DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »CDMA2000
このページの記事一覧

2013年11月9日 Kawachi携帯5号機 iPhone5s  

2013年9月20日にiPhone5sが発売されました。

20131109_iphone5s-01.jpg

一世代前となるiPhone5はauの4GLTEが2GHz帯のみ対応で、メインストリームとなる800MHz帯のLTEには間に合わなかったため非対応でありました。
今回発売されたiPhone5sではこの800MHz帯のLTEに対応したということと、丁度2年を迎えるiPhone4sを買換えるタイミングでもあったことから、10月下旬に予約、11月上旬に入荷後に機種変の手続きをし、ようやくKawachi携帯が5号機となるiPhone5sとなりました。

では開封と言いたいところでしたが、機種変更の手続きの際して開封しているため、早速中身を・・・。

今回はGoldの64GBモデル。

ホームボタンが指紋認証の「TouchID」に対応してため、□マークがないのとボタン自体は縁取りされているのが外観上の特徴です。

20131109_iphone5s-02.jpg

裏面。

20131109_iphone5s-03.jpg

iPhone4sとの比較。
ディスプレイ自体はiPhone5から縦に長くなったため、幅が同じであるものの縦に長くなっています。

20131109_iphone5s-04.jpg

裏面の比較。

20131109_iphone5s-05.jpg

ディスプレイ上部の表示。
手持ちのiPhone5sは「au LTE」と表示されています。
iPhone4sでは「au 3G」と表示されていますが、これはiOS7になってから変更されたもので、iOS6までは「KDDI 3G」と表示されていました。
ちなみに、ナローバンド側となる「Cdma2000 1x」モードの表示はiOS6までが「KDDI ○」と表示され、iOS7以降は「au 1x」と表示されます。

20131109_iphone5s-06.jpg

本体の厚み。
世代の違いが薄さに表れています。

20131109_iphone5s-07.jpg

上部。
iPhone5からイヤフォンマイク端子が下部に移動されています。

20131109_iphone5s-08.jpg

実際の使用感は快適の一言に尽きます。
2年落ちモデルでOSが2世代上がると動作がもっさりするのはiPhoneやAndroidを問わず、スマートフォンでは定番のようです。

これに機種変更したことで、面倒だったのはコネクターがこれまでのDockコネクターからLightningとなったため、外出用の充電ケーブル類を一式を買換えなければならなかったと言う点でしょう。
Lightning用のケーブルはラインナップが少し乏しいので、この辺りは難儀しました。

と言うことで以上です。
スポンサーサイト

category: デジタル家電の話題

tag: 携帯電話  スマートフォン  Apple  iPhone  CDMA2000  KDDI  au 
tb: 0   cm: 0

2011年11月13日 Kawachi携帯4号機 iPhone 4s  

2007年から4年にわたり使ってきたKawachi携帯3号機ことW52Tが周波数再編に伴う新800MHz帯に対応していないことから、2012年夏で使用出来なくなりました。

20070311_au_kddi_w52t-01.jpg

そのため、ここ1年ほど前からKDDIからDMやメールなどで機種変更の催促が定期的に来るようになり、さらにW52Tの各部の痛みが目立ち始めていることから、今夏頃から機種変更を考えるようになりました。

20111112_au_w52t-01.jpg

このときはまだiPhone 4sがauから発売されることは発表されておらず、あれこれと考えていたものの既存のガラケーで凝れといった機種が見当たらず、Android機種はOS自体がもっさりしてて今一感があり二の足を踏み、満を持して投入されたWindowsPhoneがなかなか完成度が高かったので候補としていました。

ところが、9月頃にiPhone 4sが10月頃にauから発売される公式に発表されたことと、やや手間が掛かるものの、EZWebメールに当初から対応するということで、Kawachi携帯4号機をiPhone 4sにすることにしました。

発売当初は入手し難いことから「落ち着くのを待ってから」と言うことで今月中旬の今頃になったわけです。

11月13日にお出かけついでに機種変更の手続きをしてきたのですが、取り扱い店舗や規模により在庫状況が違うようで、ヨドバシカメラなどの量販店は在庫切れで予約受付中という掲示が・・・。

そこで、最近取り扱いが拡大された自宅近くにあるauショップへ寄ったところ、16BGと32GBモデルが色関係なく売り切れで入荷待ちのための予約受付中であったものの、64GBモデルは黒・白とも在庫があるとのこと。
狙い目は64GBモデルだったので、即手続きをしてきました。

ショップではスマートフォン向けの料金プランへの変更手続きと携帯からau-oneIDへのアドレス帳データのコピーまで。
それ以降はユーザー自身で行うと言うことで自宅へ持ち帰りました。

20111113_au_kddi-01.jpg

今回は64GBの白モデルを選択。

20111113_iphone4s-01.jpg
20111113_iphone4s-04.jpg

iPhone 4sの表面。

20111113_iphone4s-02.jpg

裏面。
拘りだけあって、とても綺麗です。

20111113_iphone4s-06.jpg

下の写真は同梱されている付属品など。
左からクイックスタートガイド、iPhone 4sのについての小冊子、Appleのステッカー、一番右は上から順にボリュームコントロール付きイヤフォンマイク、USBケーブル、そしてMicroSIMカードスロットのイジェクト用ピンとACアダプター。

20111113_iphone4s-05.jpg

おなじみのau通信サービスの利用に関する説明および注意書きの冊子。

20111113_au_kddi-02.jpg

これが重要で、まずはiPhone 4sの総合設定ガイド
内容的にはau公式サイトと同じでメールの設定手順など記載されていますが、これには非常に手間取りました。

20111113_iphone4s-07.jpg

もう一つはアドレス帳の移行手順。
アドレス帳以降はいくつか方法が記載されていますが、ここではau-oneIDへのアドレス帳データを預ける手続きを予めショップで済ませていることから、アドレス移行のアプリをiPhone側のAppStoreからダウンロード・インストールして実行するだけと言う形となりました。

20111113_iphone4s-08.jpg

難題だったメールの設定を終えて、iPodTouchやiTunesで使っているAppleIDの設定を終え、アドレス帳の移行まで終了し、実際にPCに接続して同期させたところ、アプリがずらりと並ぶ状態・・・。
iTunes上でフォルダー化させるなどして再度同期を掛けると言う手間。

最後はechofonやツイキャスのID設定とiOS5.01へのアップデートを行い、ようやく使える状態に持ってきました。

20111113_iphone4s-03.jpg

第4世代iPodTouchとの比較。

20111113_iphone4s-09.jpg
20111113_iphone4s-10.jpg

最後に歴代のKawachi携帯を。

最初に持った携帯、松下製C3003P。
cdmaOne最後の機種で松下製au携帯として初の折りたたみ式。
電子コンパス内蔵という出色モノで2年近く愛用してたのですが、自ら紛失するという末路を遂げてしまい手元にありません。

20041126_au_c3003p-01.jpg

2号機は日立製W22H。
当時はスライド式が珍しかったことから選んだ機種。

20051120_au_w22h-01.jpg

これまで使ってきた3号機は東芝製W52T。
2号機に引き続きスライド式で当時としては大きな液晶が採用されていました。

20070311_au_kddi_w52t-01.jpg

そして現在の4号機となるiPhone4s。

下の写真はiPod用で使っていたドックにセットした状態のiPhone 4s。
ちゃんと「KDDI 3G」と表示されています。

20111113_iphone4s-11.jpg

category: デジタル家電の話題

tag: 携帯電話  スマートフォン  Apple  iPhone  CDMA2000  KDDI  au 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop