DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »阪神なんば線工事の話題
カテゴリー「阪神なんば線工事の話題」の記事一覧

2009年3月22日 阪神なんば線開業後レポ8 西九条駅  

阪神なんば線開業後レポ。
3月22日におけるレポの最後は西九条駅です。

20090322_kintetsu_5820-03.jpg

西九条駅は大阪環状線を跨ぐ形でホーム延伸工事が施工されています。
3年がかりで延伸工事見聞をしてきた当時は西側から眺めていた場所に立つのは感慨深いモノがあります。

20090322_nishi_kujo-01.jpg

ホーム延伸に合わせて東改札口が設けられることになり、ホーム延伸部分にエスカレーター・エレベータ共に用意されています。
ちなみに尼崎方面のりばのエレベーターは西大阪線時代に整備されていたため、東・西改札口側共に設けられていますが、大阪難波方面のりばは東改札口側にしか設けられていません。

20090322_nishi_kujo-03.jpg

新設された東改札口は3通路分用意されいますが、時間帯によっては無人らしいことから、あくまでもサブ的な役割となっている感じです。

20090322_nishi_kujo-04.jpg
20090322_nishi_kujo-05.jpg
20090322_nishi_kujo-06.jpg

環状線側から見るとこのような感じです。
改札口の階下には店舗が入居出来るスペースがあるのですが、今のところ空いています。

20090322_nishi_kujo-07.jpg
20090322_nishi_kujo-08.jpg

先の写真の反対側は駐輪場となっていますが、駐輪場はこの場所の他に阪神なんば線の高架下にもあり、東改札口とは2階部分で通路で通じています。

20090322_nishi_kujo-02.jpg

西改札口側にある発車標。

20090322_nishi_kujo-09.jpg

同じく難波・奈良方面を示す案内板。

20090322_nishi_kujo-10.jpg

今回のレポは以上です。
スポンサーサイト

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2009年3月22日 阪神なんば線開業後レポ7 九条駅(改札外コンコース編)  

阪神なんば線開業後レポ。
今回は九条駅レポの続きです。

まずは1番で入口側から西改札口から撮影したものです。

20090322_kujo-15.jpg
20090322_kujo-16.jpg

1番出入口を出ると市営地下鉄中央線九条駅の2番出入口に近接しています。
地下鉄中央線九条駅の2番出入口は西改札口に通じているのですが、この改札口は1965年以降使用されず倉庫化していました。

今回の阪神なんば線開業にあたり、同線の出入口に近いことから再整備することになり2008年から改修工事が施工され、ホーム延伸とエレベータの設置が行われ阪神なんば線開業と同時に43年ぶりに使用再開されています。

20090322_kujo-17.jpg
20090322_kujo-02.jpg

一方2番出入口は1967年に当時の電電公社ビル(現:NTT西日本ビル)の建替えを行われる際、延伸区間の駅の出入口を造られていたのですが、延伸工事自体が長らく中断されることになり閉鎖されたままとなっていたのですが、延伸区間の工事再開に際してこの場所が九条駅の出入口として使用されることになり、42年ぶりに日の目を見ること出来ました。

20090322_kujo-18.jpg
20090322_kujo-19.jpg

2番出入口の階段の踊り場には建設された当時のタイルが残されており、その脇にはそれを解説する記述がされています。

20090322_kujo-03.jpg
20090322_kujo-20.jpg
20090322_kujo-21.jpg

2番出入口は東改札口に通じており、新規開業駅としては唯一改札口が2ヶ所あります。

20090322_kujo-22.jpg

参考:九条駅構内図
・市営地下鉄
http://www.kotsu.city.osaka.jp/ct/other000000500/c14.pdf
・阪神なんば線
http://rail.hanshin.co.jp/uploads/guidemap/kujo.pdf

→その7に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2009年3月22日 阪神なんば線開業後レポ6 九条駅(改札内コンコース編)  

九条に到着しました。

20090322_kujo-04.jpg

九条駅の対向壁は丸く刳り抜かれたタイルがズラリと並んでいます。

20090322_kujo-01.jpg
20090322_kujo-06.jpg
20090322_kujo-07.jpg

九条駅の衝立式時刻表。
消火栓と一体となっています。

20090322_kujo-05.jpg

ベンチは特徴のある造形となっています。

20090322_kujo-08.jpg
20090322_kujo-09.jpg

高架駅の西九条駅までにある安治川が橋梁で渡るため、九条駅を出てすぐ40パーミルの急勾配を登っていきます。

20090322_kujo-10.jpg
20090322_kujo-11.jpg

改札階は桜川・ドーム前が白系の壁面であるのに対し、九条駅はメタリック系の壁面と両端天井側のブルーの間接照明が特徴です。

20090322_kujo-12.jpg
20090322_kujo-13.jpg

西九条方にある西改札口は九条駅のメインの改札口で1番出入口と繋がっています。

20090322_kujo-14.jpg

→その7に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2009年3月22日 阪神なんば線開業後レポ5 ドーム前駅(改札外コンコース編)  

阪神なんば線開業後レポ。
前回引き続きドーム前駅のレポです。

改札口は延伸区間では最大数の自動改札機が設けられています。

20090322_dome_mae-16.jpg

券売機は4基設けられ、あと2基分用意で来る構造ですが、きっぷうりばはこことイベント開催時に使用する臨時の2ヶ所となっています。

20090322_dome_mae-17.jpg

レンガ風の壁面。

20090322_dome_mae-18.jpg

長堀鶴見緑地線との連絡通路は改札口を出て2番出入口側にあります。

20090322_dome_mae-19.jpg

連絡通路のある2番出入口上り口には臨時きっぷうりばと売店が設けられています。

20090322_dome_mae-20.jpg
20090322_dome_mae-21.jpg

連絡通路は斜め方向に取り付けられている感じで、こちらも地下鉄の駅に向かって上りの傾斜となっています。

20090322_dome_mae-22.jpg

長堀鶴見緑地線の駅はドーム前千代崎で、阪神なんば線からの連絡通路を通ると下の場所に出てきます。

20090322_dome_mae-23.jpg
20090322_dome_mae-24.jpg

2番出入口は京セラドーム大阪の正面に近い場所に出てきます。

20090322_dome_mae-25.jpg
20090322_dome_mae-26.jpg

こちらは尼崎方にある1番出入口。
京セラドーム大阪の北側に近いのですが、エスカレーターは上りのみで、エレベーターはありません。

20090322_dome_mae-27.jpg
20090322_dome_mae-28.jpg
20090322_dome_mae-29.jpg

→その6に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2009年3月22日 阪神なんば線開業後レポ4 ドーム前駅(改札内コンコース編)  

阪神なんば線開業後レポ。
今回はドーム前駅のレポです。

20090322_dome_mae-03.jpg
20090322_dome_mae-04.jpg

ドーム前駅の特徴は何と言っても高い吹き抜け。
改札階へ向かうエスカレーターが設けられている場所を中心に2箇所存在します。

最初の写真は尼崎方にある吹き抜けですが、ドーム前駅自体が緩い勾配上にあるようで、九条方に向けて上っているのが対向壁の下部を見ると良く分かります。

20090322_dome_mae-05.jpg
20090322_dome_mae-06.jpg

改札階とホーム階の間にあるフロアは京セラドーム大阪でのイベント開催時における混雑時に滞留させるためのもので、平時では無駄なスペースであるものの、混雑時や非常時などでは真価を発揮されるものと思われます。

20090322_dome_mae-07.jpg
20090322_dome_mae-08.jpg

大阪難波方にあるものは尼崎方とは違い中間フロアの高さが高くとられています。
ちなみに天井の照明器具は下に降ろせるようになっており、球の交換などメンテナンス時に作業負担を軽減されるようになっています。

20090322_dome_mae-02.jpg
20090322_dome_mae-10.jpg
20090322_dome_mae-09.jpg
20090322_dome_mae-11.jpg
20090322_dome_mae-01.jpg

ドーム前駅の時刻表などのインフォメーションボード類。
桜川と九条駅のモノとでは若干異なるデザインのものが使用されていますが、時刻表など掲示類の様式は基本的に同じです。

20090322_dome_mae-12.jpg

ベンチの脚台は特徴のあるもので、新規開業各駅間で異なるデザインのベンチが設けられています。

20090322_dome_mae-13.jpg

ドーム前駅のホーム自体は桜川・九条と違い直線ですが、駅を挟む前後の区間は曲線であるのが写真でも分ります。

20090322_dome_mae-14.jpg
20090322_dome_mae-15.jpg

画像が多いのでここで分割します。

→その5に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2009年3月22日 阪神なんば線開業後レポ2 桜川駅(プラットホーム編)  

阪神なんば線開業後レポ。

今回から延伸区間の各駅を巡ってきます。
まずは桜川駅。

20090322_sakuragawa-03.jpg

桜川駅のホーム階には奈良方面と尼崎方面で対向壁の材質が異なり、奈良方面はアルミスパンドレル、尼崎方面はタイル張りとなっています。

20090322_sakuragawa-04.jpg
20090322_sakuragawa-05.jpg

案内板や時刻表などの案内掲示類は阪神の新仕様で、衝立式の時刻表は消火栓との一体型。

20090322_sakuragawa-08.jpg
20090322_sakuragawa-01.jpg

ここで、近鉄車の快速急行奈良行きが到着。

20090322_kintetsu_5820-06.jpg

快速急行幕は近鉄・阪神双方の種別色が異なるものの、双方の側に合わせる形となっており、阪神線内では近鉄車・阪神車問わず青快急幕で統一されています。

20090322_kintetsu_5820-07.jpg

さて、桜川駅の尼崎方には引き上げ線が2線用意されていますが、これは大阪難波駅でこれまで使用されてきた引き上げ線が3線のうち2線を阪神なんば線の本線として使用されることから、その代替として設けられています。

20090322_sakuragawa-06.jpg
20090322_sakuragawa-07.jpg

また、近鉄奈良線から来た大阪難波止めの列車は一部列車を除いて大阪難波から桜川へ回送すようになっています。
非相直車も含めた近鉄線内列車はあくまで引き上げ線の延長という形となっているようで、大阪難波~桜川は客扱い出来ないみたいです。

一応証拠として撮っておきました。

20090322_sakuragawa-02.jpg
20090322_sakuragawa-21.jpg

桜川駅のレポは画像が多いのでここで一度分割します。

→その3に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2009年3月22日 阪神なんば線開業後レポ1 大阪難波駅  

阪神なんば線が2009年3月20日に開業しました。

今回は開業後レポと言うことで、大阪難波と西九条駅も含めた延伸区間内の各駅の様子を報告してきます。
まずは大阪難波駅の様子からです。

今改正から駅名を大阪難波駅に改称した当駅は近鉄が管轄する駅ですが阪神電鉄とは営業上の分界点と言うことで、きっぷうりばには阪神電鉄の自動券売機が設置されています。

20090322_osaka_namba-06.jpg

該当するのは東改札口の南側、特急券窓口との並びにあり、最も改札口寄りにあります。
東改札口側は券売機の並びが2ヶ所有るため、東改札口へ通じる階段からすると左側に並ぶ券売機群の改札口よりに阪神電鉄用があり、階段正面にある券売機は近鉄線用のみとなっています。

なお、西改札口側は近鉄用と阪神用が並んで設置されています。

20090322_osaka_namba-01.jpg

東改札内コンコースに掲示されている停車駅案内。
支柱に掲示しているタイプなので奈良方面を上に神戸方面を下にする仕様になっています。

20090322_osaka_namba-03.jpg

降車用から尼崎・甲子園・三宮方面のりばとなって3番のりばの案内板。
甲子園も併記されているのがポイント。

20090322_osaka_namba-02.jpg

2番のりば用の乗車位置案内。
ホーム床面以外にも1番のりばは壁面に表示してあるのに対し、2番のりばは線路上に置かれています。

20090322_osaka_namba-04.jpg

ホーム有効長が長かった1番のりばには営業上使用されていない箇所が、相互乗入れ開始に関わる安全上理由から新たに柵が設けられています。

20090322_osaka_namba-05.jpg

さて、ここから三宮行きに乗って新規開業した各駅を巡ってきます。

20090322_kintetsu_5820-05.jpg

・参考:大阪難波駅構内図
http://www.hanshin.co.jp/nambasen/whats/stations/osaka_namba_kounai.html

→その2に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2009年3月15日 阪神なんば線工事見聞20-4 阪神三宮駅  

阪神なんば線開業前レポの最後は三宮駅です。

20090315_sannomiya-01.jpg

三宮駅は今後大幅な改良工事を控えていることから、今回の近鉄車乗入れに関しては必要最小限の工事が施工されているだけとなっている感じです。

ホームには乗車位置目標が整備され、あとは当日を待つのみとなっています。

20090315_sannomiya-02.jpg
20090315_sannomiya-03.jpg

さて、阪神なんば線開業当日は見てみたいものが心情なのですが、あいにく仕事のため行くことが出来ません。
22日(土)も仕事なので改正後の様子を見るのは22日まではお預けとなります・・・。

以上で阪神なんば線開業前のレポを終了します。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2009年3月15日 阪神なんば線工事見聞20-3 福駅  

続いて福駅のレポです。

福駅は尼崎方がそのままではホーム延伸出来なかったため改札口・駅事務室移設などを行った上でホーム延伸が施工されています。

20090315_fuku-05.jpg

ホームは大阪難波・尼崎方とも延伸されていますが、大阪難波方はホームのど真ん中に立ちはだかっていた架線柱がホーム外に移設されています。

20090315_fuku-01.jpg
20090315_fuku-03.jpg

下り線のホーム延伸に合わせてスロープの整備などが行われたことから、駅事務室などが移設されています。

20090315_fuku-06.jpg
20090315_fuku-09.jpg
20090315_fuku-07.jpg
20090315_fuku-08.jpg

上り線もホーム延伸に伴い駅事務室や改札口などが移設されましたが、こちらは一端仮駅舎へ移設したあと新駅舎が建てられる形となっています。
上り線側は工場とを挟む狭い公道に面している関係から券売機と改札口が離れています。

20090315_fuku-10.jpg

券売機の上部に掲示されている運賃表は改正ダイヤ後対応で近鉄線の運賃表示が準備されているのですが、改正前の段階では目張りがされています。

20090315_fuku-11.jpg
20090315_fuku-02.jpg

新駅舎の供用開始により役目を終えた仮駅舎は既に撤去され、後は原状回復のための工事が行われるだけです。

20090315_fuku-04.jpg

→20-4に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

2009年3月15日 阪神なんば線工事見聞20-2 千鳥橋駅  

阪神なんば線開業前日になりました。

20090315_chidoribashi-01.jpg

さて、今回はホーム延伸工事が完了し供用開始となった千鳥橋駅のレポです。
千鳥橋駅は尼崎方がやや長めに延伸され、大阪難波方は数mだけ延伸しています。

20090315_chidoribashi-02.jpg
20090315_chidoribashi-04.jpg
20090315_chidoribashi-03.jpg

停止位置目標も整備されていますが、千鳥橋駅にあるものは近鉄車・阪神車とも同じ位置合わせられています。

20090315_chidoribashi-05.jpg

→20-3に続く。

category: 阪神なんば線工事の話題

tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop