DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2006年01月
2006年01月の記事一覧

出張日記 2006年1月23日~1月24日  

日記が1日空きましたが、ご存知の通り1月23日から24日まで愛媛に出張してました。

20060122_utazu.jpg
本四備讃線の四国側、実は宇多津駅構内です。

23日の朝早くから始まるため22日の夕方に現地入りするのですが、21日に万博を偲ぶオフ会に参加して1泊したため若干タイトなスケジュールで現地入りました。
ここでの往復はしおかぜ+のぞみで、何気にJR四国の8000系に初乗車です。

今回の出張は研修が目的で、内容の大半は実際の業務には必要がないものの他の部署へ移動になる可能性を考えると将来的には大いに役立つと考えます。

ここでの内容は省略して・・・。

個人的には普段の業務から離れた2日間なので良い刺激にはなりました。
また研修以外でも色々見ることが出来、貴重な機会を頂いたと思います。

でもこの出張、実はもう1回行かないといけないのですが、業務の絡みがあるのでいつになることやら・・・。

24日の夕方に現地を離れて21:00頃に帰阪。
その際、新大阪の喫茶店に寄って夕食とパフェを頂いた後、自宅に帰りました。

20060124_spaghetti.jpg
今回の夕食

20060124_pafe.jpg
食後のデザートとしてチョコレートパフェです。

25日から通常のお仕事ですが、進捗具合が気になります。
戻ってくると鬼のように待ち構えているのかな~。なんか怖いです・・・(汗)
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2006年1月15日 阪神西大阪線延伸事業見聞4-2 大物編  

西大阪線延伸関連工事のレポ。
次は大物駅の様子です。

阪神本線との分岐駅である大物駅は西大阪線の延伸に伴うホーム延伸工事が施工されています。
前回のレポでは下り線の工事は終了、上り線の工事が始められていたところでした。

20060115_daimotsu-02.jpg
ホーム延伸工事が進められている西大阪線上りホーム。
(左が西大阪線上り、右側が本線下り)
1月現在はホーム延伸の工事は終了し、上屋の設置工事が行われていました。

20060115_daimotsu-01.jpg
20060115_daimotsu-03.jpg
延伸部分まで施工されるホーム上屋。
上写真が西大阪線下りホームから、下写真が本線上りホームから撮影。
ホーム延伸に関する工事はおそらく春頃までに完成するものと思われます。

大物~尼崎間にある本線下り線の高架橋も軌道が敷設されてます。

20060115_daimotsu-04.jpg
20060115_daimotsu-05.jpg
西大阪線を跨ぐ本線下り線の高架橋。
写真左奥で西大阪線と交差するようになっています。

今回の西大阪線延伸関連工事のレポはここまでです。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2006年1月15日 阪神西大阪線延伸事業見聞4-1 阪神尼崎編  

先日の休みの時に阪神西大阪線延伸関連の工事を見てきました。
今回は尼崎と大物だけのレポです。

阪神尼崎駅の工事は新ホームの概要が判るようになってきました。
ホームの幅としては既存のホームと大きく変わりません。

20060115_amagasaki-01.jpg
形として現れた新ホーム

20060115_amagasaki-02.jpg
階段やエスカレータを設置する開口部

20060115_amagasaki-03.jpg
新ホームの大物・梅田方
この新ホームは阪神本線上り用として使用されます。

20060115_amagasaki-04.jpg
既存のホームも一部工事が開始されています。
写真は西大阪線・本線下りホームの工事。

20060115_amagasaki-05.jpg
写真右側に見えるのが構築された高架橋。
これは西大阪線を跨ぐ本線下り用として使用され、マンション側(写真左側)は住宅地の騒音対策用に防音壁が設置されています。
実際に使用できる配線になるのはまだ先のようです。

次は大物の工事の様子をレポします。

→次ぎに続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

珍しく出張・・・  

今月の23日~24日に愛媛に出張があるのですが、工場内勤務の私にとっては珍しいことです。

普段は大阪から出ることはなく、業務上で出るとなると応援要請で客先へ向かうことが過去3回あり、出張扱いとなっているのが岡山へ行ったときの分だけなんです。
(理由は省略しますが・・・)

今回はとある場所で研修を受けるための出張なのですが、実は先方の理由でキャンセルになったことが2回あり、3度目の正直といった感じです。

今週から宿泊先に関する説明や各種届出用紙の提出など、いよいよその時が迫っていると実感します。

その前に「私が抜ける分の仕事の調整しておかねば」と今はがんばっております(汗)

category: 日記

tb: 0   cm: 2

2005年12月25日 3ヶ月ぶりの名古屋来訪記9 リニモで巡る夢の跡 その7  

万博関連施設の再整備工事レポの最後は万博八草駅の様子です。

万博八草駅は名古屋発着の愛環線直通列車「エキスポシャトル」からリニモに乗り換えるメインルートの重要な駅で当時は万博対応で仮設拡張されていました。

閉幕後の現在は・・・。

リニモ・万博八草駅

20051225_yakusa-01.jpg

20051225_yakusa-02.jpg
撤去工事中の拡張部分の仮設ホーム

20051225_yakusa-05.jpg
期間中はメインとして使われていた西口側への階段は来訪当時は一時的に閉鎖されている。

駅名は万博八草のままですが、長久手会場の跡地が公園に復帰・再整備完了時に万博会場と共に駅名変更される予定なので当面はそのままです。
ここも仮設備の乗車用ホームの撤去が行われていました。

20051225_yakusa-03.jpg
リニモと愛環線を結ぶ連絡通路。
一部階段が閉鎖されています。

愛環線・八草駅

元の駅名である八草に戻され改修工事が開始、西側にあった出口専用改札口などの仮設備の撤去と本設への復帰が行われています。

20051225_yakusa-04.jpg
改修されている1番線側を撮影。

仮設の拡張部分は撤去されて本設部のホームが残されています。
また、階段は縮小されています。

20051225_yakusa-06.jpg

20051225_yakusa-08.jpg
改修工事に伴い狭くなっている八草駅コンコース。

現在はプレハブの事務室がありますが、特定の時間以外は無人で乗車券は車内で購入する必要があります。
ここには乗車証明の発行機が設置されています。

20051225_yakusa-07.jpg
現在の八草駅の時刻表と1番線使用再開にともなう2番線の閉鎖のお知らせ。

改修されている1番線は2006年1月14日から使用再開となる予定で、これに伴い2番線が閉鎖され改修工事が行われることになります。

20051225_yakusa-09.jpg
2005年12月現在の八草駅ホームの様子。
右側の1番線は2006年1月14日から使用再開となります。

20051225_yakusa-10.jpg
岡崎方を撮影。
10両対応であったホームは7両対応に縮小されてます。

改修後の八草駅にはエレベーターは残されますが、いまは工事の都合で使用停止中となっています。
おそらく2006年秋か冬ごろには本設の八草駅が見られるかな~と思ってます。

万博関連の撤去・再整備工事のレポはここまで。
このあと高蔵寺経由で名古屋へ向かいました。

→次ぎに続く。

category: 愛知万博の足跡を巡るお出かけ

tb: 0   cm: 0

2005年12月25日 3ヶ月ぶりの名古屋来訪記8 リニモで巡る夢の跡 その6  

万博会場駅から陶磁資料館南駅へ向かいます。

20051225_toujishiyoukan-01.jpg
トヨタグループ館。
内部の撤去作業が進み外装のモジュールだけが残されている。

20051225_toujishiyoukan-02.jpg
写真中央に見えるのが東ゲート

東ゲートは長久手会場に3つあるゲートのうち唯一残っているゲートで、案内所などの建物の外装が撤去され、プレハブが剥き出しとなっている。

本格的な撤去はもう少し先のようです。

20051225_toujishiyoukan-03.jpg
陶磁資料館南駅から東ターミナル跡地を望む。

名古屋近郊や会場周辺各地から来るシャトルバスが主に利用したターミナルで、既に更地になっているものの大階段やエレベーターなどの設備が残されているのが分かります。

20051225_toujishiyoukan-04.jpg
陶磁資料館南駅。

ここは万博開催当初、混雑する万博会場駅を避けてリニモに乗車できる穴場だったんのですが、次第に知れ渡るようになり、最終的には並んで待たねければならないほど混雑した駅です。
(考えることはみな同じですね・・・)

さて、ここで東ゲートから長久手会場へ通じる東トンネルの真上辺りまで歩いてみました。
東ターミナルがあった頃は進入路が設けられていたのですが、閉幕後は撤去・再整備されてました。
歩道を見ると新たに舗装された場所が元々それが有ったのだと分かります。

20051225_toujishiyoukan-05.jpg
東トンネルの真上あたり。

これ以上は接近できなかったものの東ゲートが見えます。

20051225_toujishiyoukan-06.jpg
モリゾー・ゴンドラの支柱とリニモの2ショット。

東ゲート周辺の見聞を終えて、再び陶磁資料館南からリニモに乗車し万博八草へ向かいました。

→次ぎに続く。

category: 愛知万博の足跡を巡るお出かけ

tb: 0   cm: 0

2005年12月25日 3ヶ月ぶりの名古屋来訪記7 リニモで巡る夢の跡 その5  

次は去年12月現在の万博会場駅周辺の様子です。

仮設のホームは藤が丘方面の仮ホームと関連フロアのみ撤去されただけで、万博八草方面の仮ホーム等はいまもそのままとなっています。

南側の工事が終わるまでは当分このままで、本設の出口が完成してから北側の出口を閉鎖して撤去が開始されるのかなと想定してますが・・・。

20051225_banpakukaijo-06.jpg
2005年12月現在も残されている万博八草方面側のホームなどの仮設備。
これらの仮設備の撤去工事は南側の工事が終わるまでは当分このままだと思います。

20051225_banpakukaijo-05.jpg
写真奥に見える歩道橋が撤去されていますが、本設のようにも思えるので工事終了時には再び駅コンコースと結ぶのではないのかなと・・・。

20051225_banpakukaijo-09.jpg
これは会場間燃料電池バスであるFCHV-BUSのターミナル跡です。
奥に見えるのが北ゲートの回廊とトヨタグループ館のモジュール

20051225_banpakukaijo-07.jpg
これは北ターミナルの工事の看板
「北ターミナル整備工事 その2」と言うのがポイント。

20051225_banpakukaijo-08.jpg
北ターミナルの跡地
北ターミナルは万博八草シャトルバス(混雑時に運行)として利用されていました。

今度は東ゲートとシャトルバスの拠点でもある東ターミナルに隣接していた陶磁資料館南駅へ向かいます。

→次ぎに続く。

category: 愛知万博の足跡を巡るお出かけ

tb: 0   cm: 0

2005年12月25日 3ヶ月ぶりの名古屋来訪記5 リニモで巡る夢の跡 その3  

公園西から再びリニモに乗り万博会場駅へ向かいます。

20051225_linimo-02.jpg
リニモHSST-100形の運転台。

編成番号の上に張られていたモリゾーとキッコロは既にありませんでした・・・。
車中からは長久手会場の現在の様子が伺えます。

20051225_expo_m01.jpg
遊びと参加ゾーン。
チラッと見える建物はロボットステーションとわんぱく宝島です。

20051225_expo_m02.jpg
EXPOホールの跡地です。
写真左側がグローバル・コモン6とEXPOドームで、中央が「ときめき愛ランド」の跡地、右側がロボットステーションとわんぱく宝島です。

20051225_expo_m03.jpg
三菱未来館の跡地。
EXPOドームとグローバル・コモン6の間に見えるのが、解体中の名古屋市パビリオン「大地の塔」です。

#ここまでがリニモの車中から撮影したものです

20051225_expo_m04.jpg
北ゲートの跡地。
左側に見えるのがグローバル・コモン1と2、左側に見えるのがグローバル・ハウス。

20051225_expo_m05.jpg
万博会場駅ホームからグローバル・ハウスを撮影。

このグローバル・ハウスの建物自体は愛知青少年公園だった当時からあったもので、これを万博用に改築して使用されていました。

ちなみに室内プールをオレンジホール、アイス・スケート場をブルーホールとして利用されていました。
閉幕後は元の室内プールとアイススケート場に戻されます。

20051225_expo_m06.jpg
先の写真の中央付近を拡大したもの・・・。
(何か分かりますね?)

この後、万博会場駅周辺の様子を見てきます。

→次ぎに続く。

category: 愛知万博の足跡を巡るお出かけ

tb: 0   cm: 0

2005年12月25日 3ヶ月ぶりの名古屋来訪記4 リニモで巡る夢の跡 その2  

藤が丘からリニモに乗り万博跡地へと向かいます。
まずは西ゲートの最寄り駅であった公園西です。

西ゲートは3ヶ所ある長久手会場の入場ゲートの中で私が唯一利用しなかったゲートで、ここは主に団体客をメインにしていたことから団体専用バスのターミナルと駐車場が設けられていました。

この場所は名駅シャトルバスやリニモで何度も見てましたが、実際にここへ降り立つのは初めてです。

20051225_koennishi-02.jpg
公園西駅ホームから南側を撮影。

既に更地なって元の状態が分からなくなってますが、当時は土嚢が積まれている辺りが自転車置き場で、緑地帯の脇を通る管理道路側に動く歩道があり、写真左側に見える重機から写真中央辺りまでが団体バス用の西ターミナルがあったところです。

更に少し先に見えているのが、NEDOパビリオンとグローバル・コモン3で、最近見た新聞の記事によると現在は内部は全て撤収されて、残っているのは協会側から提供された建物の本体(モジュールと呼ばれています)だけだそうです。

20051225_koennishi-03.jpg
公園西駅ホームから北側を撮影。

駅の北側も団体バス乗り場と駐車場が設けられていました。
今は綺麗サッパリ何もありません・・・。

20051225_koennishi-01.jpg
思っていたよりも小規模な公園西駅。
リニモは基本的に一部の駅を除き無人駅です。

20051225_koennishi-04.jpg
閉幕後も数年間は地元の自治体の運営で残される大観覧車。

この大観覧車はモリゾー・キッコロメッセにあり、再整備後も大観覧車は残されますが、他は一部を除き撤去されるとの事です。
再び、リニモに乗ってメインの北ゲートがあった万博会場駅へ向かいます。

→次ぎに続く。

category: 愛知万博の足跡を巡るお出かけ

tb: 0   cm: 0

新年の挨拶とサイト移行のお知らせ  

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

さて、去年から準備を進めていたのサイト移設に関することですが、今年1月1日から公開を始めました。
全てのコンテンツを一括で移設出来ない事から、現在のところ暫定という形で現サイトと併用で運営することにしました。

万博来訪記も含めて新たに追加されるコンテンツに関しては、新サイトの方で公開します。

新サイトのURLアドレスは以下の通りです。
http://dkkawachi.web.fc2.com/

今後とも当サイトとブログを宜しくお願いします。

2006年1月1日
DK-Kawachi@管理人

category: サイト更新情報とお知らせ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop