DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »鉄道の話題
カテゴリー「鉄道の話題」の記事一覧

2017年1月15日 更新された近鉄の特急券券売機  

大阪難波駅下りホームに4台設置されている特急券券売機のうち1台が新型に更新されました。

近鉄のホーム上に設置されている特急券券売機は2004年にタッチパネル式液晶モニタの大型化とフルカラー化が行われインターネット予約した特急券の発行やクレジットカードへの対応などの改良が行われた現行モデルへ更新されましたが、2016年末から大阪難波駅に1台置換えられた事を知り実機を確認してきました。

ホーム設置形の特急券券売機としては3世代目(?)になるそうで、新型は指定券券売機をベースに開発されたと見られます。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-01.jpg
20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-02.jpg

券売機上部のモニタには発券対象の列車と空席情報が表示されます。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-03.jpg

見た感じでは普通乗車券の券売機と変わりません。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-04.jpg

タッチパネル。
操作感は列車指定と座席マップが使えないなどの点を除けば改札外コンコースの特急券券売機とほぼ同じ感じです。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-05.jpg

金額投入および発券周り関係。
新型券売機でクレジットカードが利用できるか不明ですが、確かなのはICカードは使えないようです。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-06.jpg


発売時間外の表示。
現行形と同じく発券対象列車の15分前(?)まではインターネット予約分の受取りのみとなります。

20170115_kintetsu_ltdexp_ticket_machine-07.jpg

今回はここまでですが、著者自身これで発券したことがないため、機会があれば追ってレポします。
スポンサーサイト

category: 関西地区の鉄道

tag: 近畿日本鉄道  近鉄特急 
tb: 0   cm: 1

2016年4月24日 京阪神エリアの路線記号対応状況(京都駅)   

京都駅の路線記号対応状況レポです。

20160424_kyoto-30.jpg

中央出口は一部既存のままとなっていますが・・・。

20160424_kyoto-21.jpg

乗換通路と各のりばへの下り口は路線記号に対応した大型の案内板と発車標が整備されています。

20160424_kyoto-22.jpg
20160424_kyoto-23.jpg
20160424_kyoto-24.jpg
20160424_kyoto-25.jpg
20160424_kyoto-26.jpg
20160424_kyoto-27.jpg
20160424_kyoto-28.jpg
20160424_kyoto-29.jpg
20160424_jrwest_ec_221n-01.jpg

京都総合車両所の221系も種別幕の路線記号対応が済まされており、嵯峨野・山陰線では紫地に「E」の路線記号が配されています。

20160424_jrwest_ec_221n-02.jpg

今回のレポは以上です。

category: 関西地区の鉄道

tag: JR西日本  路線記号 
tb: 0   cm: 0

2015年11月8日 渋谷駅の工事と東急東横線跡を巡る  

#ただいま画像のみの暫定版です(本文は後日)

20151108_shibuya-01.jpg
20151108_shibuya-02.jpg
20151108_shibuya-03.jpg
20151108_daikanyama-01.jpg
20151108_daikanyama-02.jpg
20151108_daikanyama-03.jpg
20151108_daikanyama-04.jpg
20151108_daikanyama-05.jpg
20151108_daikanyama-06.jpg

category: 関東地区の鉄道

tb: 0   cm: 0

四日市あすなろう鉄道 260系 冷房改造・リニューアル車 車内編2  

四日市あすなろう鉄道260系レポの続き。
最後は車内写真の後半です。

先頭車の床置き形冷房装置
写真は先頭車の後位側のもので、冷房装置本体のみが配置されている。

20151004_yar_260n-in09.jpg

先頭車の前位側は冷房装置の他に第1ドア寄りに冷房制御盤が配置されている。

20151004_yar_260n-in10.jpg

天井周り。
冷房ダクトが配置され(先頭車は2本、中間車は山側に1本のみ)、中央部の照明は電球色のLED照明が採用された。
補助送風機も一新されている。

20151004_yar_260n-in11.jpg

案内表示器。
レシップ製のOBC-VISION Dが採用され、中間車には両端に配置されている。

20151004_yar_260n-in12.jpg

先頭車の案内表示器は乗務員室後方の仕切上部にのみ配置されている。

20151004_yar_260n-in13.jpg

ドア周り。

20151004_yar_260n-in14.jpg

前位側のドア周り。

20151004_yar_260n-in15.jpg

乗務員室後方の仕切周り。
運賃箱が新しいものに交換されている。

20151004_yar_260n-in16.jpg

改造に際し、機器の追加更新が施工された運転台周り。

20151004_yar_260n-cab01.jpg

今後4年掛けて、残り4本が近鉄高安検修センターで改造を受ける予定となっています。

今回のレポは以上です。

category: 東海地区の鉄道

tag: 近畿日本鉄道  四日市あすなろう鉄道 
tb: 0   cm: 0

四日市あすなろう鉄道 260系 冷房改造・リニューアル車 車内編1  

四日市あすなろう鉄道260系レポの続き。
今回は車内編の前半。

まずは先頭車の車内全体。
これは後位側から撮影したもの。

20151004_yar_260n-in01.jpg

同じく前位側から撮影したもの。
先頭車の座席の向きは基本的に前位側に固定されている。

20151004_yar_260n-in02.jpg

中間車の車内全体。
新造車となった中間車は片側1ヶ所のみのドアが千鳥配置されている。
また、座席の向きが車端部の一部を除いて進行方向左側が前向きになるように配置されているのが特徴。

20151004_yar_260n-in03.jpg

車端部。
先頭車の後位側は山側に冷房装置、海側に簡易形のベンチシートが配置されています。
こちらは四日市方先頭車の車端部。

20151004_yar_260n-in04.jpg

同じく内部方先頭車の車端部。

20151004_yar_260n-in05.jpg

中間車の内部方車端部。
山側に冷房装置が配置されているが、新たに製造された中間車には戸袋がないことから、海側に配置された座席は向かい合わせ配置となっている。

写真がありませんが、四日市方車端部は冷房制御盤などの配電盤が配置されている関係から中間車においてこの一画だけは座席の向きが例外となっている。

20151004_yar_260n-in06.jpg

先頭車の冷房装置後方から前方を撮影。
改造を期に第1ドアを乗務員室後ろに移設した前位側には海側に冷房装置と同制御盤を、山側に車椅子スペースが配置されている。

20151004_yar_260n-in07.jpg

改造前よりもシートバックの高さと角度が改善された座席。
ハートマークの手摺りが特徴的です。

20151004_yar_260n-in08.jpg

側窓は固定窓と内折れ窓が交互に配置されている。
写真は内折れ窓(開放時)

20151004_yar_260n-in17.jpg

後半に続きます。

category: 東海地区の鉄道

tag: 近畿日本鉄道  四日市あすなろう鉄道 
tb: 0   cm: 0

四日市あすなろう鉄道 260系 冷房改造・リニューアル車 外観編  

2015年4月に近鉄から移管された四日市あすなろう鉄道に冷房化と車体更新と老朽化した中間車の新造車置換えが施工された260系が9月27日より営業運転が開始されたことを受けて翌週の10月4日に四日市へ来訪しました。

20151004_yar_260n-03.jpg

近鉄から移管された四日市あすなろう鉄道は近鉄と四日市市が出資した第二種鉄道事業者、車両と設備を四日市市が第三種鉄道事業者として所有する公設民営方式が採用され、それまで使用されていた260系も四日市市に移管されたのですが、全車非冷房車であることに加えて中間車は三重交通および北勢鉄道時代からの古い車両であることから、車両の冷房化と老朽車置換えが目下の課題となっていました。

そこで比較的新しい先頭車のモ260形とク160形は冷房化と大規模の車体更新を行い、その他の老朽化が激しい中間車のサ120形と先頭車のク110形は車両を新造して置換える方式が採られることになりました。

今回は10月4日に来訪した時の写真を基に3回に分けて報告することにします。
四日市方先頭車モ260形から撮った編成写真。

20151004_yar_260n-01.jpg

内部方先頭車ク160形から撮った編成写真。

20151004_yar_260n-02.jpg

冷房装置は床置き式となったため、車体側にはルーバーが設けられています。
写真右側に接する中間車の方には車端部の窓がありませんが、これは冷房制御盤が車内側に設置されているためだとか。

20151004_yar_260n-04.jpg

側面に新設された行先表示器。
3色LED式のものが採用されている。

20151004_yar_260n-05.jpg

行先表示器と同じく新設された車外スピーカー。

20151004_yar_260n-06.jpg

灯具周り。
前照灯はLED式が採用され、改造前は前面下部にあった尾灯が前面行先表示器があった場所に移設されている。

20151004_yar_260n-07.jpg

前面の行先表示器が廃止されたため、運行板が掲示されるようになっている。
そのため前面には運行板を取り付けるためにステーが新設されている。

20151004_yar_260n-08.jpg

外観編は以上です。
次回は車内編のレポとなります。

category: 東海地区の鉄道

tag: 近畿日本鉄道  四日市あすなろう鉄道 
tb: 0   cm: 0

2013年12月15日 JR桜島駅のロープ昇降式ホーム柵  

近年、大都市圏を中心に設置が進められているホームドア。

世にお目見えした当初は無人運転やワンマン運転を実施するにあたり要員を必要最小限にすることを目的としてものだったのですが、近年は駅に進入する列車に対する投身自殺やホームから転落よるといった人身事故を抑止することを目的としたものに変わっていきました。

初期のものは新交通システムによく見られるフルスクリーンタイプが主流でしたが、近年は高さを低く抑えた可動式ホーム柵タイプが主流となっています。

しかし、いずれもタイプも装置自体が重いためホームの補強工事が必携になることによる工期の問題やそれらを含めたコスト面の問題、導入するには車両の長さやドアピッチ、ドア数を揃えなければならず、ドア数の異なる列車が混在する路線では導入が困難となり、これらが普及を阻んでいるとも言われています。

現在はこれらを解決するために様々なタイプのものが研究・開発され、そのうちのいくつかは実証実験の段階にはいっています。
新技術の多くは首都圏が主となっていましたが、関西ではJRゆめ咲線桜島駅においてロープ昇降式ホーム柵の実証実験が2013年12月5日より開始されています。

ホーム柵全体の写真。
柵自体はワイヤーロープを用いたもので、今まで見てきた中では最も簡素な仕様です。

20131215_sakurajima-01.jpg

昇降装置自体はJR東西線に導入されたものからゲートを省略させた感じです。

20131215_sakurajima-02.jpg

昇降注意の警告が貼られている部分がニョキニョキと伸びる感じで、稼働時の接触事故対策としてセンサー検知による音声警告機能が組み込まれています。

20131215_sakurajima-03.jpg

客扱い時の状態。
開戸時はこのようにアームが伸びている。

20131215_sakurajima-04.jpg

車端部側。

20131215_sakurajima-05.jpg

昇降装置に付いている表示灯は上昇・下降とも点灯中ですが、これは開戸状態である時の表示で、昇降時は動作方向のいずれかが点灯、閉戸状態ではどちらも消灯しています。

20131215_sakurajima-06.jpg

ホーム柵設置により監視モニタが新設されています。

20131215_sakurajima-07.jpg

ずらりと並ぶモニタ群。
先頭から最後尾まで確認出来るようになっています。

20131215_sakurajima-08.jpg

モニタ群の右手にはホーム柵の動作状況を確認する表示灯が設けられています。
表示パターンは昇降装置に付いている表示灯と同じ。

20131215_sakurajima-09.jpg

西九条方にある出発信号機。
信号機の下に設置されている表示灯はホーム柵の開閉状態を示したもので、これにより運転士側での確認を行うようです。

この写真では「×」と表示されていますが、これはホーム柵が上がっている(開戸・客扱い中)状態。

20131215_sakurajima-10.jpg

こちらは「○」と表示。
ホーム柵が下がっている(閉戸・客扱い前または終了)状態。

20131215_sakurajima-11.jpg

桜島駅のホーム柵は2014年3月まで実証実験が行われ、2017年度中の実用化を目指す計画となっています。

今回のレポは以上です。

category: 鉄道の話題

tb: 0   cm: 0

2012年5月3日 首都圏の鉄道と城を撮る旅3  

高尾から中野へ移動しました。
ここでは東京メトロ東西線の車内写真撮影。

05系は長らく造られてきましたため、幾度も設計変更行われています。
3枚の写真は06系・07系が竣工した時期に導入されたもので、座席の配置が4-6-7-6-4人掛けというやや変則的なものとなっています。

20120503_tokyo_metro_05-ni01.jpg
20120503_tokyo_metro_05-ni03.jpg
20120503_tokyo_metro_05-ni04.jpg

こちらはワイドドア車のグループ。
座席が2-6-6-6-2人掛けとなっています。

20120503_tokyo_metro_05-ni02.jpg
20120503_tokyo_metro_05-ni05.jpg

編成写真を・・・。

15000系。

20120503_tokyo_metro_15000-01.jpg

本当に久しぶりに遭遇したE231系800番台。

20120503_jreast_ec_e231_800-01.jpg

蘇我へ移動。
ここではE233系5000番台の6+4両の分割編成と209系2000番台の編成写真の撮影。
E233系5000番台は最初に竣工していた10両貫通編成は撮影済みだったものの、分割編成は今回初めて撮影しました。

20120503_jreast_ec_e233_5000-01.jpg

209系2000番台。
京浜東北線の209系0番台と転用させたもので、千葉地区のローカル輸送向けに先頭車のみセミクロスへの改造と中間車への多機能トイレ設置などが施行されています。

20120503_jreast_ec_209_2100.jpg

断続的に雨が降っているため撮影はここで終了。
夕食を挟んで都内のホテルへチェックインして初日を終えました。

→次に続く。

category: 関東地区の鉄道

tag: 東京メトロ  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

2011年8月28日 節電モードの首都圏遠征2011夏9 オール4ドア化された山手線E231系500番台  

2日目はホームドア導入のためオール4ドア化された山手線のE231系500番台の撮影からスタートです。

山手線ではホームドア導入に伴い、これまで7号車と10号車に組み込まれていた6ドア車サハE230形500番台が導入における支障となるため、これを外して新たに製造される4ドア車を組み込むことになり、今年8月末をもって全編成のオール4ドア化が完了しました。

導入に際してはE231系の製造が終了しE233系に移行していたことから、新たに製造された車両は形式こそE231系であるもののベース自体はE233系とし、7号車にはサハE231形600番台が、10号車にはE231形4600番台が組み込まれています。
また、6ドア車の廃車時に発生した機器や部品の一部や台車などは再整備の上で新たに組み込まれた車両に利用されています。

今回はその2両の車内写真の撮影を大崎駅の始発列車において実施したものです。

まずは10号車に組み込まれているE231形4600番台。
車内自体は基本的にE233系と共通。

20110828_jreast_ec_e231_500-in03.jpg

ただし田端~田町を併走する京浜東北線が平日昼間時の保守工事の実施の際は山手線側を通るため、10号車のホームドアの位置を京浜東北線の先頭車に合わせる必要があることから、該当箇所に組み込まれるE231形4600番台はドアピッチが変則的になっています。

このことから通常は3-7-7-7-3人掛けの座席配置が4-5-7-7-3人掛けになっています。

20110828_jreast_ec_e231_500-in01.jpg

E233系に準じたドア周り。

20110828_jreast_ec_e231_500-in04.jpg

天井周りもE233系ベース。

20110828_jreast_ec_e231_500-in05.jpg

続いて7号車に組み込まれているサハE231形600番台。
こちらはE233系とE231系の接伴形。

20110828_jreast_ec_e231_500-in02.jpg

妻面側にある優先席がある区画はE233系と同じく色分けがされています。

20110828_jreast_ec_e231_500-in06.jpg

ドア周りはE231系ベースであるもののドア鴨居部を含めた周りはE233系ベース。

20110828_jreast_ec_e231_500-in07.jpg

天井周りは10号車と同じくE233系ベース。

20110828_jreast_ec_e231_500-in08.jpg

ちなみにこちらはE231系500番台の1次車~4次車の車内。
新たに組み込まれた車両と違うのは座席表地以外の配色が異なることと、補助送風機吹出し口のフラップ形状と材質が異なる。

20091122_jreast_ec_e231_500-in01.jpg

山手線の方はこれで終了し、次の目的のために移動します。

→次に続く。

category: 関東地区の鉄道

tag: JR東日本  山手線  E231系500番台 
tb: 0   cm: 0

2011年8月27日 節電モードの首都圏遠征2011夏8 その他撮影  

常磐線では東京メトロ16000系以外にも撮影しています。

まずは16000系に置換えられる側になった6000系の車内。

20110827_tokyo_metro_6000-in01.jpg

ピンクの表地である座席。

20110827_tokyo_metro_6000-in02.jpg

妻面側。

20110827_tokyo_metro_6000-in03.jpg

天井周り。

20110827_tokyo_metro_6000-in04.jpg

ドア周り。

20110827_tokyo_metro_6000-in05.jpg

後付けのLED式車内案内表示器。

20110827_tokyo_metro_6000-in06.jpg

JR東日本E231系。
総武・中央緩行線向けと同じ配色。

20110827_jreast_ec_e231_0-in01.jpg
20110827_jreast_ec_e231_0-in02.jpg

ドア周り。

20110827_jreast_ec_e231_0-in03.jpg

総武・中央緩行線向けとの違いはLED式の車内案内表示器が2段表示になっている点。

20110827_jreast_ec_e231_0-in04.jpg

天井周り。

20110827_jreast_ec_e231_0-in05.jpg

209系以降標準となった救出口が設けられた運転室後方の仕切。

20110827_jreast_ec_e231_0-in06.jpg

運転室。

20110827_jreast_ec_e231_0-cab01.jpg

撮影はこれで終了。
松戸へ移動して夕食タイム。

20110827_diner-01.jpg

綾瀬で支線用に使用されている6000系6001編成を捉えてホテルへ向かいました。

20110827_tokyo_metro_6000-01.jpg

→次に続く。

category: 関東地区の鉄道

tag: 東京メトロ  JR東日本 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop