DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »2004年11月
2004年11月の記事一覧

2004年11月26日 延伸された京都市営地下鉄東西線へ・・・   

11月26日、京都市営地下鉄東西線が六地蔵まで延伸されたので、早速今日行ってまいりました。

京橋から京阪本線に乗り中書島で宇治線に乗り換え六地蔵(京阪)に下車、地下鉄の六地蔵駅は山科川を挟んで少し離れたJR六地蔵駅に隣接しており、そこまではしばし歩きます。

rokujozo-sta_kyoto.jpg

京阪六地蔵の駅前は歩道の設置工事が行われており、これが完成すれば歩行者の安全が確保できそうと思いつつ約600mほど歩くと着いた六地蔵駅の地下鉄入口は南側にJR六地蔵駅があり、乗り換えはまあまあという感じでしょうか?

東西線の六地蔵駅は薄いブルーがテーマカラーで、ホームドアなどに適用されいて、となりの石田駅はテーマカラーは薄いグリーンとしている。

開業して最初の休日とあって試乗組がチラホラいたり、記念のスタンプラリーが行われるなど開業ムードを感じながらホーム上に・・・。

六地蔵は折り返しは南側2番線から折り返し基本のようで1番線からの折り返しはラッシュ時など一部の時間帯のみとされているようでした。

15分ほど六地蔵にいた後、未乗だった山科~醍醐を含め二条まで乗り通しました。

利用状況的には如何なのかというと、山科まで乗り込み傾向で80pとなり、山科の入れ替りで100p程度です。
御陵ではそれほどの利用は無く、まとまった乗車があるのは私学の高校への通学需要を有する東山で120pとなり、京都市役所前での入れ替りで80pとなります。
烏丸御池でまとまった降車があり40pとガラガラした印象を受けます。
終点の二条到着時は20pしかありませんでした。

京都市営地下鉄東西線は天神側まで延伸する予定ですが、重複する京福嵐山線との絡みで如何変化するのか楽しみですね。
スポンサーサイト

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

au C3003Pという携帯  

私が現在使用している携帯はauのC3003Pで、2002年3月に松下通信(現パナソニック・モバイルコミュニケーションズ)からau向けにリリースされたものです。
これ以降はNTTドコモのFOMAに開発を集中したため、パナソニックのau向けとしては最後にリリースされた機種であり、2.5世代のcdmaOne機種としても最後の機種でした。

発表当初は2002年1月の予定だったのが3月に延期されてのリリースで、1ヵ月後の2002年4月にCdma2000 1xのサービス開始と言うところを考えると、非常に微妙の時期にリリースされたため中途半端な機種になってしまったのは残念でした。

この機種はGPS携帯では最初の電子コンパスを採用した機種と言うのもあり、一部の人たちの間で根強い人気があり、後継機種のリリースの可能性を期待し未だに使い続けるケースが見られるようです。

私もこの機種を2002年6月から使用していますが、そろそろ機種変更しようと思案している最中ですが、いま順次リリースされているauの冬モデルで日立がリリースするスライド携帯W22HとかカシオがリリースするPCサイトビューアー搭載のW21CAに心が揺らいだりして・・・。

しかし、パナソニック・モバイルコミュニケーションズが2005年度以降に他社と共同開発と言う形でauに再参入する可能性があるという記事(下記のURLを参照)があることからC3003Pユーザーである私として「今一度!」と言う思いもあるのですが(笑)

月刊テレコミュニケーション2004年4月号の記事
http://www.telecomi.biz/backnumber_tc/interview_tc_0404.htm
でも実際は「もう少し待とう」という心理がどうしても働くため、なかなか機種変更できないのが実情なのですが・・・(苦笑)

au_cdmaone_c3003p.jpg

category: デジタル家電の話題

tb: 0   cm: 0

気づけばもうすぐ12月・・・。  

今月の仕事の忙殺され、気づけば12月はもうすぐという感じになりました。

今夏から勤務体系が変更されたため残業は少なくなったものの、そのしわ寄せで仕事の内容は濃くなりがちで・・・。

ただ、その時々により仕事の濃淡がはっきりしているためか、鬼のように忙しかったり、大いに暇だったりとバラつきがあります。

ここ数ヶ月は鬼のように忙しい状態が続いてますが、今までのようにとことん神経を磨り減らす状況ではないので、実入りはソコソコで体も酷使しているわけでもないので「燃え尽きた」という状況ではないのですが・・・。

まあ、気づけば12月もあっという間に過ぎるのかなと思った次第です。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

もう終わらせても良いのでは・・・。  

毎年大晦日に生放送されるNHK紅白歌合戦の視聴率がここ数年50%切るか切らんかというラインをうろついて何年も経っているようですが、メディアでは凋落と言う表現も用いているようですが、ちょっと違うのではないでしょうか。

過去最高の80%台があった当時は大した娯楽が無くテレビといってもNHKしかなかった時代だったことを考えれば当然の数字でしょう。

10年以上前辺りまでは民放も実力が無かったためレコード大賞を除けばほとんど捨てネタクラスのものが大半ではなかったでしょうか?

紅白人気が危うくなったのはここ数年前からでマンネリ気味であったことも考えられますが、民放の実力の上がってきたことやテレビ以外の娯楽が増えたことの方が大きいのではないかと考えます。

これでは50%を切るのは当たり前なのですから、これを異常事態だというのはおかしいのではないかと思います。

私自身も紅白はここ数年見てません。

正直言うと退屈で他のチャンネルに変えてしまいます。

周囲の状況を見切ることが出来ず、国民的番組という役目を終えた紅白歌合戦を未来永劫続ける意味はもう無いでしょう。

今の形で続けようと考えているのなら、紅白自体もう終わっても良いのではないでしょうか?

category: 時事ネタ

tb: 0   cm: 0

2004年11月14日ついに近鉄3000系の編成写真をゲット!  

前日に引き続き、14日も3000系を追うべく西大寺へ向いました。

今回は午前中に狙おうと考え早めに向かい、前回と同じく西大寺車庫をチェックしましたが、昨日と同じく3000系はいませんでした。

しかし昨日新田辺に入庫したらしいという書き込みを見てましたので、新田辺車庫にいる可能性をも考え、西ノ京から折り返し西大寺で急行に乗り換えて京都線へ向かいましたが、ここにもいません。

ということは運用に入っていると言うわけでそのまま京都方へ向ったところ、大久保で特急を待避している西大寺行きが3000系ではないですか!
しかし一足違いで出発して行ったため急遽ここで折り返し、次に来る奈良行き急行に乗車。

先の普通と私が乗る急行が大久保発基準で12:03発と12:12発なので約9分の差、このパターンだと新田辺と近鉄宮津の待避はなくそのまま行けば新祝園で捕まえることが出来ると判断。

大久保12:12発奈良行き急行に乗車、3000系捕獲間近!

12:24 新祝園到着、普通に接続ということで案の定3000系が待避してました!早速、先頭車を撮影。

kintetsu_3000-04.jpg

十数年振りの3000系車内でマッタリ、たまたまこの列車が大和西大寺から橿原神宮前行きに変わったためそのまま乗車となりました。

あとは編成全体を撮ろうことを考えて都合のよい場所を模索、橿原線内では畝傍御陵前が対向列車の撮影に都合がよいためそこで下車し、西大寺行きとして折り返して来た3000系を撮影。

kintetsu_3000-01.jpg

いやいや、追いかけた甲斐がありました(笑)。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

ターゲット近鉄3000系にタッチの差で逃げられる!  

13日は仕事が休みなので、再び3000系を捉えるべく西大寺へ向います。

西大寺から橿原線に乗り換え隣接する西大寺車庫の状況を確認します。

3000系が日中に留置される場所は大抵ここなので必携となりますが今回はいません、どうやら運用についているようです。

うまく捉えればと考え筒井を目前に3000系とすれ違いました。
平端で折り返し近鉄郡山で待ち構えようと1時間粘りましたが、来る気配ありません。

「もしや」と思い大和西大寺へ戻ったら案の定、留置線上に引きこもってました。

このパターンだと再び本線上に戻ってくるのは夕方以降なので、一旦下車し留置している3000系をとりあえず撮影。
すぐには本線上に戻らないと言うのを示すかのように行先表示も白幕でした。

kintetsu_3000-01a.jpg

kintetsu_3000-02a.jpg

再び大和西大寺のホームに戻り再び戻ってくるのを待ったのですが、18:00を過ぎても入線する気配がありません。
日も暮れしまい撮影条件としては厳しいので今日はここまで。

自宅に帰って3000系の運用を追っているサイトを見てみると19時以降に運用に入っている模様でした。

明日(14日)も3000系を捉えるべく撮影に挑もうと思います。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

2004年11月7日 ターゲット近鉄3000系に逃げられる!  

近鉄の数ある中で少数派の3000系。

1979年に近畿車輛にて製作され、近鉄唯一の電機子チョッパ制御でステンレス車体です。

実は試作的要素で製作されてたため、4両編成1本(竣工時は3両編成+1両、1991年に4両固定化)のみ在籍しているだけの貴重な車輌でありますが、実はこれを撮れてないんです。

普段から狙おうとしているのですが、運用についていなかったり、運用に就いていても撮れるチャンスを逸したりと、めぐり合せが悪く非常に往生しています(苦笑)。

先日、京都から新快速に乗って行こうとした際、なんと停まっているではありませんか!

しかし新快速の最後尾に乗車したため気づいたときにはもうどうする事も出来ませんでした。

なにせ大阪へ向け動き出した後でしたから・・・。

kintetsu_3000.jpg

提示した写真は以前にJR京都線調査の時に撮ったもので、有ってもこのようなショットしか無いのが悔しいです(泣)

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

2004年11月6日 近鉄東大阪線撮影記 7020系を追え!  

6日は明け方まで仕事で翌週は日勤なのでそのまま起きることにしました。

ただ自室で燻っているのも如何なものなので、暫定公開している20系更新車の写真をとりにいこうと考え、東大阪線へ・・・。

中央線にも地上区間はありますがホームの長さに余裕が無く撮影には厳しく、東大阪線は荒本は地下でダメ、新石切は撮影条件では一番よいけど島式ホームで編成全体をとるにはもう一つ、と言うわけで相対式ホームの吉田をチョイスすることになりました。

吉田は阪神高速東大阪線が真上を通っている2層高架式で建設されてところです。ホーム上は外光が入るため撮影条件的にはまあまあといったところでしょうか?

問題はダイヤのスジ上、上下線の発着時刻が数十秒ほどしか違わず下手をすると編成全体が取れないというリスクもありましたので先に到着するコスモスクエア行きを撮る事で解消。

ホーム進入時のものはシャッター速度の関係で失敗でしたが他は概ね撮れてました。

osaka_city_subway_20_0a-01.jpg

この後、東生駒へ向かい隣接する東大阪線の車庫にいるだろう7020系を確認します。

kintetsu_7020-01.jpg

偶然にも電留線上に7020系が停まっており、遠目ではあるものの撮影、台車形式・インバータ制御装置のメーカーも確認。

kintetsu_7020-02.jpg

7020系は現在運用中の7000系とあまり変わり映えしないので、インパクトが無いなーと思ってしまいますね。

まあ当日は色々確認できたのでサイトのネタとしてはいい収穫でした。

category: 関西地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

私の眼鏡  

プロ野球ネタが続きましたのでここで一息・・・。

現在の私の視力は裸眼で0.01と言う近眼で、これ無しだと、もれなく全面モザイクと言う世界が広がります(苦笑)

近視になる原因は生活環境や姿勢の他に遺伝による場合もあるようで、私の場合は両親とも近視で祖父母も近視であったことから遺伝的要因が大きいようです。

私が眼鏡をかけ始めたのは中1の頃でしょうか、あれから今に至るまでの16年に亘り使用してます。

今掛けている眼鏡は4代目で、10年ほど前から使用してます。

その前はパーソンズの眼鏡フレームでしたが、レンズを交換したもらった際、不可抗力が原因でフレームが壊されたため現在の物に変わってます。

基本的にプラスチック製のレンズを使用するのですが、私の場合は近視の度がきつい為、通常のレンズだと厚さが厚くなるため圧縮レンズを使用してます。

こちらの方が軽くて済みますが若干値が張ってしまうのが難点です。

私が普段行くのは家族ぐるみで運営しているショップで比較的安値で購入できるので高校当時から利用してます。

最近、近視の度が進んだのか遠方の物が若干見えにくくなってきたのでレンズを変えないとな~と思ったので日記のネタにしました。

glasses.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロ野球再編問題6 東北楽天ゴールデンイーグルス誕生!  

プロ野球オーナー会議が11月2日行われ、来期から新規参入する球団として楽天ゴールデンイーグルスが承認された。
これによりライブドアの落選が決定した。

楽天決定の記事(サンスポの記事)
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200411/bt2004110301.html

落選したライブドア堀江氏のコメント(サンスポの記事)
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200411/bt2004110305.html

各メディアが報じた大方の予想通りの結果という感じでしょう、理由はこのテーマの最初に書いてますので特に書きません。

ライブドアの参入表明は旧態然としたプロ野球に一石を投じたという点で高く評価するものの、残念ながら経営面と信頼性で認められなかった。

参入が承認された楽天は本格的に動き出しましたが、球場の改修、試合開催時の騒音問題の対策、地元企業への対策、選手の獲得と待遇の問題、集客面での対策、ファンサービスは?・・・と問題は山のようにあり、まだまだこれからという段階です。

ひとまず決着したものの、ダイエーの問題がまだ解決されないままで先送りとなったため、来期にもう一波乱が起きそうな予感です・・・。

東北楽天ゴールデンイーグルス(球団公式サイト)
http://www.rakuteneagles.jp/

category: 時事ネタ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop