動の間にお遊び的ショットを。

20100207_seibu_2000-cab01.jpg

ついでに2000系の運転台を撮影。

20100207_seibu_2000-cab02.jpg

小川に到着。
ここから東村山へ向かいます。

20100207_ogawa-01.jpg

小川は拝島線と国分寺線とが平面交差するため、列車によってはいずれかの本線上を通過するまで待たされる場合があります。
これを大規模にしたのが大和西大寺駅だと考えていただければいいかと・・・。

20100207_ogawa-02.jpg
20100207_ogawa-03.jpg

信号開通待ちでようやくやってきた西武園行に乗って東村山へ移動。

20100207_seibu_2000-01.jpg

東村山ではフルカラーLED式の行先表示に交換された新2000系に遭遇しました。
西武鉄道の2000系は製作年代や更新施工年代によって細かく違うことが多く、在阪のみである私には今ひとつ分かっていないので把握し撮影するのに難儀します。

20100207_seibu_n2000-01.jpg

東村山から新所沢へ移動。

20100207_shin_tokorozawa-01.jpg

ここでも撮影しましたが、あまり適さない感じです・・・。

20100207_seibu_n2000-02.jpg
20100207_seibu_20000-01.jpg

この後は本川越へ移動しました。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 多摩都市モノレール  西武鉄道 
tb: 0   cm: 0

2010年2月7日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征6 JR中央線連立事業見聞・その2  

JR中央線の連立事業見聞。
武蔵境、東小金井に続いて武蔵小金井、国立の様子を報告します。

まずは武蔵小金井。
来訪時の段階では2面3線です。

20100207_musashi_koganei-01.jpg

東京方の様子。

20100207_musashi_koganei-02.jpg
20100207_musashi_koganei-03.jpg

塩尻方の様子。

20100207_musashi_koganei-05.jpg

E-P1の広角側ギリギリで捉えたE233系。

20100207_jreast_ec_e233_0-01.jpg

塩尻方には豊田車両センター武蔵小金井派出所があり、武蔵小金井構内からの入出庫線がこの場所にあります。
上り側は仮線との位置関係から未完成状態ですが、もう1線設けられそうな雰囲気でホーム側の写真も見る限りでは2面4線になりそうな・・・。

20100207_musashi_koganei-04.jpg

地上と国分寺と堀割の西国分寺は経て国立へ移動。

20100207_kunitachi-03.jpg

連立事業の西側になる区間で唯一高架駅になる国立駅はこれまで1面2線から2面2線になる予定で、来訪時は下り線の切替が終了して上り線の構築が進められています。

高尾方。

20100207_kunitachi-01.jpg
20100207_kunitachi-02.jpg

東京方。

20100207_kunitachi-04.jpg
20100207_kunitachi-05.jpg

有名だった旧駅舎は当初の計画では撤去される予定でしたが、国立市が保存を求めてきたことから、保存することが決定したことから、市の有形文化財の指定を受けた後にJR東日本の手により解体し国立市の予算で保存されています。
なお、再建するに関しては都市計画などの関係から詳細が詰められていないというのが現状です。

20100207_kunitachi-06.jpg

来訪当時の国立駅南口。

20100207_kunitachi-07.jpg

この後は立川へ移動します。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本    連続立体交差事業  中央本線  武蔵小金井駅  国立駅 
tb: 0   cm: 0

2010年2月7日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征5 JR中央線連立事業見聞・その1  

さて、昼食を挟んで中央線の連立事業を見ることにしました。
数年前から工事に着手されたこの工事は既に下り線の高架切替が完了し、来訪時での最新情報では国分寺~三鷹の上り線の切替が完了しました。

今回は全面切り替えが完了した三鷹~国分寺と上り線の工事が進められている西国分寺~立川を見ることにしました。
なお、来訪時は2010年2月7日当時のものです。

まずは武蔵境駅から。

20100207_musashi_sakai-06.jpg

工事自体は終わっていないため仮設の通路から仮線の様子が窺えます。
現在は軌道と電路設備が撤去された状態となっています。

20100207_musashi_sakai-07.jpg
20100207_musashi_sakai-08.jpg

改札階はまだ切替え後の過渡期状態なので、内装が剥き出し状態のままとなっています。
下の写真は隣接する西武多摩川線との連絡改札口。

20100207_musashi_sakai-05.jpg

ホーム階。

20100207_musashi_sakai-04.jpg

ホームは2面2線。
上りホームは旧ホームの撤去などが終わっていないため仮設の改札口へ通路で繋がれています。

20100207_musashi_sakai-03.jpg
20100207_musashi_sakai-01.jpg
20100207_musashi_sakai-02.jpg

南側に隣接する西武多摩川線。

20100207_musashi_sakai-09.jpg

続いて、東小金井駅。

20100207_higashi_koganei-01.jpg

東小金井駅は2面3線。
こちらも上り線が切替えられた後の工事が進められているため駅北面が未完成となっています。

20100207_higashi_koganei-04.jpg

塩尻方。
バラストは通常のもの小さい消音バラストと呼ばれるものが使用されています。

20100207_higashi_koganei-02.jpg
20100207_higashi_koganei-03.jpg

駅名標は上下線で切り替え時期の年度が異なった関係で、先に切替えられた下り線が従来と同じ蛍光灯を使用した電照式で、後で切替えられた上り線が同じ電照式でも光源を白色LEDを使用した薄型タイプとなっています。

20100207_higashi_koganei-05.jpg
20100207_higashi_koganei-06.jpg

東京方。
武蔵境と同じく上屋が高さが高いですね。
でもこのタイプのデザインは鳩の糞の被害が心配されそうです・・・。

20100207_higashi_koganei-07.jpg
20100207_higashi_koganei-08.jpg

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本  連続立体交差事業  中央本線  武蔵境駅  東小金井駅 
tb: 0   cm: 0

2010年2月7日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征4 京王井の頭線で編成写真撮影  

2日目は京王井の頭線での撮影からスタートします。
これまでは吉祥寺から入ることが多かったのですが、今回は渋谷からです。

20100207_shibuya-01.jpg

乗った初っ端に3000系に遭遇。

20100207_keio_3000-01.jpg

その隣には1000系の最新グループの1021編成が・・・。
前面が変更されているのが特徴です

20100207_keio_1000-02.jpg

さて、井の頭線の撮影は例によって高井戸で。
先客が2人ほどいましたが、3000系目当てのようでターゲットを捉えると直ぐ撤退されたため、あとは私一人が淡々と撮影していました・・・。

20100207_keio_1000-03.jpg
1000系1001編成(ブルーグリーン)

20100207_keio_1000-04.jpg
1000系1004編成(ライトグリーン)

20100207_keio_1000-05.jpg
1000系1028編成(ライトブルー)

で、吉祥寺から折り返した3000系を撮影。

20100207_keio_3000-02.jpg
3000系3028編成(ライトブルー)

20100207_keio_1000-06.jpg
1000系1003編成(サーモンピンク)

20100207_keio_1000-07.jpg
1000系1021編成(ライトブルー)

20100207_keio_1000-08.jpg
1000系1007編成(ライトブルー)

20100207_keio_1000-09.jpg
1000系1015編成(ブルーグリーン)

20100207_keio_1000-01.jpg
1000系1032編成(ライトグリーン)

吉祥寺に到着後。後追いでやって来た1000系がこれまでのベージュからオレンジベージュとなった1027編成に遭遇。
このオレンジベージュは既存のベージュ色となっている編成もオレンジベージュに変更されるようで、4月現在の時点で1013編成がこの色に変更されています。

鉄道ファン・Railf.jp:京王1000系1013編成が・オレンジベージュに
http://railf.jp/news/2010/04/10/192000.html

20100207_keio_1000-10.jpg
1000系1027編成(オレンジベージュ)

最後に3000系のサイドビューを。

20100207_keio_3000-03.jpg
3000系3028編成(ライトブルー)

京王井の頭線の撮影は終わり。

20100207_kichijoji-01.jpg

中央線に乗り換えます。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2010年4月18日 大阪市営地下鉄30000系量産車・営業運転開始  

大阪市営地下鉄谷町線に最新鋭の30000系が2008年11月に近畿車輛で竣功し、2009年春から営業運転が開始されたのですが、2008年度竣功分は試作車として6両編成1本だったのと谷町線自体への乗車機会が少なかったため撮影出来ずに丸一年経過してしまいました。

30000系自体は2009年度に量産車として2本目が竣功して、2010年3月末から営業運転が開始されたのですが、その32602編成を先日に遭遇したため千里中央から帰ってくるところを寄り道して捉える事にしました。

東梅田で捉えた30000系32602編成ですが、パンフレットで見た試作車32601編成とは異なりフルカラーLED式になっています。

20100418_osaka_subway_30000-01.jpg

今回は東梅田から八尾南まで乗車。

一人あたりの幅が470mmに拡大とバケットタイプとなった座席はドア間が6人掛けから5人掛けになったため22系などに比べるとドア周辺が若干拡大されています。

座席自体の掛け心地は硬めですが、近年の車両としては標準的なもので極端に硬いというわけではなく比較的腰をホールドしてくれる感じでしょうか。

車内を見渡すと化粧板やドアなどが新20系後期車に似た感じで、その辺りのマテリアル類は共通になっているかも知れません。

20100418_osaka_subway_30000-in01.jpg

ドア鴨居部にある車内案内表示器は新20系後期車ではLED式でしたが、30000系からは大阪市交初の15インチのLCDモニタ式が採用されています。

20100418_osaka_subway_30000-in02.jpg

モニタ自体は千鳥配置で反対側はこのような感じ。

20100418_osaka_subway_30000-in03.jpg

グレー系の化粧板で纏められている天井周りは、冷房装置がさらに薄型になってためこれまでよりもフラット化が実現されています。
天井の全面フラット化は2007年に竣功した名古屋市営地下鉄のN1000形があるのですが、30000系の方は冷房装置自体が車体中央部寄りに移ったため若干印象が異なります。

また、蛍光灯カバーが無いのですが、これは大邱の地下鉄火災事件を受けて規定が厳しくなったため、難しいかもしれません。

20100418_osaka_subway_30000-in04.jpg

さて、側面の行先表示は3色LED式で、今のところ試作車・量産車とも同じです。

20100418_osaka_subway_30000-04.jpg

30000系の特徴は写真の号車表示。
公営交通事業者にしては大胆な印象を受けます。

20100418_osaka_subway_30000-02.jpg

最後に八尾南方先頭車の32900形(32902号車)
ちなみに前面のフルカラーLED式行先表示器は、竣功当初は3色LED式だった32601編成もフルカラーLEDに交換されています。

20100418_osaka_subway_30000-03.jpg

30000系のレポは以上です。

category: 関西地区の鉄道

tag: 大阪市交通局  谷町線  大阪市営地下鉄30000系 
tb: 0   cm: 0

2010年2月6日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征3 京成押上線の高架工事と編成写真撮影  

あざみ野から半蔵門線を経て曳船へ。

20100206_tobu_hikifune-01.jpg

東武の曳船駅から近隣を行く京成押上線へ徒歩で移動。

20100206_keisei_hikifune-03.jpg
20100206_keisei_hikifune-02.jpg
20100206_keisei_hikifune-04.jpg

高架工事真っ只中である京成押上線は上り(青砥方面)の曳船駅周辺が仮線に切り替えられていました。
それにしても細長いホームですね~。

20100206_keisei_hikifune-01.jpg
20100206_keisei_hikifune-05.jpg

撮影は八広で。
前回は撮影が出来なかったのですが、今回は誰もいなかったので気楽に撮影。

20100206_yahiro-01.jpg
20100206_yahiro-02.jpg

荒川橋梁を行く列車を捉えることが出来るのですが、手持ちのレンズには超望遠ものが今のところ無いので大丈夫かなと思ったところ何とかしました。

20100206_toei_5300-01.jpg
都営5300形17編成

20100206_ur_9000-01.jpg
千葉ニュータウン鉄道(所有)9000形

20100206_keikyu_600-02.jpg
京急600形

20100206_keikyu_1500-01.jpg
京急1500形

20100206_keisei_3400-01.jpg
京成3400形

20100206_keikyu_600-01.jpg
京急600形

20100206_keikyu_600-03.jpg
京急600形

20100206_hokuso_7300-01.jpg
北総7300形

20100206_toei_5300-02.jpg
都営5300形22編成

20100206_keikyu_n1000-01.jpg
京急N1000形

ここで日没を迎えたので一旦改札を出て、折り返し人形町へ向かいます。

20100206_ningyocho-01.jpg

ここへ来たのは吉田一紀さん主催の新年会に参加するため。
ブログでは時折コメントするのですが、一度顔合わせしようと言う興味本位での参加です。

20100206_diner-01.jpg

今回の参加者とは一部の人を除いて面識がないため、いざ接触を図るときに難儀してしまいます・・・汗。
また参加者が十数名になったことから誰が誰なのか把握し切れませんでしたが、今回の幹事である吉田一紀さんやTwitterで知り合った方など主要な方は大体分かりましたし、ある方たちとは2007年以来2年ぶりの再会を果たしので良しとしておきます。

新年会は駅近くにあるつけ麺屋。続いて立ち飲み居酒屋「キハ」というお店へ。
『カップ酒と缶詰を片手にフラッと列車旅』をテーマにした鉄道居酒屋だそうです。

20100206_kiha-01.jpg

会自体は22:00前に解散。
品川へ戻って鞄を回収し予約したホテルへ向かいこの日は終了しました。

category: 関東地方遠征

tag: 京成電鉄  連続立体交差事業  京成押上線  東京都交通局  京浜急行電鉄  北総鉄道  オフ会 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年4月18日  

2010年4月18日(

18日は大阪モノレールの編成写真と車内写真を軸に撮影のお出かけをしてきました。

大阪モノレールの方は大日から乗車しましたが。ここへ向かうため乗っていた大阪市営地下鉄谷町線では刻々多引退の時期が近づいた30系に遭遇。
今回はアルミ車でしたが、乗っている間に最新鋭の30000系とすれ違いなり「あ~あ」と言ってしまいそうになりましたが、事を済ませればリベンジを図ろうと誓い先へ進めました。

20100418_osaka_subway_30al-01.jpg

モノレールの方は先に沢良木で編成写真の撮影。

20100418_sawaragi-01.jpg

結果は千里中央方は微妙なところ、門真市方は雲天に限りと言ったところです。

20100418_osaka_monorail_1030-01.jpg
20100418_osaka_monorail_1000-01.jpg

万博記念公園乗換えで彩都西へ。
実質頓挫した格好に近いためローペースでの開発・造成が進められているようですが、行止りの先を見ると「この調子ではすっとこの状態なのやろな~」思わざるを得ません。

20100418_saito_nishi-01.jpg
20100418_saito_nishi-02.jpg

彩都西から戻る前に車内写真の撮影。
大阪モノレールの1000系・2000系とも年代や改造によって微妙に細部が異なるようなので、地道に続ける必要があるようです。

20100418_osaka_monorail_2000-in01.jpg
20100418_osaka_monorail_1000-in01.jpg

千里中央へ向かい、昨日に引き続き北大阪急行と御堂筋線の車内写真に撮影。

20100418_senri_chuo-01.jpg

この日はE-P1を持ち込んでの撮影で、今回はこれまでの撮り直し以外に未更新の10系の車内写真も捉えることが出来ました。

20100418_osaka_subway_10n-in01.jpg
20100418_kitakyu_8000-in01.jpg

写真は10系の04編成で、調べたところこの編成は更新工事中の車両不足を補うため21系が1本が投入されている関係で、10系の更新工事完了すると余剰のために廃車されるそうです。

20100418_osaka_subway_10-in01.jpg

梅田へ戻り、最初に逃してしまった30000系を捉えるべく市営地下鉄谷町線へリベンジを図るため東梅田駅へ。
同業の趣味者が来ている様子から数本見送れば来ると見越して4本目で引き当てました。

今回は量産車の32602編成ですがよく見ると前面の行先表示器がフルカラーLED式になっています。
側面は試作車の32601編成と同じ3色LED式のままです(前面はフルカラーLEDに交換されたそうです)

20100418_osaka_subway_30000-01.jpg

このまま八尾南まで乗り通して終点で車内写真などを捉えました。

20100418_osaka_subway_30000-in01.jpg

名残惜しく大日へ向けて出発して行く30000系を撮ってお見送り・・・。
30000系の写真はいくつか撮っているので後日アップすることにします。

20100418_osaka_subway_30000-03.jpg

この日はこれで終了。
八尾南から近鉄バスに乗って帰宅しました。

20100418_yao_minami-01.jpg

category: 日記

tag: 大阪モノレール  北大阪急行電鉄  大阪市交通局  谷町線  大阪市営地下鉄30000系 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年4月17日  

2010年4月17日(

17日は阪急宝塚線で編成写真をメイン撮影してきました。

20100417_hankyu_7000-01.jpg

実際に出向く前に車内写真を。
今回は7000系の車内写真を撮影しましたが、10年近くにわたって建造された系列なので年代によって微妙に異なります。
ちなみに建造と書いたのは阪急では車両の製造ことを建造というため。

20100417_hankyu_7000-in01.jpg
7次車7014編成の車内

20100417_hankyu_7000-in02.jpg
2次車7003編成の車内

梅田から阪急宝塚線に乗って岡町へ移動。
阪急宝塚線で新しく高架化された駅は優等停車駅を除いて二重に柵が設けられているためホーム両端1両分が手前から先へ立ち入られないのですが、ここ岡町の宝塚方はそれが短いため、手持ちのデジ一のレンズでも遮られずに捉えることが出来ます。

20100417_okamachi-01.jpg
岡町駅の宝塚方から撮影
(写真手前側に柵があるため、写真は柵より手前から撮影)

20100417_hankyu_3000-01.jpg
3000系3050編成

20100417_hankyu_8000-01.jpg
8000系8005編成

20100417_hankyu_6000-02.jpg
6000系6012編成

20100417_hankyu_6000-01.jpg
6000系6001編成(開業100周年記念ラッピング車)

20100417_hankyu_5100-01.jpg
5100系5106編成

20100417_hankyu_9000-01.jpg
9000系9001編成

岡町から蛍池乗換えで大阪モノレールの少路へ。

20100417_shoji-01.jpg

本当は編成写真を撮りたかったのですが、結果はこれ・・・。

20100417_osaka_monorail_2000-01.jpg
2000系18編成 少路にて

20100417_osaka_monorail_1000-01.jpg
1000系02編成 少路にて

でも、サイトの素材としては文字入れしてするベースの画像に使えそうです。

千里中央へ移動して、北大阪急行・御堂筋線の車内写真撮影。
ここは発着のタイミングで車内が無人になることが多いのでたやすく撮れますが、今回はPEN E-P1が諸事情で手元になくEOS50Dで撮影したため、気を遣いました・・・

20100417_kitakyu_8000-in01.jpg
北急8000系の車内

この後は北新地駅でGW遠征で使う周遊きっぷを購入してから帰宅しました。

category: 日記

tag: 阪急電鉄  阪急宝塚線  大阪モノレール  北大阪急行電鉄 
tb: 0   cm: 0

2010年2月6日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征2 東急田園都市線での撮影  

中央林間へ移動し昼食タイム。

今回は小田急側の改札外コンコースにある「箱根そば」ですが、これをツイットビデオ経由でTwitter上にツイートしたところ反応されてしまいました。

20100206_lunchi.jpg

昼食後は午後の撮影タイムです。

20100206_chuo_rinkan-01.jpg

まずは東武50050系ですが、写真の編成は近年投入されたもので、ドア間の窓が開閉可能になっています。

20100206_tobu_50050-02.jpg

序でに東急8500系の車内写真も捉えます。
中心部側だと撮影しにくいですからね。

20100206_tokyu_8000-in01.jpg

あざみ野へ移動し編成写真撮影。
まずは東急8500系8620編成。

20100206_tokyu_8500-01.jpg

続いては東急5000系5103編成。

20100206_tokyu_5000_2g-01.jpg

2本目は東武50050系第1編成51051編成。

20100206_tobu_50050-03.jpg

初期車なので側窓は全て固定式で屋根上に非常用の非常換気装置が冷房装置の前または後に配置されています。
(車端部のみ開閉式窓)

20100206_tobu_50050-04.jpg

3本目は昨年竣功した51067編成。

20100206_tobu_50050-05.jpg

後期車になるこの編成は側窓が2分割の開閉式(一段下降式)となり車端部は固定窓に変更されたため屋根上にあった非常換気装置が廃止されています。

20100206_tobu_50050-06.jpg

4本目は東急8500系8634編成TOQBOX。

20100206_tokyu_8500-02.jpg

5本目は東京メトロ8000系8114編成。

20100206_tokyo_metro_8000-01.jpg

順次更新工事が施工されているのですが、こちらは未更新車。

20100206_tokyo_metro_8000-02.jpg

6本目は東急5000系5101編成。

20100206_tokyu_5000_2g-02.jpg

初期の編成はE231系ベースで製作されたため、ドア窓の支持方式が209系・E231系と同じ方式となっています。

20100206_tokyu_5000_2g-03.jpg

7本目は東武50050系51052編成。

20100206_tobu_50050-01.jpg

8本目は東急5000系5120編成。

20100206_tokyu_5000_2g-04.jpg

5000系の中でも最新のグループにあたるこの編成はドア窓がE233系と同じく複層ガラスとなって、見た印象が若干変っています。

20100206_tokyu_5000_2g-05.jpg

最後は5114編成。

20100206_tokyu_5000_2g-06.jpg

1時間粘って撮影終了。

あざみ野から押上を経て曳舟へ移動です。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: 東京急行電鉄  田園都市線  東武鉄道  東京メトロ 
tb: 0   cm: 0

2010年2月6日 編成写真撮影と新年会な首都圏遠征1 大雪を突破して東京入り  

2010年2月6日(

2010年2月6日~7日は上京してきました。

今遠征の当初の目的は前回と同じ編成写真の撮影を予定していたのですが、遠征初日の2月6日に吉田一紀さんが都内で新年会を行う事を知り、興味本位で今遠征の予定に組み込むことにしました。

早朝4時過ぎの起きて5時過ぎに出発し近鉄大阪線の上り初電に乗るのですが、出発前の準備に手間取ってしまったため、デフォルトの環状線経由から大阪難波乗り換え御堂筋線に急遽変更して新大阪でのぞみ204号になんとか乗り込めました・・・。

しかし、当日は滋賀県から中京圏あたりにかけて大雪に見舞われることに・・・。
まず、栗東辺りから減速し始め、伊吹山の麓あたり大垣市辺りまでは在来線並みの速度まで落ちてしまいました。
そして名古屋で雪落としのために20分遅れ。

20100206_nazgoya-01.jpg

さらに豊橋でも名古屋同様の理由で臨時運転停車と言う憂き目にあってしまいました。
臨時停車した豊橋は普段使用されない11番線に入線したのがあまりにも珍しかったので、ある種の証明のために撮っておきました。

20100206_toyohashi-01.jpg

豊橋辺りでは雪もなくなり、すっかり晴れ渡った静岡県内を東へ進むと、先月に引き続き富士山が綺麗に見えました。

20100206_mt_fuji-01.jpg

品川に到着。

20100206_jrcentral_tec_n700_0-01.jpg

ここで鞄をロッカーに預けて現地行動開始。

20100206_shinagawa-01.jpg

次の撮影のために横浜へ移動するのですが、ここで成田エクスプレスで使用されている車両の撮影。
世代交代が始まったこの列車は現行の253系と2世代目となるE259系の両方を捉えました。

20100206_jreast_ec_253-01.jpg
20100206_jreast_ec_e259-01.jpg

この後、横須賀線で横浜へ移動。
横浜ではみなとみらい線開業よる地下化により撤去された東急の旧駅跡を利用して横須賀線のホーム増設工事が着々と進められていました。

20100206_yokohama-01.jpg
20100206_yokohama-02.jpg

これと同時に進んでいる駅改良工事は改札階の内装工事が進められていますが、横浜駅は延々と工事しているイメージですね。

20100206_yokohama-03.jpg
20100206_yokohama-04.jpg

ここからは相鉄に乗換えです。
2009年2月以来ですが、丸1年乗ってないのですっかり変った相鉄横浜駅の改札口を見て感心しきりです。
でもホーム階へ上がると代わり映えしませんが・・・。

20100206_yokohama-05.jpg

西谷へ移動。
ここは東海道新幹線との交点にあります。

20100206_nishiya-01.jpg

ここではE233系ベース11000系の編成写真を捉えます。

20100206_sotetsu_11000-01.jpg

二俣川から乗り換え。

20100206_sotetsu_10000-01.jpg

二俣川から瀬谷へ移動。
ここでは8000系の編成写真を捉えます。

20100206_sotetsu_8000-01.jpg

大和から小田急江ノ島線に乗換え。
相鉄と共有の改札階ですが、ここには小田急の発車案内板があります。
表示デバイスがLCD式となっているのですが、同じLCD式でも近鉄で使用されているモノとは異なり、装置自体は一体的なものとなっている他、表示自体もややデザイン寄ったものになっている感じです。

20100206_yamato-01.jpg

乗換え序でに8000形更新車を捉えます。

20100206_odakyu_8000-01.jpg

ここから中央林間へ移動して昼食を挟み東急田園都市線の編成写真を捉えていきます。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東海  JR東日本  駅改良工事  横浜駅  相模鉄道  小田急電鉄 
tb: 0   cm: 0

2010年1月17日 首都圏を巡る編成写真ゲットのお出かけ(2010年1月)9 209系を追いかけて・その2  

横浜からは京急本線に乗り換え。
思いつきで北へ進んだのですが、新子安というキーワードがふと浮かんだので、即実行に移しました。

20100117_keikyu_shinkoyasu-01.jpg

新子安は京急本線とJR京浜東北線の駅が向かい合わせにあり、ここから京浜東北線へ。
ここは撮影ポイントとしてはよく知られた場所ですが、実はここに立つのは初めてなのです。

20100117_jr_shinkoyasu-01.jpg

今回見てきた東京方には撮影マナーを守ってとか三脚は使用禁止と言った注意書きが見られました。
流石に有名所ですね。

20100117_jr_shinkoyasu-02.jpg

ここではE231系近郊仕様1本のみ。

20100117_jreast_ec_e231_1000-06.jpg

これを撮影後にやってきたのが209系0番台だったことから、思わず乗り込んで北へと移動。
各駅で見る撮影スタイルは様々で、駅で待ちかまえる人や各駅で降りて撮影する人とか、そこまでやるのですね・・・。

赤羽で東北線に乗り換えて追い越しさいたま新都心まで先行。
ここで未撮影のクハ208形を捉えました。

20100117_jreast_ec_209_0-04.jpg

これで予定は終了して大宮へ移動したのですが、大宮で臨時のホリデー快速むさしの号の案内表示にピクッと反応してしまい、立川まで乗ってしまいました。

20100117_omiya-01.jpg

豊田車両センター在籍の115系300番台に乗車。
近いうちに幕張の211系3000番台が3両編成の組成変更されてくるため、いずれは消滅することになりますが、実はスカ色の115系は2度目なのです。

20100117_jreast_ec_115_300-01.jpg
20100117_jreast_ec_115_300-02.jpg

乗ったのは良かったのですが、このままだと指定しておいたのぞみ号には間に合いません。
そこで立川の指定券券売機で指定の変更をして難を逃れます。

立川から中央特快で東京へ戻り鞄を回収して東海道新幹線のりばへ向かいます。
帰阪はのぞみ135号。

20100117_tokyo-01.jpg

ここで乗ったN700系はJR西日本の博多総合車両所に在籍する編成。

20100117_jrwest_tec_n700_3000-01.jpg
20100117_nozomi135-01.jpg

東京を出ると予め買ったおいて弁当を開いて夕食タイム。

20100117_diner-01.jpg
20100117_diner-02.jpg

日付が変る頃に帰宅。
結局、編成写真だけではなく城廻までの遠征となってしまいました。

#「2010年1月17日 首都圏を巡る編成写真ゲットのお出かけ(2010年1月)」おわり

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本  京浜東北線  根岸線  209系  小田急電鉄  京浜急行電鉄 
tb: 0   cm: 0

2010年3月21日 JR奈良駅高架工事レポ6  

前回の3月14日のレポに続いて3月21日のレポです。
前回は2階コンコースを中心でしたが、今回は東口・西口側からの写真とホーム階の様子を報告します。

20100321_jr_nara-04.jpg

上りホーム加茂・京都方から撮影。

20100321_jr_nara-05.jpg

桜井線ホームへ移動。
桜井・天王寺方を撮影。

20100321_jr_nara-06.jpg

桜井線ホームの桜井・天王寺方から撮影。
2番線をホームが挟む格好にした配線になりましたが、使用形態としては万葉まほろば線という愛称が付いた桜井線は1番線で、大和路線を2番線、JR奈良線快速を3番線に停車させるのが基本となっているようです。

20100321_jr_nara-02.jpg

桜井線ホームにも設けられている待合所。

20100321_jr_nara-07.jpg

1番線・5番線側にある防風スクリーン

20100321_jr_nara-08.jpg

桜井線ホームの加茂・京都方から撮影。

20100321_jr_nara-09.jpg

同じく反対側ホーム端部。
写真でもお分りのように以前とは配線が異なり、京都方にも引き上げ線を設けたためこれまで分岐器は挿入されていた箇所が撤去されていて途中で途切れています。

20100321_jr_nara-10.jpg
20100321_jr_nara-11.jpg

桜井線ホームにある発車案内板。
大和路快速が2番線側を指しています。

20100321_jr_nara-12.jpg

実際はこんな感じ。
写真は停車中の大和路快速を桜井線ホーム側から撮影したもの。

20100321_jr_nara-13.jpg

工事の進捗により閉鎖された西口。
前回のレポ通り、現在は暫定の西口が設けられていますが、2階コンコースの整備により再度開設されるかもしれません。

20100321_jr_nara-14.jpg

西口広場から撮影。
こちらは外壁などの工事が行われますが、こちらはあくまでサブ的扱い。

20100321_jr_nara-01.jpg

メインとなる東口はこれから駅前広場の整備という段階です。

20100321_jr_nara-03.jpg

今回のレポはこれで終りです。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本    連続立体交差事業  JR奈良駅 
tb: 0   cm: 0

2010年1月17日 首都圏を巡る編成写真ゲットのお出かけ(2010年1月)8 西湘地区撮影中でのまさか・・・。  

昼食を挟んで午後からは国府津へ移動。

20100117_kozu-01.jpg
20100117_kozu-02.jpg

ここから御殿場線に乗り換えるのですが、跨線橋から撮影した写真の中に見慣れない車両を発見。
実は撮影時には気づかず本記事を書く時に見つかったモノで、調べたところ国府津車両センター在籍するクモヤ143形だそうで、いやはや参ったなと言ったところです・・・汗。

20100117_kozu-03.jpg
小田原に向けて出発して行くE231系の隣に停まっている車両がクモヤ143-4 国府津にて

クモヤ143に気づかずやや手前に停車する313系3000番台に乗り込んで御殿場線へ。

20100117_jrcentral_ec_313_3000-01.jpg

松田で降車。

後で知ったことですが、この遠征の翌月に上京した時に参加した会合で2年ぶりに再会したある方が当日のダイジェスト版「週末日記 2010年1月17日」を読まれたようで、どうやらニアミスをしたらしく、後で聞いてびっくりしました。

20100117_matsuda-01.jpg
20100117_matsuda-02.jpg

ここで小田急小田原線に乗換え。
丁度良いタイミングで箱根登山鉄道1000形・2000形に合わせた塗装となった1000形1061編成に遭遇。

20100117_odakyu_1000-01.jpg

新松田から急行で小田原へ移動。

小田原ではE231系近郊仕様の形式写真の撮影。
サイト用の資料とアーカイブ的要素で撮影したのですが、規模の大きい橋上駅舎の小田原では中程の車両はご覧の通りで、これなら熱海で撮影する方が賢いかも知れません・・・。

20100117_jreast_ec_e231_1000-01.jpg
20100117_jreast_ec_e231_1000-03.jpg
20100117_jreast_ec_e231_1000-04.jpg

続いて大船へ移動。
大船では停車位置の関係で小田原での撮影は無理だった東京方先頭車と捉えたのですが、とても微妙・・・。

20100117_jreast_ec_e231_1000-02.jpg
20100117_jreast_ec_e231_1000-05.jpg

この後は横浜へ移動しました。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本  JR東海  小田急電鉄 
tb: 0   cm: 0

2010年3月14日 JR奈良駅高架工事レポ5  

連立事業の進捗により全面高架切替が完了したJR奈良駅を3月14日・21日の両日において見聞してきました。

今回は3月14日分のレポを進めますが、ここでは2階改札内外のコンコースを中心に報告し、ホーム階などについては3月21日のレポに譲ることにします。

20100314_nara-04.jpg
2番線をホームで挟んで乗換えの利便性を図ったJR奈良駅のホーム階。

まずは改札内コンコース。
基本的に南北に展開する階段とエスカレーターで、中央の改札口に集約する方式が採られています。

20100314_nara-01.jpg

改札外コンコース。
改札口はこの1ヶ所のみで自動改札機が7通路(車椅子兼用1通路、ICカード専用1通路)と有人改札1通路が用意されていますが、柵が設けられている中央部は4通路分増設出来るように確保されています。

20100314_nara-06.jpg

きっぷ売場は東側に集約され、ICカード対応近距離きっぷ6台と指定券券売機としてみどりの券売機1台が設けられています。

20100314_nara-02.jpg

この北側にみどりの窓口があります。

20100314_nara-07.jpg

きっぷうりばの反対側となる西側には奈良交通の乗車券と定期観光バスの窓口と観光案内所の窓口が設けられています。
(写真奥の一角はコンビニと旅行センターがあります。)

20100314_nara-08.jpg

改札階コンコース全体。

20100314_nara-05.jpg

暫定的に設けられている西口。
現在は東西自由通路的な扱いとなっている。

20100314_nara-09.jpg

JR奈良駅西口広場。

20100314_nara-03.jpg

→6回目レポに続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tag: JR西日本  連続立体交差事業  JR奈良駅 
tb: 0   cm: 0

2010年1月17日 首都圏を巡る編成写真ゲットのお出かけ(2010年1月)7 209系を追いかけて・その1  

17日は京浜東北線から撤退する209系0番台を追いつつ他の編成写真ゲットを絡めてみました。

実際にところ時に計画無く動いていたのですが、東京に鞄を預けて移動する時に乗ったのが209系0番台だったのでこれを追うことにしたわけです。

20100117_jreast_ec_209_0-01.jpg

ほぼ撮れるであろう撮影ポイントは撮影隊が占めていて、一部の駅の両端にはビッシリ詰め掛けていましたが、この状況で撮るのが大変です。

と言うことで軟弱撮影人である私は人気が少ない赤羽を皮切りに撮影してきました。
大宮までは並走する東北本線に乗って先行しながらの撮影となります

20100117_jreast_ec_209_0-05.jpg

大宮では編成写真ではなく形式写真も撮っておくことにし、特に6ドア車であるサハ208形は転用されることが無いことから確実に撮っておくことにしました。

20100117_jreast_ec_209_0-02.jpg
サハ208形 大宮にて

20100117_jreast_ec_209_0-06.jpg
モハ209形0番台 大宮にて

20100117_jreast_ec_209_0-07.jpg
モハ208形0番台 大宮にて

大宮からは折り返し東北本線で上野まで先行し、上野から京浜東北線で獲物の1本前のE233系2000番台に乗って山手まで先行。

爆睡しつつ車外を眺めているとメジャークラスの撮影ポイントには10人を超える撮影隊を見て「一杯おるで~!」と思いつつ気が付くと横浜まで進んでいました。

根岸線に入り中間点となる山手ではホーム両端がやや狭いものの、それでも撮影隊は少なからずいるのですね。
山手から先の209系に乗って大船へ移動。

大船では大宮で撮れなかった形式写真一部と編成写真を撮っておきました。

20100117_jreast_ec_209_0-08.jpg
サハ209形0番台 大船にて

20100117_jreast_ec_209_0-09.jpg
クハ209形0番台 大船にて

当日は写真の64編成以外にヘッドマークが付いた編成が運用に就いていたのですが、この日捉えたのは全てヘッドマークの無いこの編成だったりするのです・・・。

20100117_jreast_ec_209_0-03.jpg

大船での撮影序でにたまたま入線してきた253系の車内写真も撮っておきました。

20100117_jreast_ec_253-02.jpg

253系も2002年に投入された5次車(200番台)を除いて廃車されるそうなので、今の間に撮っておくことにしました。
写真はその対象となる0番台の車内写真です。

0番台のグリーン車は竣功当時1+1のみで配置された0番台と1+1と2+1が交互に配置された変則的な100番台の2種類が存在してましたが、2003年までに5次車と同じ2+1配置に統一されています。

20100117_jreast_ec_253-01.jpg
グリーン車 大船にて

JRグループの特急車両の中では唯一集団見合い式のクロスシートとなっていますが、0番台の普通車は竣功当時4人向かい合わせのボックスシートでした。
ちなみに5次車は回転リクライニングシートに変更されています。

20100117_jreast_ec_253-03.jpg
普通車 大船にて

ここで一旦京浜東北線から離れて国府津へ向かいます。

→次に続く。

category: 関東地方遠征

tag: JR東日本  京浜東北線  根岸線  209系  253系 
tb: 0   cm: 0

週末日記 2010年4月11日  

2010年4月11日(

11日は尼崎で阪神と近鉄の形式写真撮影、阪急神戸線の編成写真撮影、JR宝塚駅の改良工事の再見聞と撮影と言う流れで動きました。

20100411_amagasaki-01.jpg

尼崎で撮影開始する前に軽く昼食。
マクドナルドの期間限定モノが日本の味シリーズがスタートしたようで、当日は第1弾のNEWてりたまモチモチバンズを頂きました。

20100411_hamburger-01.jpg
20100411_hamburger-02.jpg

尼崎での撮影はいつもの編成写真に加えて形式写真の撮影もしました。
形式写真を撮るのはサイトに出すかどうかは確定せずアーカイブ的要素での撮影です。

20100411_hanshin_1000-01.jpg
20100411_kintetsu_1026-01.jpg

尼崎から芦屋へ移動。

20100411_hanshin_ashiya-01.jpg

芦屋から阪急バスに乗って芦屋川へ散り始めの桜を撮りつつ阪急芦屋川駅へ。

20100411_ashiyagawa-01.jpg
20100411_ashiyagawa-02.jpg

阪急神戸線では芦屋川・夙川の両駅での編成写真撮影。

20100411_hankyu_7000-01.jpg
20100411_shukugawa-01.jpg
20100411_hankyu_8000-01.jpg
20100411_hankyu_5000-01.jpg

西宮北口から阪神競馬開催日で混雑する今津線に乗り換えて宝塚へ。
先週末に見てきたJR宝塚駅を再見聞するため、明るいうちに撮影することにしました。

20100411_jr_takarazuka-01.jpg
20100411_jr_takarazuka-02.jpg

宝塚から梅田へ移動し、旭屋書店で買い物。

20100411_umeda-01.jpg

先日発売された週間東洋経済4月3日号の鉄道特集で出されている独自のデータに注目が集まっていることから今回買ってきました、山手線の営業係数が57.1と言うのは驚異的に思いつつ、第三セクター鉄道は目を覆うばかり状況というのが目に付いてしまいます。

以上は立ち読み段階のもので、実際に細かいところを読むのはこれからですから、その都度Twitterでツイートしてようかと思っています。

category: 日記

tag: 阪神電気鉄道  近畿日本鉄道  阪急電鉄  JR西日本  駅改良工事  JR宝塚駅 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop