DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2004年12月
2004年12月の記事一覧

2004年12月31日 大晦日  

2004年最後となりました。

今日は元旦にUPする写真館の更新作業に追われまして、自宅にこもったままでした。

夜は紅白は見ずビデオ録画で対応し、格闘系・バラエティー系ころころ替えながら過ごしました。

年始は4日から出勤で通常勤務となります。

9日・10日は東京へ、
ダイヤ改正が行われた小田急を中心に見ていこうと…。

16日は18切符を使い紀伊半島1週。

以上が年明け1月の予定です。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

冬休みにはいりました。  

今年も残り少なくなりました。
私の方は昨晩の出勤で今年の仕事は終わりで、今日から冬休みです。

これでゆっくり出来るわけではなく、自室の大掃除が待ち構えており、今日から取り掛かってます。

山積みに置かれた雑誌や小物を整理し掃除機を掛けるのですが、横着者なんで1年分溜まってますから大変です。

これで2日ほどかかり、その後は自室以外の掃除や正月の準備であっと言う間に年越しとなってしまいます。

年始は家の用事でバタバタしてますからあまり余裕はありません。
したがって、個人的に旅行するのは次ぎの連休である8日~10日くらいでしょうが、8日は日勤なので9日・10日の2日間しか使えませんが…。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2004年12月23日 大阪外環状線工事見聞1  

12月23日の続きです。

買い物を済ませた後、工事中の外環状線を見ていこうと言うことでまずは永和へ。

永和付近は高架橋がほぼ完成しており、線路などの地上設備関係と駅設備の工事が残されているだけでした。

ホームは未設置でしたが、出来上がった高架橋からすると永和は島式ホーム1面が設置されると予想しました。

この先俊徳道までは新たに高架橋が1線分だけ設置されており、一度切替が行われた後、残り1線の高架工事を行い完成と言う形であろうと予想されます。

続いて俊徳道へ。

俊徳道は近鉄大阪線と府道とが交差する橋梁の架け替え工事が行われており、新しい橋梁自体は既に完成されましたがこの前後の区間の工事の関係で切替はまだ先のようです。

現行の橋梁は近鉄大阪線が地上だった頃のもので橋脚も近鉄線に平行に設置されてましたが、新橋梁の橋脚は府道に並行する形に変更された上、高さ制限が緩和されています。

俊徳道以南は高架でないため現在は複線化工事に加え高架工事も行われています。
この先は関連サイトでしか確認できてませんが、加美~久宝寺間も線路切替に向け仮線敷設工事が行われている模様だとか・・・。

ここは地元なので近いうちに確認しなくては、昼間に・・・。

というわけで今回は画像無しです

category: おおさか東線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2004年12月23日 高井田のピットワンへ行って来ました  

23日は祝日なのですが、休日出勤でした。
さすがに通勤の道中は車や人通りも少なく静かなモンです。

おまけに仕事場は私を含めた交代勤務者だけの数名足らずというわけで休んでいる人が羨ましいと思ってしまいます。

普段なら帰りは自宅に直行ですが、当日は17時と普段より早く仕事を切り上げたのでちょっと足を伸ばし高井田のジョーシン・ピットワンへ寄ることにしました。

20041223_pitone_takaida.jpg
スーパー・オートバックスと併設されているジョーシン・ピットワン高井田店

写真のピットワンはスーパー・オートバックスと併設で今年オープンしたジョーシン系の郊外型家電量販店で、以前あったジョーシン布施店を移設した格好となっているがパソコンとデジタル家電を中心に扱っていて、これまでのジョーシンの別チャンネルの形態となっている。

若干離れているが布施駅に近く、周辺1km圏内には河内永和の近くにあるコジマと布施サティ内にあるキャデン(旧マツヤデンキ)があり競合関係にあります。
このピットワンにオープンで割を食ったのはコジマで異業種との複合店舗でない上に関西系の2者に比べ立地条件が悪いことも不意な条件となっているようです。

それはさておき、今回寄ったのはDVDソフトを買うためですが、クリスマス商戦の真っ只中であったため若干混んでました。
レジの最後尾から5分待ちでしたが・・・。

携帯も見てきましたが、ドコモの901iシリーズの第1陣であるSH901ic(シャープ)が店頭に出てましたが、デザイン的にはもう一つ物足りないという印象でした。
901iシリーズは年末年始をはさみ順次店頭に並ぶ模様です。

このあと永和と俊徳道へ寄りました。
理由は後日ということで。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

2004年12月19日 大阪駅改良工事見聞1  

12月19日の続きです。

電化された加古川線に乗車したあと、梅田の旭屋へ寄るため大阪駅で下車しました。
ついでに改良工事の状況を確かめてきました。

中央口寄りに移設されていた南口が元の位置に戻されました。

20041219_osaka-01.jpg
南口に新たに設置された案内表示装置群

20041219_osaka-02.jpg
リニューアル後の南口

リニューアルとなった南口は先にリニューアルされた御堂筋口に合わせグレー系とホワイト系に纏められてます。

現在閉鎖されている1・2番線ですが、ホーム上屋の建替えとホーム高さ打上工事、御堂筋口(京都方)へのエスカレータの増設(2ヶ所・5台)が行われています。

20041219_osaka-03.jpg

20041219_osaka-04.jpg
階段部の移設により2ヶ所に増やされています。

この場所には既にエスカレーターが設置されるていて、台数は奥の神戸方は3台、手前の京都方は2台設置されてました。

この1・2番線の完成は来年2月頃の予定ですが、どのようにリニューアルされるのか注目です。

category: 大阪駅改良工事の話題

tb: 0   cm: 0

2004年12月19日 電化初日の加古川線乗車記  

加古川線に乗車する前に5番線に停まっていた103系3550番台を撮影しようと4番線へ向いました。

加古川線は103系3550番台2連以外に単行用として125系が使用されています。

20041219_jrwest_103_3550-01.jpg
103系3550番台(加古川線標準色) 加古川にて

20041219_jrwest_125.jpg
125系2次車 加古川にて

20041219_jrwest_103_3550-02.jpg
103系3550番台(ペイント車) 粟生にて

加古川線での125系は小浜線のように電力設備に制約が無いようで最高速度は地上設備の関係で85km/hですが、加速度は本来持っている性能を出しているようでした。

今回乗車した区間は加古川~厄神と厄神~西脇市でいずれも125系の単行でした。
電化初日と言うことで試乗組や撮影隊が多数いて混雑を助長する有様で、厄神・西脇市方面行きが140p~160pでした。
これが通常だと80p~100p程度で収束するのではないかと思われます。


近年の電化はどちらかと言うと周辺路線が電化されている中の非電化のため非効率であったのを是正するための防衛的な電化であって、発展するからではないのが特徴です。

最近だと小浜線が典型的な例で、周辺の舞鶴線や北陸本線が電化、小浜線だけが非電化で残されたため、ここを電化すれば運用効率が向上できることが理由の一つでした。

次ぎはどこが電化されるのかな?

ウワサでは関西線の加茂~亀山、姫新線の姫路口、芸備線の広島口とも言われてますが…。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 2

2004年12月19日 加古川駅高架切替  

2004年12月19日は、加古川駅全面高架化と加古川線電化開業と言うことで早速出掛けてきました。

20041219_kakogawa-01.jpg
全面高架化された加古川駅
写真は北口の方で、先日まで加古川線で使用されていたのでまだこれからの段階です。

20041219_kakogawa-02.jpg
加古川線からJR神戸線へは大阪方の他、写真の下関方の2ヶ所。
下関方は5番線のみで奥にある6番線は行き止まりとなっている。

今回の全面高架切替により加古川線とJR神戸線の間に中間改札口が設けられた。

20041219_kakogawa-03.jpg
今回から新設された加古川線連絡改札口
近鉄東大阪線や兵庫駅のような感じにも思えますが、他社線に乗り換えるようにも感じる

加古川駅構内図
http://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0610614

これにより、普段JR神戸線から加古川線へ行くには加古川線内までの乗車券を予め購入する必要になります。
連絡改札口右側には自動精算機が設置されていますが、これは厄神までの乗り越し精算が出来ますが、それ以遠の場合は改札口にいる係員へと言うシステムです。
加古川線内で乗車し加古川で下車する場合はこの連絡口と出口の
2ヶ所の改札機を通る必要が生じます。
これはちょっと違いますが改札口が分離する前の東福寺を連想させます。

詳しくはJR西日本のリリースをご覧ください。
JR神戸線加古川駅、加古川線乗換え改札口の設置
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/041210g.html

当日はこのシステムに切り替えた初日と言うこともありJR西日本の担当者が数名来て対応してましたが、利用者は戸惑い気味のようで、中にはここが出口だと勘違いして切符を取り忘れるなど混乱が生じてました。

「ややこしい」と言う声も聞かれ、あまり評判は良くないようです。
本当に定着するのか疑問に思えますが…。

この後、加古川線に乗車します。

→次ぎに続く。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

2004年12月12日 DVDレコーダー・ファーストインプレッション  

昨日、忘年会があり設置する時間がなかったDVDレコーダーを日付が変わった深夜に行い、早速使ってみることにしました。

以前のものよりはずいぶん静かになりました。というのも以前の物はLDが再生できる上に両面再生機構が内蔵されてたため動作音が大きかったためです。

このときは電子番組表が送信受信されてなかったので一睡してからになったのですが、これまでとは違い別世界のように簡単で気軽に予約できるので撮る番組が増えそうな予感です。
(でも、時間がなくて視れないでは意味がないのですが・・・)

DVD-Videoの再生画質は若干赤っぽい印象で、録画の画質は標準(SPモード)でしたが、Mpeg特有のノイズがあるものの気になるレベルではありませんでした。

これまでDVCレコーダーで撮ってたので欲を言えばきりがないのですが・・・。

録画した番組はプログラムナビに表示されますので、ビデオテープみたいにわざわざ探し回ることがないのが非常にいいです。

なんかこの録画スタイルにはまりそうです(笑)

20041212_dvd_recorder-02.jpg
今回購入したのはPanasonic DMR-E330H

category: デジタル家電の話題

tb: 0   cm: 0

2004年12月11日 DVDレコーダー購入  

西九条から野田経由で千日前線に乗り、日本橋の電気街に向いました。

ヨドバシカメラとビッグカメラが大阪へ参入していこう日本橋は大きく変わってしましました。

しばらくは他の用事で来る機会がなかったのですが、今日来てみると今まであった店がなくなってたり、新たに店が出来たり、空き地になったところがあったりとまあ同でもよいのですがここへ来たのはDVDレコーダーを購入するために来たのです。

私は、在阪の量販店のポイントカードの他にもヨドバシカメラのポイントカードも所有してます。
購入するものにより使い分けてまして、今回はちょっと見て回ろうと言う考えもあったので日本橋の上新電気で購入したのですが・・・。

今回は松下のHDD内蔵のDVDレコーダーにしました。
プレーヤーは所有してましたが壊れて使えなくなったったのでこの際レコーダーを購入することを決めてました。

早速自宅に持って帰ってきたのですが、このあと忘年会があるため楽しみがその日の深夜までお預けなってしまいました・・・。

20041211_dvd_recorder-01.jpg
時間がなくて開封できず当日深夜まで放置されることになった購入後のDVDレコーダーの箱

category: デジタル家電の話題

tb: 0   cm: 0

2004年12月11日 阪神西大阪線延伸事業見聞1  

7020系を撮った後は、最近見に行ってない西大阪線の延伸工事の状況を見てきました。

西大阪線の延伸区間は難波から西九条までですが、今回は九条から西九条まで歩いてきました。

九条周辺は地元商店主に一部が「地下化による延伸でなければ認めない」と強硬的に反対し、最近行われた現地の説明会を乗っ取り推進している人たちを排除する事態となったことから妨害禁止の仮処分まで出ているのが現状です。

彼らは、工事の差し止めを求め現在国土交通省と係争中です。

今回はその九条周辺を歩いてきたのですが、南側は既に工事が始まっていていますが、疎開道路がある北側は路上駐車が多いのが目に付きます。
その中には車内にいる人影がありましたがどうも不自然で、明らかに反対派の人たちが監視している様子でした。

工事が施工されていない区間は九条~安治川のようでここが一番最後に施工されると思われます。
安治川隧道で西九条側に抜けると下の写真のように工事が始まってました。

20041211_nishiosaka_ajigawa-01.jpg
安治川隧道の隣りで延伸線工事が始まっている。

参考:西大阪線延伸関連のサイトと掲示板
推進派
西大阪延伸線応援団(吉永和也さん管理)
○サイト(現在トップページのみ)
 http://www.geocities.jp/kazyaosaka/
○掲示板
 http://www1.ezbbs.net/40/kazya/
W板(用務員さん管理)
 http://8009.teacup.com/youmu_in/bbs

反対派(ハンドルネームは違いますが同一人物です。)
阪神西大阪線の問題点
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/cwo_orivu_1
阪神西大阪線延伸問題
 http://www.geocities.jp/gemclipjp/hannshinn01.htm

あとは某大型掲示板で検索していただければ大凡の経緯が分ると思います。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2004年12月11日 7020系を追え!  

瓢箪山から新石切に向うため近鉄バスを利用しました。

20041211_kintetsu_bus.jpg
写真はいすゞのERGA(新石切駅前停留所にて)

旧枚岡市の中心部を通る写真の30系統・住道駅前行きに乗り新石切駅へ。

新石切から東大阪線に乗換えコスモスクエアーへ。
ここへは開業して間がない頃にいきましたが、しばらくは行ってなかったこともありついでに見に行こうと思ってました。

20041211_cosmspuare-01.jpg
コスモスクエアー駅

20041211_cosmspuare-02.jpg
コスモスクエアー駅の表記

コスモスクエアーには乗換で利用してますが、実際に下車はしてなかったので降りてみたところ、周囲はほとんどないといっていいくらい何も無くインテックス大阪などが少し遠くに見えるという寂しい状況でした。


周囲を見聞したあとは再びOTS線・中央線に戻り20分ほど待ったところで、7020系がようやく到着。
7020系の車内はどちらかと言うとシリーズ21よりも5800系(L/Cカー)の仕様に近く、座席はシリーズ21同様の片持ち式ながら座席の形状・配色が若干異なります。

座席に関しては色々言われてますが、E231系ほど硬くはありませんが形状の問題があり、比較的座りにくいです。
長時間の着座は厳しいなと感じました。

吉田で一旦降り、再び戻ってくるのを待ち写真を撮影。

20041211_kintetsu_7020-01.jpg
7020系 吉田にて

逆光ですが、吉田での撮影は難しいですね。
九条あたりなら何とかなりそうな感じなので、要検討ですね。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

2004年12月11日 近鉄奈良線連続立体交差事業見聞1  

私の地元を走る近鉄奈良線は現在、八戸ノ里の東方にある府道中央環状線付近から瓢箪山駅の西方にある外環状線付近までが連続立体交差事業の一環として高架工事が行われています。

以前、東花園駅が仮線方式で高架化されることになったため早速チェックしてましたが、その仮線の概要が少しずつ見えてきたので見てこようとお思い仮線の西側終端である河内花園からチェック。

20041211_kawachihanazono-01.jpg
河内花園駅奈良方面ホーム端から仮線の切替地点を見る。

仮線は写真のように河内花園駅を出た時点から開始し府道外環状線をまたぐ橋梁までとし、東花園駅では上り線だけ仮ホームが造られ、現在の上りホームが下り線のホームとして試用される予定で、レールも一部を除きほぼ敷設されてます。

また、車庫への入庫線も仮線移設にあわせて線路の移設準備が行われていました。

category: 近鉄奈良線高架工事の話題

tb: 0   cm: 0

ボーダフォン再起なるか!  

今年12月1日付けでボーダフォンの社長に津田氏が就任した。

Inpress Watch(携帯Watch)の記事
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/21759.html

かつてJフォン時代に「写メール」でシェアを大きく伸ばしたものの、ボーダフォンに移行後は失速。
第2位のau(KDDI)に引き離された上、今年中ごろに一時純減となってしまった。

この状況を打破するべくボーダフォンは、かつてNTTドコモに在籍していた津田氏を社長に招き入れることになった。

当面の課題としては現在2位であるauとの差を縮めることが一つ。

もう一つは、ネットワークとしては国際ローミングが容易でありながら3G携帯で最後発だった上、機種も少なく通話品質が安定しなかったために、この分野で先行2社に大きく引き離されていることからこれらの強化。

その3Gの方は既に強化が始まっていて、今年のボーダフォンの冬モデルは3G携帯であるV7XXとV8XXと最上位のV9XXシリーズに主軸が置かれている。

Inpress Watch(携帯Watch)の記事
「ボーダフォン3G冬モデル」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/20667.html

3Gを主軸に置いたボーダフォン、今後の再起をかけた巻き返しに注目したいところです。

category: デジタル家電の話題

tb: 0   cm: 0

2004年11月21日 電化開業前の加古川線と加古川駅の高架切替を見聞  

先月の話ですが加古川線電化開業と高架切替が12月中旬に控えていることから、現地へ行ってきました。

20041121_kakogawa-01.jpg
大阪方から加古川線・新ホームを望む
手前はJR神戸線上りホーム4番線
(ホーム端から手を伸ばし撮影)

加古川線の新ホームはJR神戸線ホームよりやや中央よりに位置しており、いかにも短編成での運用を前提にしていることが伺えます。

写真手前にあるJR神戸線の4番線も同時に使用出来るようになりますが、10月にダイヤ改正を行ったばかりですから、現行の東加古川待避のまま変更は無く、本格的に使用されるのは来春の改正以降ではないかと思われます。

20041121_kakogawa-02.jpg
中央奥を左へカーブするのが加古川線で電化後はここを通る
すぐ手前にあるのがJR神戸線の4番線。
右側3本がJR神戸線の3番線~1番線。

加古川線からJR神戸線へ渡り線は写真にあるこの1ヶ所だけ

今回の切替により3面6線に変更される加古川駅は南側から
JR神戸線(1番線)下り本線 使用中
JR神戸線(2番線)下り副本線 使用中
JR神戸線(3番線)上り本線 使用中
JR神戸線(4番線)上り副本線 今回の切替から使用開始。
加古川線(5番線)今回の切替から使用開始。
加古川線(6番線)今回の切替から使用開始。
という構成に変更されます。

電化した加古川線には103系ワンマン仕様(3550番台)が投入される他に小浜線で使用される125系(2次車)が投入されます。

103系3550番台は大阪環状線などで使用されている改質改善車の中間電動ユニットを運転台取り付けで2連化する点は播但線の3500番台と同じですが、今回の3550番台では運転台を貫通構造とした以外に103系初のトイレが設置されている点で大きく違います。

単行用に投入される125系2次車は小浜線向けの2次車と同仕様ですが、座席配置が3列に戻されている以外は大きな変更はありません。
これは「小浜線向けの1次車に対する座席の増設が地元要請があったための異例措置であり、125系はあくまでも3列が基本である」というJR西日本の姿勢が伺えます。

前者は加古川~西脇市で、後者が西脇市~谷川で主に使用されます。

写真館の素材がまた増えるので撮影を考えようと思ってます。
で、電化開業したら早速行ってたりして・・・。

category: その他の鉄道工事レポ

tb: 0   cm: 0

次世代DVD  

次世代DVDを巡りブルーレイディスク(以下BD)を提唱するソニー陣営とHD-DVDを提唱する東芝陣営が対立していますが、これによりハリウッドが二分する事態となっています。

Sankei Webの記事
http://www.sankei.co.jp/news/morning/05kei002.htm

過去に家庭用ビデオデッキの企画を巡りVHSを提唱する日本ビクターとベータを提唱するソニーとの主導権争いがありましたが、今回はまさにその再現かといわれいて、統一が事実上不可能な事態にまで至ってます。

技術的にはソニーのBDの方が将来的に拡張が容易であるが、コスト的には既存の技術を生かした東芝のHD-DVDの方が比較的安く出来、これまでのDVDとの親和性が高いと特徴があります。

次世代DVDにこだわるのか?
では、現行のDVDがあるにも拘らず何故そこまで次世代DVDにこだわるのか。
それは、ただ単に容量の増大を図ったというわけではなく、地上デジタル放送や映画といったハイビジョンクラスの画質を記録・再生できる規格が必要ということです。

現状、ハイビジョンクラスを録画出来るのはビクターが提唱するD-VHSしかなく松下や日立などが発売してますが、やはりビデオテープですので検索性が劣ってしまうため、ディスクメディアの登場が求められてるという事情があります。

規格の方向性は?
両者の規格は似ているようですが、方向性が違うと見ています。
BDはDVDレコーダーの次世代という感じが強く、HD-DVDは録画用もありますが再生用メディアという感じが強いように感じます。

主導権を握るのは?
ここ5年どちらも支持されないというのが個人的に意見です。
その先10年もしくは20年後は如何なのかはわかりませんが・・・。

当面は既存のDVDが主流のまま推移すると考えるのが基本でしょう。
再生の方は一度主導権をとればその先10数年は変わることはありません。
前例としてビデオソフトがあります。
録画の方はハードディスク(HDD)レコーダー録画が主導権を握るでしょう。
これは現状の録っては消すというライフスタイルが合っているという点が見逃せないからです。

ここ5年ほどは今あるDVDを使うのが賢明だと私は考えてますが・・・。

category: デジタル家電の話題

tb: 0   cm: 0

au携帯 2004年冬モデルをチェック  

7020系の撮影を終えた後、西大寺から京都経由で梅田へ戻り、ヨドバシ梅田へ携帯とDVDレコーダーを見に行ってきました。

20041205_yodobashi-umeda_01.jpg
梅田周辺の流動を大きく塗り替えた「ヨドバシ梅田」

今回は冬のボーナスを充てに買い替えがメインとなっていまして、色々まわりましたが・・・。

私に使用しているのはau携帯なので、auの冬モデルをチェック。

先日発売された新機種なかで気になるのはW21CAとW22Hで、前者はまだ店頭に出回っていないことからW22Hのデモ機が展示されて、早速チェックを入れます。

au初のスライド式で、雑誌などでは大きさがネックだといわれてましたが、実機はそれほど大きいという訳ではないようです。
個人的には思っていたよりも使い易く、先にスライド式で先行したV801SAほどの違和感はありません。
丁度良い大きさで持ちやすい携帯という印象です。

W21Tは液晶周りはきれいに纏められてますが、どちらかと言うと平凡という印象です。

W22SAは開けたときのデザインが「いかがかな~」なんて思ったり・・・。

W21CAはPCサイトビューアーがなんともそそられますが、雑誌で見た感じではデザインが今ひとつといったところなので、機種変更の第1候補はW22Hということに決定!

たぶん、年内に何とかしようと考えてます。

category: デジタル家電の話題

tb: 0   cm: 0

東大阪線の7020系が運用に入る!  

今日は夜勤明けのお休みという訳で、今月から運用についていると思われる7020系を撮りに東大阪線へ向います。

今回は森ノ宮経由ではなく、久しぶりに河内小阪から近鉄バス(鴻池新田駅行き)に乗り換え荒本から東大阪線に乗車としました。

7020系は現時点で2編成しか在籍していないことから捉えるのは難しく、おまけに雨が降ってきました。

新石切で待っていたところ中線の案内表示が「回送」と出てました。
それが何であるかはなんとなく分っていたのですが・・・。

先を急ぐため生駒へ向うと奈良線ホームの前と後にカメラ抱えた人たちがチラホラ見かけ「なんかな~」と思い奈良方を見ると向かい側(2番線)に7020系が止まっているではありませんか!(やはり・・・)

どうやら試乗会らしく、行先表示も試運転でした。
編成は第1編成の7121編成で、何人か乗せて新石切へ向ったようです。

もう1編成(7122編成)が運用に入っているだろうと思い、しばらく奈良線ホーム上で待ち構えていたところや、生駒トンネルの奥から行先表示がLED式の車両が・・・。

現れたのは7122編成の方でした。

20041204_kintetsu_7020.jpg
生駒駅に進入する7020系

こういうショットがほしかったんですよ!

ただ、乗車することが出来ませんでしたが、遠目で見た車内の雰囲気は近年投入されているシリーズ21に合わせられているようでした。

まあ、見た目はそんなに代わり映えしませんが、もともとデザインの完成度が高い車両ですから下手にいじる必要は無いと判断できるでしょう。

早速、12月5日の更新分で反映することにします。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

JR西日本・2005年春改正で新快速の播州赤穂方面の直通列車拡大とその疑問  

夜勤明けで7時ごろネットをやっていると、新快速の赤穂線乗り入れが拡大されるという書き込みを目にし早速、JR西日本のリリースをチェック。

JR西日本のプレスリリース
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/041203a.html

新快速増発の詳細(PDF形式)
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/pdf/041203a_akoh.pdf

20041204_jrwest_223_2000.jpg
2005年春改正で赤穂線乗入れがさらに拡大される新快速
写真は223系2000番台2次車 新大阪駅にて。

内容は姫路周辺の変更がメインとなるようで、新快速の乗入れ拡大以外にも運転系統の変更も見られるようで・・・。

現行ダイヤ

岡山・上郡~姫路
赤穂線~相生

この場合は上郡方面からだと乗換無しで姫路にいけるが、
赤穂線から姫路へ向うには相生で乗換が必要、さらに神戸方面へは姫路の乗換も加わる。

20041204_jrwest_115_1000.jpg
山陽本線・赤穂線の主力115系1000番台 岡山駅にて

改正ダイヤ

岡山・上郡~相生
赤穂線~姫路(普通電車)・京都方面(新快速)

この場合だと赤穂線からは乗換なしで姫路に向えるほか、毎時1本乗入れる新快速だと乗換無しで神戸方面へいける。
その代わり上郡方面からは相生で乗換が必要となる。

以上の内容ですが、

見たところ、上郡方面から播州赤穂方面に主軸を変えたとも言えますが、もうひとつ気になるのが姫路駅周辺の立体交差事業との関連です。

現在の南側に高架駅が造られているのですが、工事の進捗による線路切替の過程で折り返しや接続が容易に行えない事態が発生するのではないかと思うのです。

現行ダイヤ上では姫新線や播但線の接続に関しては余裕が採られてますが、神戸方面の新快速と上郡方面の列車の接続は約5分ほどしかなく同一ホームの乗換であるとは限らないので、実際には非常にタイトな状況となっています。

これが、下りが高架・上りが地上という場合、現行の設定のままでは問題があることや、折り返し設備の制約の発生も予想されることからこれらを相生乗換で解消しようという考えも含んでいるのではないかと思うのですが如何なのでしょうか?

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop