DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2005年04月
2005年04月の記事一覧

2005年4月29日 静岡県私鉄巡り2 天竜浜名湖鉄道編  

豊橋から特別快速浜松行きの乗り新所原へ、ここから最初の目的である天浜線に乗り換えます。

新所原はJRと天浜線とは駅舎が別になっていますが、JR東海が自動改札機を東海道に順次導入を進めていることと、最近自動改札の運用を変えてきたため一部駅を除き入出場とも自動改札機を通る必要になったことから細い連絡通路にも簡易型改札機が導入されていました。

20050429_tenhama-tickt.jpg
天浜線の切符。
全線乗り通しで1280円。

20050429_tenhama_th2100-01.jpg
今回乗車した車両はTH2100形。

天浜線は西半分を浜名湖の北側を走行し天竜川を渡り掛川へいたる路線です。
車両自体は開業当時の車両がほとんど残っていらず、近年投入されたTH2100形に置き換えられています。

利用状況は概ね20p~40p程度で部活通いの学生などで入れ替りもありました。
あとは掛川に近付くと60pぐらいになります。

20050429_mikkabi.jpg
天浜線の西半分は浜名湖に沿って走行する。
写真は三ヶ日にて撮影。

20050429_tenhama_th2100-02.jpg
アイコンゲッター的ショットでは面白くないので、編成写真として撮っておきました。三ヶ日にて。

途中の天竜二俣ではトロッコ列車を見かけたのですが、隠れる形となったため撮影できず見送ってしまいました。

掛川から新幹線に乗り換えて浜松へ向かいました。

→次ぎに続く。
スポンサーサイト

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年4月29日 静岡県私鉄巡り1 まずは豊橋へ  

今日から5月1日まで静岡県私鉄巡りと小田急VSE・東武50000系撮影を目的とした旅行へ行くことに・・・。

4月29日|初日の予定は6:30発ののぞみに乗り天浜線・遠鉄線・静鉄・岳南線の乗る予定でしたが・・・。

アルコールの気が抜けきれず、目が覚めたのは5時半。
この時点で1時間遅れることが確定。
まあ、浜松と清水で余裕を持たせているので問題は有りませんが・・・。

まずは天浜線に乗るため新所原へ向かいます。

20050429_shinosaka.jpg

新大阪でのぞみ110号に乗車し名古屋へ。
車中で軽い朝食を済ませ(というよりもあまり食べれない状態でした)

20050429_nagoya.jpg

名古屋からこだま566号に乗り換え豊橋へ向かいました。

新所原へ向う場合、この時間帯だと名古屋から東海道線の特別快速浜松行きに乗ることが出来る上に豊橋の乗換も省け金銭的にも得なのですが、どちらにしても豊橋からは同じ列車に乗るので、しばらく乗っていないこだま体験も兼ねてあえて選択しました。

20050429_toyohashi.jpg

豊橋に到着。
この場所に降り立ったという証拠として撮って置きます。

次ぎに続く。

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 2

2005年4月28日 第一回知らない街の美味しいお店の夕べ 参加記  

静岡県私鉄めぐりと小田急・東武の新車撮影旅行を翌日に控えた今日、関東在住のある方が出張で来阪されていることから「「知らない街の美味しいお店の夕べ」を開催するので如何ですか?」と言うお誘いを受けて宴に参加することになりました。

実は以前からお話は頂いていたのですが、私自身の都合が付かなかったりして何とかようやくこの日にこじつけたのですが・・・。

集合は19時に難波の予定だったのですが、いかんせん月末ということで残業が確定!
昼休みに遅れる旨を知らせておいて、19時まで仕事をこなしました。

終わるとすぐに自転車で河内小阪まで出向きそこから近鉄奈良線で難波へ向かいました。
ここなら荒本や長田よりも終電が遅く自宅にも近いので都合がよいからです。

今回は私も含め4名が参加。

主催者とは今年3月の鉄道系サイトのオフ会以来、教師を目指す方とは去年8月末のオフ会以来、先日大学生になったばかりの某さんとは去年3月以来とそれぞれの再会です。

再会も早々に、まずは近くのしゃぶしゃぶ店へ。
ここは2,200円ほどでしゃぶしゃぶ食べ放題のお店で、味もソコソコ。

ここでの大半は先日大学生になったばかりの某さんをいじることに。
内容は多様でしたが、詳しくは以下略とします。

この後はカラオケということになりました。
私が1時間遅れたことと終電を考慮し、1時間という短期戦となったのでちょっと物足りませんでした。

帰りは奈良行き終電の乗車。
なんと140p~160p、鶴橋では180pになり河内小阪まで身動きがとれない状態でした。
普段は電車の乗らないのでこの時間帯の状況を知る貴重な体験でした。
ちなみに鶴橋で見た河内国分行き最終も160p~180pでした。

自宅に帰った時には日付けが変わっていました。
明日の準備をあわただしく進め、結局寝たのは2時過ぎ。
はたして起きれるのだろうか・・・。

category: オフ会参加記

tb: 0   cm: 1

2005年4月24日 近鉄3000系を追え!  

さて、気を取り直して・・・。

桜井線のICOCAの対応機器を見てきた後は、大和八木経由で京都方面へ向かいました。

目的は近鉄唯一のステンレス車3000系を捕らえるためで、1編成しかなくなかなか捉えられず去年3週間ほど掛けてやっと捉えたのですが、
撮影当時の天気が曇りや雨だったので、天気の良いこの日に捉えたらなと思ったのです。

ひとまず京都行き急行に乗車。

橿原線内で遭遇し無かったので一番見かけることが多い大和西大寺の車庫を見たのですが、今日は留置されておらずこの時間は運用に入っていることを確認、京都線内にいるようなのでそのまま京都方面へ進みます。

しかし、ここでもすれ違うことは無く、新田辺でも見かけることが無かったのでどうやら少し先を走っていると思い桃山御陵前でいったん降りて待ち構えることにしました。

待つこと10分程して、私の予想通り3000系が到着。
天気の良い状況で撮影できました。

20050424_kintetsu_3000-01.jpg
3000系の橿原神宮前方先頭車、ク3502号。

京都方先頭車は既に編成写真として捉えてましたが、橿原方先頭車はアイコンゲッター的な構図でしか捉えてなかったので、今回は満足いくものとなりました。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

- 福知山線脱線事故 -  

ご存知のように、25日に起きた福知山線脱線事故は多くの死傷者を出し、26日現在も救助活動が続けられています。

私が、この事故を知ったのは昼の休憩の時に見たテレビ中継でしたが、そのあまりに想像を絶する状況に一瞬言葉が出ませんでした。

全容が明らかになっていないため、現時点での詳しいコメントは控えます。

この事故で亡くなられた方の冥福を祈ると共に、一刻も早く救出活動が進むよう祈ります。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

2005年4月24日 桜井線のICOCA対応設備を見る  

今日は、南海高野線の2300系を昼間に捉えようと出向いたのですが空振りに終わってしまい、河内長野から近鉄長野線に乗車し古市経由で八木西口へ向かいました。

なぜかと言うと、近くにJR桜井線の畝傍駅があるからです。

20050424_unebi.jpg
JR畝傍駅

桜井線にも先月からICOCAが利用できるようになったため、昨日のうちに天理~奈良を使って確認したのですが、無人駅に置かれている機器が簡易型自動改札機ではなくSuicaエリアで用いられている簡易型カードリーダーだったので、もう一度見ておきたかったためです。
まずは全体の写真から。

20050424_icoca-02.jpg
入口側。
ここにはICOCAの入場機とJスルーカード簡易型改札機が併設されている。

20050424_icoca-03.jpg
出口側。
ここにはICOCAの出場機と使用済み切符・運賃箱が併設されている。

20050424_icoca-01.jpg
実際にタッチするとこんな感じです。

簡易型ICOCAカードリーダーのアップ。

20050424_icoca-04.jpg
入場機

20050424_icoca-05.jpg
出場機

20050422_tenri_icoca-01.jpg
天理駅の改札口。
有人駅である天理・桜井はJR西日本標準の自動改札機が設置されている。

畝傍からは105系500番台に乗り桜井まで移動。近鉄の珍車3000系を捉えるため桜井から近鉄に乗り換えて大和八木経由で京都へ向かいました。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

2005年4月23日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞4  

先月のダイヤ改正で上り線が仮線に切り替わった東花園駅を見てきました。
配線は切替前と同じく南側から上り本線|ホーム|上り待避線と言う順になっています。
仮駅舎は線路を挟み南北に置かれている。

20050423_higashinanazono-01.jpg
20050423_higashinanazono-02.jpg
20050423_higashinanazono-03.jpg
最初の3枚の写真は仮線に設置されている仮駅舎。
順に南駅舎・北駅舎(奈良側)・北駅舎(難波側)

基本的に南駅舎は無人で、北駅舎は有人で窓口が置かれています。
で、肝心の踏み切りは仮線の使用開始で距離が長くなり踏切内に取り残される可能性を考慮し、警備員を配置しています。

20050423_higashinanazono-04.jpg
仮ホームの奈良方から撮影したもの。
奥に見えるのは既に完成した高架橋。

20050423_higashinanazono-05.jpg
仮線のホームは準急臨時停車を考慮し8両編成まで対応する。
左側には下り線の仮線工事が行われている。

20050423_higashinanazono-06.jpg
難波方にある河内花園駅との位置関係は写真の通り。
隣の駅まであっと言う間です。

移設前まで使われていた上りホームは撤去工事がまだ行われていないようで、下り仮線の敷設らしき工事が先に行われていました。

東花園のレポは以上で終わります。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tb: 0   cm: 0

半年振りのJR京都線調査  

今日、仕事が早く終わりましたので久しぶりに朝ラッシュ時の調査を行おうかと思いJR京都線へ行きました。
この時間帯の調査は10月22日以来ですから、丁度半年振りとなります。

今回は新大阪駅で下り到着時を調査する事にしました。

快速と新快速の利用状況を見るためですが、去年秋のダイヤ改正で長岡京と茨木の有効列車が快速の絞られているため、それがどのように影響しているかを見るために新大阪にしたわけです。

15番・16番のりばの京都方に陣取って調査開始・・・。
しかし同時到着が多く、とくに新快速と普通の組み合わせで頻発します。

私が立っている側に普通が先に到着するものの、少し後追いの新快速がその向こう側で普通の後2両と被ってしまい先頭から4両ほどが確認しにくい状態でした。
これではだめだと思い隣の17・18番のりばへ移動。
これならまだマシです。

調査したデータをみると新快速は増発された分、改正前に比べ20p~40p緩和され、快速は有効列車としての機能が高まった分と長岡京と茨木の停車分も含め若干込んでいる印象です。

そんな中でも撮影は欠かしません。デジカメは必ず持ち込みます。

20050422_jrwest_223_1000.jpg
朝ラッシュ時に数本設定される快速・大阪行き。
写真の列車の先頭は223系1000番台です。

20050422_jrwest_223_2000.jpg
117系時代に設定されていたのの姫路延長などで消滅し、去年秋に再び設定された新快速・西明石行き。
こちらの先頭は223系2000番台です。

上の写真の新快速・西明石行きは、去年秋まで快速・西明石行きとして設定されていた列車を新快速にスジ替えたもので今回は貴重なショットを頂きました。

調査終了後、自宅に帰ったのは10時前。
今晩も仕事なのでさっさと寝ました・・・。

朝ラッシュの調査はいつもこんな感じです。

category: 鉄道路線利用状況(混雑)調査

tb: 0   cm: 1

2005年2月26日 JR奈良駅高架工事レポ2 仮線工事を見る  

引き続きJR奈良駅工事の見聞、ここでは実際の仮線工事の様子を見てみましょう。

20050226_jrnara-07.jpg
現在の奈良駅は仮駅舎で、写真右側に旧駅舎がある。

20050226_jrnara-08.jpg
地元の要請により観光案内所として保存されることになったものの、高架工事に支障するため移設工事中の旧駅舎。

20050226_jrnara-09.jpg
仮線の完成予定図。
桜井線が1面1線・大和路線が2面3線となります。

予定図から推測すると、大和路線の仮線切替→旧ホーム撤去→大和路線部分の高架工事→大和路線の高架に切替→大和路線の仮線撤去→桜井線部分の高架工事→桜井線の高架切替と言う順になると思われます。

20050226_jrnara-10.jpg
桜井線仮ホーム京都方から撮影したもの。
写真上方にある通路は一部使用されていて、大和路線仮ホームに通じる階段部分は切替後に使用開始となります。
写真左に見えるのが桜井線仮ホームの1番のりば。

20050226_jrnara-11.jpg
20050226_jrnara-12.jpg
大和路線上り(加茂・亀山方面)仮ホーム。
写真の太い支柱は高架の橋脚で、高架後はこの辺りの真上が大和路線の下り(JR難波方面)と桜井線のりばになります。

20050226_jrnara-13.jpg
JR難波方を撮影。
一番最初に構築された高架橋の橋脚で、これは桜井線の本設用となります。

今回のJR奈良駅のレポはここまでです。

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

2005年2月26日 JR奈良駅高架工事レポ1 完成予想図と模型で見る!  

先日の仮線切替工事のリリースを見て、2月下旬に見てきたJR奈良駅の高架工事のレポをUPするのを忘れてのに気づきました(汗)

と言うわけで、今日はJR奈良駅の工事のレポです。

20050226_jrnara-01.jpg
まずは旧駅舎前にあった立体交差事業の看板

20050226_jrnara-02.jpg
完成イメージのアップ。

このイメージだと桜井線と大和路線下り(JR難波方面)とがホーム上で乗り換え出来るように配慮されている思われるのだろうか?。
答えは下のほうに・・・。

20050226_jrnara-03.jpg
20050226_jrnara-04.jpg
完成後の模型。

大和路線の方はJR難波方に引上げ線が設置されるという点は現状と同じ。
違うのは、上下線の間に設置される点です。
現行の問題点である引上げ線の出入りによる支障を最小限に防ぐためだと思われます。

20050226_jrnara-05.jpg
20050226_jrnara-06.jpg
断面図。
駅部の断面図に注目!

高架切替後は桜井線と大和路線下り(JR難波方面)とがホーム上で乗り換え出来るように配慮される模様です。

全てが完成するのは2010年度(平成22年)の予定。

→次ぎに続く。

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

携帯を新機種にしました!  

先週に携帯を無くしたまま不便な状態が続いてました。
これでは困るので、先日までに機種変更と電話番号を変更しに行ってきました。

今回は量販店ではなく、auショップで購入する事にしました。

機種変更自体はこれまで経験がなく、今回が初めてでしたが、意外とすんなり済みました。

今回選んだのは日立製のW22Hで、色はシルバーです。
(と言うより、これしか在庫が無かっただけなのですが・・・)

20050417_au_cdma2000-1x-win_w22h.jpg
au cdma2000 1x WIN W22H
写真はスライドを閉じた状態。

ちなみにストラップは暫定的に付けているもので、後日別のものに付け替える予定です。

この機種はサイズが大きいのですが、実際に使用してみると意外と使いやすい印象で、メールやWebがサクサク動いてくれるので非常に快適です。

ただ、キーの配置や割り当てや使い勝手がこれまで使用していたC3003Pと若干異なるので、その点に関してはなれる必要があるのですが・・・。

とりあえず、不便な状態だけは脱しました。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2005年4月16日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞3  

今日は、明るいうちに帰ることが出来たので、近鉄奈良線の高架工事をレポしておこうと思いました。

以下の写真は通勤時にいつも通る場所で、工事の進捗具合がよく分かります。

20050416_wakaeiwata-01.jpg
若江岩田駅付近(写真奥が若江岩田駅です)

20050416_wakaeiwata-02.jpg
近鉄ハーツの近くの踏切から撮影したもの。

ここ3ヶ月の間で橋脚が一気に構築された感じで、夏ぐらいまでには高架橋の形が見えてくるかもしれません。

あと、東花園駅も難波行きのホームが仮ホームに移設されたので、こちらも後日見てこようと思います。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tb: 0   cm: 0

GWはどうするの?  

今年のGWは出勤を挟んでカレンダーどおりの「3連休・夜勤・3連休・夜勤・2連休」とややコマ切れした連休となりました。

前半の3連休(4月29日~5月1日)は既に確定していたため、静岡圏私鉄巡りと御殿場線初乗車に小田急50000形VSEと東武50000系撮影を絡めた旅行としました。
あとは、最終日の行程を決めるだけです。

後半の5月2日以降が先日確定したばかりで、これをどう過ごすか悩んでおります。

さて・・・。

category: 日記

tb: 0   cm: 4

2005年3月21日 名鉄三昧Plus19 珍車1380系を追え!+後日談  

新安城から急行で戻ってくる途中、鳴海で待避していた車両に思わず心鷲づかみされました。

それは、2002年の踏切事故により特別車が大破した1030系・1230系の一般車の中間車を先頭車化改造されたことにより誕生した1380系。

1両しか存在しない珍車。
「滅多に無いチャンス!ぜひ撮っておきた~い!」
行先を確認すると普通・犬山行きと表示されていました。
この先に適当な撮影場所に覚えがあるので、このまま急行で先回りして捉えてしまおうと思い、名古屋まで先行しました。

名古屋で帰りの近鉄難波行きの指定席を押さえ、ロッカーに預けていた荷物を引き出し、再び名鉄線へ。
ここからターゲットの一つ前に来る犬山線普通に乗り下小田井へ。

夕暮れの中、待つこと十数分・・・。
「ついに来ましたよ、この時を!」あれが来たのです。

20050321_meitetsu_1380-01.jpg

犬山方はオリジナルの1230系で、豊橋方が改造された1380系で運転室後部が長いのが特徴です。
このチャンスを逃すまいと早速撮影。

20050321_meitetsu_1380-02.jpg

シャッター速度が遅いためブレを気にしながらの撮影ですが、無事撮影成功。
名古屋方面行きに乗車し、名古屋へ戻ります。

20050321_kintetsu_ul-ticket.jpg

名古屋からは近鉄名阪特急に乗車し帰阪しました。
帰りもULnextで、今回は往復ともこれでした。
-- 続きを読む --

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 5

2005年3月21日 名鉄三昧Plus18 西尾線(西尾~新安城)編  

再び「名鉄三昧Puls」の続きです。

西尾駅から乗車する新安城行きの発車時間には時間があったため、ちょっと撮影に・・・。

20050321_meitetsu_1600.jpg

1600系が停車しており、チャンスは逃すまいとカメラに収めました。
この1600系はこれまで一度も収めたことが無かったので、貴重な収穫となりました。
でも、編成写真を撮影する者としてはあくまで妥協なので、この次ぎは確実に狙うと決めました。

ついでに、駅舎を撮影。

20050321_nishio-01.jpg
20050321_nishio-02.jpg

東側から撮影は逆光で、上の結果に・・・。
もう1枚は西側からの撮影は順光だったので、楽に収められました。

さて、今回の行程にある未乗区間の最後として、西尾線の西尾~新安城に乗車します。

車両は6800系2両編成。

20050321_meitetsu_6800-02.jpg

ここからは名古屋方面への流れがあり、新安城から名古屋方面へ直通する特急と快速急行が毎時1本ずつ設定されています。

8日の日記で書いたとおり基本的に西尾で系統が分断されていますが、朝夕の特急が吉良吉田発着となっている他、早朝夜間に蒲郡~新安城を走破する列車が設定されています。

利用状況は西尾発車時で40p。
以降、新安城に向って混みだし、終点の新安城で100pとなりました。

西尾以北は先述の直通列車も含め片道に毎時4本が設定されていますが、全区間単線なので行き違いが多く、途中1000系「パノラマsuper」とも行き違いました。

新安城に到着。
ここで、名鉄線は犬山にあるモノレールを除き乗車しました。

大阪へ帰るため、急行で名古屋へ向かいました。

次ぎに続く→

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 0

携帯紛失する(泣)  

10日の話ですが、出先で携帯を落としてしまいました(泣)

気づいたのは帰る途中で、顔が真っ青になりました。
すぐ利用停止の手続きをとりましたが、機種変更を考えていた矢先でこんなことになるとは・・・。

ここ最近は利用することが多かったので、こればかりは困りました。
平日は仕事が忙しいため日曜しか自由に動けないので、当面は携帯なしの生活となります。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2005年4月9日 嵐電乗車記  

帰りは京福電鉄嵐山線こと「嵐電」に乗車しました。

最近、嵐山駅のホームには足湯がありますが行列が・・・。

20050409_randen-arashiyama.jpg

この時期は、2両に増強されてます。
重連での運用から運転手の他に、後部の車両にも運賃受領のために乗務員が乗ります。

20050409_randen_500.jpg

乗車した車内は既に立席が出て、出発時には140p。
北野白梅町方面へ向う北野線と分岐する帷子ノ辻に到着した時点で160p。
帷子ノ辻の入れ替りで140p。
西院まで数名ほどの乗降がありましたが140pのまま四条大宮へ。

20050409_randen_shijo-omiya.jpg

四条大宮に到着。
ここは阪急の大宮駅と交差点を挟んで隣接しています。

20050409_hankyu_omiya.jpg

今日はこれにて終了。
夜勤明けで一睡もしていないので眠たくて眠たくて・・・。
阪急の快速急行で帰宅しました。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

2005年4月9日 ちょこっと嵐山散策  

阪急嵐山を降りて真っ直ぐ嵐電嵐山を目指すのも由ですが、ここはちょこっと嵐山を散策。
桜のシーズンなのでご覧のように「人・人・人!」です。
これ以外のシーズンは比較的少ないですね。

20050409_arashiyama-02.jpg
20050409_arashiyama-03.jpg

最初の2枚は嵐山公園の様子。

20050409_arashiyama-01.jpg

2つ目は渡月橋から見た桂川の様子。
写真の奥へ進むと嵐山温泉と保津峡がある。

20050409_arashiyama-04.jpg

3つ目は「吉兆」の前から渡月橋を撮影したもの。

20050409_arashiyama-05.jpg

最後は3つ目と同じ場所から。
ボート多く出ていますが、1時間当たり1200円~1300円らしい。
ちなみに保津峡の川下りが到着する場所は写真の右側を進んだところにあります。

今回はここまで、この後嵐電に乗車します。

次ぐに続く→

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2005年4月9日 阪急京都線撮影記  

今日は夜勤明けでということで、自宅に帰ってからはサイトの更新で午前中を過ごしました。
昼食を済ませた後、ふとそう言えば「○○の桜が満開だ」とか「明日は雨で散るかもしれない」という話を耳にしてたので、どこか散歩へ行こうと思い立ちました。

20050409_nagase-river.jpg
長瀬川沿いの桜並木

阪急京都線の車両撮影することも兼ねて嵐山に行くことにしました。

20050409_hankyu_9300-01.jpg
20050409_hankyu_9300-02.jpg
9300系1次車 9300編成 長岡天神にて

初代のデジカメでの撮影だったことから色調的に不満があったため撮り直しをしておきたかった9300系第1編成を撮影でき満足。嵐山へ移動します。

この日は京都線・嵐山線とも臨時ダイヤという体制が敷かれていて、行楽に行き帰りの時間帯に臨時特急が設定されています。
嵐山線は通常4連2本が同線の運用に入ってところを6連3本に変更されています。

嵐山へは7300系(7310編成)6両編成に乗車。

20050409_hankyu_7300.jpg
7300系 7310編成 桂にて

私が行った時間帯は7300系6連1本・8300系6連2本が嵐山線の運用についていました。
嵐山線自体は短い路線なのですが全区間単線なので途中の上桂が松尾のどちらか一駅で行き違うのですが、臨時ダイヤでは両方とも行われるためいつもより数分長くかかります。

20050409_hankyu-arashiyama.jpg
到着した嵐山はごらんの状況。

何度か来てますが、この時期はしょうがないです・・・。

次ぎへ続く→

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

2005年3月21日 名鉄三昧Plus17 蒲郡線・西尾線(吉良吉田~西尾)編  

蒲郡線のホームに着くと発車まで僅かしかありませんでした。
写真だけはさっさと収めすぐ乗車。

20050321_gamagori-04.jpg
向こう側にはすでに蒲郡線の列車が・・・

蒲郡からは6000系のワンマン仕様車に乗車。

20050321_meitetsu_6000-01.jpg
6000系ワンマン仕様 蒲郡にて

三河線用とは違い、この区間で使用される車両には運賃箱が設置されています。

蒲郡線の列車は西尾線の西尾まで直通が基本で、路線に関係なく事実上は西尾線の西尾を境にローカル区間と新安城・名古屋本線方面とで運用が分離されています。

蒲郡線は三河湾に沿って走行しているので、市街地と山間を挟んで海が見え、おもわずマッタリします。
もとは観光地なのですが、ここ最近は宅地化が場所によって進んでいて通勤路線の様相を呈しているとか?

途中の吉良吉田には、最近廃止された三河線のホーム跡が残されており、ここがYの字状になっていたのが分かります。
まるで橿原神宮前を小規模にした印象を受けますね。

約40分ほどで西尾に到着しました。
ここから名古屋へ向うべく新安城行きに乗り換えます。

→次ぎに続く。

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年3月21日 名鉄三昧Plus16 蒲郡駅高架工事駆け足レポ編  

蒲郡線に乗車する前に、JR蒲郡駅の高架工事の様子のレポをしてみました。
乗り換えの時間を考え、駆け足レポとなりますが・・・。

20050321_gamagori-01.jpg
20050321_gamagori-02.jpg

蒲郡駅は名鉄と東海道線下り線が高架に切替済みで現在は上り線の工事が進められています。
線路の敷設作業が順調に進められている模様で、当日も作業が進められていました。

20050321_gamagori-03.jpg

ホーム自体は飾り気の無い一般的なものでした。

20050321_gamagori-04.jpg

隣接する蒲郡線には既に西尾行きが停まっています。
発車まであまり時間がないため急いで乗り換えます。

→次ぎに続く。

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年3月21日 名鉄三昧Plus15 名鉄豊川線+JR飯田線(豊川~豊橋)編  

岡崎公園前から再び名鉄に乗車です。

20050321_okazaki-koen.jpg
名鉄・岡崎公園駅

ここもSFシステム・トランパス導入による駅集中管理システムが導入されており、以前来たときは設置されてなかった自動改札機が設置されてました。

岡崎公園前駅には優等列車は停車しませんが、次ぎの東岡崎まで毎時4本設定されている上、特急・急行などの優等列車と接続されてますでの特に問題は無いようです。

到着したのは東岡崎行きの2両編成で次の東岡崎までこれに乗車します。

20050321_meitetsu_6800-01.jpg
6800系 東岡崎にて

東岡崎から急行・豊川稲荷行きに乗り換え、そのまま豊川線を乗りつぶしていきます。
この辺りは名古屋本線は当然乗車済みですが、豊川線はこれまで一度も乗車したことがなく今回が初めてとなります。

豊川線はもともと、軌道からスタートした歴史的な経緯があり、諏訪町~稲荷口では道路の真ん中に電車が通るため、その様子は路面電車のようです。

豊川稲荷に到着。
この駅名になっている豊川稲荷へは徒歩で5分程の場所にありますが、遅れている上に行程が乱れたため今回は断念しました。

20050321_meitetsu_toyokawa_inari.jpg
名鉄・豊川稲荷駅

そそくさと撮影した後は隣接するJR豊川駅から飯田線に乗車します。
20050321_jrcentral_toyokawa.jpg
JR東海・豊川駅

今回は単行仕様の119系5100番台です。
飯田線は初乗車で、119系自体も初めて乗ります。

20050321_jrcentral_119_5100-01.jpg
119系5100番台 豊川にて

単線のイメージが強い飯田線ですが、豊川以南は複線となっていて、平井信号所から豊橋までは名鉄名古屋本線と共有しています。

20050321_hirai_signal_station.jpg
平井信号所付近。
右側から近付く名鉄名古屋本線と合流する。

豊橋からは新快速で蒲郡へ向い、名鉄蒲郡線に乗車します。

→次ぎに続く。

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 1

2005年3月21日 名鉄三昧Plus14 愛知環状鉄道(瀬戸市~中岡崎)編  

瀬戸市から愛環線の未乗区間を目指します。

この時点で中岡崎~岡崎と高蔵寺~豊田市までは乗車済みなので、今回は豊田市~中岡崎を乗りつぶすことにします。

乗車したのは2000系。
愛知博期間中は4連に増強されてます。

20050321_aikan_2000-01.jpg
愛環線新鋭の2000系 瀬戸市にて

2000系に乗るのは今回は初めてですが、ベースはJR東海の313系3000番台ですので配色が違う以外はあまり変わり映えしませんが・・・。
(ちなみにJR東海の313系3000番台は関西線の名古屋~亀山で乗車済みです)

JR東海の名古屋近郊を走る転換クロスシート仕様と違って窓が大きくさえぎる物はありません。

20050321_aikan_2000-02.jpg
所属を示すところには「愛」と書かれていました。
愛環線の愛なのかな?それとも・・・。 北野桝塚にて

もともと愛環線は岡多線を引き継いだ路線で、路線じたいは複線対応で高規格でしたが全区間単線で行き違い設備も少なく輸送力としては小さい路線でした。

沿線の開発の進捗と愛知万博の開催に伴い、輸送力の増強が課題となり、2度の輸送力増強と万博関連の対応事業により、高蔵寺~瀬戸市・三河上郷~北野桝塚・北岡崎~中岡崎が複線化されました。

今回未乗の豊田市~中岡崎は愛環線の南側の区間です。
愛環線に乗車した印象ですが、豊田市周辺を境に北側は丘陵地帯を通り、南側は比較的平坦な場所を通っているという感じでした。

20050321_naka-okazaki.jpg
愛環線・中岡崎駅。
写真左側に名鉄の岡崎公園駅が隣接している。

瀬戸市から約1時間ほどで中岡崎に到着。
マッタリしたひとときでした。

ここで今回予定したPlusとしての部分は全て乗車済みとなりました。
豊川へ向うため、隣接している岡崎公園駅から名鉄に再び乗車します。

→次ぎに続く。

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年3月21日 名鉄三昧Plus13 瀬戸線編  

さて、先月の名鉄三昧の続きと行きましょうか。

日付が変わり3月21日(月)

目が覚めて時計を見ると10時を回っていました。
「やはり疲れている・・・。」

予定はまず豊川へ向うのですが、寝坊という失態を犯し余裕時間が目減りしたこことから、瀬戸線~愛環線未乗区間~豊川線~飯田線~東海道線~蒲郡線~西尾線という順で回ることに変更しました。

チェックアウトを済ませ名古屋駅へ歩き、コインロッカーに旅行鞄を放り込んで、ひとまず栄へ向かいます。

瀬戸線は名古屋市営地下鉄の栄駅に隣接しているのですが、瀬戸線の駅名は「栄町」となっています。

これは相互直通乗り入れを名古屋市交通局に袖にされた歴史的因縁とも言われていますが・・・。

栄町から急行・尾張瀬戸行きに乗車。
車両は6600系です。

20050321_meitetsu_6600-01.jpg
6600系 栄町にて

瀬戸線は名古屋本線系統に接続されない独立した路線で、6600系以外にも同線独自の車両があります。

20050321_meitetsu_6750-01.jpg
6750系 尾張瀬戸にて

6750系もその際たるもので、これは旧型車両の足回りを再利用したもので、その車体とは裏腹にギャップを覚える車両です。

もっとも、最近は輸送力増強により6000系が転属してきているので独自色が若干薄まっていますが・・・。

利用状況は11時台ということもあり、下り方面(尾張瀬戸方面)には利用は少なく10p~20pですが、上り方面(栄町行き)は40p~60p程度の利用がありました。

新瀬戸で愛環線の下をくぐり、次ぎの瀬戸市役所を出てしばらくして川が見えてきたらと尾張瀬戸へ到着です。

20050321_owari-seto.jpg
名鉄・尾張瀬戸駅

新瀬戸までは以前利用しましたが、尾張瀬戸へ来たのは初めてです。
駅も綺麗でその前を通る道路も整備されています。

折り返し新瀬戸へ戻り、次ぎは愛環線の未乗区間である新豊田~中岡崎間を乗車するため瀬戸市から乗車します。

→次ぎに続く。

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 0

2005年4月3日 阪急9300系を追え!  

久しぶりに阪急京都線に乗ってきました。

今回は写真館の素材集めということで、在阪大手私鉄の中で最も素材が少なかった阪急の強化を図ることが目的です。

ひとまず淡路へ向っていたところ最近運用に就いた9300系の第2編成とすれ違い「ひょっとして捉えれるかも」という期待が・・・。

淡路では大阪市交66系の最新編成が反対側のホームに停まっていて、すかさず撮影。

20050403_osaka_city_subway_66-01.jpg

折り返して来るであろう9300系を狙いに茨木市へ移動。
ここで後追いの特急を待つことに茨木市での撮影はタイミング的には被る可能性があるのでここではパス。

やってきた特急は狙いどおり9300系でした。

20050403_hankyu_9300-01.jpg
9300系2次車 9301編成 長岡天神にて

これに乗車し長岡天神へ向かいます。
長岡天神はデータイムにおいてはダイヤ上で上下列車が被らないことは以前から知っていましたので、一度この場所での撮影を考えていました。

ここでは、先程乗車した9300系が梅田行きとして折り返してくるまでと決めました。
ホームは10両編成対応ですが、ラッシュ時以外は8両か7両だけなので停車位置さえ把握したらこっちのものです。

20050403_hankyu_9300-02.jpg
長岡天神の良好な撮影条件により満足いく結果です。

結果はごらんの通りで、屋根の部分が白く飛んでしまいましたが、比較的綺麗に撮影できたと思います。

目的を果たしたので写真館に早速反映させようと思います。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

2005年4月2日 南海2300系を追え!  

今日は、土曜ですが休みということもあり14時まで寝ておりました。

実は3月末まで多忙だったので、このブログのアップが約1週間遅れていましたので、1日の深夜中に29日の分まで纏めてアップしておりましたので・・・。

遅い昼食をとって、残りのブログの下書きを進めて時、ふと南海の2300系が一昨日から運用に入っている事を思い出し、事前に発表があった列車の時刻をプリントし、一路天下茶屋へ向かいました。

時間がないので大阪市内で駅撮りに向いている場所がここしか思い浮かばなかったので・・・。

私がいた時間帯だと17:30発の難波行きと17:52発の極楽橋行きが対象となりました。
問題はどっちから撮影するかですが、これは極楽橋まで行く運用となっていることが判っていましたので、南側(堺東・極楽橋方)で撮影することにしました。

いよいよ難波行き急行が入ってきます・・・が。
その前に対向の三日市町行き急行が入ってくるではありませんか!

これでは被る危険が・・・。

程なく難波行き急行が入ってきます。
8両でしたが極楽橋方に4両で予想通りです。

難波行き急行が停止する前に三日市町行き急行が出発。
ドキドキです。

対向列車が過ぎ去りようやく撮影。

20050402_nankai_2300-01.jpg

撮影後、数秒して発車。まさに間一髪でした(汗)

今度は折り返しで戻ってくる極楽橋行きに乗車し、河内長野まで試乗します。
座席はどちらかというと硬い方ですが、長時間座っても負担は少ないと見ました。
ただし、2000系をベースにしたため窓割が合わないというのはちょっと困りますね。
案内表示装置は2ヶ所ありますが今日乗車した時点ではなにも表示されてませんでした。

折角なので、河内長野で先頭部も撮影。

20050402_nankai_2300-02.jpg

アイコンゲッターである人には撮って欲しい車両ですね。

帰りは近鉄長野線・南大阪線を使いました。

帰宅後はこれをサイトの写真館に反映させて、ブログのアップも今日の分まで済ませました。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

2005年4月1日 新年度・・・。  

4月1日ということで、世間ではエイプリルフールということですが、私には「どうでもよい」ことです。

ということでこの手のことは特にやりません。

しかし、とあるサイトの4月1日企画による影響で普段の倍以上のアクセス数になっていたのはびっくりですが・・・。

さて、今日も仕事でしたが土曜である明日は久しぶりの休みということで、前年度末で休めなかった体を休めるのにはいい状況。

でも、出かけたくなる衝動が・・・。
全く困ったものです(笑)

で、昨日あれだけ山のようにあった仕事が、今日はあまりありません。

まあ、つかの間のひとときなので今のうちに・・・。
ということで今日は定時で帰ってきました。

category: 日記

tb: 0   cm: 1

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop