DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »東海地方遠征
カテゴリー「東海地方遠征」の記事一覧

2013年8月16日 飛騨国を巡る旅52 飛騨国を離れ加賀国へ  

飛騨古川へ戻ってきました。

案内所に預けていた鞄を回収して飛騨国を離れます。

20130816_hida_furukawa-01.jpg

富山方面の列車までにはまだ1時間ほどあります。

20130816_hida_furukawa-03.jpg
20130816_hida_furukawa-04.jpg

ここから乗車するのは特急ひだ13号。

20130816_hida_furukawa-05.jpg
20130816_hida13-02.jpg

飛騨古川では列車別改札のため列車到着の数分前まではホームへ出られません。
のりばは2面3線。

20130816_hida_furukawa-06.jpg
20130816_hida_furukawa-07.jpg

定刻より数分遅れてひだ13号が到着。

20130816_jrcentral_dc_85-01.jpg

短い3両の列車で富山を目指します。

20130816_hida13-03.jpg
20130816_hida13-01.jpg

日も暮れた富山に到着。

20130816_toyama-01.jpg

富山駅では北陸新幹線の建設と在来線の高架化の工事が同時に進行しています。

20130816_toyama-02.jpg
20130816_toyama-03.jpg
20130816_toyama-04.jpg

富山からは金沢行きのローカル列車に乗ります。

20130816_toyama-05.jpg

しばらくぶりの413系。

20130816_jrwest_ec_413-01.jpg

富山は金沢経済都市圏内にあることと帰宅時間帯のため比較的利用が多く見られます。

1時間ほどで金沢に到着。
ここまでの移動は5日目からの予定を石川県内にしているため。

20130816_kanazawa-01.jpg
20130816_kanazawa-02.jpg

ここで夕食をとり遠征4日目は終了。

20130816_diner-01.jpg

ホテルへ向かいます。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 東海地方遠征

tag: JR東海  JR西日本 
tb: 0   cm: 0

2013年8月16日 飛騨国を巡る旅51 史跡江馬氏館跡公園・その2  

史跡江馬氏館跡の続き。
今回は史跡南側を見てきます。

20130816_takahara_suwa_castle-19.jpg

まずは南堀跡。

20130816_takahara_suwa_castle-20.jpg

工房区画。
発掘調査時にはガラス片や金属片が発見されていることから、武器などの修理を行っていた場所だと推定されています。

20130816_takahara_suwa_castle-21.jpg
20130816_takahara_suwa_castle-22.jpg

史跡公園南側入口から撮影。

20130816_takahara_suwa_castle-23.jpg
20130816_takahara_suwa_castle-24.jpg

南東側から史跡を撮影。

20130816_takahara_suwa_castle-25.jpg

史跡を見た後は近くにある道の駅で昼食を挟んでから河岸段丘の底にある旧神岡町の中心部へ向かいます。
戻りの時間帯に飛騨市の巡回バスがなく、飛騨古川駅を経由する一般路線バスも中心部へ行かないと乗れないためです。

20130816_hida_kamioka-05.jpg

高原川に架かる橋を渡って対岸の中心市街地に入ります。

20130816_hida_kamioka-06.jpg

この場所から神岡城も模擬天守が見えますが、後背地は険しいのは事実のようです。

20130816_kamioka_castle-30.jpg

目的地まではナビに頼ります。

20130816_hida_kamioka-07.jpg

ところ目的地である濃飛バス神岡営業所を目前に乗車予定だった高山行きと入れ違いになってしまいました。
ここから飛騨古川を経由して高山へ向かうバスは1時間おきにあるのですが、時間帯によって2時間以上空いてしまうことがあり、今回はここで逃して2時間半待ちという穴にはまってしまいました。

20130816_hida_kamioka-08.jpg

やむを得ないため、時間つぶしのため市街地を彷徨いていると「船津屋」と言う交流施設を発見。
ここには無料休憩所があるそうなので時間つぶし。

20130816_funatuza-01.jpg
20130816_soft_cream-01.jpg

そして逃げられたバスの2時間半後の高山BC行きに乗って飛騨古川へ。
巡回バスと違い、国道41号線を通って数河峠を越えて飛騨細江から高山本線に沿うルートで登坂車線などが整備されたところを通る感じです。

数河峠を越える辺りはスキー場などのリゾート施設があるのですが、このような場所へ行くには自家用車の方が楽であると言うのは否めません。

20130816_nouhi_bus-05.jpg

飛騨古川に到着。
神岡営業所からの運賃は1010円・・・。

20130816_nouhi_bus-06.jpg

ここからは鞄を回収して加賀国を目指すことにします。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 江馬氏城館公園 
tb: 0   cm: 0

2013年8月16日 飛騨国を巡る旅50 史跡江馬氏館跡公園・その1  

神岡城跡に続いて史跡江馬氏館跡公園へ来訪しました。

高原川沿い一帯はかつて高原郷と呼ばれ、当地は高原諏訪城を拠点にしていた江馬氏によって支配されていたのは神岡城来訪での件で触れましたが、その江馬氏城館の下館跡が史跡公園「史跡江馬氏館跡公園」として整備されています。

20130816_takahara_suwa_castle-01.jpg
20130816_takahara_suwa_castle-02.jpg

ど真ん中に展示されているのは土壁の断面だそうです。

20130816_takahara_suwa_castle-04.jpg

では史跡へ。

20130816_takahara_suwa_castle-05.jpg

北堀。

20130816_takahara_suwa_castle-06.jpg

西堀(箱堀)。

20130816_takahara_suwa_castle-07.jpg

門前区画。

20130816_takahara_suwa_castle-08.jpg

脇門。

20130816_takahara_suwa_castle-09.jpg

宿直屋と馬屋。

20130816_takahara_suwa_castle-10.jpg

主門。

20130816_takahara_suwa_castle-11.jpg

復元された会所。

20130816_takahara_suwa_castle-03.jpg

では会所の中へ。

20130816_takahara_suwa_castle-12.jpg
20130816_takahara_suwa_castle-15.jpg
20130816_takahara_suwa_castle-16.jpg

庭園。

20130816_takahara_suwa_castle-14.jpg
20130816_takahara_suwa_castle-13.jpg

建物として復元されているのはこの会所だけで、残り3棟は板張りで場所が示されています。

20130816_takahara_suwa_castle-17.jpg

もう一度、会所の写真を・・・。

20130816_takahara_suwa_castle-18.jpg

この後は史跡の残りを見てきます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 江馬氏城館公園 
tb: 0   cm: 0

2013年8月16日 飛騨国を巡る旅49 飛騨神岡城・その3  

続いて旧松葉家住宅を見てきます。
元は神岡町割石にあった建物を当地に移築したもので、建設当初から現在に至るまで改造された形跡がなく、高原川沿いの民家としてはごく標準的なものだったそうです。

20130816_kamioka_castle-04.jpg

物置のような場所。

20130816_kamioka_castle-18.jpg

居間。

20130816_kamioka_castle-19.jpg

座敷。

20130816_kamioka_castle-20.jpg

仏間。

20130816_kamioka_castle-21.jpg

台所(たぶん・・・汗)

20130816_kamioka_castle-22.jpg

作業場。

20130816_kamioka_castle-23.jpg

居間の柱に設けられている電話。

20130816_kamioka_castle-24.jpg

2階へ。

20130816_kamioka_castle-25.jpg

2階。

20130816_kamioka_castle-26.jpg

3階。

20130816_kamioka_castle-27.jpg
20130816_kamioka_castle-28.jpg

これで神岡城跡の観覧は終了。
このあとは、ここから徒歩で15分ほどの場所にある史跡江馬氏館跡公園へ向かいます。

20130816_kamioka_castle-29.jpg

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 日本の城郭  飛騨神岡城 
tb: 0   cm: 0

2013年8月16日 飛騨国を巡る旅48 飛騨神岡城・その2  

続いては神岡城模擬天守へ。

20130816_kamioka_castle-10.jpg

こちらの城門は天守と同じく模擬城門で、神岡鉱山を所有する三井金属鉱業神岡鉱業所の創業100周年記念を一環として建てられたものです。

20130816_kamioka_castle-11.jpg

城門を通って正面より右手に模擬天守があります。

20130816_kamioka_castle-03.jpg

模擬天守には鎧や刀などが展示されています。

20130816_kamioka_castle-12.jpg

最上階は展望室となっています。

20130816_kamioka_castle-13.jpg

展望室からの眺め。
北西側は飛騨市神岡町の中心部で、河岸段丘の低い場所に行政施設など位置しています。

20130816_kamioka_castle-14.jpg

南西側。

20130816_kamioka_castle-15.jpg

北東側。

20130816_kamioka_castle-16.jpg

南東側。

20130816_kamioka_castle-17.jpg

この後は模擬天守から出て旧松葉家住宅を見てきます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 日本の城郭  飛騨神岡城 
tb: 0   cm: 0

2013年8月16日 飛騨国を巡る旅47 飛騨神岡城・その1  

旧奥飛騨温泉口駅をあとにして神岡城跡へ向かいます。

20130816_hida_kamioka-02.jpg

旧駅近くにある釣瓶橋の足元はご覧の断崖・・・。

20130816_hida_kamioka-03.jpg

高原川の対岸に出て北へ進みます。
旧神岡町は鉱山の町であった経緯から狭い河岸段丘の上に住宅地が立っているのが特徴で、市街地における人口密度が濃いのが特徴です。

20130816_hida_kamioka-01.jpg

途中には「殿」と言う名のバス停を見かけたのでネタ的に撮っておきます。

20130816_hida_kamioka-04.jpg

市街地を進みこと約20分で神岡城跡に到着。

神岡城は高原郷を支配していた江馬氏が越中攻略目的とした武田信玄の命により高原川の河岸段丘上に築城された高原諏訪城の支城でした。

しかし戦国の世であるため安泰ではなく、豊臣氏の飛彈攻略によって江馬氏が排除されてしまいます。
江馬氏が排除されてからは飛騨攻略に関わった金森氏の家臣が城代となったものの、江戸時代初期に一国一城令によって廃城されたため堀と石垣のみが残されました。

その後長い年月が流れた後、神岡鉱山を所有する三井金属鉱業神岡鉱業所の創業100周年記念して1970年に高原郷土館と神岡鉱山資料館と共に模擬天守と模擬城門が建設され現在に至ります。

20130816_kamioka_castle-01.jpg

まずは堀。

20130816_kamioka_castle-05.jpg
20130816_kamioka_castle-06.jpg

雰囲気は史跡公園的な感じですが、微妙な印象を受けるのは神岡城に関する経緯などが解明されていない部分が多くあるためで、数少ない資料と遺構を基に整備されている感じだからです。

20130816_kamioka_castle-07.jpg

模擬天守や旧家屋などに入るには入館券が必要で、鉱山資料館の窓口で入館券を購入します。

20130816_kamioka_castle-02.jpg

入館券。

20130816_kamioka_castle-08.jpg

鉱山資料館から見る神岡城模擬天守。

20130816_kamioka_castle-09.jpg

続いてはその模擬天守へ入ります。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 日本の城郭  飛騨神岡城 
tb: 0   cm: 0

2013年8月16日 飛騨国を巡る旅46 再び神岡鉄道の地へ  

遠征4日目は飛騨市神岡町の観光地を巡ります。

20130816_hida_furukawa-02.jpg

ホテルをチェックアウトした後は前日と時と同じく駅前の観光案内所に鞄を預けます。
飛騨古川駅ではコインロッカーがないため荷物を預けるとなるとここしないためです。

20130816_nouhi_bus-01.jpg

鞄を預けた後は飛騨市巡回バス「ふれあい号」東回り系統に乗車し、岐阜県道75号線を通って神原峠を越えて神岡町へ入ります。

20130816_nouhi_bus-02.jpg

巡回バスは濃飛乗合自動車に委託される形で運営されており、車両は専用のものが用いされます。
系統自体は中心部の古川町~神岡町~猪谷~古川町を周回する形となりますが、実際の経路が複雑で神岡町域へ入ったとたん集落や神通川水系の高原川の河岸段丘上にある住宅地を縫うようにルートがとられているため、目を回しそうなほどです。

20130816_nouhi_bus-03.jpg

一部区間では自由乗降制が採られており、停留所のない場所からの乗降が見られることから、公共交通空白地域における交通弱者対策といえる施策のようです。

20130816_nouhi_bus-04.jpg

河岸段丘の中程まで下りて旧奥飛騨温泉口駅に到着。

20130816_nouhi_bus-07.jpg

当地に降り立つのは廃止直前に来訪した2006年11月以来7年ぶり。

・参考「2006年11月3日 北陸・奥飛騨乗りつぶしの旅 神岡鉄道編」
その1→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/blog-entry-701.html
その2→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/blog-entry-702.html
その3→http://dkkawachi.blog58.fc2.com/blog-entry-703.html

かつて存在した神岡鉄道の終点である奥飛騨温泉口駅は路線が廃止された後も大きく姿を変えては無かったのですが・・・。

20130816_okuhidaonsenguchi-01.jpg

前回来訪時は静態保存されていたディーゼル機関車は解体・撤去されてバラストだけとなった一画がそこにあったことを僅かに示しています。

20130816_okuhidaonsenguchi-05.jpg

隣接していた喫茶店「あすなろ」も顕在しています。
ここ部分は殆ど変わっていません。

20130816_okuhidaonsenguchi-11.jpg
20130816_okuhidaonsenguchi-02.jpg

駅自体はレール・アンド・サイクルの拠点として駅舎内部やホームなどは若干手が入って、鉄道線時代とは様子が変わっています。
写真正面の引き込み用のレールの場所はかつての本線の末端部でした。

20130816_okuhidaonsenguchi-06.jpg
20130816_okuhidaonsenguchi-03.jpg

ホーム側から撮った車止めがあった場所。

20130816_okuhidaonsenguchi-09.jpg

屋外部分は基本的にホームなどの既存構造物はそのまま生かして設備を追加している感じです。

20130816_okuhidaonsenguchi-04.jpg
20130816_okuhidaonsenguchi-07.jpg
20130816_okuhidaonsenguchi-12.jpg

傍らにはレール・アンド・サイクルで使用するバッテリーの充電スタンドがずらりと並んでいます。
ようは電動アシスト自転車を使っているわけです。

20130816_okuhidaonsenguchi-10.jpg

レール・アンド・サイクルに隣接した設けられた何か・・・。

20130816_okuhidaonsenguchi-08.jpg

旧奥飛騨温泉口駅をあとにして旧神岡町の中心部近くにある神岡城跡へ向かいます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 濃飛乗合自動車  飛騨市巡回バス  神岡鉄道  奥飛騨温泉口駅 
tb: 0   cm: 0

2013年8月15日 飛騨国を巡る旅45 遠征3日目の宿泊先・その2  

遠征3日目の夕食タイム。

今回は宿泊プランに組み込まれていた夕食であるため、事前に案内された夕食会場へ。
実はこの会場が翌日の朝食会場にもなります。

20130815_diner-01.jpg

ここでの夕食は飛騨牛づくし・・・。

20130815_diner-02.jpg

夕食・朝食とも各テーブルは部屋単位での人数分の食事が用意されています。
もちろん、シングルで予約をしていた私のテーブルは一人分の食事が用意されていました。

20130815_diner-03.jpg

先に鉄板の方に火が入り、熱が伝わるのを待って焼始めます。
飛騨牛ステーキ

20130815_diner-04.jpg

飛騨牛にぎり。

20130815_diner-05.jpg

飛騨牛冷しゃぶサラダ。

20130815_diner-06.jpg

一般のビジネスホテルとは違うのは給仕する人が配置されており、食事自体の進み具合に応じて順次が出される方式となっています。
食事の途中ではビールを挟み。

20130815_diner-07.jpg

飛騨牛チーズボール。

20130815_diner-08.jpg
20130815_diner-09.jpg

ご飯も頂きます。
これは適当な段階で出してもらいます。

20130815_diner-10.jpg

飛騨牛すきやき。
食事がほどほどに進んだ段階で火が入ります。

20130815_diner-11.jpg
20130815_diner-12.jpg

具材を入れた状態。

20130815_diner-13.jpg

茶碗蒸し。

20130815_diner-14.jpg

食後のデザート。

20130815_diner-15.jpg

お品書き。

20130815_diner-16.jpg

食べ応えのあった夕食タイムを終えて部屋に戻り、遠征3日目は終了。
翌4日目に備えて体を休めます。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 0

2013年8月15日 飛騨国を巡る旅44 遠征3日目の宿泊先・その1  

遠征3日目の宿泊先は飛騨古川スペランツァホテル。

飛騨地方では玄関口である高山市内に集中しているため、高山からほど近い古川では宿泊施設が少なめなので実情です。
それでも3日目の当地を宿泊先にしたのは、4日目の神岡へ行く面倒さを軽くするためだったりします。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-01.jpg

予約したのはシングルルーム。
しかし実際に案内された部屋はシングルにしては広すぎることから、本来はツインルームだったのをセミダブルベッドを一つにした格好となっているようです。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-02.jpg

デスクトップ周り。
足元に金庫が置かれているのは珍しいです。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-03.jpg

デスクトップの隣にあるクローゼット。
上に置かれている木炭は消臭のためのものと思われます。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-04.jpg

ベッド周り。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-05.jpg
20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-09.jpg

ゲストルームのエントランス。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-06.jpg

ユニットバス。
数年前に内装を更新したようで綺麗です。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-07.jpg

今回は1泊だけでしたが、気付いたのは電源周り比較的豊富にあると言うこと。
デスクトップ側に3個口。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-08.jpg

壁際に3個口が1つと・・・。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-10.jpg

2個口。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-11.jpg

ベッド側にも。
本当はスマホを手元に置く範囲に合ったら良いのですが、設備上ベッド側にはここぐらいしかないようです。

20130815_hida_furukawa_speranza_hotel-12.jpg

さて、今回は2食付プランなので、この後は夕食タイムとなります。

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tag: 飛騨古川 
tb: 0   cm: 0

2013年8月15日 飛騨国を巡る旅43 飛騨古川散策・その4  

古川市街地の外縁部を流れる宮川へ出てみます。
この辺りは数年前に河川の氾濫があったらしく、電柱にはどのくらい浸水したを示すものが見られます。

20130815_hida_furukawa-30.jpg

宮川と荒城川との合流付近にある千代の松原公園。

20130815_hida_furukawa-31.jpg

ここから宮川に架かる橋を渡ります。

20130815_hida_furukawa-32.jpg
20130815_hida_furukawa-33.jpg

この足元には鮎漁の一つであるヤナ漁の仕掛けが設けられています。

20130815_hida_furukawa-34.jpg
20130815_hida_furukawa-35.jpg
20130815_hida_furukawa-36.jpg

市街地へ戻り。

20130815_hida_furukawa-37.jpg

遅めの昼食をとります。

20130815_lunch-01.jpg

しばらく市街地を散策してから高山本線の北側に出て飛騨市美術館へ。
夕方近い時間帯だったため展示室内は誰もおらずベンチに座ってホテルのチェックインまで時間つぶし・・・。

20130815_hida_city_art_museum-01.jpg

チェックインに時間が来たため、遠征2日目は終了。
飛騨古川駅へ向かい鞄を回収してホテルへ向かいました。

20130815_hida_furukawa-38.jpg

→次に続く。

category: 東海地方遠征

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop