DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2005年05月
2005年05月の記事一覧

2005年5月5日 JR久宝寺駅レポ2  

久宝寺駅のレポの続きです。

先の道路が一歩通行なのは、下の写真を見れば分かります。

20050505_jr-kyuhoji-07.jpg
北側は用地買収がうまく行ってない為か、ご覧のとおり一車線です。

20050505_jr-kyuhoji-06.jpg
こちらは同じく歩行者・自転車専用通路。

最後はJR久宝寺駅舎の写真。

20050505_jr-kyuhoji-08.jpg
JR久宝寺駅南口。
ここにはエスカレーターが用意されています。
エレベーターは写真中央に1ヶ所と西側にもう1ヶ所あり、周辺の建物とを結ぶペデストリアンデッキがありますが、肝心の建物が殆どないため、工事中であったり、行き止まりだったりします。

20050505_jr-kyuhoji-09.jpg
同じく北口。
こちらはエスカレーターがなく西側に階段と東側にエレベーターがある。

20050505_jr-kyuhoji-10.jpg
先に提示した南口の丁度反対側の写真。
エレベーターはこちら側にあり、前方は小規模のロータリーがある。

ここも10年前とは随分変ったなーと思いつつ大阪外環状線の見聞へ向かいました。

「JR久宝寺駅レポ」終わり。
スポンサーサイト

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 2

2005年5月5日 JR久宝寺駅レポ1  

大阪外環状線の工事や八尾市の都市整備事業により変わりつつあるJR久宝寺駅を見て参りました。

20050505_jr-kyuhoji-01.jpg
現在のJR久宝寺駅。

大阪外環状線見聞と前後してますが、時系列ではこちらが先となります。

かつて久宝寺は竜華操車場を挟み上下線が離れてホームが配置されてました。
その後、操車場が廃止、しばらくそのままにされてましたが、八尾市の都市整備事業に関連し下り線が北側に寄せられて現在の2面4線に変更。

竜華操車場を含めた跡地は現在整備中となっています。

東側に八尾市立病院が出来、駅前にはバスターミナルが完成した様子なので今回、外環状線を絡めて見てくることにしました。

20050505_jr-kyuhoji-02.jpg
新たに整備されたバスターミナル。

20050505_jr-kyuhoji-03.jpg
JR久宝寺駅に乗り入れるバスは近鉄バス。
写真の車両は日野自動車製「リエッセ」

JR久宝寺駅に乗り入れるバスは近鉄バス「08」「09」「100」系統。
「08」系統はJR八尾駅経由で近鉄八尾駅。
「09」系統は東大阪市の南西部の大蓮(おおはす)経由で布施駅前
「100」系統は八尾市のコミュニティバス「愛あいバス」の竹渕ルート
「愛あいバス」の詳細はこちらです。

以下の写真は2点とも南側からの撮影です。

20050505_jr-kyuhoji-04.jpg
自転車と歩行者専用通路。

20050505_jr-kyuhoji-05.jpg
一見、対向2車線のように思えますが実は一方通行です。
理由は次ぎの記事で明かします。

→次ぎに続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

週末日記 2005年5月28日~5月29日  

2005年5月28日(

この日も朝から仕事と言うことで、いつも通り行って来ました。

月末と言うことと、納期が迫っているモノが多数抱えていることから(週末で時間が限られていると言う意味で→)必死でこなし、終わった頃には「燃え尽きた・・・」と言わんばかりに放心状態になっている私が居ました。

この状況がここ一週間続いており、「ブログの更新+掲示板にちょこっと書き込み」がやれる程度が精一杯でした。
つまり、休みの時しかサイトの更新が出来ないということです・・・。

この日の深夜に阪急の3300系を写真館にようやくアップできただけですから、進捗具合が知れてますね。


2005年5月29日(

昨日の疲れからこの日は一日中寝てまして、ふと起きてみると18時を回ってました。
寝たのが深夜1時過ぎでしたから、実に17時間寝てましたね。(ダメダメやん!)

30日は夜勤なので、深夜中起きているにはある意味都合がよいのですが、一日もったいないことしたな~と思ってしまいます。

この後、ビデオに録って溜めたままにしていたテレビ番組を見たり、サイトの更新準備を進めたりして一日が終わってしまいますけどね。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

ここは何処でしょう!その2  

Q.元々ここにはある施設がありました。
現在はなくなりほぼ更地になっています。そのある施設とは何でしょう?

20050521_ayameike-01.jpg

A.あやめ池遊園地があった場所です。

ここは、幼少の頃に両親や従姉達とで何度か来ました。
閉園して1年経ち、今はご覧の通りです。

5月21日に近鉄菖蒲池の下りホームから撮影しました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

2005年5月5日 大阪外環状線見聞3-2  

大阪外環状線見聞の続きです。

20050505_sotokanjo-04.jpg
JR大和路線と合流する辺り。
手前にある橋梁は大阪外環状線を大和路線の上下線の間に割り込ませるため、下り線を移設する際に新たに付け足されたもの。
この辺りから旧蛇草信号所辺りまで高架桁が徐々に構築されている。

20050505_sotokanjo-02.jpg
大和路線・加美駅の改札口の前から撮影。
バラストが新しい部分が橋梁が新たに付け足された部分で、右側の下り線が移設されたのが分かる。

20050505_sotokanjo-03.jpg
先の写真の手前にある踏切から左へ進んだところにある場所を撮影。
元は城東貨物線の踏切があった場所で永らく放置されていた場所ですが、ここも工事が行われていて重機が持ち込まれていました。

大阪外環状線の工事は城東貨物線を電化と旅客化を行うものですが、俊徳道~加美間の連続立体交差事業も絡められていて、放出と久宝寺付近を除きすべて高架となりますが、盛土高架となっている俊徳道~永和間も盛土を崩して新たに高架橋が構築されてます。

今回のレポはここまでです。

category: おおさか東線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2005年5月5日 大阪外環状線見聞3-1  

静岡・東京遠征から戻ってきたGW半ば。
することが無く退屈してたので、大阪外環状線のレポをやらんといかんな~と思いJR大和路線・久宝寺へ行って来ました。

久宝寺はかつて竜華の貨物ヤードがあり上下線が離れていましたが、何年か前の工事で北側に寄せられ、その後八尾市の都市計画に基づく整備事業が行われています。

今回見聞の時はバスのりばとタクシー乗り場が整備されていました。
このレポは後ほどと言うことで本題に入ります。

大阪外環状線は新大阪~久宝寺間を結ぶ路線で放出~久宝寺間が先に着工され残りの放出~新大阪間は諸般の事情で着工されずにいましたが、このほどようやく着工される見通しが立ちました。

今回は南側の久宝寺~加美間の見聞です。

20050505_sotokanjo-06.jpg
久宝寺駅から天王寺方を望む。
両端を大和路線、中央を大阪外環状線が通ることになっている。

20050505_sotokanjo-07.jpg
同じく奈良方を望む。
おそらく間に引上げ線が設置されると思われますが、写真で見ると線路の移設が伴うかもしれません。

20050505_sotokanjo-05.jpg
府道中央環状線と交差する場所で撮影。
まずは、東側(久宝寺方)

20050505_sotokanjo-01.jpg
同じ場所の西側(加美方)
大阪外環状線はこのあたりから高架に上がり加美の手前で右側にカーブする。

長くなりそうなのでここで分割します。

→次ぎに続く。

category: おおさか東線工事の話題

tb: 0   cm: 0

デジカメと鉄道写真撮影の思い出・その1  

提示の写真は2000年8月20日に嵯峨嵐山にて撮影したものです。
実は最初のデジカメであるRICOH RDC-7で撮影した記念すべき1枚目の写真です。

20000820_jrwest_113_5300.jpg
113系5300番台・体質改善車
2000年8月20日(土) JR嵯峨野線・嵯峨嵐山にて

車両は113系5300番台で福知山運転所のS-2編成で体質改善車両でした。
編成写真として見ると後部が途切れているため完成度は決して高くありませんね。

当時、どのように撮ろうとかは一切考えず「とりあえず撮っておこう」と言う考えでした。
それが5年後の今、ひたすら編成写真を追い求めることになろうとは、想像出来ませんでしたけどね(笑)

category: 鉄道車両写真と私

tb: 0   cm: 0

ただ指をくわえて見てるだけか・・・。  

今週は土曜まで仕事で、尚且つ月末が近いので仕事を多く抱えています。

今週末に某所のオフが予定されているそうですが、先の理由で参加できるはずも無く・・・。
ただ指をくわえて見ているしかありません。

「仕事終わってから東京へ直行して、2次会に参加すれば良いじゃないですか」ということをある方から言われたのですが、なにせ17:00終わりで直行しても現地着が21:00過ぎになりますから、こればかりはどうしようもありません。

さて7月下旬までは纏まった休みがありませんが、来月は梅雨入りするかしないかの時期くらいの11日(土)・12日(日)が休みなので、また遠征しようかな~と思案しています。

GW期間中の遠征レポも先日の時点で済んだので、そろそろネタのストックが残されてない事から考えないといかんなと思いまして・・・。

さて何処へ?

category: 未分類

tb: 0   cm: 6

ここは何処でしょう!  

Q:下の写真はGW期間中にとある場所で撮影したものです。
さて、何の工事でしょう?

20050505_sotokanjo-01.jpg

A:写真は大阪外環状線の工事で、場所はJR大和路線と府道中央環状線+近畿自動車道が交差する場所の歩道橋上から撮影したものです。

ちなみに奥が加美・天王寺方、手前が久宝寺・奈良方です。

詳細は後日の日記で・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

2005年5月1日 当日の行程とあとがき  

あとがき

さて、今回の旅行は2泊3日で静岡から東京へと巡りましたが、普段は新幹線で一気に通過するところを地道に巡り沼津宿泊までやりました。

おかげで御殿場線乗車も果たせましたし、大雄山線まで乗ってしまいましたから、今度は松田連絡線を走破して真の小田急完乗を目指すため「あさぎり」初乗車とついでに箱根登山鉄道も絡めて「神奈川県内全路線完乗!」と言いたい所ですが、まだこんなに・・・。

神奈川県内で未乗の路線または区間一覧

箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅
小田急の松田連絡線
相鉄本線の大和~海老名
京急の末端部
横浜市営地下鉄の新横浜~横浜と桜木町~湘南台
こどもの国線
シーサイドライン
JR根岸線
JR南武線の尻手~浜川崎
JR鶴見線の鶴見~国道以外の全区間

う~ん。
まだ、かかりそうです・・・。

2005年5月1日の行程

目白→(山手線外回り)→池袋 8:30→(東武東上線・急行小川町行き)→8:54 ふじみ野 10:15→(東武東上線・普通川越市行き)→10:23 川越 10:45→(東武東上線・急行森林公園行き 川越市~坂戸)→10:58 坂戸 11:01→(東武越生線・越生行き)→11:19 越生 11:56→(JR八高線・高崎行き)→12:25 寄居 12:54→(東武東上線・普通小川町行き)→13:09 小川町 13:44→(東武東上線・急行池袋行き 小川町~坂戸)→14:24 川越 14:35→(川越線・新木場行き)→14:54 大宮 15:06→(東武野田線・柏行き)→16:10 柏 16:13→(東武野田線・船橋行き 新鎌ヶ谷~船橋)→16:41 船橋 17:05→(総武線・快速逗子行き)→17:29 東京 18:03→(のぞみ139号新大阪行き)→20:40 新大阪

 新規乗車

今回、撮影した車両

遠州浜名湖鉄道 
 TH2100形
遠州鉄道
 1000系
静岡鉄道
 1000形
岳南鉄道
 7000系
JR東海
 371系「あさぎり」
 211系6000番台
 313系3000番台
 115系2000番台
 113系(4連単独・4連+4連)
伊豆箱根鉄道
 5000形(ステンレス車・鋼製車)
JR東日本
 209系500番台(総武中央緩行線カラー)
 E231系通勤仕様(総武中央緩行線カラー)
 E231系近郊仕様(東海道仕様10連単独→東海道線熱海行き)
 E231系近郊仕様(東海道仕様5連単独→御殿場線山北行き)
小田急電鉄
 50000形「VSE」
 30000形「EXE」
 20000形「RSE」
 3000形(騒音防止カバー設置車両)
 3000形(ワイドドア車)
 9000形(第1編成)
多摩都市モノレール
 1000系
西武鉄道
 2000系
東武鉄道
 8000系(リバイバルカラー・ワンマン仕様)
 9050系
東京メトロ
 7000系
 07系

 新規撮影
 撮り直しまたは追加撮影

2005年5月遠征シリーズ

2005年4月29日「静岡県私鉄巡り」
2005年4月30日「足柄・相模野鉄道巡り」
2005年5月1日「東武鉄道巡り」

#おわり

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年5月1日 東武鉄道巡り5 帰阪  

残すところあと僅かとなりました。

JR船橋駅で209系500番台とE231系(通勤仕様)を撮影します。
去年、撮影したのですが、
ピントが合ってなかったので、いつか撮り直そうと機会をうかがってました。

今回、たまたま見た船橋駅が都合よく撮影出来そう思いこちらを優先したのです。

20050501_jreast_ec_209_500.jpg
209系500番台 船橋にて

209系500番台は急遽置換えが決まったので、開発中だったE231系の車体に209系の走行システムを組み合わせて製作されたもので、E231系が完成されるまでのつなぎとして投入されました。

20050501_jreast_ec_e231c.jpg
E231系通勤仕様 船橋にて

両者とも撮影に成功したので、
総武線快速逗子行きに乗り東京へ向かいます。

20050501_tokyo.jpg

20050501_jrcentral_tec700.jpg

東京から18:03発のぞみ139号新大阪行きに乗り大阪へ。

最終的に自宅へ帰って来たのは21:30頃。
翌日は飛び石連休の中の夜勤なので、夜はサイトの更新に明け暮れ1日が終わりました。

→「当日の行程とあとがき」に続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年5月1日 東武鉄道巡り5 東武野田線・柏~船橋編  

柏から船橋行きに乗り換えます。

ここから新鎌ヶ谷までは何年か前に乗車したことがありますので、今回乗車時点で未乗だったのは大宮~柏と新鎌ヶ谷~船橋ということになります。

野田線の南側3分の1に当たる柏~船橋間は逆井(さかさい)~六実(むつみ)間が単線である以外は複線化され、船橋付近や鎌ヶ谷など一部区間は高架化されています。

20050501_tobu_8000-6r02.jpg
8000系8170編成 柏にて

16:13発 船橋行きに乗車。
先に乗車した大宮~柏間の半分の約30分弱の所要時間です。

利用状況は・・・。
柏を100pで出発。
新鎌ヶ谷辺りまで来ると40p~60pにまで落ち着きます。
新鎌ヶ谷から船橋にかけての乗り込みで100pまで混んできます。

16:41 船橋に到着。
東武野田線の船橋駅はJR船橋駅の北側に隣接し、北口に東武百貨店があります。
南口は西武百貨店があり、さらに京成船橋駅がやや離れた場所にあります。

20050501_funabashi.jpg
船橋駅北口。

滞在時間もあと僅かとなりました・・・。

京成船橋駅が一部高架に切り替わっているのは知っていましたが、総武・中央線各駅停車の209系500番台とE231系を撮り直したかったのでJR船橋へ向うことにしました。

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年5月1日 東武鉄道巡り4 東武野田線・大宮~春日部~柏編  

大宮から東武野田線に乗り換えます。

20050501_omiya-02.jpg
JR大宮駅南改札口。
野田線は大宮駅の北側にあるため南改札口からだとちょっと歩かされます。

20050501_omiya-03.jpg
JRから東武野田線への乗り換え口はここ。
写真の階段を下りて奥へ進むと改札口があります。

20050501_omiya-04.jpg
1面2線とシンプルで写真手前側のみ改札口があります。
写真左側に京浜東北線が隣接してます。

野田線は大宮から船橋まで約62kmの路線で、現在は全区間の3分の2ほどが複線化されています。

列車は一部を除き柏を境に運用が分離されていて、大宮~柏間は大宮口と柏口と区間運転の列車が設定されています。

20050501_tobu_8000-6r01.jpg
8000系 大宮にて

吊り掛け車両を追い出した現在は8000系のみで運用されています。
まずは、北側の大宮~柏間を乗車します。

15:06発 柏行きに乗車します。

先頭車に乗車したのですが、既に60pの利用がありました。
(ちなみに改札口寄りにほうは100pでした)

大宮口は60p~80p辺りで推移。
春日部で大きな入れ替わりがありますが、降車のほうが多く40p~60p。
七光台辺りまで来ると10p~20pと谷間になっている感じです。
ここから柏辺りまで数名単位で乗車があるものの40p。

う~ん、どうもこの時間帯だけでは判断しかねますね・・・。

16:10 柏到着。
乗車時間が1時間4分ですが、体感的にはもっと長く感じます。

野田線の残り3分の1を完乗させるため今度は船橋行きに乗り換えます。

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年5月1日 東武鉄道巡り3 東武東上線未乗区間乗車記  

寄居から東武東上線に乗り換えて、未乗区間である寄居~坂戸を完乗させます。

20050501_yorii-02.jpg
寄居駅(南口)

東上線乗り場は南側にあり、北側がJR八高線、真ん中を秩父鉄道が1面2線ずつ利用しています。
(また中線もありますが、ここでは説明を省略します)

20050501_tobu_8000-oneman-01.jpg
8000系ワンマン仕様 寄居にて

東武東上線は今年春のダイヤ改正から小川町を境に運用を完全に分離され、これまで池袋から寄居まで直通されていた一部列車が小川町までに運転区間が縮小。

寄居~小川町間は8000系4連によるワンマン運転が開始され、同区間に投入された8000系はワンマン対応の他、LED式の案内表示装置の設置が施工されています。

20050501_tobu_8000-oneman-02.jpg
8000系に取り付けられたLED式案内表示装置

12:54 小川町行きに乗車。

山間部を走行するため概ね20p程度の利用です。
各駅のホームを見ると6連対応ですが、現行は4連までなので柵で仕切られている所がありました。

13:09 小川町到着。

20050501_ogawamachi.jpg
小川町駅

ここで昼食をとり、今度は急行池袋行きに乗車し残り区間を完乗します。

13:44 小川町から急行池袋行きに乗車。

小川町付近までは単線で今年新たに設置された信号所から池袋方は複線化されています。

このまま池袋へ戻っても面白くないので、川越でJR川越線に乗り換え大宮へ向い東武野田線に乗ってしまおうと思い川越まで乗ることにしました。

利用状況は・・・。
小川町発車時で20p
森林公園発車時で60p
坂戸発車時で80p(この時点で東上線系統は全て完乗しました。)
川越到着時で100p

14:24 川越到着。
ここから川越線に乗り換えます。

14:35 快速新木場行きに乗り換え。
よく考えたら、東武東上線と川越線・埼京線という組み合わせで乗車することが多かったような気がします…。

14:54 大宮到着。
大宮はリニューアル工事が施工されているようで、以前来たときから想像できない程、綺麗になってました。

20050501_omiya-01.jpg
駅とは思えないほど綺麗に変貌した大宮駅の改札内コンコース。

大宮からは東武野田線に乗車します。

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年5月1日 東武鉄道巡り2 越生線~JR八高線乗車記  

50000系を捉えるのを諦めたのですが、このまま戻るのはもったいないので越生線と東上線の未乗区間に乗車することにしました。

川越から10:45発の急行森林公園行きに乗り、坂戸へ移動。
坂戸から11:01発の越生行きに乗り換えます。

20050501_tobo_8000-2r01.jpg
8000系2連+2連 越生にて

単線である越生線の道中はいたってのんびり・・・と言いたい所でしたが40p~60pの利用がありました。

11:19 越生に到着。

20050501_ogose.jpg
越生駅。

越生はJR東日本が管理。
自動改札機がないため、パスネットは下車時に精算窓口にて処理機にかけられますが、乗車時は券売機で乗車券を購入しないとならないためちょっと不便を強いられます。
ちなみにSuicaには対応していて、簡易型読取機が設置されていました。

ここから八高線に乗って寄居へ移動します。
11:56発 高崎行きに乗車。

20050501_jreast_dc_110.jpg
キハ110形 越生にて

登場して結構経ちますが、この車両に乗るのは初めてでした。
ここでの利用状況は小川町で入れ替わりがあるものの40p~60pでした。

山間を縫うように進んで行くと急に住宅地が見えてくると小川町、再び山間を縫うように進んでようやく寄居に到着。

20050501_yorii-01.jpg
寄居駅(北口)

寄居は自動改札機が設置されてまして、パスネット・Suicaとも対応してます。

ここから、東武東上線に乗り換えて未乗区間を完乗させます。

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年5月1日 東武鉄道巡り1 50000系を追え!  

6:30 起床
7:30 朝食を済ませ、8:00過ぎにチェックアウト。

今日は、まず東武50000系を捉えることにします。
この後のことは、全く考えずですが・・・。

とりあえず池袋へ移動します。目白からたった一駅ですが・・・。

まずは、山手線のホームから撮影します。

20050501_tobu_10000-01.jpg
10000系8両編成 池袋にて

早速、東上線に乗り換えふじみ野へ向かいます。
ふじみ野にするのは東武東上線で編成写真を撮影するには都合がよいからです。
(後日調べたのですが、ここは比較的知られた撮影場所だそうです。)

どんな感じかと言うとホームの配置が以下の写真のようになっていて、10両編成を綺麗に収めることが出来るからです。

20050501_fujimino.jpg
ふじみ野の下りホーム池袋方から撮影。

ここで50000系が来るのを待ち受けたのですが、全く来ないですね(苦笑)
代わりに↓これが来たんですね・・・。

20050501_tobu_8000-oldcolor.jpg
8000系リバイバルカラー ふじみ野にて
(写真は登場当時の塗装にリバイバルされたもの)

これもレアモノだそうですが、こういう所で引き当てても意味ないので・・・。

20050501_tobu_9050-01.jpg
9050系 ふじみ野にて

20050501_tokyo-metro_7000.jpg
東京メトロ7000系 ふじみ野にて
写真の編成は3次車以降の編成で、引き当てできる確立は5割ぐらいか・・・。

これじゃ埒が明かないので川越へ移動します。
既に東上線に入って1時間半、これでダメなら断念するしかありません。

川越へ移動する時に乗ったのが東京メトロの07系だったので、折り返しで来るのを狙います。

20050501_tokyo-metro_07.jpg
東京メトロ07系 川越にて

ここで待っても来るのは8000系と10030系だけ・・・。
どうやら運用に入ってないらしく、これ以上待っても意味はないと判断。
今回は諦めることにしました。

10:45 50000系追跡を断念。屈辱です(泣)

5月下旬に開催される某所のオフが東上線なので、その時に捉えても良いのですが、その日は仕事があることが判明。
7月の連休に上京してリベンジする事にします(悔しい~!)

→次ぎに続く。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

NTT DoCoMo premini-IIS 発表  

先日、NTTドコモからpremini(プレミニ)シリーズの第4弾としてpremini-IISが発表されました。

現行モデルのpremini-IIはソニーエリクソン製のS506icをベースにFeliCa機能を省き小型化されたもので型番としては「S506i」とされています。

今回のpremini-IISは現行モデルの後継機種で型番が「S506is」のなっています。

デザイン的な点から見ると細長い数字キーが標準的な形状に戻されて、全体的な印象も変わり、以前のシャープな印象から若干丸くなった印象を受けます。
個人的にはデザインが後退した感じにも受けますね・・・。
理由は「ちょっとインパクトに欠けるな」ということです。

Impress Wachiの記事
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/23815.html

ITmediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0505/13/news044.html

category: デジタル家電の話題

tb: 0   cm: 0

2005年4月30日 足柄・相模野鉄道巡り10 締めは西武鉄道で・・・  

さて、上北台からどう戻るか思案していました。

「このまま立川に戻って中央線に乗ってもおもろないし」と思っていると「そういえば玉川上水から西武拝島線に乗り換え出来るんやな。」
「あれもまだやし、西武新宿線も東村山から新宿方はまだやし、それやったら高田馬場で乗り換えたら(当日泊まるホテルのある)目白までは山手線で一駅やし、よし決めた!」

ということで、玉川上水から西武拝島線に乗り換えて西武新宿線の高田馬場へ向うことにしました。

玉川上水駅は西武拝島線の乗換駅です。

20050430_tamagawa-josui-01.jpg
西側に面する、多摩都市モノレール玉川上水駅。

20050430_tamagawa-josui-02.jpg
通路を挟んで東側に面する、西武拝島線玉川上水駅。

20050430_tamagawa-josui-03.jpg
中線を挟み込んだ2面3線構造の玉川上水駅のホーム。

20050430_seibu_2000.jpg
小平までは写真の新2000系。

この列車は玉川上水から折り返しであるが、拝島から来る当駅止まりと接続をとってから発車する。

19:56 玉川上水を出発。
利用状況は40p~60pほど。

小平で20:08発の急行に乗り換え高田馬場へ向かいます。
こちらの利用状況は60p~100p。

20:31 高田馬場に到着。
ここから山手線に乗り換え目白へ向かいます。

20:37 目白に到着。
長かった1日がようやく終わります・・・。

20050430_hotel-mets_mejiro.jpg
4月30日の宿は「ホテルメッツ目白」

実は今年1月に上京した際に田端のホテルが満室だったため代わりに利用したのですが、今回は翌日に東武50000系を撮る目的があるためここにしました。

30日はここで終了。
翌日の東武50000系捕獲に向け体を休めます。

2005年4月30日()の行程

沼津 8:40→(御殿場線国府津行き)→9:55 松田⇒新松田 10:17→(小田急線・急行箱根湯本行き)→10:31 小田原 10:48→(大雄山線大雄山行き)→11:09 大雄山 11:26→(大雄山線小田原行き)→11:47 小田原→(東海道線・普通東京行き)→国府津 13:36→(御殿場線山北行き)→13:51 松田⇒新松田 13:55→(小田急線・急行新宿行き)→14:15 伊勢原 14:45→(小田急線・急行新宿行き)→ 14:52 本厚木 15:22→(小田急線・急行新宿行き)→15:41 町田 16:52→(小田急線・急行新宿行き)→17:00 新百合ヶ丘 17:05→(小田急多摩線・区間準急唐木田行き 多摩センター~唐木田)→17:20 唐木田 17:48→(小田急多摩線・各駅停車新百合ヶ丘行き)→17:53 多摩センター 18:07→(多摩都市モノレール上北台行き 立川南~上北台)→18:43 上北台 19:25→(多摩都市モノレール多摩センター行き)→19:28 玉川上水 19:56→(西武拝島線・普通西武新宿行き)→20:06 小平 20:07→(西武新宿線・急行西武新宿行き)→20:31 高田馬場 20:35→(山手線外回り)→20:37 目白

 新規乗車
⇒ 徒歩

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 2

2005年4月30日 足柄・相模野鉄道巡り9 多摩都市モノレール乗車記  

多摩都市モノレールを完乗させるため、唐木田から多摩センターへ戻ってきました。
実は先の小田急多摩線と共に予定外の乗車でしたが「折角ここまできているので、一緒に完乗してしまえ!」思い乗ってきました。

その前に先に乗車した9000形がトップナンバーだったので折り返しで入線した時に撮影。

20050430_odakyu_9000-01.jpg
9000形9001編成 唐木田にて

17:48発の各駅停車新百合ヶ丘行きに乗車(車両は8000形車体更新車)。
小田急多摩センターへ移動し、多摩都市モノレールへ乗り換えます。

時間は18:00前となり、夕暮れ。

20050430_tama-monorail_tamacenter-01.jpg
多摩都市モノレール・多摩センター駅。
写真左側が行き止まりで、右側が立川・上北台方面です。

20050430_tama-monorail_tamacenter-02.jpg
多摩モノレールのホーム北側から撮影。
写真左側が京王相模原線、右側が小田急多摩線です。


20050430_tama-monorail_1000.jpg
1000系

18:07発 上北台行きに乗車。
所要時間は約36分。

多摩都市モノレール自体は乗車してますが、全線開業の頃に南側の立川南~多摩センター間に乗車しただけで第1期開業区間も含めた立川南~上北台間は未乗でした。

立川まで来るとすっかり暗くなり、住宅街や商業地の明かり辺りに広がります。

利用状況は・・・。
多摩センター発車時40p
高幡不動で60pまで乗り込み立川南まで乗り込みがあり80p~100p程度に。
立川南で一気に降車、20p~40p。
立川北から若干乗車があり60pまで乗り込むものの玉川上水到着までに20pまで緩和されそのまま上北台へ。

18:43 上北台到着。

20050430_tama-monorail_kamikitadai.jpg
上北台駅。

ここから戻ると本日の泊まる予定のホテルのチェックイン時間に丁度いいタイミングで入れるので、近くのお店で軽く夕食をとりながら何で戻るか思案してみました。

→次ぎに続く。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

2005年4月30日 足柄・相模野鉄道巡り8 小田急多摩線乗車記  

某さんと別れた私は、多摩センターから唐木田の一区間だけ残したままにしている小田急多摩線を完乗させるため町田から急行に乗車し新百合ヶ丘へ向かいます。

新百合ヶ丘からは17:05発の区間準急に乗り換え唐木田へ向かいます。

20050430_odakyu_9000-sse01.jpg
小田急の区間準急 新百合ヶ丘にて

いつも区間準急を見る時は3000形や2000形とかLED式行先表示の車両しか見ないのですが、字幕式の9000形が使用されていたので逃さず撮りました。

多摩線の唐木田とはるひ野以外の各駅で現在リニューアル工事が行われていて、ホームが一部狭くなったりしてました。

利用状況は多摩センターまで60p~80pの利用があります。
唐木田到着時は40p~10p程度でした。
逆方向も同じ感じです。

17:20 唐木田駅に到着。
唐木田駅は2面3線で改札口に通じる階段はホーム中ほどには無く、西側の端っこにあり、最後尾に乗車すると120m~200m歩かされる羽目になります。
また西側に車庫を構えています。

20050430_karakida-01.jpg
小田急唐木田駅。

20050430_karakida-02.jpg
ひっそりしている唐木田駅のホーム。

これで小田急線は松田の連絡線だけが残りました。
「折角ここまで来たので、多摩モノレールも完乗しよう」と思い、折り返し小田急多摩センターへ向かいました。

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年4月30日 足柄・相模野鉄道巡り7 50000形「VSE」を追え!  

某さんと再会を果たした後は、50000形VSEが来るのを二人で待つことにします。

待っている間、町田へ移動した時にすれ違った3000系床下カバー取付編成と遭遇!
6両編成でホーム中ほどに停まったので思わず走って撮っちゃいました(笑)。
もはやここまで来ると病気ですね・・・。

20050430_odakyu_3000-03.jpg
3000形3263編成。町田にて

この後にVSEが通過してきます。
町田はホームの両端の幅は普通ですが、手持ちのデジカメだと標識類などが邪魔して無理なので下りホーム端から挑むことにしました。
反対側の上りホームには一眼レフを持った御方が準備をしており、VSEを狙いに来たことが一目でわかります。

先の各駅停車が出て2分後、本日のターゲット50000形「VSE」がこちらに向ってきます。
カメラを最望遠にし、フォーカスロックをして狙いを定めます。
緊張の一瞬!そして・・・。

ついに撮れました!

20050430_odakyu_50000-02.jpg
写真はスーパーはこね28号新宿行き。
(後刻、PCで確認したら若干ぶれてました。う~ん・・・)

念のためもう一度とるため、20分後に来るもう1編成のVSE(箱根湯本行き)を狙います。
こういう時、2編成あるのは非常にありがたいですね。

上りホームへ移動するため小田急百貨店側の階段を利用したのですが、まあ薄暗く狭い階段なので、某さん曰く「秘密基地みたい」と・・・。

そして16:40。VSEが使用されている特急はこね37号箱根湯本行きが到着します。
今度は町田停車なので確実に仕留めます!

20050430_odakyu_50000-01.jpg
停車時のショット。

到着後、親子連れがVSEを撮りに集まりだしミニ撮影会と化します。

20050430_machida.jpg
撮影会化した町田駅でのショット

約2分近くの停車で、こちらも十分な枚数を撮影できました。

VSE撮影という当日の目的を果たした後、多摩線で唯一残している多摩センター~唐木田を乗ることにして、某さんとはここでお別れ・・・。

私は16:52発の急行新宿行きに乗り新百合ヶ丘へ向かいました。

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 3

2005年4月30日 足柄・相模野鉄道巡り6 町田編  

本厚木から町田へ移動しました。

ここで、50000形VSEを通過する上りと停車する下りで捉えることにします。
先に上りが通過するのですが、40分ほど時間があります。

この時点で某さんを追い越したようなので、町田でVSEを捉えると掲示板に書き込み、しばしの退屈凌ぎとしてリニューアル工事中のホームと改札口を見てきます。

今は階段の一部が閉鎖されている状態で新たに設置されたと思われる下りのエスカレーター使用されてました。
こうしてみて回るを小田急町田駅は人が多い割りに手狭な印象です。

VSEが上りで通過してくるのに備え下りホームへ移動します。

到着した急行新宿行きがワイドドア車の3000系1次車従えて来たのですが、最広角でも無理なので発車のタイミングに合わせてデジカメを構えて集中していると、なにやら怪しいオーラが近付いてくる気配がします・・・。

列車の動きを注意しながらチラッと目をやったのですが、眼鏡のフレームの外に見えたなので誰なのかよく判りません。
その人はニコニコとしながら一歩一歩、私のほうに向って来るではありませんか。
「ま、まさか・・・(汗)」

その直後、急行新宿行きが発車して行ったのでタイミングを合わせシャッターを押します。

20050430_odakyu_3000-02.jpg
その時の写真がこれ。

何とか撮れたのでホッとして横を見ると某さんがそこに・・・。
「あっ!」
そしてついに某さんに捕らえられてしまいました(笑)

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年4月30日 足柄・相模野鉄道巡り5 伊勢原~本厚木編  

松田から小田急に乗り換え、今度は最終撮影場所として決めている町田を目指し東へ進みます。

13:55発の急行新宿行きのかろうじて乗れ、3両目に座ります。
早速掲示板にチェックを入れます。
新松田から急行新宿行きに乗車したことを書き込みます。

やはり新しい携帯はバッテリーの持ちが良く、C3003Pの時に比べれば雲泥の差です。
以前ならちょっとヘビーな使い方をすると午後には簡易型充電器を付けなればならなかったのですが、今のところまだまだいけるようです。

ちょこちょこ降りて撮影するので、まずはどこで降りますがここでは接触を図ろうとするしている某さんの行動を意識しなければいけません。
しかし、まずは撮影優先と言うことで最初は伊勢原で撮影することにしました。

14:15伊勢原に到着。
事前チェック段階で某さんが近くに居るらしく周囲を警戒しましたが、見当たらないようなので安心して降車。

ところがここで入れ違いになったことを後で知ります。
松田の時ほど接近していなかったようですが、せめてVSEの撮影までは・・・と思っているのでこれは危なかったです(汗)。

安心して撮影開始。
ここでは、到着または通過する下り列車を狙いに・・・。

20050430_odakyu_20000.jpg
20000形 RSE 伊勢原にて

撮影中50000形VSEが通過したのですが、上り急行と被ってしまい撮れませんでした(泣)

じっとしているのもなんなので、本厚木へ移動します。
これは、10000系を狙おうと考え特急の停車駅と言うことで本厚木にしました。
編成写真としては難がありますが、実は停車位置の微妙な関係で上りホームの小田原方から撮影すると印象的なショットが得られます。
これは朝ラッシュ調査の合間でやった新大阪での撮影経験で得たことです。

20050430_odakyu_30000.jpg
30000形 EXE 本厚木にて

20050430_odakyu_3000-01.jpg
3000形3655編成 本厚木にて

本厚木ではVSEの遭遇したのですが、これまた逃してしまいます。
またこの間、なぜか8000形と5000形or5200形の組み合わせばかり見ます。
何故・・・。

そろそろVSE撮影を前に町田へ行きたいので、掲示板のチェックすると某さんは数駅先に居る模様・・・。

15:22発の急行に乗車し町田へ移動します。

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年4月30日 足柄・相模野鉄道巡り4 御殿場線乗車記2  

御殿場線で松田以南を残して小田急に乗り換えたのですが、これには訳があります。
実は国府津13:36発の山北行き(2559M)に使用される車両がE231系であるというのを知り、ネタ的にこれに乗らない手はないと思いまして、国府津~松田間の乗車に際しあえて狙うことにしました。

13時前に国府津に到着ししばらく待っていると、E231系の10連口が到着します。
湘南新宿ラインの系統にしては時間が違うようなので案内放送をよく聞くと、熱海行きと言っているようで東京発の列車であることが分かりました。
E231系が東京発着系統にも使用され始めたのは知ってましたが、写真を収めていないので早速収めました。

20050430_jreast_e231sb-01.jpg
東海道線の東京口にもE231系が進出している。
写真は東海道線普通熱海行き(795M)

20050430_jreast_e231sb-02.jpg
証拠として撮影。
行先表示が「熱海」となっている。

通過待ちだったので余裕で撮影できました。

肝心の山北行きがどっちのホームに着くのかよく分からずにいると御殿場線から313系3000番台2連が到着「え、あれが山北行きか?」いや、違いました山北行きの後で出る14:02発の沼津行き(2563G)でした。

同時に2番線から東京方に引き上げていた何かが入ってくるようです。
近付いてくるのはE231系5連。あれが山北行きでした。
今回は当たりです!

20050430_jreast_e231sb-03.jpg
御殿場線山北行き(2559M)に使用されるE231系5連

撮っていると時間がないので早速乗車。
程なく発車し松田へ向かいます。

利用状況。
まあ~、お昼なので少ないこと~。20pしかありません。

13:51 松田到着。
本日2度目の南口利用です。

ここから次なる獲物である50000形VSEを追うため、小田急に乗り換えます。

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年4月30日 足柄・相模野鉄道巡り3 伊豆箱根鉄道・大雄山線乗車記  

某さんからまんまと逃げた後は、大雄山線に乗ることにしました。
早速、小田原へ移動。

20050430_izuhakone-odawara.jpg
大雄山線小田原駅の改札口。

自動改札機が導入されています。
パスネットなどは利用出来ないとのことなので、全駅に導入されている訳ではないようです。

20050430_izuhakone_tickt.jpg
大雄山線の乗車券

大雄山線は伊豆箱根鉄道の一路線で、もう一つは三島~修善寺にある駿豆線で、いずれも未乗なので今回は大雄山線に乗車となりました。

20050430_izuhakone_5000-01.jpg
5000形。

利用状況。
小田原を20pで出発し、入れ替わりがあるものの20pまま大雄山へ到着します。

大雄山線は駅間が短い印象を受けます。
当日は昼前に乗ったため利用が少ないようでしたが、果たして・・・。

大雄山駅に到着。
ここにも自動改札機が導入されています。

20050430_izuhakone-daiyuzan-01.jpg
大雄山駅

20050430_izuhakone-daiyuzan-02.jpg
大雄山駅前にある南足柄市の観光案内図。
バスターミナル・タクシー乗り場はこの背後に構えられている。

20050430_izuhakone_5000-02.jpg
帰りは5000形の第一編成。
大雄山線唯一の普通鋼製である。

小田原で昼食をとって、御殿場線で使われる例の獲物を狙いに国府津へ向かいます。

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 2

2005年4月30日 足柄・相模野鉄道巡り2 JR松田~小田急新松田編  

ついに大捕物の火蓋が切られました!

これは鉄道系サイトでお世話になっている某さんが、今回の遠征に際し御殿場線を利用することを知り接触を図ろうと画策していたいるためです。
う~ん。どちらかと言うと鬼ごっこ的な感じです。

まずは松田~新松田の一幕・・・。

松田では駅構内の写真と連絡線の分岐に写真を収めなけらばならないのですが、この間が最も捉えられるリスクが高いのです。

20050430_matsuda-01.jpg
松田の構内の様子。
連絡線がある関係でホームの位置が異なる。

20050430_matsuda-02.jpg
小田急への連絡線。
左側は小田急小田原線へ、右側は国府津方面へ向う。

20050430_matsuda-03.jpg
小田急の新松田へは目と鼻の先にあり、
乗り換えは写真左に見える白い建物の南口を利用する。

この間、某さんとの最接近時の距離は僅か1m弱!
私は気づいてたのですが某さんは気づかなかったようで人ごみの中へ行ってしまいました。
「いや~。あぶない、あぶない~(汗)」

その気になれば私が逆に捉えることもできたのですが、それじゃネタとしてあまりにも面白くないので「もうちょっと楽しもう!」と思いつつ人ごみの一番後ろを歩いてました。

20050430_shin-matsuda-01.jpg
新松田駅。

その後、某さんは所用があったらしく姿を消しました。

20050430_shin-matsuda-02.jpg

と言うことでまずは私の勝ちです(笑)
(あとで聞いたら非常に悔しがってました。)

予定より早く進んだこともあり、国府津から乗車する山北行きにはまだ時間があることから、大雄山線の乗るべく新松田から小田原へ向かいました。

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年4月30日 足柄・相模野鉄道巡り1 御殿場線乗車記1  

4月30日 6:30に起床。

20050430_hotel-miwa.jpg

7:20に朝食を済ませ、7:40頃にチェックアウトしました。

さて、まずは今回の目玉の一つ「御殿場線乗車」と行きます。

丁度、半月ほど前に御殿場線乗車を書き込んだので、この沿線に住む某さんが「捕獲のチャ~ン~ス」とばかり様子を伺っておいでのようですが「そう簡単に捕まりませんよ!」と言いつつ最終的に捕獲されることを想定し、予め某所の掲示板に書き込んで餌を吊るしておきます(笑)

20050430_jrcentral_371.jpg
JR東海371系「あさぎり」

371系を撮りつつどの列車に乗るか伺っていると、313系3000番台と211系6000番台が併結されて来たではありませんか!

20050430_jrcentral_211_6000.jpg
国府津方には211系6000番台。沼津にて

20050430_jrcentral_313_3000.jpg
反対側には313系3000番台。沼津にて

早速写真に収めたのですが、これが御殿場線経由の国府津行きになるようなので乗車することにしました。

松田の連絡線を考慮すると、先に出発した「あさぎり2号」に乗ってもよいのですが、停車駅の関係で本厚木から戻って来る必要があり今回は見送ることにしました。

8:40発 御殿場線経由国府津行き(2538G)に乗車。
普段は2連らしいのですが当日は先述の通り4連となっていました。
最後尾に乗車し、松田まで向かいます。

御殿場線はかつて東海道線の一部として複線だったのですが、勾配が連続する難所でした。
そこで丹那トンネル経由のルート建設された。
この丹那トンネル経由のルートが完成すると御殿場線と名を変え、それまでのメインルートがローカル線へと転じ、さらに戦時中の物資提供により単線化され現在に至ります。

また御殿場線の全区間を東名高速が併走して、どう見ても鉄道じゃ話にならないのかな~という雰囲気でした。

御殿場を出ると山間の中を縫うように走り、ここから山北の辺りまでが利用の谷間になるのかなと思いつつのんびりしてます。
山北を出ると急に視界が開け、眼下に市街地が広がってくると松田はもうすぐとなります。

捕獲者が接近していることもあり、落ち着きません。

9:55 松田到着・・・。
さあ!いよいよ足柄~相模野を舞台にした大捕物の始まりです!
(やっぱり、大げさやな・・・汗)

→次ぎに続く。

category: 関東地方遠征

tb: 0   cm: 1

2005年4月29日 静岡県私鉄巡り7 沼津へ・・・。  

岳南江尾からのんびり歩いて東田子の浦駅に到着した時にはもう17:40。

20050429_higashitagonoura-02.jpg
東田子の浦駅。

20050429_higashitagonoura-03.jpg
東田子の浦駅のホームから名古屋・大阪方。

日は西の方に傾き1時間ほどすると暗くなります。

この時間は6連とか8連が多く、113系の4連×2本が走ってたりします。
もちろん写真を収めましたが・・・。

20050429_numazu.jpg
沼津駅の北口。

ここと沼津で撮影しながら時間をつぶし、ホテルへチェックインしました。
当日の宿は「HOTEL MIWA」で沼津駅北口から徒歩1分ちょっとの場所にあります。

20050429_hotel-miwa.jpg
HOTEL MIWA

29日はここで終了とし、翌日の御殿場線乗車とVSE撮影に挑むべく体を休めることにします。

2005年4月29日の行程

新大阪 7:16→(のぞみ)→名古屋 8:33→(こだま)→豊橋→(東海道線・特別快速)→新所原→(天竜浜名湖鉄道)→掛川→(こだま)→浜松⇒新浜松 12:12→(遠州鉄道)→西鹿島→(遠州鉄道)→新浜松⇒浜松→(こだま)→静岡⇒(静岡鉄道)→新清水⇒清水→(東海道線・普通)→吉原→(岳南鉄道)→岳南江尾⇒17:40 東田子の浦 18:04→(東海道線・普通)→18:22 沼津

 新規乗車
⇒ 徒歩

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 2

2005年4月29日 静岡県私鉄巡り6 東田子の浦まで歩く・・・  

岳南江尾から折り返し吉原へ戻ってもよかったのですが、それじゃ面白くありません。

20050429_gakunan_enoo-03.jpg
岳南江尾駅

事前に調べたとき東海道線・東田子の浦駅まで歩いていけることが分かっていたので、EZナビウォークの精度を確かめる意味も含めここから歩いてみようと思いました。

岳南江尾駅から倉庫と住宅街を南側へ抜けると左手にコンビニが見えます。

20050429_enoo-01.jpg
写真左側に見えるマンションを通り過ぎてから、路地に入って進むと岳南江尾駅へ。
手前側へ進むと下の写真の道を東田子の浦駅方面へ向える。

20050429_gakunan_enoo-02.jpg
あとはこの道をひたすら真っ直ぐ進むだけ。

途中、右手に倉庫らしき建物が見えると後半分くらいの距離。
さらに進んで橋を渡ると運送会社の建物が見え下の写真にある交差点を至ります。

20050429_enoo-03.jpg
写真の交差点をさらに進むと東海道線が見えてくるもう少し・・・。

20050429_higashitagonoura-01.jpg
目の前に東田子の浦駅のホームが見えるが、駅舎は南側にあるためこの先にある交差点を右へ曲がり100m程進むと東田子の浦駅に到着します。

道中は富士山が見える場所ですが、基本的に冬場にしか見えないのでこの時期に見るのには無理があります。
まあ、富士山を撮りに来たわけではないので気にしませんが・・・。

距離にして約2kmほどでした。

→次ぎに続く。

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 2

2005年4月29日 静岡県私鉄巡り5 岳南鉄道編  

静鉄新清水から徒歩でJR清水まで向います。

20050429_shimizu.jpg
JR清水駅は自由通路を兼ねた立派な橋上駅舎と代ってました。

清水から熱海行きに乗り吉原へ向かい岳南鉄道乗車を目指します。

到着した吉原駅は東側にJR改札口、西側に岳南鉄道の改札口と乗り換え用連絡通路がある。

20050429_jr-yoshiwara.jpg
東側にあるJR吉原駅。

20050429_gakunan-yoshiwara.jpg
西側にある岳南鉄道吉原駅。
JRの連絡通路がある。

20050429_gakunan-tickt.jpg
岳南鉄道の乗車券。
これまた硬券です。

20050429_gakunan_7000.jpg
車両は7000系。

元京王3000系で北陸鉄道などにも譲渡されたのですが、両運転台に改造されたのはこの7000系だけです。

いたってのんびりした路線ですが、工場群の中を縫うように走る様子は工場の構内にいるような気分です。

途中1編成しかない2両編成の8000系とすれ違ったのですが、撮れませんでした。

約20分で岳南江尾に到着。
一見住宅街の中にあるようですが、南側は田んぼばかりで・・・。

20050429_gakunan_enoo-01.jpg
20050429_gakunan_enoo-02.jpg
岳南江尾駅の構内。
横切るのは東海道新幹線の高架橋。

このまま、折り返しで戻っても面白くないので歩いてみましょうか。

次ぎに続く。

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop