DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »四国地方遠征
カテゴリー「四国地方遠征」の記事一覧

2010年5月5日 日本100名城を巡る四国の旅46 土佐電撮影して帰阪  

桂浜から戻ってきたら土佐電の撮影です。

20100505_harimayabashi-01.jpg

狭い窓がずらりと並ぶ200形。
同一形式内で冷房装置の有無があり、写真の209号車は非冷房車。

20100505_tosaden_200-01.jpg

はりまや橋から朝倉へ移動。

20100505_tosaden_600-01.jpg

朝倉街道の単線区間を歩きつつ撮影。

20100505_asakura_ekimae-03.jpg
20100505_asakura_ekimae-01.jpg
20100505_asakura_ekimae-02.jpg

朝倉から再びはりまや橋へ戻ると帰阪までは土佐電の撮影を続けました。

20100505_harimayabashi-02.jpg

ちょうどいいタイミングで2000形に遭遇。
こちらは製造年次によって行先表示器が幕式とLED式の2種類存在します。

20100505_tosaden_2000-01.jpg
20100505_tosaden_2000-02.jpg

ツーマンカラーとなっている200形213号車。

20100505_tosaden_200-02.jpg

製造年次によって外観の細部が異なる600形。
写真は614号車

20100505_tosaden_600-03.jpg

同じく615号車。

20100505_tosaden_600-02.jpg

現在のサンデン交通である山陽電気軌道で700形と共に使用されていた800形。

20100505_tosaden_800-02.jpg

そろそろ時間が気になりだしたころにようやくやってきた100形。
リトルダンサーシリーズの3連接車両ですが1本しかなく、2007年来訪時の撮影でしくじったというのもあって、この車両をとらえたというのだけでも満足です。

20100505_tosaden_100-01.jpg

はりまや橋から高知駅前へ戻る際撮影した1000形。

20100505_tosaden_1000-01.jpg

高知駅へ戻って鞄を回収、ホームへ上がったころには発車時間2分前。

20100505_kochi-02.jpg

大急ぎで撮影してから南風24号の乗り込み座席に落ち着くともう出発してました。
危ういタイミングです・・・汗。

20100505_jrshikoku_2000-01.jpg

高知を離れて岡山を目指します。

20100505_dosan_line-01.jpg
20100505_dosan_line-02.jpg
20100505_dosan_line-03.jpg
20100505_dosan_line-04.jpg

岡山からはこだま758号に乗り換えて新大阪へ。
8連化された500系に乗るのは今回が初めて、グリーン車から普通車指定席用に格下げされた座席に座るのも初めてです(と言ってものぞみの時と大差ないのですが・・・)

20100505_jrwest_tec_500_7000-01.jpg
20100505_kodama758-01.jpg

まったりしたのかハードだったのかわからなくなってしまった今年のGW遠征はこれで終わります。

#「2010年4月30日~5月5日 日本100名城を巡る四国の旅」おわり。
スポンサーサイト

category: 四国地方遠征

tag: 土佐電氣鐵道 
tb: 0   cm: 0

2010年5月5日 日本100名城を巡る四国の旅45 桂浜へ  

午後からは景勝地である桂浜へ向かいます。

桂浜周辺はGW期間中の交通規制のため自家用車での入ることができないため、高知市内各所にある大型駐車場からシャトルバスが運行されている形態がとられています。

こちらは高知県交通の路線バスを使って桂浜入りしましたが…。

20100505_kochi_ken_bus-01.jpg

現在は桂浜公園として整備されている桂浜周辺にお店や各施設などがあります。

20100505_katsurahama-03.jpg

桂浜の前にある飲食店の並び。
ここには土佐闘犬センターなるものもあります。

20100505_katsurahama-04.jpg

奥へ進んで、銅像のほうへ。

20100505_katsurahama-05.jpg

坂本竜馬の銅像。

20100505_katsurahama-06.jpg

桂浜のほうへ。

20100505_katsurahama-07.jpg

桂浜公園は一般的に知られる桂浜は本浜で、本浜の両側に東浜、西浜の計3つの浜辺があります。

竜頭岬から東にある東浜。

20100505_katsurahama-01.jpg

一般的に知られる桂浜の本浜はこちら。

20100505_katsurahama-02.jpg

なお、桂浜は波が激しき上に不規則な高波があることから「遊泳禁止」となっていてますが、実際に不用意に入って波に流される海難事故があとを絶えないのだそうです。

20100505_katsurahama-08.jpg

本浜陸側の真ん中あたりにある大町桂月記念碑。

20100505_katsurahama-09.jpg

本浜と西浜の境目に竜王岬があり、展望台があるようなので行ってみました。

20100505_katsurahama-10.jpg
20100505_katsurahama-18.jpg

竜王岬展望台。

20100505_katsurahama-11.jpg
20100505_katsurahama-19.jpg

本浜と西浜の境界。
左が西浜、右が本浜、正面に見える階段は高知灯台と坂本竜馬記念館へ向かう遊歩道「うつぎの小径」ですが、険しい道のりなので、銅像の近くにあるテラス台地から「椿の小径」という遊歩道を利用が推奨されています。

20100505_katsurahama-12.jpg

では展望台から下ります。

20100505_katsurahama-13.jpg
20100505_katsurahama-14.jpg

正面に見える社は海津見神社。

20100505_katsurahama-15.jpg

狭い場所に人が多すぎるので近くからは撮っていません。

20100505_katsurahama-16.jpg

時間がないので桂浜はこれで終了。
再びバスに乗ってはりまや橋へ戻ります。

20100505_katsurahama-17.jpg

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 桂浜 
tb: 0   cm: 0

2010年5月5日 日本100名城を巡る四国の旅44 高知城・その7  

高知城めぐりの続き。
続いては西ノ丸から杉ノ段に向けて巡ります。

20100505_kochi_castle-108.jpg

城内鎮座神社跡。

20100505_kochi_castle-109.jpg

乾ノ櫓跡の下辺りです。

20100505_kochi_castle-110.jpg

ビニールシートで覆っているようですが、なにやら資材らしきものなのか?

20100505_kochi_castle-111.jpg

杉ノ段北面の辺りです。
奥に見えるのは綿蔵門跡から通じる石段です。

20100505_kochi_castle-112.jpg

写真の石段は梅ノ段にある綿倉門と証文蔵・辷山(すべりやま)そして現在は市街地の中に埋もれた北口門跡とを結んでいました。
ちなみに辷山から北口門にかけては北ノ郭を呼ばれ、武器庫や米蔵などがありました。

20100505_kochi_castle-113.jpg

辷山(すべりやま)

20100505_kochi_castle-114.jpg

この傍らには証文蔵がかつて存在し、将軍からの書状である「御内書」や幕府の老中が発給する「老中奉書」など、藩にとって非常に重要な文書が収められてた特別な蔵だったそうです。

20100505_kochi_castle-116.jpg
20100505_kochi_castle-115.jpg

写真は高知公園の公園の入り口となっていますが、廃城後に整備されたものです。
この右手には谷屋敷があり、その手前は川だったそうです。

20100505_kochi_castle-117.jpg

杉ノ段北面へ戻って登城時に来た場所へ戻ります。

20100505_kochi_castle-118.jpg

登城時に来た杉ノ段東側へ出てきました。

20100505_kochi_castle-119.jpg

活水源井君記念碑

20100505_kochi_castle-120.jpg

三ノ丸石垣と杉ノ段東面。

20100505_kochi_castle-121.jpg

ひとまず主だったものは巡りましたので、高知県立文学館へ入館しました。
当日は展示替えのため今秋まで休館中の土佐山内家宝物資料館の一部が文学館において展示されていました。

20100505_kochi_castle-05.jpg

高知県立文学館の茶室、慶雲庵茶室。

20100505_kochi_castle-122.jpg

追手門を出て堀の周りを歩いていきます。

20100505_kochi_castle-123.jpg

内堀南面。
城内南側は御屋敷があり、藩主の一族などの住居がありました。
現在は高知県や市の官庁街となっています。

20100505_kochi_castle-124.jpg
20100505_kochi_castle-125.jpg

高知市役所に建つ初代市長・一圓正興の石碑

20100505_kochi_castle-126.jpg

これで高知城観覧は終了。
午後からは桂浜へ向かいます。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  高知城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月5日 日本100名城を巡る四国の旅43 高知城・その6  

本丸御殿(本丸正殿)と天守を出ました。

20100505_kochi_castle-107.jpg

本丸御殿を出た正面に位置する西多聞。
廊下門と連結された建造物で現存建造物です。

20100505_kochi_castle-87.jpg

黒金門。

20100505_kochi_castle-88.jpg

本丸周囲はこのような感じ。

20100505_kochi_castle-89.jpg
20100505_kochi_castle-90.jpg

太鼓櫓跡。
この場所は太鼓丸とも呼ばれていて、先ほどの鉄門からの道の太鼓丸側に本丸二の門があったそうです。

20100505_kochi_castle-91.jpg

太鼓櫓跡から本丸石垣に沿って進むと詰門と鉄門の前へ戻ってきます。

20100505_kochi_castle-92.jpg
20100505_kochi_castle-93.jpg

三ノ丸を抜けて二ノ丸石垣北側へまわります。

20100505_kochi_castle-94.jpg

二ノ丸御殿の裏側に通じる水の手門と数奇屋櫓跡。

20100505_kochi_castle-95.jpg

現在は梅ノ段と呼ばれている獅子の段にあった乾ノ櫓跡。

20100505_kochi_castle-96.jpg

梅ノ段。
前身の獅子の段と呼ばれる以前は鹿の段と記されていて、ここには射場と馬場があったそうです。

20100505_kochi_castle-97.jpg
20100505_kochi_castle-98.jpg

御台所屋敷跡。
上下段に分かれているこの遺構は南北朝時代の大高坂松王丸らの居城や戦国時代の長宗我部元親の居城があり、発掘調査と復元工事が行われ現在に至ります。

20100505_kochi_castle-99.jpg
20100505_kochi_castle-100.jpg
20100505_kochi_castle-101.jpg

西の丸跡。
現在は高知県立武道館の別館である高知県立弘徳館が建っています。

20100505_kochi_castle-102.jpg
20100505_kochi_castle-103.jpg

搦手門跡。

20100505_kochi_castle-104.jpg
20100505_kochi_castle-105.jpg

藩校跡。
現在は高知県立武道館が建っていて、門だけが残されています。

20100505_kochi_castle-106.jpg

次は杉ノ段北側を巡ります。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  高知城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月5日 日本100名城を巡る四国の旅42 高知城・その5  

本丸御殿の次は東多聞と廊下門の内部を見てきます。

20100505_kochi_castle-63.jpg

東多聞は本丸東側に位置する多門櫓で廊下門と連結され、本丸御殿と天守とは廊下で結ばれています。
東多聞・廊下門とも土佐に関する歴史が紹介されています。

東多聞内部。

20100505_kochi_castle-64.jpg
20100505_kochi_castle-65.jpg

東多聞と連結されている廊下門。
廊下門は詰門上階の渡廊下本丸側に位置し門上部に渡櫓を設けた櫓門となっています。

なお、この先に西多聞にもつながっているのですが、公開されているのは廊下門までとなっていました。

20100505_kochi_castle-66.jpg

続いて天守へ。
高知城の天守は本丸の敷地に礎石を置いて建てられたもので、天守台のない天守となっています。

20100505_kochi_castle-67.jpg

こちらは高知城に関する歴史が紹介されています。

20100505_kochi_castle-68.jpg

2階。

20100505_kochi_castle-69.jpg

2階に展示されている高知城の模型。

20100505_kochi_castle-70.jpg
20100505_kochi_castle-71.jpg
20100505_kochi_castle-72.jpg
20100505_kochi_castle-73.jpg

3階。

20100505_kochi_castle-74.jpg

関ヶ原合戦屏風(複写)

20100505_kochi_castle-75.jpg

4階。

20100505_kochi_castle-77.jpg

最上階。

20100505_kochi_castle-78.jpg

天守の高欄から見る高知公園と高知市街地。

二ノ丸の方向(北東)

20100505_kochi_castle-79.jpg
20100505_kochi_castle-80.jpg
20100505_kochi_castle-85.jpg

本丸。

20100505_kochi_castle-86.jpg

二ノ丸方向(北西)

20100505_kochi_castle-81.jpg
20100505_kochi_castle-82.jpg

西側。

20100505_kochi_castle-83.jpg

南側。

20100505_kochi_castle-84.jpg

これで天守までの関連は終了。
本丸を出て残りの郭跡を見てきます。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  高知城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月5日 日本100名城を巡る四国の旅41 高知城・その4  

高知城の本丸御殿に入ります。

高知城の本丸御殿は築城当初、初代藩主となった山内一豊の住居だったこともありましたが、二ノ丸御殿完成後はそちらに住居を移して、この本丸御殿は特別な時に限り使用されていました。
現在ある本丸御殿は1700年代に火災で焼失・再建されたものが現在に至るまでに残された現存建造物で、高知城は非常い珍しい例だそうです。

20100505_kochi_castle-04.jpg

では御殿内へ。

20100505_kochi_castle-49.jpg

現在の本丸御殿は天守とともに懐徳館という博物館として一般公開されています。

書院造の本丸御殿。
まずは九畳ノ間

20100505_kochi_castle-50.jpg

四ノ間に飾られている衣装は「功名が辻」で千代役を演じた仲間由紀恵さんが着ていた衣装。

20100505_kochi_castle-51.jpg

三ノ間。

20100505_kochi_castle-52.jpg

南入側。

20100505_kochi_castle-53.jpg

東入側。

20100505_kochi_castle-54.jpg

本丸壁面にある物見窓。
現在は高知城にだけ残されているのだそうです。

20100505_kochi_castle-55.jpg

東入側を仕切る杉の板戸。
上部の竹の節状に欄間が作られています。

20100505_kochi_castle-56.jpg

上段の間。

20100505_kochi_castle-57.jpg

上段の間に隣接する納戸は武士の待機場所である武者隠しとも言われています。

20100505_kochi_castle-58.jpg

九畳ノ間に隣接する四畳ノ間から南側の納戸のほうへ。

20100505_kochi_castle-59.jpg

納戸。

20100505_kochi_castle-61.jpg

納戸に展示されている欄間。

20100505_kochi_castle-60.jpg

駕籠。

20100505_kochi_castle-62.jpg

本丸御殿の後は東多門と廊下門の内部を見てきます。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  高知城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月5日 日本100名城を巡る四国の旅40 高知城・その3  

二ノ丸に到着しました。

20100505_kochi_castle-34.jpg

高知城の二ノ丸は二ノ丸表御殿・奥御殿があった場所で、築城当初に藩主の山内一豊が一時的に本丸御殿を住居としていたときを除いて二ノ丸御殿を住居としていました。

20100505_kochi_castle-35.jpg
20100505_kochi_castle-36.jpg

二ノ丸の隅にある庭園。

20100505_kochi_castle-38.jpg

乾櫓跡。

20100505_kochi_castle-39.jpg
20100505_kochi_castle-40.jpg

乾櫓跡から見る梅ノ段。

20100505_kochi_castle-41.jpg

同じ場所から杉ノ段を見る。

20100505_kochi_castle-42.jpg

先ほど見た詰門は二ノ丸と本丸を結ぶ渡廊下となっています。

20100505_kochi_castle-37.jpg
20100505_kochi_castle-43.jpg

詰門は本丸を警備する武士たちの詰所も兼ねていました。

20100505_kochi_castle-44.jpg
20100505_kochi_castle-45.jpg

詰門と連結されている廊下門を抜けると本丸に到着です。

20100505_kochi_castle-46.jpg

廊下門。
上部は東多門と連結して多門櫓となっています。

20100505_kochi_castle-47.jpg

高知城本丸に到着。

20100505_kochi_castle-48.jpg

ここからは本丸御殿(正殿)に入ります。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  高知城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月5日 日本100名城を巡る四国の旅39 高知城・その2  

さて、本丸へ向けて石段を登っていきます。

20100505_kochi_castle-13.jpg

石垣に突き出す形で設けられている石樋。
水はけの悪い当地ならではの工夫。

20100505_kochi_castle-14.jpg

三ノ丸の一段下にある杉の段に到着。
杉の段から見る三ノ丸石垣。

20100505_kochi_castle-17.jpg
20100505_kochi_castle-16.jpg

高知城マップ。

20100505_kochi_castle-19.jpg

山内一豊の妻、千代の石像。

20100505_kochi_castle-18.jpg

愛妻之碑。

20100505_kochi_castle-20.jpg

楠正興尚徳の碑。

20100505_kochi_castle-21.jpg

続いて三ノ丸へ進みます。

20100505_kochi_castle-22.jpg

鉄門前から見る天守。

20100505_kochi_castle-23.jpg

鉄門跡。

20100505_kochi_castle-24.jpg20100505_kochi_castle-25.jpg

詰門。
上段にある二ノ丸と本丸を結ぶ渡廊下も兼ねた櫓門です。

20100505_kochi_castle-26.jpg

詰門前から見る高知城天守。

20100505_kochi_castle-03.jpg

詰門側から見る三ノ丸跡。

20100505_kochi_castle-28.jpg

南東側から見る三ノ丸跡。

20100505_kochi_castle-29.jpg

水路遺構。
雨の多く水捌けの悪い当地における排水のためのもので、通常は写真のように石蓋がされて、泥による詰まりを除去するための石蓋を開けれるようにして作業を容易にするための工夫がされています。

20100505_kochi_castle-30.jpg

長宗我部時代の石垣跡。
三ノ丸石垣の復元に際して行われた発掘調査時に確認されたものです。

20100505_kochi_castle-31.jpg

三ノ丸の北東側。

20100505_kochi_castle-32.jpg

三ノ丸の北側。

20100505_kochi_castle-33.jpg

この後は二ノ丸と本丸へ向かいます。

20100505_kochi_castle-27.jpg

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  高知城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月5日 日本100名城を巡る四国の旅38 高知城・その1  

遠征最終日である5日目の午前中は高知城へ登城します。
当日チェックアウトしてホテルから高知城の天守を見ることができます。

20100505_kochi-01.jpg

ホテルをチェックアウトして高知駅のコインロッカーに鞄を預けていざ高知城へ向かいます。
土佐電で高知城へ出向くにははりまや橋の乗り換えが必携となりますが、高知駅からはりまや橋・県庁前経由の枡形雪が何本かあり、今回丁度いいタイミングで乗れました。

20100505_tosaden_800-01.jpg

午後の桂浜来訪と帰阪までの間に時間を土佐電の撮影に充てるため一日乗車券を運転士から購入します。
これがあると移動に自由が利きますので・・・。

20100505_tosaden_1day_tickts-01.jpg

高知城前電停で降車し交差点を北へ歩くとほどなく高知城の南東側に到着。
写真の橋は元からあったものではなく、高知公園として整備された時のものらしいです。

20100505_kochi_castle-06.jpg

ちなみに橋を渡ったところは武家屋敷または御馬場があった場所とされています。
両説があるのは時代によって武家屋敷であったり御馬場であったためらしいです。

20100505_kochi_castle-15.jpg

内堀に沿って北へ進むと追手門が待ち構えています。

20100505_kochi_castle-08.jpg

その前に土佐藩の初代藩主だった山内一豊の銅像近くにあるため見てきました。

20100505_kochi_castle-01.jpg

それでは追手門へ。

20100505_kochi_castle-02.jpg

史実によると高知城は3度築城されていて、南北朝時代に築城された大高坂山城をを起源としているが一度廃城され、戦国時代の長宗我部元親の時に2度目の築城がなされましたが、水はけが悪かったため桂浜の近くに浦戸城を築いて2度目の廃城。

その後、関ヶ原の合戦で武功をあげた山内一豊が掛川から転入したが、長宗我部家の城である浦戸城で城下町を開くいは狭かったため、大高坂山に本丸の造営と周辺の湿地帯を治水などを行い城下町を整備されたのが3度目の築城で、現在ある高知城は山内一豊時代のものということになります。

また、当時は河中山城(こうちやまじょう)と名乗っていましたが、2度に渡る水害で「河中」の個所を変えて高智山城とし、それが略されて高知城となったそうです。

20100505_kochi_castle-10.jpg
20100505_kochi_castle-11.jpg

追手門を入ったところ。
この場所も武家屋敷があったとされています。

20100505_kochi_castle-09.jpg

本丸への石段入口付近にある板垣退助像。

20100505_kochi_castle-12.jpg

それでは石段を上って本丸までの郭を巡ってきます。

20100505_kochi_castle-13.jpg

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tag: 日本100名城  高知城 
tb: 0   cm: 0

2010年5月4日 日本100名城を巡る四国の旅37 4日目の宿泊先と夕食  

4日目の宿泊先はリッチモンドホテル高知です。
高知市の繁華街に位置しているこのホテルは2007年の来訪時にはまだなかったのですが、ここ数年の間にオープンしたそうです。

20100504_richmond_hotel_kochi-01.jpg

いつでもそうですがシングルでの予約です・・・。

20100504_richmond_hotel_kochi-02.jpg

デスクトップ周り。

20100504_richmond_hotel_kochi-03.jpg

ベット周り。

20100504_richmond_hotel_kochi-04.jpg

客室のエントランス。

20100504_richmond_hotel_kochi-05.jpg

広めのユニットバス。

20100504_richmond_hotel_kochi-06.jpg

部屋に荷物をおいて夕食を摂るために繁華街へ出向きます。

20100504_kochi-09.jpg

20分ほど彷徨いて入ったのが「黒潮豪商 播磨屋宗徳

20100504_harimaya-01.jpg

まずはビール。

20100504_beer-01.jpg

メイン。
頂いたのは鯨テキ定食。

20100504_diner-01.jpg

夕食後はホテルへ戻って最終日を迎えます。

→次に続く。

category: 四国地方遠征

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop