DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »東北地方遠征
カテゴリー「東北地方遠征」の記事一覧

2010年10月10日 常陸・越後の城と会津の鉄道巡りの旅9 鬼怒川への道・その1  

会津若松から鬼怒川温泉に向けて南下します。

20101010_aizu_wakamatsu-07.jpg
20101010_aizu_wakamatsu-08.jpg
20101010_aizu_wakamatsu-09.jpg

会津鉄道のりばは一番隅に位置する5番のりば。

20101010_aizu_wakamatsu-10.jpg

入線列車自体が短い編成と言うことでホーム延長が短く狭いです。
4番のりばは只見線と共有。

20101010_aizu_wakamatsu-11.jpg

駅構内には勝田車両センター「リゾートエクスプレスゆう」が待機中。

20101010_jreast_ec_485_yu-01.jpg

ここからは11:16発の会津田島行きに乗車。

20101010_aizu_wakamatsu-12.jpg

単行2本をつないでいますが、前がAT-650形(転換クロス)、後ろがAT-500形(ボックス)となっています。

20101010_aizu_rail_at_500-01.jpg
20101010_aizu_rail_at_650-01.jpg

会津若松を出発。
西若松までは只見線を南へ進みます。

会津若松城(鶴ヶ城)の最寄駅である西若松から西へ向きを変える只見線を別れ、会津鉄道線に入ってひたすら南へと進みます。

20101010_aizu_rail-01.jpg

南若松付近までは会津若松市の市街地を通りますが、そこを過ぎると水田地帯に入り東西両側から山が近づいてきます。

20101010_aizu_rail-02.jpg
20101010_aizu_rail-03.jpg

芦ノ牧温泉に到着。
ここでAIZUマウントエクスプレスと行き違いをするため同列車に使用されているAT-700形を捉えてきます。

20101010_ashinomaki_onsen-01.jpg

ほどなくやってきたAT-700形。
今回乗れないのが残念ですが、車内はめっちゃ混んでいました。

20101010_aizu_rail_at_700-01.jpg

芦ノ牧温泉を出ると阿賀川(阿賀野川)と共に進みます。

20101010_aizu_rail-04.jpg

大川ダムのダム湖畔にある芦ノ牧温泉南駅。

20101010_aizu_rail-05.jpg

大川ダム付近から下郷町に入りると阿賀野川の河岸段丘に沿って進み、途中には大内宿を控えた湯野上温泉や塔のへつりからの乗りこみが見られます。

20101010_aizu_rail-07.jpg

下郷町の中心である会津下郷では駅構内に留置されている元名鉄のキハ8000系に遭遇。

20101010_aizu_rail-06.jpg

南会津町に入ってしばらくすると旧田島町の市街地に入り会津田島に到着。

20101010_aizu_rail-08.jpg
20101010_aizu_tajima-02.jpg

後者直前にここまで乗車したAT-500形の車内写真を撮影。

20101010_aizu_rail_at_500-in01.jpg

AT-500形の形式写真。

20101010_aizu_rail_at_500-02.jpg

列車別改札なので一度外へ出ます。

20101010_aizu_tajima-03.jpg

この後1時間のインターバルを置いて鬼怒川温泉へ向かいます。

20101010_aizu_tajima-01.jpg

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 東北地方遠征

tag: 会津鉄道 
tb: 0   cm: 0

2010年10月10日 常陸・越後の城と会津の鉄道巡りの旅8 時間つぶしに喜多方へ  

2日目。
到着時は雨が激しく降ったのが、当日の朝には止んでいます。

20101010_aizu_wakamatsu-01.jpg

会津では若松城来訪を考えていたのですが、天守の改修工事中と言うことで日を改めて来訪することにし、昼前から会津鉄道と野岩鉄道の乗りつぶしとスペーシアきぬがわの初乗車までの時間つぶしとして喜多方までを往復してきました。

20101010_aizu_wakamatsu-02.jpg
20101010_aizu_wakamatsu-03.jpg

駅構内。

20101010_aizu_wakamatsu-04.jpg

磐越西線のりばにある車止め。
会津若松駅のライブカメラの画像はこの場所に設置されたカメラからのものです。

20101010_aizu_wakamatsu-05.jpg

それでは喜多方へ。

20101010_aizu_wakamatsu-06.jpg

郡山から来た719系は6両で入線しましたが、ここで4両切り離されて身軽な2両で・・・。

20101010_jreast_ec_719_0-01.jpg

喜多方に到着。

20101010_kitakata-02.jpg
20101010_kitakata-03.jpg
20101010_kitakata-04.jpg

喜多方の駅構内。
現状は2面3線ですが、かつては側線も有していたような感じです。

20101010_kitakata-05.jpg
20101010_kitakata-06.jpg

喜多方駅の駅舎。
駅舎内は観光案内所があります。

20101010_kitakata-01.jpg

時間がないため再び改札を通りキハ110形に乗って会津若松へ折り返し。

20101010_jreast_dc_110_200-01.jpg
20101010_jreast_dc_110_200-02.jpg

この後は会津鉄道・野岩鉄道の乗って南へ進みます。

→次に続く。

category: 東北地方遠征

tag: JR東日本 
tb: 0   cm: 0

2009年10月18日 E5系と103系を巡る旅8 仙台で3時間勝負の撮影  

明けて10月18日。
9:00過ぎにホテルをチェックアウト。

この日は午前中に仙石線の103系撮影。午後からは東京へ移動して東京メトロ千代田線の未乗区間である綾瀬支線の乗りつぶしと他撮影という流れで進みます。

20091018_senseki_line-01.jpg

撮影対象となる仙石線の103系は多賀城駅周辺の連立事業により予備車確保のため郡山車両センターに2年間留置されていた1編成を一旦復帰させていたのですが、E233系1000番台の進出による車両転配で捻出された205系1本が仙石線向けに転用されることから引退することになり、通常平日のみ運用に入るものを最終5日間は土休日も含めて運用に入ることになりました。

同線の103系は首都圏とは若干異なる外観ですが、これまで一度も撮ったこと無く、今回がこれを捉える最初で最後のチャンスとなります。

土曜休日であった10月17日・18日での運用は昼頃の数本に限定で通常は205系で運用されている列車を一部差替える形になっているようです。
そこで午前中は仙石線での撮影に照準を合わせつつ暫し他を撮影して行くことにしました。

丁度良いタイミングでキハ48形「みのり」に遭遇。
難なく撮れましたが、丁度ホーム上屋の陰に掛かるので微妙な結果です・・・。

20091018_jreast_dc_48_500-01.jpg

まだ朝食をとっていなかったので、駅構内の立ち食いそばで頂きます。

20091018_breakfast-01.jpg

朝食後は長町へ移動。

20091018_nagamachi-01.jpg

長町は数年前に高架化されていますが、仙台方のホーム端部は撮影には都合が良く、時間帯によっては撮影隊がカメラを向けている様子が見られます。

20091018_nagamachi-02.jpg

手持ちのレンズで最大の200mm(35mm換算:320mm)で捉えたもの。

20091018_nagamachi-03.jpg

接近してくるE721系500番台(画像はトリミングしています)
方角的には昼前後が順光になるようで丁度良いかもしれませんね。

20091018_jreast_ec_e721_500-01.jpg

長町から仙台へ戻り仙石線に乗換え。

20091018_sendai-02.jpg

東京での乗りつぶし・撮影時間の都合上、今回はの撮影地は小鶴新田駅。
さて、対象の103系が仙台へ送り込まれるのを待つのですが、ホーム端部は撮影隊で占められてしまいやむなく沿線の公道上から撮影することになりました・・・。

20091018_kozuru_shinden-01.jpg

待つこと30分。
仙台車両センター宮城野派出所から仙台へ送り込まれる103系がやってきました。

20091018_jreast_ec_103-01.jpg

今度は折り返し石巻行きとして戻ってくるのを捉えるため仙台方へ移動。
ここでも公道上(歩道)から撮影することになりました。

ここでイレギュラーの回送が仙台車両センター宮城野派出所に向けて走り去っていきました。
どうやら103系と差替えられた車両のようです。

20091018_jreast_ec_205_3100-01.jpg

その後、石巻行き103系がやって来ました。

20091018_jreast_ec_103-02.jpg

最終5日間は「ありがとう!103系」のヘッドマーク付きで運行されていました。

20091018_jreast_ec_103-03.jpg

仙台へ戻って、折り返し待ちで人気のないE721系0番台の車内を撮影。

20091018_jreast_ec_e721_0-in01.jpg

上の写真以外の画像は弊サイトの方で公開しています。
http://dkkawachi.web.fc2.com/rail_photograph/jreast/ec_e721_0.html

→次に続く。

category: 東北地方遠征

tag: JR東日本  103系  E721系 
tb: 0   cm: 0

2009年8月16日 東北地方の名城と鉄道を巡る旅40 帰阪  

さて、現地での予定は終了したので、仙台から大阪に向けて帰ることにします。

家と職場へのお土産として萩の月を買い、ロッカーに預けていた鞄を回収してMaxやまびこ124号に乗って東京へ向かいます。

20090816_sendai-01.jpg
20090816_jreast_tec_e4-01.jpg

Uターンラッシュで満席となりましたが、通路に人が溢れるという状態にならない感じでした。

20090816_max_yamabiko124-01.jpg

東京に到着後に夕食タイム。

20090816_diner-01.jpg

東京からはのぞみ135号に乗って大阪へ。

20090816_tokyo-01.jpg
20090816_jrwest_tec_n700_3000-01.jpg

こちらはラッシュの逆方向なので、そこそこ埋まっているという感じ。

20090816_nozomi135-01.jpg

大阪に帰って自宅へ戻った頃には日付が変り、現実の世界に引き戻されることになります・・・。
-- 続きを読む --

category: 東北地方遠征

tb: 0   cm: 0

2009年8月16日 東北地方の名城と鉄道を巡る旅39 仙台城・その4  

さて、先に紹介した昭忠塔に関連してますが、戦没者を祀る宮城縣護國神社があります。

西の丸全体と本丸の一部の敷地を有する宮城縣護國神社は、明治以降の戦没者と殉職者が祀るために建てられたのですが、戊辰戦争に敗戦して賊軍となった仙台藩関係者は祀られていないそうで、それらは伊達政宗の霊廟「瑞鳳殿」に建てられた弔魂碑に祀られています。

このような形になっているのは、宮城縣護國神社が明治以降の「天皇・朝廷・政府側の立場で命を捧げた者」を祭神と言う位置付けで建てられた招魂社が起源であるためで、その成り立ちから旧藩士を祀ることが出来ないためなのだそうです。

20090816_sendai_castle-37.jpg

奥の方へ進むと土産物屋と飲食店と並んで青葉城資料展示館があります。

20090816_sendai_castle-38.jpg

ここには青葉城に関する歴史や資料が展示されているほか、青葉城を再現したCGの上映などが行われています。

20090816_sendai_castle-03.jpg
20090816_sendai_castle-04.jpg

さらに奥にある狸門跡。
この付近は駐車場となっています。

20090816_sendai_castle-39.jpg

本丸・西の丸跡を出て下山します。
先程通った場所ですが、カラーコーンから手前側にるーぷる仙台の停留所があります。

20090816_sendai_castle-40.jpg

丁度良いところでバスが登ってきています。

20090816_sendai_castle-41.jpg

沢門跡を通りすぎてさらに下りて行くと、中門跡にたどり着きます。

20090816_sendai_castle-42.jpg
20090816_sendai_castle-43.jpg

さらに下っていき平坦になった辺りに大手門脇櫓があります。
戦災による被害がありましたが、1967年に復元されています。
今後、大手門そのものを復元する動きがあるそうで、現在建設中の地下鉄が開業後から着手されるとも言われています。

20090816_sendai_castle-44.jpg
20090816_sendai_castle-45.jpg

現状は片側2車線の道路が通っていて、大手門跡西側に位置する二の丸跡は東北大学の川内キャンパスとなっています。

20090816_sendai_castle-46.jpg
20090816_sendai_castle-47.jpg
20090816_sendai_castle-05.jpg
20090816_sendai_castle-48.jpg

これで仙台城巡りは終了。
後は帰阪するだけとなりました。

category: 東北地方遠征

tag: 日本100名城  仙台城 
tb: 0   cm: 0

2009年8月16日 東北地方の名城と鉄道を巡る旅38 仙台城・その3  

仙台城本丸跡へたどり着きました。

20090816_sendai_castle-27.jpg

まずは仙台城見聞館。
仙台城の発掘調査などに関するガイダンス施設です。

20090816_sendai_castle-02.jpg

現在の本丸跡は、建物の遺構は残されてなく広場の的要素しての感じでしかありませんが、築城当時の本丸の様子をCGで再現したものが、青葉城資料展示館で上映されています。

20090816_sendai_castle-26.jpg

仙台城石垣のモデル。
まずは築城当初の石垣モデル。

20090816_sendai_castle-31.jpg
20090816_sendai_castle-32.jpg

続いて本丸北壁の石垣モデル。

20090816_sendai_castle-29.jpg
20090816_sendai_castle-30.jpg

本丸跡は植林がなされていますが、開けている箇所は石垣の修復工事が行われた関係で真新しくなっています。

20090816_sendai_castle-33.jpg

この場所には伊達政宗の騎馬像が建てられています。

20090816_sendai_castle-28.jpg

戦没者慰霊碑である昭忠塔。

20090816_sendai_castle-34.jpg

本丸北壁側から見た仙台市街地。

20090816_sendai_castle-35.jpg

広瀬川を挟んで南側にある断崖。

20090816_sendai_castle-36.jpg

→次に続く。

category: 東北地方遠征

tag: 日本100名城  仙台城 
tb: 0   cm: 0

2009年8月16日 東北地方の名城と鉄道を巡る旅37 仙台城・その2  

三の丸跡から本丸跡の方へ登っていきます。

まずは巽門脇の登り口から上がってすぐの場所にある清水門跡。

20090816_sendai_castle-17.jpg
20090816_sendai_castle-18.jpg

続いて、本丸との中間点に位置する沢門跡。

20090816_sendai_castle-19.jpg
20090816_sendai_castle-20.jpg

沢門跡から歩道に沿って登っていきます。
見たところ、この歩道は近年整備されたか、元からあったものを再整備したもののようですが・・・。

20090816_sendai_castle-21.jpg

しばらくすると本丸北壁石垣が見えてきます。
本丸の石垣は2回ほど改修されていて、現在ある石垣は第3期ものであることが発掘調査で判明しています。
なお、この石垣は老朽化で崩壊する可能性があったため、近年修復工事が施工されています。

20090816_sendai_castle-22.jpg
20090816_sendai_castle-23.jpg

先の石垣に沿って上った先の左手に鳥居が見えてくるとそこが本丸跡入口となります。
この側らにはるーぷる仙台の停留所があり、バス待ちの行列が続いていました。

20090816_sendai_castle-24.jpg

石段を登った先にある詰ノ門跡。

20090816_sendai_castle-25.jpg

この先を進んでようやく本丸跡となります。

→次に続く。

category: 東北地方遠征

tag: 日本100名城  仙台城 
tb: 0   cm: 0

2009年8月16日 東北地方の名城と鉄道を巡る旅36 仙台城・その1  

午後からは仙台城へ。

伊達政宗が青葉山に築いた仙台城は青葉城という別名を持つ平山城で、廃城後は大手門などが残されていたものの戦災で消失してしまい、現在は一部遺構が復元されている以外に本丸跡が青葉山公園として整備され、二の丸跡は東北大学のキャンパスとして、三ノ丸跡は青葉山公園内にある仙台市博物館が建てられています。

仙台駅から青葉山公園へはやや距離があるため市バスを利用することにします。
往路はるーぷる仙台という循環バスを利用しましたが、1回乗車250円と割高であるため、るーぷる仙台専用の一日乗車券が仙台市内の主要施設で買うことが出来ます。
市バス一日乗車券は利用不可、仙台まるごとパス利用の場合は追加料金無しで利用可能)

20090816_sendai_city_bus-02.jpg
20090816_sendai_city_bus-01.jpg

博物館・国際センター前停留所で降車。
次の仙台城跡停留所は本丸跡の最寄りで、ここで下りた停留所は三の丸・二の丸跡に位置します。

20090816_sendai_city_bus-03.jpg

まずは三の丸跡から。
ここは仙台市博物館と茶室「残月亭」があります。

20090816_sendai_castle-01.jpg
20090816_sendai_castle-07.jpg

片倉小十郎邸跡。
伊達政宗の重臣の住居跡で、青葉山公園の長沼と広瀬川に挟まれるこの場所は川内追廻地区と呼ばれています。

この地区は青葉城公園の一部として整備される計画だったのですが、仙台空襲以降の経緯から現在に至るまで仙台市の戦後処理案件として残されている場所だそうです。
・川内追廻地区の詳細は以下を参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/川内追廻

20090816_sendai_castle-16.jpg

三の丸にある長沼。

20090816_sendai_castle-06.jpg

子門(ねのもん)跡

20090816_sendai_castle-08.jpg

三の丸の中心部にある仙台市博物館。

20090816_sendai_castle-09.jpg

旧姉歯家茶室「残月亭」

20090816_sendai_castle-10.jpg

島野武の胸像。
第19代目~第25代目の仙台市長務めた人物で「微笑みの市長」と言う愛称を持ち、仙台市を立て直しに尽力を務めたが、7期目在任中の1984年に死去されています。

20090816_sendai_castle-11.jpg

伊達政宗の胸像。

20090816_sendai_castle-12.jpg

三の丸巽門跡。
こちらは仙台空襲により焼失するまでは現存として残されていた城門の1つです。

20090816_sendai_castle-13.jpg
20090816_sendai_castle-14.jpg
20090816_sendai_castle-15.jpg

ここから本丸跡に向けて登っていきます。

→次に続く。

category: 東北地方遠征

tag: 日本100名城  仙台城 
tb: 0   cm: 0

2009年8月16日 東北地方の名城と鉄道を巡る旅35 多賀城政庁跡  

さて、メインの多賀城政庁跡へ向かいます。
多賀城政庁跡は道路を挟んだ丘陵地に位置し、中心部の正殿へ向かう石段がある城前地区が南側にあります。

20090816_tagajo_castle-14.jpg

来訪当時はこの付近で発掘調査が実施されていました。

20090816_tagajo_castle-15.jpg

城前地区。
正面の石段を登ると政庁南門跡があります。

20090816_tagajo_castle-03.jpg
20090816_tagajo_castle-16.jpg

石段から外郭の南門側を望む。

20090816_tagajo_castle-17.jpg

石段を登って正面側。

20090816_tagajo_castle-02.jpg

多賀城政庁の模型。
政庁跡にあるこの模型は第2期のもの。

20090816_tagajo_castle-23.jpg

現在の南門は基礎の部分のみ復元されています。

20090816_tagajo_castle-18.jpg
20090816_tagajo_castle-20.jpg

正殿前の石敷広場。

20090816_tagajo_castle-19.jpg

正殿跡。

20090816_tagajo_castle-21.jpg

政庁東殿跡。

20090816_tagajo_castle-22.jpg

整備工事中の政庁西殿跡。
両側にあるのは城壁としての築地でと呼ばれるものです。

20090816_tagajo_castle-24.jpg


第四期に建てられた後殿。
復元はされていないが石碑が置かれています。

20090816_tagajo_castle-25.jpg
20090816_tagajo_castle-26.jpg

北門跡付近にある石碑。

20090816_tagajo_castle-27.jpg

北側から政庁跡への入口。
整備工事中なので、フェンスが張られています。

20090816_tagajo_castle-28.jpg

多賀城跡巡りはこれで終わり。
仙台駅へ戻って午後からは仙台城跡を巡ります。

→次に続く。

category: 東北地方遠征

tag: 日本100名城  多賀城 
tb: 0   cm: 0

2009年8月16日 東北地方の名城と鉄道を巡る旅34 多賀城外郭  

さて、東北歴史博物館~多賀所廃寺跡と多賀城関連のものを見た跡は本体の多賀城政庁跡へ出向きます。

史跡として残されている多賀城は政庁跡を含めた周辺に数ヵ所点在していますが、範囲的には東北本線~多賀城政庁跡にかけての広範囲となっています。

国府多賀城駅北口すぐの場所にある建前遺跡。

20090816_tagajo_castle-04.jpg

多賀城に赴任した国司の邸宅か、城に関連する役所であったとされていますが、詳細は不明だそうです。

20090816_tagajo_castle-05.jpg

多賀城南辺に位置する外郭南辺築地跡。
低湿地帯であった場所の地盤沈下を防ぐために盛土をしたり排水設備が設けられていたとされています。

20090816_tagajo_castle-06.jpg
20090816_tagajo_castle-08.jpg

城郭の南東側になる外郭南東隅。

20090816_tagajo_castle-07.jpg

外郭南東隅から反対側にある外郭南門へ向かいます。

20090816_tagajo_castle-09.jpg

急な上り道を登った当たりが南門の周辺。

20090816_tagajo_castle-10.jpg

数段程度の石段と踊り場のような場所が南門跡。

20090816_tagajo_castle-12.jpg

多賀城碑がある御堂。

20090816_tagajo_castle-11.jpg

このあと、道路を挟んだ場所にある坂道と石段を登った先にある多賀城政庁跡へ向かいます。

20090816_tagajo_castle-13.jpg

→次に続く。

category: 東北地方遠征

tag: 日本100名城  多賀城 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop