DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »学研都市線ホーム延伸工事の話題
カテゴリー「学研都市線ホーム延伸工事の話題」の記事一覧

2011年4月17日 学研都市線駅改良工事8 祝園駅  

学研都市線の輸送力増強工事の一環として駅構内改良工事が行われた祝園駅が竣工なったようなので、先日の大阪駅改良工事とセットで見てきました。

改良前にあった上りホームが撤去された場所には電車留置線が2線分設けられたほかに乗務員宿泊所が設けられました。
写真右側にある建物が新たに設けられた祝園乗務員宿泊所で、その直下に留置線が設けられています。

20110717_hosono-01.jpg

宿泊所の直下に設けられた電車留置線。
京橋方に設けられた出発信号機が下3出発・下4出発となっていることから正式には3番線(左)・4番線(右)となっています。

また、奥に見えるホーム上には発車標が設けられていますが、これは今年3月に運行管理システムが学研都市線・JR東西線に導入されたことに関連しています。

20110717_hosono-02.jpg

写真左側が留置線の車止め側。
乗務員宿泊所に繋がる階段が写真中央から左手に見えます。

20110717_hosono-04.jpg

京橋方から撮影した祝園駅構内。
照明灯が本設になっていることから、これで完成形であることが分かります。

20110717_hosono-05.jpg
20110717_hosono-06.jpg

ホーム端部から京橋方を撮影。

20110717_hosono-03.jpg

機材を変えて望遠で撮影。
複線のように伸びるが1線だけ車止めがあるのが辛うじて分かりますが、後刻引き上げ線であることを確認しました。

20110717_hosono-07.jpg

最後に来訪時の祝園駅構内の配線図を提示しておきます。

20110417_hosono-01.jpg
スポンサーサイト

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: JR西日本  輸送力増強工事  学研都市線  祝園駅 
tb: 0   cm: 0

2010年4月29日 学研都市線駅改良工事7 祝園駅  

7両編成対応工事が終わった学研都市線では駅改良工事が進められています。

4月29日時点で確認したのは、下狛駅と祝園駅ですが、画像は祝園駅のみ撮影していますので、今回はこの駅の工事状況だけ報告します。

20100429_hosono-01.jpg

祝園駅は新たに分岐器の挿入が行われていますが、京橋方にある祝園北一番踏切を挟んで2箇所に挿入されるようです。

20100429_hosono-02.jpg
20100429_hosono-03.jpg

一方、切替完了で使用停止となった旧ホームが撤去されました。

20100429_hosono-04.jpg
20100429_hosono-05.jpg

木津方は旧上り線に位置する軌道が保守用の引き込み線的な感じで敷設された状態となっています。

20100429_hosono-06.jpg

さて、肝心の分岐器の方ですが、まずはホームに近い側を…。

20100429_hosono-07.jpg

これで見る限りでは、電気転轍機が設置されていないようで、さらに上りホームが単式の形態になっていることからも保線用の引き込み線ではないかと思うのですが、今ひとつ決定打が見当たりません。

20100429_hosono-08.jpg

祝園北一番踏切は複線化されることから踏切自体も改良工事が行われいる最中です。

20100429_hosono-09.jpg

もう一方はこれまでにも分岐器が挿入されそうというのは分かっていたのですが、予想外だったのは両渡りになっている点です。

20100429_hosono-10.jpg

流石にこれは考えてなかったので最終形態がわからなくなってしまいました…。

今回のレポは以上です。

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: JR西日本  輸送力増強工事  駅改良工事  学研都市線 
tb: 0   cm: 0

2010年3月14日 学研都市線ホーム延伸工事6-2 同志社前駅・下狛駅  

祝園から同志社前へ移動しました。

同志社前駅は京橋方が延伸されていたのはこれまで確認していました。

20100314_doshishamae-01.jpg

しかし、そのままでは7両編成が収まらないのは目視ベースでもわかっていましたので、木津方へ伸ばすのだろうと想定していたのですが着手されいなかったため気になっていたところ、当日確認した時点では延伸工事が施工されていました。

木津方の延伸箇所は以前スロープになっていた場所で、施工後は構内踏切と共に消え去っていました。

ちなみに、向かい側にあるホームは以前から閉鎖状態となっていて、当駅折り返しは改札口側のホームかが直接折り返しするように変更されてからは非常時に使用される以外は使われることがない状態でした。
今回のホーム延伸で事実上の1面1線化されたことになります。

20100314_doshishamae-02.jpg

続いて下狛へ。

下狛駅は木津方のみ延伸されています。

20100314_shimokoma-04.jpg

延伸箇所にはホーム上屋が設けられています。
写真は南口側から撮影。

20100314_shimokoma-02.jpg

この工事によりこれまでホーム端部にあった南口が木津方に移設されています。
南口~ホームは延伸前と同じスロープを介して行き来することになるのですが、とても狭いです。

20100314_shimokoma-05.jpg

駅舎と言うよりはシェルターという方が・・・。
ここにはICカード対応の簡易改札機が1台設けられているだけで自動券売機は設けられていおらず、きっぷはこれまでと同じホーム中程の中央口側にある1台だけで対応と言うことになります。

20100314_shimokoma-06.jpg
20100314_shimokoma-07.jpg

祝園駅南口駅舎。

20100314_shimokoma-03.jpg

以前撮影したバス停との位置関係を今回も撮っておきました。

20100314_shimokoma-08.jpg

今回のレポは以上です。

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: JR西日本  輸送力増強工事  学研都市線 
tb: 0   cm: 0

2010年3月14日 学研都市線ホーム延伸工事6-1 祝園駅  

2010年3月13日のダイヤ改正から7両編成の入線が行われた学研都市線の京田辺~木津。

これに合わせて行われたホーム延伸工事された各駅の様子を確認することにしました。
今回は時間の都合で祝園・下狛・同志社前の3駅に絞っています。

まずは祝園駅。

ホーム延伸対象5駅の中では最も手が入れられている駅で、同駅は構内改良工事も行われています。
ここではこれまで中線のあった場所に上り線(木津方面)を移設まで行われています。

下の写真は全面供用開始後の様子で、既存の橋上駅舎が従来あったホームの位置に合わせられているため上りホームが迫り出す格好となっているのが分ります。

20100314_hosono-01.jpg

橋上駅舎への上り口側(木津方)から撮影したもの。
祝園駅は木津方に階段があることからこの場所が上り列車の先頭になる。

まだ切替え後の状態なのであらゆる箇所が仮の状態です。

20100314_hosono-02.jpg

木津方の様子。

20100314_hosono-03.jpg

上りホーム。
所々仮設状態なのが気になりますが・・・。

20100314_hosono-04.jpg
20100314_hosono-05.jpg

祝園駅に到着した207系0番台。
4+3の7両編成で入線しているのが分ります。

20100314_jrwest_ec_207_0-01.jpg

下りホームから見た様子。
ホーム中程から京橋方を撮影。

20100314_hosono-06.jpg

同じく木津方を撮影。

20100314_hosono-07.jpg

上りホームは今後ホーム上屋が設けるための準備がされてるようで、支柱の下部が取り付けられているのが写真でも分ります。

20100314_hosono-08.jpg

→6-2に続く。

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: JR西日本  輸送力増強工事  学研都市線 
tb: 0   cm: 0

2010年1月24日 学研都市線ホーム延伸工事5-2 祝園駅  

続いて祝園駅のレポです。
前回は上りホームの切替が行われたところまで報告しました。

今回は下りホームの延伸箇所が舗装と点字タイルの整備まで進んでいますが、構内外を仕切る柵の設置は該当箇所のコンクリートの養生が終わっていないようなので、また設けられていません。

20100124_hosono-01.jpg

新設ホームと近接する旧上りホームは撤去工事が進められています。

20100124_hosono-02.jpg

撤去は京橋方のみですが、今春のダイヤ改正にあわせて行われるであろう新上りホームへの全面切り替え後に撤去工事が着手されると思われます。

20100124_hosono-03.jpg

その上りホーム工事は木津方の基礎工事が進められていて、来訪当時はコンクリートの打設を控えている段階でした。

20100124_hosono-04.jpg

京橋方で切替えられた本線は交換設備の有効長延伸工事が進められています。
現在は新たに挿入される分岐器を組み立てているようです。

20100124_hosono-05.jpg
20100124_hosono-06.jpg

今回のレポは以上です。

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: JR西日本  輸送力増強工事  学研都市線 
tb: 0   cm: 0

2010年1月24日 学研都市線ホーム延伸工事5-1 同志社前駅・下狛駅  

先日、学研都市線工事に関して動きがあったそうなので、1月24日に現地へ赴きました。
まずは同志社前駅と上狛駅から。

20100124_doshishamae-01.jpg

同志社前駅の工事は京橋方が延伸されているのですが、私の見立てだと1両分足りません。

20100124_doshishamae-02.jpg

木津方に動きがないのですが、ホーム延伸対象外となった2番のりばが現在でも一部列車や輸送障害発生時に使用されているため完全に閉鎖出来ないため、7両編成乗入れ開始となるダイヤ改正前日終電後から初電までに仮設で延伸させるのかと思われますが・・・。

20100124_doshishamae-03.jpg

続いて下狛駅。
こちらは木津駅方に3両分延伸されますが、支障となる南改札口をどうするのか気になってました。

今年に入ってから動きがあったようで、南改札口がホーム延伸箇所の木津方に移設されることになったそうです。

20100124_shimokoma-01.jpg

移設先となる辺りはこれまでよりも歩道の幅が広くなる場所で、すぐ近くに奈良交通のバス停留所が設けられています。

20100124_shimokoma-02.jpg

延伸末端部はスロープが設けられることになっています。
ここに移設される南改札口はこれまでと同じ簡易なものになるか、屋根無しになるのかはこの時点では不明です。

20100124_shimokoma-03.jpg

南改札口は休止後にスロープと共に撤去され、現在は仮設の出入口が設けられています。
ここには簡易型改札機などがないため、ホーム中央部にある改札機などを利用するように案内されています。

20100124_shimokoma-04.jpg

スロープが撤去された跡ではホーム延伸の基礎工事が進められています。

20100124_shimokoma-05.jpg

4-2に続く。

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: JR西日本  輸送力増強工事  学研都市線 
tb: 0   cm: 0

2009年12月13日 学研都市線ホーム延伸工事4-2  

祝園駅を見に行った序でに隣の下狛駅も見てきたので報告しておきます。
前回来訪時は未着手だったのですが、今回来訪するまでに着手されたようです。

工事自体は大掛かりなものでは無さそうで、基本的に木津方へ3両分延伸させるようです。

20091213_shimokoma-02.jpg

下狛駅木津方の写真。

現状は細長いホームの中央と木津方に出入口があり工事自体はこの先から着手されていますが、ここままだと駅の出入口が支障となってしまいます。

20091213_shimokoma-01.jpg

駅出入口にはICカード対応の簡易改札口があり、それを守るように簡易な屋根が設けられています。
ホーム延伸に際しては支障の可能性があることから移設するなどの可能性も考えられますが、今のところ特に動きがないようです。

20091213_shimokoma-03.jpg

駅出入口より南側では工事が着手されていますが、来訪時点では既に基礎工事が進められています。

20091213_shimokoma-04.jpg

今回のレポは以上です。

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: 輸送力増強工事  JR西日本  学研都市線 
tb: 0   cm: 1

2009年12月13日 学研都市線ホーム延伸工事4-1  

学研都市線全列車7両編成化に向けてホーム延伸工事が行われているのですが、それに連動して祝園駅では構内改良工事が行われています。

今回、その改良工事の進捗に伴い2009年11月21日始発から上り(木津方面行き)ホームが切り替わったことを知り、12月13日に現地へ出向いてきました。

20091213_hosono-03.jpg

これまで使用停止されて一部撤去されていた中線側に軌道が新設される形となっています。
切替によりこれまでの上り線の軌道は既に撤去されています

20091213_hosono-01.jpg

木津方は上り出発信号機が切替えられていますが、分岐器などの交換は実施されておらず、既存の物を上手く活用している感じとなっています。

20091213_hosono-04.jpg

下り(京橋方面行き)ホームから撮影したもの。
今回の切替で上り列車の停車位置が新設ホームが設けられた京橋方に3両分(60m)後退しています。

20091213_hosono-02.jpg

新設されたホームは事実上ホーム延伸箇所に該当するのですが、旧上り線と新上り線の間に押し込まれる形で設けられているので窮屈な印象を受けます。

現状は木津方1両分が既存ホームとの接続のため仮設ホームが継ぎ足されていることと、実際の幅員はある程度確保されているようなので、木津方3両分がこちら側に拡張されるまでは何とかしのげるようです。
ちなみに夜間は保安のための要員が配置されているようです。

20091213_hosono-05.jpg

一方の下りホームは延伸箇所の基礎工事が終わり、土木工事が進められています。

20091213_hosono-06.jpg

今回の切替で変ったのは京橋方の配線で、これまではY字分岐だったのが片開きに変更されています。
新たに使用された分岐器は下り線側が直線となっています。

また、上り場内信号機が駅構内北側すぐにある祝園北一番踏切の京橋側付近から、数100mほど下狛駅寄り移設されています。
これに合わせて本線の軌道も西側に寄った形で設けられていますが、写真で見る限りでは場内信号機がある辺りまで複線化される可能性がありそうです。
今回の切替でそれが出来たのは、複線化のための用地が確保されているからとも言えます。

20091213_hosono-07.jpg

今後は停車位置が変更された上りホームのホーム拡張工事が進められることになり、今回の時点ではそのための準備が進められています。

20091213_hosono-08.jpg

本項の最後に提示しているのは祝園駅の配線略図です。
中段にものが先月切替えられて現在の配線で、点線が囲っている箇所が今後拡張されるホームです。
下段の完成予想図は確定出来ない様子があるため、あくまで参考程度に留めておいてください。

20091213_hosono.jpg

→次に続く。

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: 輸送力増強工事  JR西日本  学研都市線 
tb: 1   cm: 0

2009年10月3日 学研都市線ホーム延伸工事3  

学研都市線のホーム延伸工事を8月上旬に見てきましたが、今回10月3日に祝園駅だけ見てきました。

20091003_hosono-02.jpg

比較的手が加えられる祝園駅の工事は上りホームが新たに新設されることになり、ホームの土木工事が進められています。

20091003_hosono-01.jpg

まずは上り線も移設されるため新たに出発信号機が設けられています。

20091003_hosono-03.jpg

ホーム新設工事は点字タイルと滑り止めの工事がもうすぐ終わると言う段階です。

20091003_hosono-04.jpg

新設されるホーム延長は4両分。

20091003_hosono-05.jpg

ただし、現行の上り線の間に細長く設けられているだけなので、複数段階を経る可能性が高いようです。

まず考えられるのは、新上り線への切替後(停車位置も同時変更)に仮ホームを継ぎ足して幅員を確保した後に現在の上り線の撤去、その後木津方のホーム構築工事に着手。
木津方を構築後に停車位置を変更して、京橋方仮ホームの撤去と本設ホームの工事の着手。

と言う流れなのでしょうか?

また、階段の位置変更も含めた駅舎改修も視野に入りそうです。

20091003_hosono-07.jpg

下りホームは大きな動きが無く、仮の杭で仕切られているだけと言う段階で留まっています。
また、行き違い区間延長と思われる軌道敷設工事も大きな動きがありません。

20091003_hosono-06.jpg
20091003_hosono-08.jpg

今回のレポは以上です。

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: JR西日本  輸送力増強工事  学研都市線 
tb: 0   cm: 1

2009年8月9日 学研都市線ホーム延伸工事2 同志社前駅  

さて、先週末の見聞した学研都市線ホーム延伸工事で見落とした同志社前駅を見てきました。

10年ほど前までは簡易な建物だった駅舎が一般的なものに代わっていました。

20090809_doshishamae-01.jpg

ホーム延伸工事は先に京橋方が着手され、来訪当時はホームが形作られていました。
あとは点字ブロックと柵の設置工事のみであるものの、写真から判断するとここのままでは7両編成対応とは言えるほどの長さではありません

20090809_doshishamae-02.jpg

反対側の木津方は信号室や電気設備の設置工事が行われていますが、現時点ではホーム延伸工事は行われていません。
京橋方が先の写真の状態ならばこちらも延伸されると考えられますが、それには現在一部時間帯で使用されている2番線の完全閉鎖する必要があります。

20090809_doshishamae-03.jpg

今回のレポは以上です。

#2009.8.11 20:00 LastUpdate

category: 学研都市線ホーム延伸工事の話題

tag: JR西日本    輸送力増強工事  学研都市線 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop