DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »201系
このページの記事一覧

2011年2月12日 雪の首都圏遠征記11 海浜幕張の撮影おまけ  

海浜幕張駅ではE233系5000番台のほかに205系・201系を撮影しました。

まずは201系。

1979年に試作車、1981年に量産車が登場した201系は、竣工当時の座席の表地が茶色系とクリーム色で色分けして3-1-3に分割していましたが、JR東日本とJR西日本に移管されてから交換されたため、現存する車両では当時のオリジナルの表地を使ったものはなくなっています。

写真の京葉車両センターの201系も寒色系の表地で、1990年代後半で現在のものに替えられています。

20110212_jreast_ec_201-in01.jpg
20110212_jreast_ec_201-in02.jpg

ドア窓と戸袋窓が小窓であるのが201系の特徴の一つで、1970年代から1990年代に竣工された大都市圏の通勤電車の中でドア窓を小窓にしている車両が見られるのは、一つはデザイン上の理由、もう一つは通勤ラッシュ時のすし詰め状態による窓ガラスが圧力に耐えきれずに割れるのを最小限にするためのいずれかと言われています。

ちなみに現存していませんが、試作車である900番台ではドア窓だけが小窓で、戸袋窓は103系と同じ天地方向に長いものとなっています。
一方、JR西日本に在籍する車両ではN30体質改善工事において戸袋窓が埋められ、サッシが撤去されていることから客室側からも判別できないようになっています。

20110212_jreast_ec_201-in03.jpg

妻面側。

竣工当時は貫通路の両側にも窓がありましたが、JR東日本の在籍する同系列は転落防止用の外幌の設置されたのに合わせて埋められていますが、客室側はサッシを残してガラスを化粧板に交換しただけの簡易な施工としたため、容易に判別できます。

20110212_jreast_ec_201-in04.jpg

天井周り。
当時の私鉄では主流になりつつあったが、国鉄の通勤形電車としては画期的だったのが、平天井の実現とスリット式冷風吹き出し口と補助送風機を組み合わせ。

20110212_jreast_ec_201-in05.jpg

続いて205系。

201系に替えて国鉄末期に導入された車両ですが、京葉線に導入された車両はJR東日本に移管されて以降に大量導入された車両の後期に当たりますが、基本的な内装は変わりありません。

201系との違いは戸袋窓が竣工当初から廃止されていることと、側窓が一段下降式(量産先行車は上段下降・下段上昇の2段窓)となっている点です。

20110212_jreast_ec_205_0-in02.jpg

京葉線用の10両編成はブルー系の表地。

20110212_jreast_ec_205_0-in06.jpg

ドア周り。

竣工当初に山手線へ導入されたグループ(6ドア車を除く)とJR西日本京阪神地区に導入された28両は201系と同じ小窓ですが、それ以外はグループと6ドア車は写真のような大型化されたタイプとなっています。

20110212_jreast_ec_205_0-in07.jpg

妻面側。
こちらは竣工当初から妻窓がなく201系に比べてすっきりした感じです。

20110212_jreast_ec_205_0-in08.jpg

天井周り。

補助送風機のフラップは201系と同じFRP製となっていますが、スリット式冷風吹き出し口は初期の車両ではアルミ製で、結露対策により中・後期の車両は写真のようにFRP製の成形品が使用されています。

20110212_jreast_ec_205_0-in09.jpg

海浜幕張での撮影はここまで。
今度は千葉地区に転用された209系を追うため蘇我経由で千葉へ移動します。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 関東地区の鉄道

tag: JR東日本  京葉線  201系  205系 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop