DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »EOS50D
このページの記事一覧

2009年12月4日 外部ストロボ「Canon スピードライト 430EX II」その2  

さて、実際にEOS50Dに取り付けるのですが、その前に電源となる電池を装填します。

EX430 IIは単三乾電池が使用出来るほか、単三のニッケル水素電池やリチウム電池が使用出来ます。
このため、仕切が奥まったところにあるため、単三乾電池などを装填する時は少しもたつくかも知れません。

20091204_canon_430ex_ii-14.jpg

装填するとこのような感じとなります。
写真は単三アルカリ乾電池を使用したものです。

20091204_canon_430ex_ii-15.jpg

ではEX430 IIをEOS50Dに取り付けます。

一般的にカメラの場合、外付けストロボの取付位置はレンズの中心線の上部に用意されています。
機種によっては若干左側にオフセットされている場合もあります。

20091204_canon_eos_50d-01.jpg

アクセサリーシューのガイドに合わせてスライドさせるようにEX430 IIをセットします。

20091204_canon_430ex_ii-16.jpg

止まるところまでスライドさせるとロックレバーを右方向へカチッという音が鳴るまでスライドさせて固定します。
ロック位置にするとEX430 IIの取付脚と本体が挟む形で固定されます。

20091204_canon_430ex_ii-17.jpg

取付はこれで終わりです。

20091204_canon_430ex_ii-18.jpg

取付が終わるとEX430 IIの電源を入れます。
PILOTの表示が赤色に点灯すれば使用出来るようになります(消灯している場合は充電中か電源が切れているかも知れません)

20091204_canon_430ex_ii-19.jpg

基本的な情報を表示する液晶パネルはバックライトにより一定時間(数秒程度)点灯させることが出来ます。
(液晶パネル左下の電球マークが記されたボタンを押せば点灯します)

20091204_canon_430ex_ii-20.jpg

実際にEX430 IIを取り付けたEOS50Dの写真。
まずは標準的な状態で・・・。

20091204_canon_eos_50d-02.jpg

続いてバウンス撮影時の状態で。

20091204_canon_eos_50d-03.jpg
20091204_canon_eos_50d-04.jpg

これで実際に使うことになるのですが、使いこなすには数を重ねないといけませんね。

今回のレポは以上です。
スポンサーサイト

category: デジタル家電の話題

tag: デジタル一眼  キヤノン  EOSシステム  EOS50D  外部フラッシュ 
tb: 0   cm: 0

2009年1月18日 Kawachiデジカメ5号機「Canon EOS 50D」その3  

さて、EOS 50Dをメインカメラに据えて1ヶ月が経過しました。

カメラ自体はRAWデータを主力して付属のソフト上で現像することが出来るのですが、手間が掛かるので基本的にはJPEGの撮って出しデータを使います。
この点はこれまでのコンデジと同じスタイルとしています。

使用開始当初から気になったのは、全般的に赤っぽいと言う点でした。
室内や夜間・雲天での撮影ではそれほどではありませんが、晴天下で撮影すると顕著に出ているようです。

本記事で提示する写真は720×480ピクセルにリサイズしてますが、それ以外は補正していません。

20090104_meitetsu_1000-01.jpg
写真1 名鉄1000系 新安城にて
(画像をクリックすると元のサイズで表示されます。)

これに関する報告がネットで少なからず出ているので、考えられるのはホワイトバランス(以下WB)であるということらしいです。
WBは光源の色温度の条件でも白色を正確に映し出すというのが基本にあります。
色温度は光源により異なり、低いと赤っぽく、高いと青白くなります。

写真1の名鉄1000系では赤っぽい画像になってしまいました。
そこで、オートではなくプリセットでもやってみましたが、思っているほど改善されませんでした。
どうやら、色偏差(色被りとも言われています)が生じているようです。
カメラの機種によっては色温度としては同一設定でも発色が異なって行くのだそうです。

そこで、ホワイトバランスを補正する機能があることから、早速試してみました。
これは取得・設定したホワイトバランスを青系(B)ないし赤系(A)、または緑系(G)ないしマゼンダ系(M)に補正し調整する機能です。
ここでは赤っぽくなるのを解消したいため、BとGに補正することにします。

20090112_jreast_ec_115_1000-02.jpg
写真2 JR115系1000番台 大前にて
(画像をクリックすると元のサイズで表示されます。)

写真2はB・Gともに+2に補正したものですが、僅かに赤っぽさが残っています。

20090117_jrwest_ec_223_2500-01.jpg
写真3 JR223系2500番台 天王寺にて
(画像をクリックすると元のサイズで表示されます。)

写真はBに+4、Gに+3に補正したもので、この場合だとほど解消されています。
ただし、夜間になると若干緑がかった画像になるので、あくまでも参考程度に留めていただければ幸いです。

以上です。

category: デジタル家電の話題

tag: デジタル一眼  キヤノン  EOSシステム  EOS50D 
tb: 0   cm: 0

2008年12月13日 Kawachiデジカメ5号機「Canon EOS 50D」その2  

先日、手に入れたEOS 50Dを試し撮りをしてきました。

20081213_canon_eos_50d-03.jpg

以下の画像は、2356×2304ピクセルで撮影したものを、単純に900×600ピクセルに縮小したもので、本文をご覧の状態では540×360ピクセルの圧縮画像なので画像をクリックすると900×600ピクセルの画像が表示されます。
サイズ縮小の条件は現行のブログ画像作成時と同じとし、アドビフォトショップエレメンツ4.0を使用、縮小時は高画質設定で再圧縮しています。)

なにぶんデジタル一眼レフカメラは初めてなので、その辺りをご配慮いただければ幸いです。

まずは千鳥橋駅で撮影した1000系。
露光設定を変えてないためハイライトが白く飛んでしまってますが、コンデジよりも綺麗に撮れてます。

20081214_hanshin_1000-01.jpg

2つ目は伝法駅で撮影した阪神1000系。
こちらはAIサーボAFで撮ったものですが、AFが接近してくる車両を捉えているのが分かります。

20081214_hanshin_1000-02.jpg

最後の2枚は神戸港で撮影したもの。
夜景を撮ったのですが、提示されている2枚はうまくいった方で、あとは微妙な感じでした。
こういったものはやはり手持ちでやるもんじゃないですね(汗)

20081214_kobe_port-02.jpg
20081214_kobe_port-03.jpg

今回のレポは以上です。

category: デジタル家電の話題

tag: デジタル一眼  キヤノン  EOSシステム  EOS50D 
tb: 0   cm: 0

2008年12月13日 Kawachiデジカメ5号機「Canon EOS 50D」その1  

兼ねてからの懸案事項だったデジタル一眼レフカメラを購入しました。

Kawachiデジカメでは通算5号機ですが、デジタル一眼レフカメラとしては今回のカメラが1号機となります。
記念すべき1号機はCanon EOS 50D
今回は「Canon EOS 50D / EF-S 18-200 IS」レンズキットで購入。

20081213_canon_eos_50d-01.jpg

Canon EOS 50Dの本体。
この機種は「Canon EOS 1Dシリーズ」や「Canon EOS 5Dシリーズ」といった35mm判フルサイズとは異なり、一回り小さいAPS-CサイズのCMOSセンサーが採用されているため、ボディ自体の大きさも一回りほど小さくなっています。
Canon EOS Kiss Digirtalシリーズはさらに小さくなっていますが、大きさの面で若干扱いにくかったので50D辺りに絞ってみました。

包装を解かれたボディはレンズの取付部分にキャップが早着された状態となっています。

20081213_canon_eos_50d-02.jpg

同じく交換レンズも両側にキャップがついた状態です。
この「EF-S 18-200 IS」は35mm判換算で29~320mmで、本体自体は手に乗るぐらいのサイズですが、目方が595gあるため見た目以上にズシッと来ます。

20081213_canon_efs_18_200_is-01.jpg

実際にレンズを取り付けた写真です。
レンズキットでの状態はこの通りになります。

20081213_canon_eos_50d-03.jpg

これと共に購入したレンズフードと保護フィルターと取り付けてみました。
レンズフードは私の撮影対象の都合などでどうしても逆光下での撮影が必要となることから、必要と判断し同時に購入しておいたのです。

ニコンのレンズには標準でフードが付属されているのですが、キヤノン場合はこれが別売りなんです。
この点は若干不満のの残るところですが・・・。

20081213_canon_eos_50d-04.jpg

装備的にはこれまでの505gから1.325kgと2.7倍に増量されるので、これで撮影するときは「撮るぞ!」と言う気合いがないとだめですね・・・。

後日試し撮りをしてきますので、詳細はいずれ報告します。

#2008.12.14 4:05 Update

category: デジタル家電の話題

tag: デジタル一眼  キヤノン  EOSシステム  EOS50D 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

カレンダー

最近の記事

Facebook

フォト蔵

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop